私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

カテゴリ:ウオーキング( 9 )

町田でウォーキング

 昨日、Yさんに誘われて町田でウォーキングをしてきた。Yさんの友人,Wさんとも一緒だった。Wさんとは私も何度かご一緒しているので私の友人にもなっている。
 Yさんも、Wさんも歩くのがお好きで1人でもよく歩かれる。私はそこまではいかない。誘われたら歩く、といったところ。
 Wさんは英語も堪能な上、今でも習っていらっしゃる。独立独歩の人で、外国にも一人で行かれるそうだ。

 朝、今日、予定はあるの、と聞かれ、特にないけど孫がお汁粉食べに来るかも知れない、メールしたけど返事なし、と答えた。来るか来ないか解らないのに、待っていることもないから町田でのウオーキングに応じた。
 町田は、よく行くが、牡丹園とかエビネ苑、公園などが殆ど。今日は、境川のほとりの道から、お寺や古墳などある地域を歩く。8~10キロ程度歩けるか、と聞かれ大丈夫と思うと答えた。私も知らない所なの、とYさん。ウオーキングのコースの地図に載っていたので書き写してきたとのこと。
 駅前から人に聞き聞き歩いた。境川は、すぐ見つかったが、きれいな川とは言えず、風光明媚でもなかった。沿道は遊歩道のように整備されていたが雨が降らないためか水量が少なく、ゴミが目立った。この川は、藤沢を通って太平洋に流れているという。
 暫く行くと、白鷺の一群が川で泳いでいた。それ程大きくなかったので、まだ若い白鷺たちかも知れなかった。また少し行くと、今度は青サギらしい1羽を見かけた。たった1羽。離れ鷺の雰囲気。近くに白鷺も1羽。ともに孤独鷺かもと勝手に想像する。a0055866_13181711.jpga0055866_13225527.jpg







   
  対岸に、名刹らしい三重塔のお寺、Yさんの略図にも書かれている。先に見える橋を渡って立ち寄ってみることにする。中和山、○○寺という曹洞宗の大きな寺。お賽銭を上げる。こま犬が狐に見える。

a0055866_1329734.jpg
a0055866_13294042.jpg
a0055866_13301229.jpg






そのあと、遠回りして町田駅に向かうはずだったが、道を間違えてさらに遠回りをしてしまった。Yさんが途中3人の人に聞きその方角に歩くが、駅周辺の高いビル群は見えてこなかった。駅に比較的近いところに、石器時代の古墳あとがあるはず、と小学校の高学年くらいの2人の少年に訪ねると、高ヶ坂古墳のことは知っている、と大まかな道順を教えてくれた。しかし、そこまでもかなりあった。地名が、古墳の名前と同じ所まできているのに、なかなか行き着かなかった。
 すでに1時半頃、お腹も空いて、疲れも出ている。さらに家の前に立っている人に聞いて駅に近いところまで来たことが解る。漸く、町田駅バスターミナル行きのバスが通る道に出た。それまでは、どこを探してもバスが通っている道には出なかった。古墳はもういい、と諦めたとき、向かい側に、立派な立て札と案内板が見えた。信号を渡って寄ってみる。
 「高ヶ坂石器時代・・址」という碑と案内板。奥まったところにそれらしい建物。4000年前の遺跡、ということで建物の中に遺構は囲われていた。格子戸から覗く。ちょっとした公園風で白梅や紅梅が咲き始めていた。

a0055866_13354623.jpg
a0055866_13362425.jpg



 それから、駅まで10分近く歩く。

 東急から替わったデパート?の5階レストラン街は日曜のせいかどの店も混んでいて外の椅子に並んでいた。初めての韓国料理、石焼海鮮ビビンバというのをいただいた。韓国料理もおいしいと友人達から聞いていたが、私ははじめてで、一度食べてみたいと思っていた。熱くて辛くてニンニクがきいていたが、おいしかった。チヂミも食べてみたかったが、そんなに食べられないので次回にした。デザートは杏仁豆腐。

