私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)
 先日、妹と友人Yさんから、最近ブログ更新している?と聞かれた。以前より真遠くなっているけれど、まとめて書いたりしている、と答えた。妹は、2年ほど前の義兄さん(私の夫)の動脈瘤手術のことが最後で、それ以後は書かれていないという。そんなことはない、それはそちらのパソコンか、URLの入力に問題があるのだと思う、と答えておいた。Yさんは、9月までしか書かれていない、というので、それ以後は書いていないと答えた。そういえば、もう10月も半ばを過ぎたのだ。あっという間に日が過ぎる。
 仕方がないので、例によって箇条書きにし、特に詳しく書いて置きたい日については別記することにした。
 10月1日(日)
 10時に図書館にTEL。11月25日の講演会の申し込み。日があるから、あとでと思っていると、うっかり忘れてしまうことがままある。10時30分に昨日予約した美容院へヘアダイに行く。夫は東京へ出かけた。
 夜、R子にライン。市役所からの書類の件。
 10月2日(月)
 8時前、A医院へ。前回、心臓のMRI検査予約をしており。不整脈と雑音が見受けられる由。検査から内診まで2時間は待たされる。受付け8時から、診察9時から開始でも、早い人は7時前から外まで並んで順番をとる。本人ではなく家族が順番だけとって帰られる人が多い。
 わが家から5分ほどの所だが、一旦家に戻ると、雑用もあるし面倒なので、私は読書して待つ。MRIの結果を見て、次回、心電図をつけることになる。前回もやったことがありそれほど心配はしていない。調剤薬局で薬をもらい、帰宅したのは9時半頃だった。
 10月3日(火)
 今日は、歯科医院行きの日。10時半予約で11時前には終わる。歯周病予防で、歯間ブラシの手入れをチェックされる。通院の少し前から、念入りに掃除をするが、よくできているとほめられ、後ろめたい。歯石除去して頂き2か月後の予約をして帰る。歯科医院は、市役所や図書館と近いのでついでに図書館と市役所の用件(娘のこと)を済ます。夜、その報告をラインで電話する。ラインが無料であることが有難いが、なぜ、無料にできるのか不思議に思う。
 10月4日(水)
 スイミングの帰途近くのスーパー・アルズで買い物。野菜や魚・肉類も豊富で新鮮、重宝している。
 10月5日(木)
 午後,Mホームサービスの見積りについての返事をする日。屋根や外装のメンテナンスはするが、板の間の床の張替は見送ることになった。一部、痛んでいるところだけでいい、と夫は言い、それではおかしい(見栄えがわるい)と言われ(私もそう思うが)、結局、今回は見送った。
 10月6日(金)
 体操なし。毎年10月に行われる神奈川県高齢者体操大会には私は欠席に決めた。写真係と荷物番、見学に行ってみたいと思っていたが、家のこともあり、朝早い集合が負担に感じられて、行かないことにした。私より年上は2人しかいないし、お二人も不参加らしい。体操の帰り、Fさんとアルズで買い物して帰る。
 10月7日(土)
 夫、新宿行き。会の名前や目的など、ブログに書くことを禁じられてから、一応従ってはいるが、なぜいけないのか戸惑う。会の名前を書いただけで、検索に引っ掛かり、どこの誰かと特定されてしまうという。別に悪いこと書いていませんよ、と言ってもブログでプライバシーが知れてしまう、本人が書くなというのだから守れ、という。わかりましたといい、その日の分は非公開にする。
 Oさんとエスポットへ買い物に行く。
[PR]
# by ttfuji | 2017-10-07 18:44 | Comments(0)
 9月30日(土)
