私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)
 10月23日(月)
  AM 太極拳、PM 銀行、市役所、エスポット行き
 10月24日(火)
 今日は、高齢者体操の県大会の日。今年何年か続けて参加していた県大会に初めて欠席した。正式には入会した年に不参加だったので初めての不参加ではないが。いつも写真係を勝手に引き受けて喜んで頂いているが、フォークダンスの練習が、なんとなく億劫になってきている。私より年上の人は殆ど不参加で、中には、民謡や踊りの会とダブってしまった人もいる。朝8時に駅集合というのも辛い。先生も、超高齢者にはできるだけ参加するようにとは言わない。多分、これからも不参加となるだろう。
 10月25日(水)
 スイミング。今日も小雨。このところ、晴れの日は少ない。台風の合間に晴れる日がある、という感じである。ブログに写真など挿入する。
 10月26日(木)
 久しぶりで快晴。テレビでも布団干しなど勧めている。郵便局行き。娘の件。ついでにレターパック2枚購入。
 10月27日(金)
 県大会の振替で体操休み。部屋の片づけや引き出しの整理など、結構忙しかった。
 10月28日(土)
 文化会館に友人たちの踊りや大正琴、フラダンスなど見に行くつもりでいたのに、うっかり忘れてしまった。おかげで10月分のたまったブログが書けた。
 10月29日(日)
 かなりの雨。自治会による、子どもやお年寄りのための支え合いの会のある日。当然、私も招かれる側のものだが、写真係として参加する。雨のため子供さんは0、老齢者も少なかった。でも、楽しみにしている常連さんはいらっしゃる。昔と違って、高齢でもお元気で特技のある人も多い。手芸や編み物、洋服のリフォームなどの知恵を授かる場でもある。
 今回は、バザーに麻雀の道具一式を出していいかという人がいて、会長が麻雀習いたい人、手を上げてと言ったところ、大勢の人が手を上げた。私も勿論挙手。できる人、と問いかけると5・6人が手を上げた。今、高齢者に脳トレになるというので、公民館やコミュセンでも講習やクラブがあるようだ。希望者が多ければ、講師を頼んでくる、と顔の広い会長は言われる。実は、私も大昔、勤務先で手ほどきを受け、多少はできるようになって楽しんだ事がある。何歳になっても楽しみはあった方がいい。
 
a0055866_14524537.jpg

a0055866_14535195.jpga0055866_14544115.jpg

上 支え合い 手芸する参加者  下左 お茶を頂く参加者  下右 折り紙の造花
 
[PR]
# by ttfuji | 2017-10-31 16:09 | Comments(0)

秋明菊と眉はけ万年青

 久しぶりで庭の花を・・

a0055866_1333467.jpg
a0055866_1336716.jpg



 a0055866_1531466.jpg

 


  たった2本ですが秋明菊(ピンクと白)
 と眉佩け万年青(まゆはけおもと)が
  咲きました。
 どちらも雰囲気のある花で大好きです。
[PR]
# by ttfuji | 2017-10-31 13:46 | Comments(0)