 歩数計は自宅から往復を含め19630歩。良く歩いたと思う。平地だったためか、疲れは殆どなかった。伊勢原駅のドトールでカフェオーレ。Wさんがご馳走して下さる。
 OXストアで何品か出来合いのおかずを買う。5時前帰宅。手作りも1・2品作る。
[PR]
by ttfuji | 2011-01-24 21:27 | ウオーキング | Comments(6)
 娘や孫以外に来客もなく比較的静かに過ぎた。
 昨日、Yさんより、少し歩きませんか、と電話をいただいた。食べてばかりで運動をしてないため、身体が重く感じる。体重も増えているだろう。しかし、昨日は、やることがあるのと娘と孫が夕食に来るため、翌日の今日、歩くことになった。

 午後1時に、Yさんと一緒に運動公園を目指して歩き出した。秋以降歩いていないしすぐ疲れるかも知れないと懸念したが、軽快に歩けた。急に歩きすぎても、と途中でUターンし、別の道を歩いて帰路に向かった。途中、小さなレストランプラザのあるところを通り、久しぶりで寄ってみた。ここは、以前にも寄ったことがあるが、場末に突然できたという感じのしゃれた空間だった。昼食後すぐに出てきたので、お腹は空いてなかったが、コーヒーでも飲みましょうとレストランに入った。食事の人で結構賑わっていた。
 ブレンドコーヒーを飲みながら、いろいろおしゃべりをした。Yさんとは何でも話すが、話題は尽きない。コーヒーがおいしかったので、お代わりすることにし、ケーキも注文することにした。これで、今日のウォーキングは帳消しになると思ったが、仕方がない、ゆっくり話しがしたかった。途中で引き返したのは正解だった。家に着く頃に足の裏に豆ができたような痛みを感じた。
 また歩きましょうと約束した。歩数計は11428歩。

 おせち料理を充分作ったおかげで、おさんどんに忙しい思いはしなかったが、気ままに適当に食べてもらうために、ご飯とお雑煮の汁は毎日用意して置いた。昨夜はとろろ汁も作った。以前のように、お酒をあまり飲まなくなった夫は、この頃お雑煮も好むようになった。

 三が日、テレビをよく見た。特にBSでは、よい番組をやっていて、目が離せなかった。古代史に関するもの、奈良時代一周総集編や文楽「妹背山婦女庭訓」など午前中三日間続いてあり、ずっと通して見られなかったが、引きつけられた。歌舞伎で見たことはあったが、大化改新がモデルというか骨組みになっているとは知らなかった。イタリア紀行も7つの輝きと称し、歴史や芸術、風景、食などの面から掘り下げ見応えがあった。イタリア旅行を思い出しながら楽しんだ。
 昨日、今日と箱根マラソンを見た。毎年見ている。

 今夜は、8時からWISDOMという番組で「世界が語る日本復活の鍵」を見た。
 世界の識者が日本の現状や問題点、どうすれば日本が復活できるかを語ったが、前半は厳しい意見が多く、国民に元気がない、社会が暗く沈殿している、このままでは数年後最悪の事態が来るとか、駄目になるとかの辛口が多かったが、後半に出た人は、復活の鍵はある、技術は優秀だ、サービスもよく親切、製品は素晴らしい、発想の転換が必要、留学生が少ない、もっと外国へ出て行くべきだ、経済の発展はもう優先しなくてもいい、どちらの意見にも出たのが、政権が目まぐるしく変わることがよくない、選挙で選ばれたら数年間は政権交代すべきでない、憲法でそう決める必要がある、というアドバイスもあった。
 やはり、あまり批判ばかり聞いているとがっかりする。褒められると嬉しくなる。単純だがそれが人情であろうと思った。
 