 太極拳の会場予約。10月30日分(10月の3回目)を予約するため、朝10時に行き、3回目も取れて当番完了。今日は、水曜日のスイミングの振替で行くことになっており、運よく、土曜日は10時半からの練習なので、どちらも出られてよかった。土曜日と水曜日はどちらも腰痛コースでその日都合の悪い人は、電話で変更できる。私は、第2土曜日は、郷土史とかち合うので、水曜日にしているが、水曜日は1時間半早いので、朝が忙しいと土曜日にしている人が多い。土曜日クラスにも親しい人が何人かおり、たまに振替で行くと、お互いに懐かしくハイタッチして歓び、話も弾む。
 午後は、エスポットへ買い物に行く。今日で、9月も終わる。
[PR]
# by ttfuji | 2017-09-30 20:34 | Comments(0)
 9月28日(木)
 休止していた、ミニサロンが2年ぶりに再開された。今まで、コミュニティセンターを借りていたが、単独の自治会の主催になったので自治会集会所で行われた。床の張り替え工事もしてきれいになり、男女とも参加者は多かった。
 回覧板や個人的案内には次のように書かれている。
 平成12年に介護保険制度が導入され、介護状態になることの予防、健康づくりを目的として企画されたのがミニサロンです。(中略)高齢者の孤独や引きこもりを少しでもなくすよう支え合える地域づくりができればと思っています。皆様お誘いいただき、ご出席くださいます様お待ち申し上げております。
 会長さんの情熱と強い意志で再開にこぎつけられたサロンと思う。
 一緒に支えて下さるのは、支え合いサポートの人達とボランティアの皆さん、
 ミニサロンのほかに、支え合いサポートの『縁側交流』という催しがあるが、こちらは、幼児や学童も対象で子ども会な役割ももつ。それに高齢者も対象であるが、バザーも常に常設しており、誰が来てもいいというサロンである。手芸や情報交換、主におしゃべりで花が咲く。どれも楽しいので、私は出られる時はいつも参加させて頂いている。
 話がそれたが、今日のミニサロンの出し物は『落語』だった。以前のミニサロンでもお願いして落語を演じて頂いた。この時も写真入りでブログに書いていますので、よろしかったらご覧ください。 芸名?の『きんえん亭もくずき』(禁煙亭もく好き)という面白い名前も変わっていなかった。
 リタイア後、趣味でならったというが、他のミニサロンや要望があればどこへでも行きますよ。やはり、趣味を持つことはいいことですよ、と言われるでけあって、芸はなかなかのものだったし(失礼な言い方だが)堂堂として面白かった。
 童謡や童話の話からの落とし噺。振り込め詐欺に絶対騙されない方法、など大笑いを誘った。今回は、奥様が、近くに腰かけて居られ、話が脇道にそれると、元に戻そうとして、アレ今何の話だったっけ、と奥さんに確かめる場面がある。みんなわっと笑ったが、これも演出だったのかもしれない。
 私は、例によって写真を撮りまくっていた。落語家氏ばかりでなく、参加者やボランティアの皆さんも撮った。男性のグループの席では、殆どの方の、名前を存じ上げていたが、一人思い出せない人がいた。お聞きしてハッと思い出したが、何と娘の親友のお父様だった。以前もミニサロンで、素晴らしい歌声を聞かせて頂いたのを思い出した。若い頃から合唱団に入られていたことはR子を通して聞いていた。Nさんも、R子のことはよくご存じで、マレーシアに行ってられるんですよね、と言われた。私も何年か仕事で住んでいたんですよ、と仰られた。こんなわけで、この会では思わぬ出会いもある。楽しい会だった。写真も印刷して皆さんにも差し上げ、ブログにもアップしようと思っている。
a0055866_1813345.jpga0055866_1814165.jpg







