私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)
 3月10日(火)

 めちゃめちゃ元気な84歳!!
 
東海大付属病院の再診で上記のキャッチフレーズのついた診断書を渡され、夫は帰宅後も大喜びで⦅うれしいなぁ⦆を連発し心底嬉しそうだった。
 2月23日の頸動脈にステント装着手術後、好調で心臓のペースメーカーも取り外されたが、次回の手術でもペースメーカーは入れるのですかと夫のほうから聞き、先生は手術の時は安全のため入れますよと言われ、夫も、そうですかと仕方なく納得した。夫は自分の体は自分が知っているとばかりに何でも言うので、専門家に任せればいいのに、とそばにいて私は思う。インフォームドコンセントがあるとはいえ、先生も任されたほうが気持ちよくやりやすいのではないか。
 しかし、群大付属病院のような事があると、任せっぱなしは駄目なのかもしれないとも思う。でもネットで調べてはあれこれ気にするのもどうかと思う。カンファレンスなど行いながら、慎重に対応して下さっていると思うので、信頼して託すほうがいいのでは。
 ともかく、血液検査や血圧なども問題なく、あとは動脈瘤の手術に向かうはずだが、とんとん拍子にとは行かず、3月19日に心血管外科の診察があり、4月28日に生理検査、心電図検査の後、循環器科で診察前採血と診察前心電図があり、その後入院・手術となるらしい。入院の日も手術の日も聞かされていない。来週19日の心血科の診察結果を待つしかないらしい。
 その後の一か月以上の待機の時間が途方もなく長いように感じる。
 3月11日(水)
 スイミング。午後、自宅で「さつきの会」の名簿つくり。ウインドーズ8になってから、罫線の多い表づくりをしてないため、なかなかうまくいかず手こずったが、夜になってどうにか出来上がった。

 東北大震災から4年、いまだに被災者の傷の深さに心が痛い。肉親を失った遺族の悲痛な叫びに言葉もない。それにも増して、原発の収拾不能には怒りを感じる。
 3月12日(木)
 3月初め、図書館が一週間近く休館だったため、3週間ぶりの訪問だった。なかなか読めず、記録もできない。しかし、いい本だと思った本は何冊かあった。
 このところ、寒い日が続いている。週末に郷土史会の史跡めぐりがあり、温かい日であることを願っている。

[PR]
# by ttfuji | 2017-09-19 13:58 | Comments(2)
 9月1日(金)
 防災の日。台風15号で、南関東にも風雨が吹き荒れたが当地は、夜中に多少荒れた程度。各地の大水害を見ていると、有難いやら申し訳ないやらで複雑だ。
 テレビでは、大地震の備えについてと、空からのミサイル通過の防衛について同時に放映していた。天災、人災も防ぎようがなく怖い話だ。

 午後より、夫はジムへ。私は体操の会。メンバーに民謡踊りや舞踊の会に入っている人が大勢いて、文化会館で秋の行事に向けて、打ち合わせや練習があるらしく、10数人が欠席した。こちらの「さつきの会」でも10月に、毎年恒例の県大会があり、先生の出席を呼びかける声や練習も力が入っている。体操終了の帰途、FさんとOKストアで買い物。
 9月2日(土)
 一日中、雨にみまわられるという予報だったが、朝方には止んで、涼しい一日となった。夫は、古代史講座に出かけた。こちらはその日の体調次第で、当日にならないと、出欠はわからない。
 私は、美容院でパーマをかける。白髪の分け目が目だって来たのでヘアダイにしようか、迷ったがぺちゃんこ髪を少しでもボリュームでカバーしようとパーマをかける方を選んだ。ヘヤダイもパーマもなるべく間隔をあけるようにしている。髪の問題は高齢者でも悩ましい問題である。
 9月3日(日)
 今日も、気温は低め。凌ぎやすい。図書館の返却日だったので、Oさんを買いものに誘うが、私は図書館の用事も同時にしたいので、Oさんにその旨告げ、店に送り、私は図書館の用事を済ませてからスーパーに行く。30分ほどで店に行ったが、Oさんはまだカートでレジに並んでいるところだった。私は外出の度に、買い物をしているので、買うものも少なく、一回りして4・5品買っただけだった。転んで骨折をし、免許証を返上したので、不便でならず、週1回か2回の私の誘いを心待ちにしている。買い物は目で見て買いたいと、生協や店のカタログショッピングは好まないという。私も、免許返上の折は同じ思いをするのかと思うと先が思いやられる。
[PR]
# by ttfuji | 2017-09-03 20:40 | Comments(0)
 早や8月末日。すぐに秋日が来るわけではないが、極暑に苦しめられた夏が過ぎ凌ぎやすい日が来ることを願う。気候ばかりではなく政治的にも世界的にも平和が脅かされる日々だった気がする。