 日本人は(ヨーロッパの人達のように)もう少し成熟した国民にならなければいけない、という意見もあった。
[PR]
by ttfuji | 2011-01-03 23:32 | ウオーキング | Comments(2)

久しぶりのウオーキング

 久しぶりに晴れ渡った。前夜、Yさんから明日歩きませんか、というメールが入った。
 このところ、膝痛と忙しさを理由に、お誘いを断ったりしたが、膝も無理しない程度なら歩いた方がいいようなので、歩きましょう、と返事をした。よかった、と返信がきた。午後に歩くことになった。
 今日、午後1時家を出ると、Yさんもすぐ近くの坂を下りてくるところだった。どこへ行きましょう、1万歩以内なら大丈夫そう、と言うことで、家の近辺を歩くことにした。
 晴れ渡っていたが気温はそれ程高くなく歩くには丁度いい気温だ。隣接している田園風景の中、家々の庭や垣根を彩る花を眺めて歩いた。






a0055866_13175656.jpga0055866_13194196.jpg










a0055866_1321333.jpga0055866_13223435.jpg










a0055866_13314230.jpga0055866_13321752.jpg










 最後の写真は、低いところから伸びてきた藤の花を撮したが、暗い画面でふじも鯉のぼりもわからなくなってしまった。
 1時間半以上歩いて、最後は駅のドトールコーヒーで一休みして帰る。
 歩数計は12000歩を越えていたが、疲れや膝の痛みは感じなかった。帰宅3時半。
[PR]
by ttfuji | 2010-04-26 16:11 | ウオーキング | Comments(2)

久しぶりのウオーキング

 きのうの日曜日。朝、Yさんから電話がかかった。「今日はなにか予定はある?」、「特に何もありません」「天気は良いし、少し歩かない?」「そうね、体重落とさなければいけないし、歩きましょう」と返事をした。血糖値も高いし、足も鍛えなければいけないし。
 Yさんは、近くをぐるっと歩いてもいいし、街へ出かけてもいいし、どこがいい、と希望を聞いてくれたので、街と野山は支度も違うし、平塚はどう?、と案を出し、そうしましょうということになった。

 10時に家をで、歩けるだけ歩いてそのあとバスに乗ることにした。天気は良いし暖かいし、遊歩道を歩くと気分がいい。伊勢原と平塚の分岐点を越え、まだ大丈夫と確かめあいながら歩いた。鈴川沿いの道を歩き大山や富士山を眺めながら、おしゃべりも弾む。
a0055866_15363892.jpg
a0055866_15372465.jpg


 とうとう豊田本郷まで来てしまった。普段は考えられない距離だ。丁度11時。歩数計は8000歩程。(2人の携帯歩数計はほぼ同じであったが、数字は忘れた)
 疲れたのか少し足が痛い。Yさんは、まだ余裕のようだが、バスに乗ることにした。
 平塚駅・伊勢原駅間の半分には至っていない。
 終点、平塚駅に着くと12時近く。お腹が空いた。いつも駅ビル(ラスカ)に行くが、どこか別のところに入るのもいい、と新しいビルが目に入ったので近づくと、1階にはパン店や喫茶店などがあったが、他の店は見あたらない。ふと見ると、レストラン街、の表示があり、上階の方にいくつもの食堂があると思い、エレベーターで5階へ行った。そこはフィットネスクラブで、会員の人達が運動に励んでいた。暫く眺める。
 変ねえ、といいながら丁度そこにいた警備員の人に聞くと、レストランはみな閉店して今は一軒もないという。
 何という世知辛さだと感じる。食べ物屋さんの開店、閉店が目まぐるしい。