    

     
    左上  若松会長のご挨拶           右上  禁煙亭もく好きさん


a0055866_20444983.jpg a0055866_20482084.jpg






 

    左上 禁煙亭もく好き様ご夫妻        右上 サポーターの皆さん
a0055866_20563520.jpga0055866_20591274.jpg





   


     左上 男性の参加者6人             右上 男性の参加者4人 
a0055866_21258.jpga0055866_23142776.jpg





   


              上 左右とも 落語を楽しむ皆さん      

a0055866_2182740.jpga0055866_2192910.jpg

            




                    
                    ご近所の親しい人たち
[PR]
# by ttfuji | 2017-09-29 16:32 | Comments(0)
 9月25日(月)
 太極拳。割と涼しい日で、エアコンは使えなかった。というより管理室でコントロールされている。参加者の年齢や気候、気温に合わせ、40式の基本からおさらいしている。
 9月26日(火)
 11時半予約で協同病院眼科検診。実は、眼圧の目薬が1週間ほど早くなくなり、一日2回を1回にしたりで、調整していた。取りに行くべきとも考えたが、忙しさと面倒臭さで、いい加減にしていた。黙って受けたが、特に異常なしで、いつもの通りに処方して頂いた。点眼の時、一滴というのを流れ出てしまうと思い3滴ほど注すことが多かったので、これからは慎重に使うことに心がけることにした。スマホを重宝に使うようになって、確かに視力は衰えたと感じる。パソコンの文字や本の字が見えにくいことがあり、猛省したりもするが、わかっちゃいるけどやめられないのである。
 9月27日(水)
 漸く、屋根の修理と塗装に、夫がその気になってくれて、何日か前、Mホームサービスに電話し、業者が相談に来ることになっていた。スイミングの日だが、休んで振替で立ち合うことになった。昨年から、屋根の修理や塗装について、他人にも言われて気にかかっていたが、夫は通りかかりの業者のいうことなんか気にするな、と真剣に考えようとはしなかった。近所の一段高い所に家のある人からも、そんなにひどくはないが、確かにずれや浮いているところはある。雨漏りしてからでは大変なので、梅雨や台風シーズン前の方がいい、と言われ、私もそう思うので、夫に何度も話すのだが、面倒がって、どうせこの家は、自分がいなくなれば、管理できるものはいなくなる、家を処分して小さなマンションでも買って住む方がいい、という始末。いつも喧嘩になる。
 夫は、大手術を何度もしたがその度に、元気によみがえった。ジムにも通っている。あなただって10年やそれ以上生きますよ、と言えば、そんなには無理だね、という。いずれにしろ、あまりぼろ屋で晩年を過ごしたくはないでしょう。娘や孫にも、手入れの行き届いた家を残してあげたい、と思うのが普通ではないの。そんなこんなのやり取りの末、取り敢えず屋根や破風、雨戸の塗り替えや、床の張り替え等見積もってもらうことになった。床下の検査や、サッシの不具合などもあるが、あまり言い出さないことにしている。
 10時の約束で、担当者が見えた。家を建てたのも、一部リホームしたのも、この会社なので、資料もそろっている。
 今回は、延長できる金属竿についたカメラで屋根の写真をいくつも撮って行った。壁はモルタルで2重塗りをしており夫はしなくていいと断っており、私もそう思っている。次回は、10月5日に写真と見積りを持って見えることになっている。工事が始まれば、何かと忙しく、行動も制約されるので、気は重いが、今しなければますます億劫になる。多少元気の残っているうちにと思っている。
 