読書録は半年以上書いていないかもしれない。
 時々、読書会の課題本について書く程度である。書いて置かなければ、と時々猛烈に思うのだが、溜ってしまうと益々面倒になり、こだわる自分があほらしくなる。読んでいる時、面白く楽しければいいじゃないか、内容をすぐ忘れ、思い出せなくてもどうってことはないじゃないか、と思いながら、いやいや一生懸命思い出そうという、脳への働きかけこそ、ボケ防止になるだろうし、感想をあれこれ思うのも、読書の醍醐味と考えたり、幾つになっても決断の悪い性質である。A型人間の典型と言われたりもする。血液型判断をあまり信じているわけではないが、言われたら、そうかも、と否定はしない。いよいよ書けなくなるまで、もうちょっと挑戦してみよう。

 取敢えず、読んだ本の中で、良かったもの、面白かったもの、感動したものを列挙してみる。
 すでに書いているかもしれないが、ダブっていたら、削除するとして、1年以内のものをあげてみる。
 山本一力氏のジョン・マンシリーズを5冊、太平編、波涛編、青雲編、望郷編、立志編と読み、次も出版されているらしいが、図書館にはまだない。 
 著者の青春時代を書いた、エッセイ「ワシントンハイツの旋風」、日本の時代小説が多い中で、異色な短編「サンライズ・サンセット」も最近読んだが、他民族のニューヨーク下町の人情や人生の哀歓を感じられてとてもよかった。山本氏の『明日は味方』=僕の愉快な自転車操業人生路=も読んだ。前後するが、『桑港特急』も読む。これはジョン万次郎の時代とダブるが、砂金取りに浮かれ、盗賊やギャングが金を奪い合う話。それなりに面白い。 
 『大山まいり』時代小説 取次屋栄三 岡本さとる著 も 江戸から大山詣りの講を組んで男女数人を、狙う悪人と闘う、捕り物風な話で興味があった。郷土史会で聞く大山詣りのことは、落語や小説にも取り上げられ、目に着くと読んでいる。

 中島京子氏の『エンジン』『のろのろ歩け』『長いお別れ』と読み、今著者にはめずらしい歴史小説『かたづの』を読んでいる。かたづのとは、角が1本しかないカモシカのこと、このカモシカの目を通して、東北南部班のお家騒動や歴史の出来事を書いている。祢々は夫となる若者と狩りに来ている、若者はかたづののカモシカを弓で討とうとするが、祢祢に打つなと懇願される。祢々は目で合図し逃がす。南部宗家と分家の八戸南部の歴史だが、著者は、南部藩に女性大名がいたという歴史や伝説を知り書いてみたくなったという。祢々は夫と息子を同時に亡くし、家を守るため、女大名となる。NHK大河ドラマを思い出させるが、まだ半分も読んでいず、読了してから感想を書きたいと思う。
 『孫文の女』西木正明、『総理の夫』原田マハ著、共に面白かった。なぜか小池百合子さんを思いだした。
 小池百合子さんの、『女の本懐』も、防衛大臣時代のことを書いているが、今回の関東大震災の折のデマで朝鮮の人達を虐殺したことについて、慰霊祭に哀悼や謝罪の言葉を寄せなかったことについて、違和感を覚える。
 『天皇と日本国憲法』なかにし礼著 いつも苦しいお立場で、ご意見もままならない天皇に対して、どのように書かれているか、緊張の気持で読んだ。戦争には反対、憲法を守る、というスタンスは、私も同じなので、感動した。
  
 

 
[PR]
# by ttfuji | 2017-08-31 20:02 | 読書・読書会・図書館 | Comments(0)