読書録と雑感

 前回、8月に何か月分かの読書メモを記してから、またもやご無沙汰になってしまった。例によって、本の羅列になるかもしれないが備忘録として記す。
 
 『讃歌』   篠田節子 朝日新聞社
 『平成大家族』 中島京子 
 上記2冊は、以前に読み、感想も書いている。読書会で推薦し、取り上げたため再読した。
 『家鳴り』     篠田節子
 ホラー、またはファンタジーというのか、ちょっと怖い話が8編。幻の食糧危機など、ありえない話ではない。怖いが面白くもある。
 『カノン』     篠田節子
 『聖域』      篠田節子
 『女たちのジハード』篠田節子 
 上記4冊は文庫本でブックオフで@108円で購入したが、「家鳴り」のみ読み、あとは友人にお貸しした。自分のものになるとどうしても後回しになり、図書館の本や友人から借りた本を先に読むので、以前からある本が一向に読めない。
 『97才いくつになっても人生は考え方で変わります』 吉沢久子 海竜社
 「96才、今が一番幸せ」「90才、一人暮らしを楽しんで生きる」と毎年のように年齢を冠した前向きな生き方を紹介していらっしゃる。立派な方だと頭が下がる。
 『天才』 石原慎太郎  幻冬舎
 石原氏が、尊敬してやまない田中角栄氏のことを書いている。毀誉褒貶ではないが、国家への功績も認めなければ気の毒という気もする。
 『かくて老兵は消えゆく』 佐藤愛子 
 多難、多忙な人生を生きて90才。悠々自適、楽隠居の日々が訪れる筈が・・、今も多忙な執筆活動が続く。
 『中くらいの妻』93年版ベストエッセー集 文芸春秋
 プロ、アマを問わず、一年間に発表される膨大なエッセーの中から洗練され、滋味豊かな短文の粋ばかり62編を集めたアンソロジー、と紹介されている。3編ばかり読み、素敵なエッセーと感じたが、返却日が来たので返却した。
 『96才の大学生』 やりたいことはまだまだある 歌川豊国 PHP
 浮世絵師の何代目かのようだが、自身も画家である。学校に通えなかったことで、学問への希求は強く、高校も夜学へ通い96歳の今大学へも通っている。若い友人もでき大学生生活を楽しんでいられる。一方、妻の介護もなさっているというので更に頭が下がる。私も、実現不可能と知りつつ、こういう方々には素直に尊敬と羨望を常に感じる。
 『彼女に関する12章』 中島京子  中央公論新社
 昔、「女性に関する12章」という本があったことを思い出しながら、読んだ。この著者、中島京子氏の本に落胆したことはないので、読み進んでいくと、なるほどこういう構成かと次第に面白くなった。 更年期に差しかかった聖子は夫、守と二人暮らし。大学院生の息子は一人暮らしをしている。夫は、編集プロダクションを操業している傍ら雑文業もしている。中小企業の会長からPR誌に60年前の伊藤整のベストセラー「女性に関する12章」のような女性論を書くように求められる。夫の、君も読んだら、の勧めで読んでいくが、ふたりの生活と本の内容が重なり合う。
 聖子は,NPO法人で経理をやっており、そこでもいろいろの人達との出会いがあり、12章の本の中身と関連付けられる部分もある。ユーモアもあり、もっと、詳しく書きたい小説だが中途半端ながらこの辺で・・。
 『妻が椎茸だった頃」 中島京子 講談社
 短編の中の一つ。どういうことかと読んでみたが、飛ばし読みで、返却の日が来て感想を書くには至らない。妻に急逝され、料理をやったことがない夫は、戸惑うが、なぜか妻の残したレシピのノートの中に、料理講習の申込用紙があり、講習に行くことになる。先生に電話すると、干し椎茸を煮てくるように言われる。妻のレシピに書かれたメモに椎茸の身になって書いた一文を見つける、と言ったような話だったが。

 実は、9月のある日、図書館の案内板にポスターと受付カウンターにチラシがあった。「平成29年度 市民のための図書館教養講座」主催・伊勢原市図書館、共催・東海大学附属図書館、として、作家であり文芸評論家の三輪太郎氏の「あなたは村上春樹の本当の怖さを知っていますか」、なぜ、これほど読まれ続けるのか?とも書かれている。11月25日(土)午後より当図書館の2FのAVホールであり、申し込み順ということだった。丁度、今回もノーベル賞は見送られた後なので、どんな話か興味深々で10月1日より受付というので、すぐに電話で申し込んだ。
 広告を見た日に、村上春樹の『東京奇譚集』と三輪太郎の『憂国者たち』を借りてきた。講演を聞くからには、1・2冊は読んでおいた方がいいと思ったのだ。その次に行った時、『色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年』と三輪太郎氏の『後生』を借りてきた。4冊ともかなり読みごたえはあったが、興味深く読んだ。この本の感想は、時間がある時書きたいと思う。
 
 村上春樹氏がノーベル文学賞をまたも逃してしまったが、カズオ・イシグロ氏が受賞したことはよかったと思う。10年近く前と思うが、読書指南の友人、VINさんより紹介されて、『私を離さないで』と『日の名残り』を読んで、衝撃と感動を覚えたからである。
 『東京奇譚集』  村上春樹
 『憂国者たち』 三輪太郎  講談社  
 『色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年』 村上春樹 文芸春秋
 『後生』  三輪太郎  日本経済新聞社