[PR]
# by ttfuji | 2017-09-29 14:43 | Comments(0)
 9月24日(日)
 朝食を済ませたあと、夫が、今日はお中日だよね、と言った。いいえ、お中日はきのうです。きのうが秋分の日で祭日でしたよ、というと、そうかーと、とまどったような様子。
 少しして、オレお墓参りに行ってくるから、そしてTの所へR子のみやげ届けてくるから、という。お彼岸のお墓参りは、欠かしたことはなく、行かないと寝ざめが悪いらしい。夫の弟夫婦も必ず行くので、お花が活けきれないこともある。齢とともに、先祖を大事にする気持ちが強くなったように感じる。
 それとは別に、孫への届け物は、マレーシアに行っている娘からの贈り物で、世話になった人たちや息子にもあげてほしい、取りに行くようにラインで伝えておくから、というもので、忙しいのかわざわざとりに来られないらしかった。
 現地のお菓子、マンゴーや果物入りのクッキーやビスケット、ナッツ類やチョコレート、紅茶などが名産と現地にある「伊勢丹」で聞き、相談して買ったという。高級品ではなく送料の方が高いくらいだから、気にしないでとのことだった。夫に、日曜日でもいるかどうかわからないですよ、というと玄関にかけてくると言う。私はすぐに電話してみた。中々出なかったが、メッセージに変わる直前に本人が出た。今、自宅ではないという。夕方も帰れないという。用件を話し、袋に名前を書いて、玄関の取っ手にかけておくというと、あ、名前は書かないで、という。アパートで今は表札も出さないらしい。夫に伝えると、厚い紙袋の口をしっかり塞いで持って行った。
 翌日、ライン上でじいちゃんと母親に母親にお礼を言ってきた。
[PR]
# by ttfuji | 2017-09-28 22:02 | Comments(0)
 9月17日(日)
 市民大清掃の日だが荒天のため中止しますと放送される。わが家の周辺は、夫が2日前に草取りや掃除をしたので中止でなくても出なくともよいことになっていた。昼頃から天気も回復し、夫は出かけてくると言って出かけた。
 行先を聞けば、気ままに出るので、どこへ行くか決めてない、といつも言うので、行ってらっしゃいと言うだけだ。結局、夕方帰ってきて、平塚へ行ってきたと言った。気晴らし、のようだった。私も、時に気晴らしにでかけたくなることはあるので、お互い様である。
 9月18日(月)
 敬老の日で、太極拳は休み。今日は、夕食の用意はせず(なんとなくやる気が起きず)、OXでバライティよく、お寿司類と総菜も枝豆まで、ビールに合うおつまみを買い生ビールで祝杯とした。
 だんだん、手抜きを覚え、楽をしようとしている。でも、やる時はやるから、自己弁護もする。友人たちからはよくやると言われているのだ。変な言い訳と自慢だが?・・
 9月19日(火)
 夫は、先日2か月おきの健診で東海大病院へ行った折、からだの不調を訴えた処、それについては以前に罹っていた町医者か協同病院で見てもらうよう言われたそうだ。大動脈瘤や胆嚢摘出手術に関するケアは東海大で診るが、その他のことは、以前の病院やクリニックで、ということらしい。大病院が混んで、なかなか診てもらえないという実情があるのも確かだ。
 しかし、今日になって気分が落ち着いてきたからもう少し様子を見ると言って、協同病院行きはとりやめた。下痢や食欲不振が時々起こることなどらしい。
 夜,R子から、就業ビザか取れたというラインメール。3か月間の厳しい研修に合格したということらしく、ほっとする。
 9月20日(水)
 スイミング行き。
 9月21日(木)
 図書館行き。掲示板に「村上春樹についての講演の案内があったので、カウンターでプリントを頂く。H29年度 市民のための図書館教養講座 なぜ、これほど読まれ続けるのか?
 村上春樹の本当の怖さ ご存知ですか? とやや大げさとも思える演題。
 期日は11月25日(土) 申し込みは10月1日から申し込み順 とある。講師は三輪太郎氏(作家・文芸評論家)
 興味があるので、10月1日朝一番で申し込もうと思う。
 9月22日(金)
 体操。毎年10月に行われる、「高齢者体操県大会」には、今年は参加しないと届け出た。
 9月23日(土)
 秋分の日。10時にコミセンへ10月23日分の太極拳の会場予約に行く。
[PR]
# by ttfuji | 2017-09-24 20:58 | Comments(0)
  10日くらいは記録していたと思っていたのに、なんと20日間もの無記録だった。
 9月4日(月)
 第1週につき太極拳なし。8月、夏休みのため5週連続休み。
 9月6日(水)  
 スイミング。帰りにARZで食品類買い物して帰る。ここのスーパーは野菜や生鮮品が豊富で安いように思う。
 9月8日(金)
  運転免許認知症検査のため体操を欠席し、川野歯科医院前よりマイクロバスで伊勢原自動車教習所へ行く。定期的な高齢者運転免許更新の人に混じって、画像などによる認知検査を受ける。
 昨年暮れに受けたばかりで要領も分かっており、前回同様高得点で認知症の心配はありませんと 言われた。場合によっては警察に呼び出されることもあるらしいが、係官は全くその必要はありま せん、このままお帰り下さい、と。
 ここで、30年ぶりに再会した人がいた。30年前、市内の税理士事務所に勤めていた時、一緒に働いていた人だ。係員が名前を読み上げたとき、お互いハッと気がついたのだ。公民館まつりの絵の展示でお名前を見つけた事がある、と伝えた。その頃のことで話が弾んだ。
 9月9日(土)
 郷土史研究会 総会。10時より。通常通り会長の挨拶。開会。議長選出、本年度事業報告、次年度事業計画案、今年度会計報告、次年度予算案、監査報告、質疑応答と恙なく終わった。総会は時間があまりかからないので、短めの講演が予定されている。いつもは会長歴任後顧問となられた、田中氏が「いせばら開村」の話などして下さるのだが、今回は数年に及ぶ『日向薬師の大修理」の模様を映像で見せていただく勉強だった。
 今回、残念だったのは、毎年総会の日に配られるその年度の会報『いせばら』が間に合わず、手元に配られるのは、来月の定例会日になった。編集担当で顧問の田中さんが、入退院を繰り返すという事態があったとのこと。
 
