私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

大葉ペースト

 朝、涼しいうちに夫は庭にでて、草取りをしている。前の家の奥さんが裏庭の草取りをし、2人で話している。暑くて大変ですね、でもエアコンの中にいると身体の調子が悪くなるんですよ、とOさん。夫は、僕もクーラー嫌いなんですよ。でもクーラーに入らないではいられない暑さだし、とOさん。
 お宅から越してきたミョウガが沢山採れて嬉しいわ。途中から私も庭に出て、話に加わり、越境していって邪魔にされなくて良かった、といい暫くはミョウガ談義。ミョウガの花はそのまま食べてもおいしい、天ぷらにしてもおいしいんですってね、というので昨日天ぷらにしたばかりよ、と話す。話ながらミョウガは両手一杯になるほど採れた。流しで洗いながら、花を食べる。さわやかな香りが広がる。ミョウガの甘酢漬けを作ろう。

 いつもシソや花をいただいているYさんに半分あげよう、と思った。
去年、ミョウガの地下茎を上げたら、今年幾つか採れたと言っていた。ゴーヤもさし上げようと2・3日前に電話したが留守だった。そんなことを考えているうちに電話が鳴った。以心伝心、Yさんからだった。「雑誌に載っていた大葉ペースト作ろうと思うのだけど、つくって見ない?」という。今庭に出るから取りに来てといわれ、ゴーヤとミョウガを持って出掛ける。青シソを沢山頂いた。この花保つのよ、と咲いていた花(名前は知らない)も切って下さった。
 Yさんはすぐ作ってみるというので、レシピはあとで届けるとのことだったが、30分もしないうちに、ペーストの味見用とレシピを届けて下さった。

 シソは洗って水切りしビニール袋に入れておくと結構保つ。材料が揃わないので作るのは明日以降になるだろう。 レシピを書き写しておく。

  大葉ペースト
 =さわやかな香りの万能ペースト パスタ、サラダ、冷奴に=

(材料をフードプロセッサーにかけるだけ。食が細りがちな夏に大活躍の保存食です。パルメザンチーズと合わせてパスタソースに。レモン汁やビネガーを加えてオリーブオイルで伸ばせばドレッシングに。お刺身サラダや冷や奴、ソテーした肉や魚のソースにも使えます。)

 材料
 大葉60枚(40㌘) ニンニク大1かけ
 松の実(クルミやカシューナッツ、アーモンドなど)25㌘
 オリーブオイル150cc  塩小さじ1/2
 作り方 
 ①大葉はさっと洗い、水気をしっかり拭き取る。
   ニンニクは縦半分に切って芯を取り除き、松の実は
   フライパンで空炒りしておく。
 ②ニンニク、松の実をフードプロセッサーにかけて、粗く砕く。
   そこに大葉、オリーブオイル、塩を加えて全体がなめらかに
   なるまでさらに回す。
 ③煮沸消毒した容器に移し、冷蔵庫に保存する。
   保存期間は約1ヶ月。
 大葉ペンネの作り方 
 ボールに大葉ペースト大匙2~3とパルメザンチーズ大匙2を合わせ、そこに茹であがったペンネを加えて和えるだけ。お好みで大葉の千切りや松の実をトッピングします。大葉ペーストは、きのこの和風パスタやボンゴレとの相性も抜群です。 
 雑誌よりそのまま掲載しました。雑誌名不明です。
  
[PR]
Commented by ryuji_s1 at 2007-08-31 15:52 x
大葉のペースト美味しそうですね

TBさせていただきました
by ttfuji | 2007-08-12 11:51 | 食・献立・料理 | Comments(1)