 『雑学のすすめ』  清水義範・西原理恵子 
 かなり重量感のある本が多かったので、息抜きに読んだが面白かった。あらゆる面からの雑学、蘊蓄でなるほどと思うことが多く、世界各地を旅行し、その国のことなど、私の旅行体験と重なったり、改めて知ったことも多く、また、ことわざの解釈なども勉強になった。西原理恵子さんが漫画でチャチャを入れていて面白い。 
[PR]
# by ttfuji | 2017-10-30 11:59 | Comments(0)
 10月22日(日)
 台風で風雨強し。今日は衆議院選挙投票日。投票会場がすぐ近くのコミュセンなので、どんなに嵐がひどくても棄権するわけにはいかない。それに、与党の暴走を何としても阻まなければ、護憲の立場を貫きたいという気持ちも強い。
 
 夫に、車で行って、ついでに本の返却が遅れているので図書館にも行きたい。あなたも行きたいところがあれば送り迎えしますよ、先日来、パソコンの買い替えしたいと言っていたので、出掛けたがっていたが、きのうも歩いて行こうとしたが、雨が降ってきたので中止したのだった。
 夫はその気になったので、その代り、セルフサービスの給油をお願いしたいと伝えた。セルフサービスの給油は苦手で、給油する時は一般のスタンドで給油するつもりだった。夫が、あまり私の運転の車に乗らないので、頼みにくい面もある。
 夫は承知し、車の後部座席に乗った。投票所へ。随分車できていたが、回転も速いので、駐車場に入れた。そして給油所で給油をしてもらい、駅前の相鉄ロウゼンへ送る。3階だか4階に電気店があり、ジムに行くときによく立ち寄っているらしい。
 先日もテレビを買った。もしかしたら、コジマにも行くかもしれない、時間がかかるかもしれない、と言っていたので、図書館の後、自宅にいるので終わったら電話して、と伝えた。
 夫は、雨が殆ど止んでから、3時頃、帰ってきた。ノートパソコンを抱えてきた。自分で設定するようだ。私にはできないので脱帽である。
[PR]
# by ttfuji | 2017-10-24 12:20 | 時事・社会・地域・自治会 | Comments(0)
 10月16日(月)
 太極拳。10月になって初めての練習日。毎月、第1週は、先生の都合(指導者の会議)でお休み。第2週が祭日のため休みで第3週が初日になった。太極拳から帰ると、夫のメモがあった。歯医者に行く。OさんよりTelあり、と書かれている。Oさんにて電話すると、先日、買い物を代行した折、レシートと品物をチェックしてもらい、お金を頂いた時、お釣りを渡すとき、引きかえにレシートを受け取ってしまったらしい。家計簿をつけているOさんは、いくら探してもレシートが見つからず、私、レシートを頂きましたよね、といわれ、上げましたよ、お金を受け取ったとき、細かいのがないというので、レシートを見ながらお釣りあげましたよ、と、そちらにあるはず、と自信を持って言った。どうしちゃったのかしら、別になくても、財布の残金から使ったお金を逆算すればいいんだけれど、というので、ふと、もしかしたらと、財布を確かめてみた。あった!わが家の分と一緒にレシートがあるではないか。ごめんなさい、いつの間にか、お金のやり取りの時に、また受け取ってしまったのだわ、と謝った。私もまだ家計簿をつけてなかった。明日、ポストにいれておきますね、というと、ついでの時でいいわよ、と言ってくれた。そうだ、先日のミニサロンの時の写真、ご主人と、奥さんの写真、別々に3枚ある。プリントして一緒に届けよう、と思った。
 10月17日(火)
 夫、午後から東海大学病院へ。先月付けた、心電図ホルター結果を聞きに行く。この頃は、付き添いも車で送ることがなく一人で行く。夫は極力歩いている、意識して歩いてから、法京都の三条大橋まで言ったことになる、と言って携帯の画面を見せた。そのうち、日本一周。世界一周するかもしれない。私はものぐさな人間で、歩くと息が切れるし腰や足が痛くなる。
 写真の編集、プリントとブログに載せたり、プリントしたりで過ごす。
 10月18日(水)
 スイミング行きの折、NさんとOさんに、メモ書き封筒に写真を入れてポストに入れる。
 午後1時に、ミサワの担当者が見える。最終的な契約書に記名捺印。と支払の説明もきく。そのあと同行した職人さんが、勝手口のドアのカタログから選び寸法など測って行く。夫が指定した、窓付きの明るいもので、格子状で防犯にもなり、通風の網戸もついているものに決める。これならいいと私も同意した。今までは金属のドア、夏は開けておきたいので、内側にアコーデオン型の網戸を設置していたがドアの開けっ放しが気になていた。
 屋根や外装の塗り替えが始まるのは11月6日になるという。材料の準備やご近所への配慮も必要だし、雨が多いと工事が遅れるしなかなか大変である。
 10月19日(木)
 またも台風が日本中に席捲している。この地でも荒天の日が多い。
 読書、ブログ、写真プリント等で過ごす。
 10月20日(金)
 今日の体操は、千津自治会館。中央公民館の近くだが、駐車場が狭く、外部のものは、中央公民館に置きに行かなければならない。私は、10月が会場当番で、1時前に会場の鍵を地区に住む役員さんから受け取ることになっているので同行するFさんやKさんにその旨話し、いつもより10分早く姉弟の場所にいるようお願いした。ところが着いた時には、すでに開いており皆さんも中にいられた。役員さんが1時前に行った時には、先生はじめ、会員の皆さんがドア前で待っていたという。
 この日は当番としてやることはほかに何もなく申し訳ないようなラッキーな気分でもあった。
 10月21日(土)
 今日は雨が小ぶりで暗い日だった。実は、夜、6時から、体力づくり体育祭の反省会に特別招待された。すでに役員は下りているし、お呼びでない人という立場と思い、遠慮しようと思ったのだが、体育委員の人も、他の役員も都合が悪いという。私なら、去年も出ているし、ビールが好きだし、齢の功で誰とも話せるし、楽しんでくれそうと誘って下さったのだった。隣席にS小学校の校長先生は魅力的な女性だし、南公民館長で、去年、公民館まつりに、読書会の参加を勧めて下さったMさんも同じテーブルで会話が弾んだ。校長先生に、毎月発行している「すこやか」を回覧で楽しく読ませて頂いています、学校の生徒の人数も分かるし、子どもたちの様子も分かってたのしい、何より「すこやか」を毎月書いてくださるのには頭が下がります、というと、読んで下さっている方がいて、そんな声を聞けて大変うれしい、と言って下さった。私もブログの話をすると、早速、スマホで検索され、カテゴリーで、自治会や体育祭の写真をみて、すごいですね、身近にこんな人がいらしたのですね、と大変ほめて頂いた。図々しくこんなことを書くのは厚かましいが、うれしかったので披露した。我が自治会のWさんも同じテーブルで、賑やかに会話が弾んだ。もう一つの隣には、副会長のYさん。いつも高齢の私を労わって下さる。50代と若いが、見かけはもっと若く、30代くらいしか見えない。しかも、よく気がついて明るくかわいらしくしっかりしていて人気がある。特に高齢男性には娘や孫のようにかわいいようだ。余計なことを書いてしまったが・・ 
 