a0055866_1523145.jpg

     伊勢原郷土史研究会、発足(平成9年9月) 初回より在籍の皆さん 
  
 終了後、Nさんとデニーズで昼食。そのあと駅まで送り、図書館へリクエストの本を借りに行く。
 他に2冊借りてくる。前回借りた本を持ってくるのを忘れたため、計5冊となる。
 9月10日(日)
 エスポットで買い物。今回は一人で。午後は、読書会の「平成大家族」をまとめプリントする。
 9月11日(月)
 5週ぶりの太極拳。10月のコミセン予約当番のため、書類袋預かる。会場予約は忘れることができず緊張する。
 9月12日(火)
 主人、午後東海大循環器予約日。一緒に行くつもりでいたが、午前中に行くところがいくつかあるので一人で行くという。聞くと、眼科と皮膚科、それに散髪もしたいという。雨が降ってきたので、駅北口まで送る。みな駅周辺なので、終わったら病院直通のバスも出ているのでそれで行くという。本人の自由にさせ付き添わないことに。4時過ぎ一人で帰る。
 9月13日(水)
 午前中、スイミング。午後から、もくれん読書会があり5名全員出席。
 課題本は、篠田園子さんの『讃歌』。例のアマゾンで購入した文庫だが、私だけ手に入らず、ブックオフにもなく図書館でリクエストした所、修理のためお蔵入りになっているというのを急いで修理して頂き、通知を受けて再読した本、やはり手元にないと読書会では不自由である。
 活発な感想が述べられたが、癒しのビオラを引く園子に対して同情的だったり厳しい感想もあった。
 9月15日(金)
 体操はなし。午後、自治会より敬老祝い品 (商品券)2人分届く。自治会費の大半を頂くことになって買いが維持できるのかと申し訳なく思う。
 9月16日(土)
 10時少し前、コミュニティセンターへ10月16日分の会場予約に行く。何しろ、家から2分の所なので、5分で手続きし帰宅できる。近いのでもう一人の当番さんに、3回とも引き受けるので気にしないでと伝え申し訳ないと言われる。
 
[PR]
# by ttfuji | 2017-09-16 21:23 | Comments(0)
 9月1日(金)
 防災の日。台風15号で、南関東にも風雨が吹き荒れたが当地は、夜中に多少荒れた程度。各地の大水害を見ていると、有難いやら申し訳ないやらで複雑だ。
 テレビでは、大地震の備えについてと、空からのミサイル通過の防衛について同時に放映していた。天災、人災も防ぎようがなく怖い話だ。