子ども食堂・防災訓練

 8月26日(土)
 自治会主催の「子ども食堂」が初めて開催された。福祉活動に熱心な自治会長の長年の思いが叶ったというべきだ。
 今の子ども達を取り巻く現状は、必ずしも恵まれた環境とは言えず、欠食児童もいる。幸いこの地区が今そのような問題はなくても、仮に災害があったとき、両親や身内の健康問題が起こったとき、子どもたちは、食べるものにも困ってしまう。また、独居老人、老夫婦で生活が困難な時、食事を提供してくれるところがあれば、どんなに助かるか、ということで、子ども老人を誘って実施した。
 私にも声がかかり、Oさんを誘ってきてくださいと言われた。Oさんは、前日、ご主人の通院付き添いですっかり疲れ切ってしまい、当日は、折角お誘いいただいたのに、行けそうもない、と断りの電話がかかってきた。結局,Oさん夫妻の分は、夕方役員さんがお届けした。
 私は、準役員待遇で、催し物には顔を出す。
 子どもさんの人数が少ないのは、夏休み最後の土曜日で、お出かけが多いということらしい。高齢者も何人かいた。
 メニューは、オムライス、ナスのささ身揚げ、グリンピース、冬瓜のスープ、となかなかのお味だった。役員さん、ボランティアの人たちは前日から準備に追われたようだ。私も、皆さんの昼食用に、5色きんぴら・ゴーヤの佃煮・大学芋など差し入れ喜んで頂けた。
a0055866_16154338.jpg





a0055866_16182070.jpg


 8月27日(日)
 防災避難訓練の日。日本各地で、水害・土砂崩れなど大災害が続いているが、当地は幸い被害はないし雨も余り降らない。だから、訓練の必要なないとは思わないし、むしろ必要だと思う。
 しかし、暑さと齢に免じて不参加にさせて頂いた。
[PR]
# by ttfuji | 2017-08-31 15:43 | 時事・社会・地域・自治会 | Comments(0)
 8月25日(金)
 今日は、午後より体操「さつきの会」。先生の要望で、暑気払いの名目で、お菓子やアイス、手作りの漬物などが配られる。先週、役員さんが、先生から暑気払いをやって下さい。私の教えている教室でやらないのはここだけです、と言われ、今週、急遽、お菓子や漬物など用意した。
 今まで、暑気払いとかの名目で特に行ったことはない。休憩時間に、近くのコンビニへアイスや冷菓を買いに走ったことはある。新役員だと、そこまで気を回せない。だから、めいめい冷たい飲み物や誰かの差し入れのお菓子を配られるくらいだ。食払いということで、練習は1時間早く切り上げた。お菓子とアイスと会への感想など話し合う予定だったが、めいめいのおしゃべりで30分も早く終わった。
 そのあと、私は南公民館で、利用団体の調整会議があり、3時半には会場に着いた。
 今日は1月から3月までの使う室の申し込みがある。曜日ごとにテーブルが決まっていて、読書会は水曜日なので、部屋も図書資料室なので、比較的取りやすい。駄目な時は、隣のサークル室でもいいし、1週遅れでも、場合によっては利用できる。1月の新年会、2月の定例会は、確保できたが、2月、公民館まつりがあるため、第4週で申し込んだ。また、公民館まつり参加についても、皆で相談することにした。
[PR]
# by ttfuji | 2017-08-31 15:19 | 太極拳・スイミング・体操 | Comments(0)

真夏のスポーツは

 このところ、また猛暑が続き、ぐったりする日が多い。
 夫も、月・水・金とジムに通っていて、元気さは私を驚かせているが、今週は、暑さがこたえるのかソファーでごろごろし、月曜日は調子が悪いから行かないといったり、水曜日は遅く行って短時間で帰ってきた。金曜日は、私が体操がある日で、ソファーに寝ている夫に、体操は行かないのですか、暑いから送っていきますよ、というと、行かないのではなくいけないのだという(体調がよくない?)。
食欲も余りないと言いながら、少し経つと、しっかり食べている。意地悪な言い方のようだが、量も質も私の2倍以上は食べているし、おやつや間食もいつの間にか食べるので、だから身体が動くのだと思って、その点は心配しないが、本人に言うと、有るものをたべるしかしょうがないだろう、と嫌味なことを言う。(あんたの作ったものを食べるしか・・)
 私は、水曜日のスイミングには、やや冷たい水が気持ちがいいので行くし、冷房の効く金曜の体操にも行っている。外に行った方が気がまぎれるということもある。
[PR]
# by ttfuji | 2017-08-24 15:44 | 医療・健康 | Comments(0)