[PR]
# by ttfuji | 2017-10-22 19:02 | 時事・社会・地域・自治会 | Comments(0)
 10月14日(土)~15日(日) 
 伊勢原道灌祭り 開催。雨にたたられることが多いが、小雨時々小止みといった状態で、太田道灌の鷹狩り行列はとりやめになったようだが、14日夜の民謡踊りは行われたとのこと。体操のメンバーが踊りの会にも入っているため、中止になったら残念だしお気の毒と思っていたが、行われたと聞いてよかったですねと思った。
 中央公民館で、郷土史の講座を受けたあと、隣の室で、展示されている、市制50年の歩みや出来事を写真や絵、年表や説明文などで見せてもらい、歴代市長による馬上の道灌公の鷹狩り行列の写真、有名人(俳優やアイドル)による頼朝と政子の籠による行列の写真などが展示されているのを立ち寄って見学する。
 1回の展示室では、書道展も鑑賞。体操で一緒のSさんは、自宅で子供さん達に書道を教えており、素晴らしい書を出品されていた。受付けにいらしたので、しばしお話した。
 そのあと、Nさんと昼食に向かうがいつも行くファミレスが、祭りで通りを封鎖されていたため、入れず、少し離れたグラッチェに行く。ピザとたらこのパスタをひとつづつとり、半分づつ分けて頂いた。ミネストローネとアボカドのサラダもセットで組み合わせだった。そこから駅まで7・8分なのでNさんは歩いて帰られた。私はエスポットにより買い物して帰る。