 午後より、夫はジムへ。私は体操の会。メンバーに民謡踊りや舞踊の会に入っている人が大勢いて、文化会館で秋の行事に向けて、打ち合わせや練習があるらしく、10数人が欠席した。こちらの「さつきの会」でも10月に、毎年恒例の県大会があり、先生の出席を呼びかける声や練習も力が入っている。体操終了の帰途、FさんとOKストアで買い物。
 9月2日(土)
 一日中、雨にみまわられるという予報だったが、朝方には止んで、涼しい一日となった。夫は、古代史講座に出かけた。こちらはその日の体調次第で、当日にならないと、出欠はわからない。
 私は、美容院でパーマをかける。白髪の分け目が目だって来たのでヘアダイにしようか、迷ったがぺちゃんこ髪を少しでもボリュームでカバーしようとパーマをかける方を選んだ。ヘヤダイもパーマもなるべく間隔をあけるようにしている。髪の問題は高齢者でも悩ましい問題である。
 9月3日(日)
 今日も、気温は低め。凌ぎやすい。図書館の返却日だったので、Oさんを買いものに誘うが、私は図書館の用事も同時にしたいので、Oさんにその旨告げ、店に送り、私は図書館の用事を済ませてからスーパーに行く。30分ほどで店に行ったが、Oさんはまだカートでレジに並んでいるところだった。私は外出の度に、買い物をしているので、買うものも少なく、一回りして4・5品買っただけだった。転んで骨折をし、免許証を返上したので、不便でならず、週1回か2回の私の誘いを心待ちにしている。買い物は目で見て買いたいと、生協や店のカタログショッピングは好まないという。私も、免許返上の折は同じ思いをするのかと思うと先が思いやられる。
[PR]
# by ttfuji | 2017-09-03 20:40 | 時事・社会・地域・自治会 | Comments(0)
 早や8月末日。すぐに秋日が来るわけではないが、極暑に苦しめられた夏が過ぎ凌ぎやすい日が来ることを願う。気候ばかりではなく政治的にも世界的にも平和が脅かされる日々だった気がする。

読書録は半年以上書いていないかもしれない。
 時々、読書会の課題本について書く程度である。書いて置かなければ、と時々猛烈に思うのだが、溜ってしまうと益々面倒になり、こだわる自分があほらしくなる。読んでいる時、面白く楽しければいいじゃないか、内容をすぐ忘れ、思い出せなくてもどうってことはないじゃないか、と思いながら、いやいや一生懸命思い出そうという、脳への働きかけこそ、ボケ防止になるだろうし、感想をあれこれ思うのも、読書の醍醐味と考えたり、幾つになっても決断の悪い性質である。A型人間の典型と言われたりもする。血液型判断をあまり信じているわけではないが、言われたら、そうかも、と否定はしない。いよいよ書けなくなるまで、もうちょっと挑戦してみよう。

 取敢えず、読んだ本の中で、良かったもの、面白かったもの、感動したものを列挙してみる。
 すでに書いているかもしれないが、ダブっていたら、削除するとして、1年以内のものをあげてみる。
 山本一力氏のジョン・マンシリーズを5冊、太平編、波涛編、青雲編、望郷編、立志編と読み、次も出版されているらしいが、図書館にはまだない。 
 著者の青春時代を書いた、エッセイ「ワシントンハイツの旋風」、日本の時代小説が多い中で、異色な短編「サンライズ・サンセット」も最近読んだが、他民族のニューヨーク下町の人情や人生の哀歓を感じられてとてもよかった。山本氏の『明日は味方』=僕の愉快な自転車操業人生路=も読んだ。前後するが、『桑港特急』も読む。これはジョン万次郎の時代とダブるが、砂金取りに浮かれ、盗賊やギャングが金を奪い合う話。それなりに面白い。 
 『大山まいり』時代小説 取次屋栄三 岡本さとる著 も 江戸から大山詣りの講を組んで男女数人を、狙う悪人と闘う、捕り物風な話で興味があった。郷土史会で聞く大山詣りのことは、落語や小説にも取り上げられ、目に着くと読んでいる。