 結局、ラスカへいき、「石狩」という店で、タンメンを食べた。ラーメン類は食べるのは何年ぶりだろう。一人だったら決して食べない。Yさんも同じことを言っていた。タンメンは野菜たっぷりでボリュームがあった。味も良かった。
 そのあと、梅屋で店内のファッションやオシャレ用品を見て回ったが、結局何も買わず。店内を歩いてもかなりの運動になる。疲れたので、Yさんおすすめのケーキ屋さんまで行くことにした。ところが、ケーキを選んでコーヒーを頂く人でかなり広い喫茶室も満員。待ちます、といったものの、ゆっくりお茶タイムを楽しんでいる人達に立ち上がる気配なし。諦めて店を出た。
 近くのホテル内の喫茶店に入り紅茶とケーキを頂く。お腹が空いたわけでもないのに、お茶やケーキを食べたくなるのは、困ったものだ。折角の運動も台無しだ。しかし、カロリーのことばかりを気にしてもつまらない。

 帰りは、すべてバスで。家に帰ると3時過ぎ。14560歩だった。
 今朝、体重計に載ったが、殆ど変わらず、というより増えているように思えた。
[PR]
by ttfuji | 2010-01-25 15:50 | ウオーキング | Comments(4)
 今日は5日で月曜日ですから、今日から仕事始めの人も多いでしょう。 太極拳は、まだ始まらないし、スイミングは今日からやっていますが、私たちは明日から始動開始です。

 10時前にYさんから、ウオーキングにお誘いの電話を頂いた。Yさんの友人のWさんも一緒に運動公園まで歩きませんか、という。すぐに応諾。10時10分に家を出る。Wさんとは、農協直売センター前で待ち合わせる。いつもは、直線の車道脇の歩道を通るが、246線を越えたところから脇道に逸れて、のどかな里山の小径を歩く。
a0055866_1912076.jpg
            咳止め地蔵前を通る

a0055866_1921162.jpg
            里山の道 YさんとWさん
    
a0055866_193581.jpg
             運動公園近く雑木林の道


 今日も天気は良く小春日和。途中でコートを脱ぎリュックに押し込む。大山に真っすぎ向かっているような道だ。どこからも富士山が見えるように、伊勢原の象徴、大山も伊勢原のどこからも見える。
 山道あり階段ありだったが、気持ち良い散策で公園に着いたのは11時半過ぎだった。歩数計は1万を超えていた。自販機でお茶を買い、Yさんから干し柿、Wさんからおかきを頂き、小休止。今日は月曜日で体育館は休みなので体育館内のレストランも、近くの遊の丘のグリルもお休み。
 でも茶腹もいっときで空腹はなくなった。帰路はいつもの直線道路。途中、前回も立ち寄った、白亜の殿堂のようなレストラン街にあるイタリアンの店に入り、食事をした。食事しながらいろいろおしゃべりが弾み楽しかった。

 往きと同じ場所でWさんと分かれ、家の近くのスーパーに寄って買い物して帰る。帰宅3時半。歩数計18220歩。
 これは、Yさんの携帯歩数計より多くカウントされている。私の足が短く歩幅が狭いので歩数が多くなるのかも知れない。

 今日はゴミ当番の日。ところが朝9時頃出しに行ったら、近所の奥さんが「もう集めに来たわよ。私も間に合わなかった。いつもは昼過ぎに集めに来るのに、何でしょうね」という。暮れの29日が最後だから、1週間分の可燃ゴミや台所の生ゴミなどがたまっている。ゴミ量もいつもより多いはずだ。仕方なく持ち帰り、裏に置いてある大きな容器に3っの袋を入れ、フタをして重しを置いた。余り沢山にならないうちに集めてしまったのでだろうか。そのあとに置いた人がいなくて良かった。ウオーキングから帰って、掃除しに行くと
いつもよりきれいだった。近くの人が、今日は初めからきれいだったといわれた。カラス除けのネットを畳んでフェンスに縛り付けて、当番はおわり。次の人にノートと箒、ちりとりを回す。