 15日は、お祭り広場など、多種の催しものがあるが、ここ何年か老齢になってからは見に行っていない。あとで聞いたところによると、道灌の行列も頼朝と政子の行列も、通りを使って踊る若者の踊りも、民謡の総踊りも、茅野市からの、御柱曳きもすべて雨の小止みをぬって行われたようである。中止でなくってよかった。 

a0055866_11274185.jpga0055866_11284334.jpg







a0055866_11294279.jpga0055866_11304272.jpg






a0055866_11333623.jpg

[PR]
# by ttfuji | 2017-10-15 21:44 | 郷土史・講演会・学習 | Comments(0)
 10月14日(土)
 今日は、郷土史会の日。
 9月の総会の折、配られる予定の、会報『いせばら』13号が顧問であり編集者の田中氏の入退院のため遅れ本日配られた。いつも、拙文を投稿している私も、載せて頂けるのが嬉しく楽しみにしている。執筆者にはほかに4冊頂けるのもありがたい。旧友が読んで下さる。

本日、予定していた講師の先生が、事情があって(入院とか)、来られなくなり、市の職員であり、市史に携わって来られた、この会にもおなじみの諏訪間氏にお願いして引き受けて頂き、定例会に穴が開かなくてほっとした、と会長は挨拶された。
 演題は「大山と大山信仰」というもの。資料と映像で話して下さった。伊勢原と言えば「おおやま」というくらい、大山の話は繰り返し聞いているが、何度聞いても興味深い。齢のせいで忘れっぽくなっているせいもあるかもしれないが。
 大山の歴史については、約28,000年前の遺跡の確認、古代、中世、近世、近現代について詳しく講義され、また、大山の信仰については、古代から中世にかけては、神仏混淆で衆徒と修験者が活動していた。戦国期には後北条氏の手助けをしたために、江戸時代になると衆徒は下山させられ、ふもとで(御師宿坊)となった。彼らは、各地に大山信仰を広める活動を行い、やがて、江戸幕府の庇護を受け『大山講』が盛んになった。最盛期は江戸後期で、宝暦年間では20~30万人が大山を訪れたという。
 今回は、浮世絵に描かれた大山や周辺、大山詣りの様子の絵も多かった。
  五雲亭貞秀    「相模の国大隅郡大山寺雨降神社真景」  
  歌川貞秀(五雲亭貞秀)  「大山良弁図」 (良弁滝)
  歌川芳虎      「大山詣」
  歌川国芳      「大山参詣 日本橋之図」
   ?         道中風俗画「程ケ谷」
  歌川広重      「藤沢 南湖の松原」
  歌川広重      「藤沢 四谷の立場」
  歌川豊邦      「七変化の内 ちょぼくれ坂東道五郎」
             という木太刀を抱えた三津五郎の絵もある。 
  浮世絵に描かれた大山は上記以外にも沢山ある。(絵が掲載できないのが残念)
 今回の話は、絵や仏像などの歴史文化遺産だけでなく風景や建造物も映像で紹介された。
a0055866_163195.jpg