 中島京子氏の『エンジン』『のろのろ歩け』『長いお別れ』と読み、今著者にはめずらしい歴史小説『かたづの』を読んでいる。かたづのとは、角が1本しかないカモシカのこと、このカモシカの目を通して、東北南部班のお家騒動や歴史の出来事を書いている。祢々は夫となる若者と狩りに来ている、若者はかたづののカモシカを弓で討とうとするが、祢祢に打つなと懇願される。祢々は目で合図し逃がす。南部宗家と分家の八戸南部の歴史だが、著者は、南部藩に女性大名がいたという歴史や伝説を知り書いてみたくなったという。祢々は夫と息子を同時に亡くし、家を守るため、女大名となる。NHK大河ドラマを思い出させるが、まだ半分も読んでいず、読了してから感想を書きたいと思う。
 『孫文の女』西木正明、『総理の夫』原田マハ著、共に面白かった。なぜか小池百合子さんを思いだした。
 小池百合子さんの、『女の本懐』も、防衛大臣時代のことを書いているが、今回の関東大震災の折のデマで朝鮮の人達を虐殺したことについて、慰霊祭に哀悼や謝罪の言葉を寄せなかったことについて、違和感を覚える。
 『天皇と日本国憲法』なかにし礼著 いつも苦しいお立場で、ご意見もままならない天皇に対して、どのように書かれているか、緊張の気持で読んだ。戦争には反対、憲法を守る、というスタンスは、私も同じなので、感動した。
  
 

 
[PR]
# by ttfuji | 2017-08-31 20:02 | 読書・読書会・図書館 | Comments(0)

子ども食堂・防災訓練

 8月26日(土)
 自治会主催の「子ども食堂」が初めて開催された。福祉活動に熱心な自治会長の長年の思いが叶ったというべきだ。
 今の子ども達を取り巻く現状は、必ずしも恵まれた環境とは言えず、欠食児童もいる。幸いこの地区が今そのような問題はなくても、仮に災害があったとき、両親や身内の健康問題が起こったとき、子どもたちは、食べるものにも困ってしまう。また、独居老人、老夫婦で生活が困難な時、食事を提供してくれるところがあれば、どんなに助かるか、ということで、子ども老人を誘って実施した。
 私にも声がかかり、Oさんを誘ってきてくださいと言われた。Oさんは、前日、ご主人の通院付き添いですっかり疲れ切ってしまい、当日は、折角お誘いいただいたのに、行けそうもない、と断りの電話がかかってきた。結局,Oさん夫妻の分は、夕方役員さんがお届けした。
 私は、準役員待遇で、催し物には顔を出す。
 子どもさんの人数が少ないのは、夏休み最後の土曜日で、お出かけが多いということらしい。高齢者も何人かいた。
 メニューは、オムライス、ナスのささ身揚げ、グリンピース、冬瓜のスープ、となかなかのお味だった。役員さん、ボランティアの人たちは前日から準備に追われたようだ。私も、皆さんの昼食用に、5色きんぴら・ゴーヤの佃煮・大学芋など差し入れ喜んで頂けた。
a0055866_16154338.jpg





a0055866_16182070.jpg


 8月27日(日)
 防災避難訓練の日。日本各地で、水害・土砂崩れなど大災害が続いているが、当地は幸い被害はないし雨も余り降らない。だから、訓練の必要なないとは思わないし、むしろ必要だと思う。
 しかし、暑さと齢に免じて不参加にさせて頂いた。
[PR]
# by ttfuji | 2017-08-31 15:43 | 時事・社会・地域・自治会 | Comments(0)