 夕食は、鮭のアラ(頭とカマ)の粕汁。材料は里芋、人参、大根、コンニャク、生椎茸、葱ぶつ切り、酒粕、味噌。
 鮭は甘塩なので塩出しはしない。身の部分は焼く。あとは昆布巻きと、昨日の煮物の残り。白菜の漬け物など。
[PR]
by ttfuji | 2009-01-05 19:13 | ウオーキング | Comments(4)
  気分の晴れない私を、Yさんがウオーキングに誘い出してくれた。朝、多少しぐれていたが、大丈夫そうだし、駄目だったら多摩動物園に変更してもいいと思って出かけた。行き先は、小田急・多摩線の黒川駅コース。
 小田急の広報誌で紹介された、秋の散策コースの一つ、<里山に囲まれた田園風景との出会いを求めて>という4.8キロメートルのコース。
 地図を便りに、黒川の鎮守様、汁守神社を目指す。コスモスが咲いてますよ、と道を尋ねた人に教えられる。
a0055866_15381486.jpga0055866_16958.jpg









 周りは多摩丘陵に囲まれた田園地帯で、刈り取った稲束が架木に掛かっており、乾かないうちに雨に見舞われたようで、お米はかびたりしないだろうかと気がもめた。
a0055866_15451592.jpg

大規模な農産物直売所もあり、日曜日のせいか、新鮮な野菜を車で買いに来ている家族が大勢いた。
 幸い雨にあわずにすんだが、前日からの雨で地面や雑木林の林道は濡れていた。足を滑らせないように細心の注意を払って歩いた。
 それでも、緑の中を歩くのは気持ちいい。
a0055866_1555611.jpg

a0055866_16111749.jpga0055866_161239.jpg










2時間ほど歩いて、またもとの黒川駅近くに戻り、おそば屋さんに入る。3時頃には帰宅できた。孫の夕食を頼まれており、早めに帰ってきたが、孫は、高校の学園祭で、終わったあと、友達と食事に行くとのことで、私が出掛けたあと断りの電話があった由。
 歩数計は,Yさんの携帯電話によると、14000歩近いとのことだった。とてもいい気分転換になった。
[PR]
by ttfuji | 2008-10-27 15:40 | ウオーキング | Comments(2)

ウオーキング ある探訪

 連日穏やかな秋日和。一昨日、美術館行きで、昨日は少々疲れを感じ、外出の予定を立てず、読書していた。
 昼頃、Yさんより電話で、忙しい?良かったら少し歩かない?スイミングが一週間休みだし、と誘われた。スイミングクラブはメンテナンスで今週一週間お休みだ。太極拳も祝日と重なってなかったし、確かに運動不足かも知れない。
 昼食を食べていなかったので済ませ、午後2時半から1時間ぐらい歩くことにした。
 美術館ととげ抜き地蔵くらいで疲れたなんて言っているようでは恥ずかしい。
 Yさんは、昨日ご主人と劇団四季の自由劇場を見に行き、そのあとも浜離宮やあちこち周り2万歩ほど歩いたそうだ。私とは根性が違う。私は少し運動をすると疲れるし、すぐ満足してしまう。
 昨日は歩数計を持って出なかったが、Yさんの携帯電話で確認したら6千歩近く歩いたらしい。