a0055866_1623825.jpg





a0055866_11554015.jpg





a0055866_11494331.jpg

[PR]
# by ttfuji | 2017-10-14 22:45 | 郷土史・講演会・学習 | Comments(0)
 10月9日(月)
 体育の日。本来なら10日が体育の日だが、3連休にするため9日が祭日になる。合理的なのだろうが殆どの休日が本来の日ではなくなるのでカレンダーでいちいち確認しないと混乱する。
 写真のプリントや編集、ブログなどで過ごす。
 10月10日(火)
 コジマ電機へインクと写真用紙を買いに行く。5本セットで買うインクはなぜか黒の小が残っていき、4本も余っている。カウンターでその話をすると、別の色に替えてもいいですよと言われマリンに替えてもらった。こうすればよかったのだとやっと気づく。セットで買った方が割安と思っていたが、本数を合わせればいいらしい。このところ、ミニサロン、体育祭、郷土史と写真を撮ることが多く、インクの減りも早い。しかし、勝手に撮るのだから、趣味やボランティアですからと、差し上げている。道楽にお金がかかるのは当たり前。不出来ですけど記念に受け取って下さいと。みなさん喜んで下さる
 10月11日(水)
 今日は30度近い真夏日である。このところ気温の高低が激しく体調を崩す人もいる。
 スイミングの日だが私のコースは4人だけ。2人の時もあった。コーチに申し訳ないような小人数だ。マンツーマンのようね、と隣のコースの人から言われる。ところが、私は余り熱心に指導されるのが苦手だ。休み休みやってください、と自分の娘より若いコーチに頼む。わかりました、とゲーム感覚のものも取り入れてくれる。でも基本は、きちんと教えなくてはならず、厳しい。肩甲骨や股関節、膝にいい運動など。バタ足やダルマ浮きなどで楽な運動もする。私のように長く歩けないものにとってスイミングはとてもいい運動である。
 10月12日(木)
 今日も夏日。ミサワホームが1時に見える。見積りを頂き、検討して置いてほしいと言われていたが今日も、床工事取り止めや勝手口のドアを明るい窓のあるものを、と話が変わっていき、戸惑っている様子。契約までなかなかいかず、担当者が気の毒な気がする。
 10月13日(金)
 体操がないので、Yさんと気分転換に出かける。この頃、あまり遊びに出ない私を連れ出してくれる。出掛けないというのは正しくない。サークルや郷土史研究会、読書会や図書館、高齢者体操や太極拳、スイミング、と人様よりよほど出かけているが、私にとって遊びの範疇ではないつもりなのだ。こんなに外出しているので、会食や旅行など何となく出掛けにくい。夫は元気とはいうものの、たまに体調を崩す。食事管理もある。
 夫も、気晴らしのように、時々出かけてくると行き先を言わず出かけるが、聞くとまだ決めてないという返事が来る。私も、あてのない気ままな外出がしたい。
 前置きが長くなったが、Yさんと出かけたのは、隣の市の厚木市、本厚木のミロードだった。Yさんは金沢に行くので、気に入った衣類を探したいらしかった。私も別に欲しいものがあるわけではなくても、ウインドショッピングしながら、おしゃべりをするのも楽しい。昼食に7Fのレストラン街でお寿司を頂き、さらに、いろいろ見てまわった。伊勢原に帰っても地元のブティックなど見てまわった。結局、本当に気に入ったものは見つからず、新宿や町田のもっと大きな店でないと駄目ね、と言いながら、お惣菜や食材を買って帰ってきた。歩数計は8301になっていた。この頃あまり歩かない私はその数字に満足した。
 
[PR]
# by ttfuji | 2017-10-13 21:36 | 生活雑記 | Comments(0)
 10月8日(日)
 天候に恵まれない日が続いたが、今日はパット晴れ渡った。運動会日和である。自治会の役員を降りて、のんびり気楽に見物でき皆さんとおしゃべりも楽しめる。
 自治会の回覧で参加の記入をしておいたので、お弁当やお茶、菓子、ジュース、コーヒーなども配られる。年齢別に出場種目が色々あり、参加賞も豊富。家族連れで山のような景品や参加賞をもらい、子供達は得意でうれしくてたまらない様子。私は、今年は走れないので、子どもと一緒の紅白玉入れに参加した。また、全員参加のファイナルアンサーにも参加したが、1問目で失敗してしまった。あらかじめ、スマホで大山の高さとか、小学校の生徒数、市の花、県の花、鳥や樹木、など例年出される問題を調べ、皆さんにも教えていたのだが、それが災いして、○×で位置を移動するのに、×と言ってそちらに誘導したのだが、○が正解で、迷惑をかけてしまい申し訳なく謝った。
 無正解で退場する人にも、参加賞でカップ麺やレトルトカレー、袋菓子など頂けた。(私はカレー)
 自治会別対抗の種目もいろいろあったが、わが自治会は残念ながら、今まで優勝した種目はない。縄跳びやリレーなど応援に力が入るが、午後の決勝まで残ったのはムカデ競争だけだった。でも参加に意義ありである。例により写真をたくさん撮った。
 とても楽しい1日だった。高齢者でも家に閉じこもっていてはつまらない。
a0055866_14454472.jpg