Yさんとお出かけ

 8月20日日曜日、久しぶりにYさんとお出かけした。いつも、誘って下さるのだが、暑さとなんとなくの億劫さ、お互いのスケジュールが合わない、などで何か月も実現しなかった。
 今回は、私の方から電話した。日曜、月曜と何の予定もないので都合がついたらどこかへ行きませんかと。留守だったので、メールを入れた。30分ほどで、電話がかかり、庭に出ていたという。30分後の11時半に出かけることになった。幸い、猛暑ではない。歩いて駅までいける。それでも、普段歩いてない私にとっては20分近い歩行は、前のめりの姿勢になるし、息切れがする。汗もかく。
 町田か新宿かと相談して、町田に決めた。ゆっくりデパートで目の保養をしましょう、昼食の時間だが、少し歩いてからということで、華やかなファッションを見て歩いた。自分の齢を考えると、選べるものも限られてくるが、Yさんにそれを言うと、嫌がる。年をとってもおしゃれは出来る、老け込んでは駄目、時々でかけて、きれいなもの、好みのもの、自分に似合いそうなものを選んだり、着てみたりするのも楽しいじゃないの、と言われる。
 秋に金沢旅行をするので、もう着て行くものも買ったのだが、ストライプの服に合うコートを探したいという。娘さんのお相手の方が金沢の方なので、ご家族で?と聞くと、ううん、学生時代の友達何人かとの旅行という。そんな~。親戚訪問なんて、旅行ではないという。たしかに。
 私は、同窓会にかこつけて親戚きょうだい宅の訪問くらいしか今はしてない。旅行もできなくなったものだとつくづく感じる。
 1時間ほどおしゃべりして歩き、お腹も空いてきたので、いつもの4階奥まった隅にあるカフェに入った。いつもは、パスタやオムライスなど頂くが、もっと軽いものをとホットケーキセットにした。
 ここでもゆったりおしゃべりをした。
 各階をほぼ全館見てまわり、最後に催し物会場でバーゲン商品を見て、いくつかお買い得を買った。
 yさんは、日用品、雑貨売り場でイグサの敷物を注文、配達を依頼した。書道をやっているYさんは筆も選んでいた。最後に、地下で夕食の買い物。鰻やお刺身、出来合いの中華のおかずなど買い、手抜きではあるが夫の好物を揃え、あらかじめ電話しておいたのでご機嫌も良かった。
[PR]
# by ttfuji | 2017-08-21 14:27 | 友・師・人 | Comments(0)

図書館とブックオフへ

 9月の読書会の課題本は、篠田節子さんの「讃歌」にきまり、書店に文庫本は絶版と言われたので、アマゾンで探してみることを私が請け負った。5冊まとめて買えると思ったのに、4冊だけしか購入できなかった。それも、売り手は4人で個別に1冊づつ注文しなければならず、一人ひとりと注文し、支払いも4人の方に注文を出し、コンビニの端末処理で一括アマゾンを通して売り主に支払われるようだ。結構、面倒な購入だったことは、すでにブログで書いた。その後、1~3日して本が届き始めた。しっかりと放送され、丁寧な挨拶状まで入っている。満足して頂けましたか、問いには、こんなに安く売って下さるのに、手数料も出ないどろうと、丁重にお礼のメールを送った。

 会員の皆さんには、車でお届けした。みなさん恐縮され、コンビニや本屋さんのめいめい取りに行く方法の方が私の負担が少なくていい、と仰った。車だから、あっという間にお届けは出来るが、注文するまでも機械操作が面倒で、だんだんついていけなくなっている。

 さて、4冊しか手に入らなかったので、私の分はブックオフででも買おうと思っていた。私は、1年前に図書館で借りて読んでいるので、ブログにも書いているし、もう一度図書館で借りなおしてもいいとも思っていた。
 8月の19日の土曜日、丁度図書館へ行く日だったので、『讃歌』も探してみた。返却棚にも書架にもなかった。まだ日があるし、ブックオフへも行くつもりなので、リクエストもしないで帰ってきた。帰りに、ブックオフへ寄ると、文庫本の所、2か所にも探している本はなかった。
 同じ著書の本は沢山あった。未読のもの4冊買ってきた。同じ著者のものでも、100円+税のものと、200円以上のものがある。どちらも新品同様きれいだ。店員の方に、文字の大きさとか出版された人か関係あるのですか、と聞くと出版社とか、色々に理由があるらしいが、わからなかった。
 図書館で借りれ来た4冊もあり、今日かった4冊もいつ読めるかわからない。読む速度も遅くなっているし、読書目録も何か月も書いてない。読書の秋が来る前に少し整理しようと思う。