 以前、運動公園まで歩いた帰りに寄った、スペイン風な建物の小さなレストラン街がどうなったか、行ってみようと言うことでそこまで行って引き返すことにした。
 あのときは、歩いていて、こんなところに場違いな建物がいつの間にできたのだろうと、立ち寄ってみた。6・7店舗の半分くらいしか開店しておらず、真ん中に小さな広場があって、レストランや和食の店、花屋やワインの店、ケーキ屋、などが開店もしくは年内開店とかで、私たちは、店の前の椅子でジェラードを食べて帰ってきた。
 ところが、昨日行ってみると、店は開店しているものの、人影はまばらで、どの店もがらがらのようだ。女性2人連れが、私たちのように下見に来たのか、店から出てきたシェフに何か聞いている。私たちも店の案内書きをいただいた。
 1店だけ懐石料理など食べられる和食の店があったが、店舗前のメニューを見るとどれもかなり高い。レストランや喫茶店のメニューも都会並みに高い。
 こんな田舎でどんな客が入るのだろうかといった感じである。コーヒーとケーキで1000円では、入るのを躊躇する。隣にシャレたマンションが建っているが、このマンション族が客層かしらといったら、Yさんに「まさか」と笑われた。
 駅にも遠く商店街でも住宅街でもない。言っては悪いが取り柄のないバス通りである。
 まあ、私たちが詮索することもないのだが、もっと、庶民的な値段なら入ってもみようという気になるのだが。
 ウオーキングはゆっくりお喋りしながら歩き近くの店で買い物して2時間ほどで帰ってきた。
[PR]
by ttfuji | 2008-10-18 11:56 | ウオーキング | Comments(4)
今年になってから一度もスイミングに行ってない。寒いのとまぶたの赤みとかさつきで皮膚が剥けるので軟膏を塗っているからだ。今日は赤みが薄いという日もあり、薬か皮膚かわからないものが剥げかかっているときもある。ピンセットで挟むとはがれるが、あとが赤くなる。そして痒い。薬を塗る、洗顔の時こすらないようにしてもざらつく。その繰り返し。おかげでまぶたはたるみ、目はますます小さくなる。このままでは対人恐怖症になりそうだ。眼科の先生は、軟膏を下さるだけ。皮膚科に行った方がいいのかと迷う。
 
 そんなわけで、スイミングには行ってない。目にいいはずはない。
 
 昼前,Yさんからスイミングの誘いの電話を頂くが、事情を話して歩くことにする。たまには違った方向へと、出発地を起点に東へ向かい田んぼの農道を歩き、途中から南に向かう。それから東にと円形に歩き、岡崎城址の無量寺に立ち寄る。

a0055866_18435229.jpga0055866_18443195.jpg


 







 岡崎城は源頼朝の功臣、三浦大介義明の弟岡崎悪四郎義実が築いたといわれ、代々三浦一族の拠点となった。と紹介されている。
 そこより西に歩き八幡台を横切って坂を下り、スーパーへ寄って帰途につく。歩く速度もゆっくりなので、話もいろいろ弾む。4時前帰宅。 今日の歩数は12465歩。Yさんの携帯歩数計とほぼ同じだった。

 ところでYさんのご主人も私と同じようなまぶたの症状があるという。
 白内障手術前後から出始めた眼瞼炎という症状、私の持病になってしまうのだろうか。
[PR]
by ttfuji | 2007-01-24 16:37 | ウオーキング | Comments(14)
 「心のために歩く」に共感し、歩く効用を紹介しながら、私自身、実際には余り歩いていなかった。天気が安定しないのと、午後になると、風が吹き荒れる日が多いからだった。日差しが強いのに、帽子が飛ぶほどの風で、押さえていなければならない。紫外線に注意、と警告が出ている。
 とても5月の薫風というわけにはいかない。5月は、いつもこんなに風が強かったかしら。
 でも今日は、私から近くの友人Yさんを誘ってみた。2・3日前は、Yさんの方から、誘いのメールをいただいたのに私が留守。
 きのう私が電話したときはあちらが留守。すれ違いが続いている。
 「アヤメ祭り」は、まだ始まっていないが、そちらに向かう。かなり遠い。
 おまけに、農道を歩くので、風で砂埃が舞い、目に入りそうなので、Yさんが眼病の完治してない私を気遣ってくれ、引き返した。
 それでも、友達の携帯電話の歩数計は約1万3千歩になっていた。
 2時間半、藤の花を見たり、堀の流れや鯉を眺めたり、おしゃべりしたりで楽しい散歩だった。

買い換えたデジカメで初めて写した写真は、わがブログにたびたび登場のYさん。

a0055866_234682.jpg

[PR]
by ttfuji | 2006-05-06 18:59 | ウオーキング | Comments(5)