a0055866_1446207.jpg

a0055866_14482226.jpg

a0055866_14543573.jpg

a0055866_1561444.jpg

     写真は、上から綱引き・鈴割り・ムカデ競争で決勝に進んだ男女チーム 
[PR]
# by ttfuji | 2017-10-11 16:38 | 時事・社会・地域・自治会 | Comments(0)
 先日、妹と友人Yさんから、最近ブログ更新している?と聞かれた。以前より真遠くなっているけれど、まとめて書いたりしている、と答えた。妹は、2年ほど前の義兄さん(私の夫)の動脈瘤手術のことが最後で、それ以後は書かれていないという。そんなことはない、それはそちらのパソコンか、URLの入力に問題があるのだと思う、と答えておいた。Yさんは、9月までしか書かれていない、というので、それ以後は書いていないと答えた。そういえば、もう10月も半ばを過ぎたのだ。あっという間に日が過ぎる。
 仕方がないので、例によって箇条書きにし、特に詳しく書いて置きたい日については別記することにした。
 10月1日(日)
 10時に図書館にTEL。11月25日の講演会の申し込み。日があるから、あとでと思っていると、うっかり忘れてしまうことがままある。10時30分に昨日予約した美容院へヘアダイに行く。夫は東京へ出かけた。
 夜、R子にライン。市役所からの書類の件。
 10月2日(月)
 8時前、A医院へ。前回、心臓のMRI検査予約をしており。不整脈と雑音が見受けられる由。検査から内診まで2時間は待たされる。受付け8時から、診察9時から開始でも、早い人は7時前から外まで並んで順番をとる。本人ではなく家族が順番だけとって帰られる人が多い。
 わが家から5分ほどの所だが、一旦家に戻ると、雑用もあるし面倒なので、私は読書して待つ。MRIの結果を見て、次回、心電図をつけることになる。前回もやったことがありそれほど心配はしていない。調剤薬局で薬をもらい、帰宅したのは9時半頃だった。
 10月3日(火)
 今日は、歯科医院行きの日。10時半予約で11時前には終わる。歯周病予防で、歯間ブラシの手入れをチェックされる。通院の少し前から、念入りに掃除をするが、よくできているとほめられ、後ろめたい。歯石除去して頂き2か月後の予約をして帰る。歯科医院は、市役所や図書館と近いのでついでに図書館と市役所の用件(娘のこと)を済ます。夜、その報告をラインで電話する。ラインが無料であることが有難いが、なぜ、無料にできるのか不思議に思う。
 10月4日(水)
 スイミングの帰途近くのスーパー・アルズで買い物。野菜や魚・肉類も豊富で新鮮、重宝している。
 10月5日(木)
 午後,Mホームサービスの見積りについての返事をする日。屋根や外装のメンテナンスはするが、板の間の床の張替は見送ることになった。一部、痛んでいるところだけでいい、と夫は言い、それではおかしい(見栄えがわるい)と言われ(私もそう思うが)、結局、今回は見送った。
 10月6日(金)
 体操なし。毎年10月に行われる神奈川県高齢者体操大会には私は欠席に決めた。写真係と荷物番、見学に行ってみたいと思っていたが、家のこともあり、朝早い集合が負担に感じられて、行かないことにした。私より年上は2人しかいないし、お二人も不参加らしい。体操の帰り、Fさんとアルズで買い物して帰る。
 10月7日(土)
 夫、新宿行き。会の名前や目的など、ブログに書くことを禁じられてから、一応従ってはいるが、なぜいけないのか戸惑う。会の名前を書いただけで、検索に引っ掛かり、どこの誰かと特定されてしまうという。別に悪いこと書いていませんよ、と言ってもブログでプライバシーが知れてしまう、本人が書くなというのだから守れ、という。わかりましたといい、その日の分は非公開にする。
 Oさんとエスポットへ買い物に行く。
[PR]
# by ttfuji | 2017-10-07 18:44 | パソコン・スマホ | Comments(0)