 
 
[PR]
# by ttfuji | 2017-08-19 20:40 | 読書・読書会・図書館 | Comments(0)
 太極拳「気和会」は、8月は夏休みと以前から決まっていたが、体操「さつきの会」は8月も練習はあった。
 ところが、今年は、会場の都合や、祭日、先生の都合などで、7月21日から8月11日まで4週休みが続いた。暑い時だし、高齢者の団体なのだから、夏休みもいいと思うが、秋の県大会に向けて、結構ハッパをかけられる。県大会も20数年も続き、私など最高齢に近づいた。3歳上の人が2人いらっしゃるが。見に行くだけでも楽しいので、実演不参加でカメラマンと荷物番として参加してもいいかと言っているのだが。勿論、それだけでもありがたいと言ってくれる人も多いが、どういう扱いになるかまだ決まっていない。
 先生は、無理はしないように、気分が悪い時には休んで水分を取って、決して無理はしないようにと、繰り返し言って下さるのだが、初期高齢者?がやる気がないと、げきを飛ばす。
 後期高齢者も多いので先生も手ほどきが難しいのかもしれない。かといって、体操をやめたら、私などぐうたらなので、自分から体を動かさなくなるだろう。ある程度の強制や束縛も必要だと思う。

 帰りはOKストアで買い物して帰る。
[PR]
# by ttfuji | 2017-08-18 19:30 | 太極拳・スイミング・体操 | Comments(0)
 8月5日(土)
 支え合いサポートの会。午後から参加。役員と常連さんだけだったが、楽しいひと時が過ごせた。
 午前中に来た人もいたが、子どもさん連れは今日はいなかったそうだ。田舎や実家へ行ってしまったのかもしれないとのことだった。
 8月14日(月)
 月曜日の太極拳は、8月はお休み。そこで、いつも火曜日に行くA内科を今日行ってきた。7月25日にいくつかの検査をしたので、診察と薬の処方をしてもらってなかったのだ。
 相変わらず混んでいて、8時半頃行っても呼ばれるのは11時過ぎである。7時ごろ来て1時間ほど外で並び、順番を取って一旦家に帰る人が多い。順番だけ家族にとってきてもらう人も多い。私は、一旦家に帰るということはしないので、3時間くらいなら待合室で本を読みながら待つ。医者通いは一日仕事である。頸椎ほか血管検査の結果は特に異状なしとのことだった。
 8月15日(火)
 T氏より封書。原稿の校正やアドバイス頂き、こんな形でどうでしょうと書かれてあった。行かえが多い。1行空きがところどころにあって散漫な感じをうける。ベッタリ続けるより、読みやすいと思ったのだが、その方がしまった感じになる言われた。体言止めが多い。敬体と常体が混ざっている、などの指摘を今までも受けてきたが、言われた通りに直すとまとまった感じになり、有難く思った。
 長すぎたら思い切って削除してくださってかまいません、とお任せしたのだが、何とかそのまま採用して下さった。電話をください、とあったので、感謝の電話をした。
 8月16日(水)
 スイミング。クラスは違うが、私の後のクラス(アクアエクササイズ)に友人のいつ子さんがいて、時々顔を合わせる。プールサイドとプール内で、始まる前言葉を交わす。カボチャの大きいのが採れたのであげたいけど、重くて歩いて持ってこられない、というので、練習が終わったらロビーで待っていると伝えた。私の車で一緒に家に立ち寄った。とても歩いて持ってこられる重さではない。まだ、頂いてないがとてもほくほくとしておいしいカボチャだという。Iさんからは、ご主人の丹精の野菜を時々頂いている。
 8月17日(木)
 神奈川県警察本部 運転免許本部 免許課から配達証明の書状が届く。先日、一時停止違反で罰金を払ったばかりで、まだ何かあるのかと、開けてみると、「臨時認知機能検査通知書」という公安委員会の捺印のある通知書が入っていた。8月23日に二俣川の指定教習所が書かれていたが、別紙で高齢者講習を受けた、自動車教習所でも受けられると案内されている。
 すぐに、そこに電話し、9月8日の予約を取った。
 また、書類には、免許証の自主返納制度のことも詳しく書かれ、こちらも、すすめられているような気がした。運転も肩身が狭い年齢になった。
[PR]
# by ttfuji | 2017-08-18 10:54 | 郷土史・講演会・学習 | Comments(0)