私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

カテゴリ:医療・健康( 137 )

真夏のスポーツは

 このところ、また猛暑が続き、ぐったりする日が多い。
 夫も、月・水・金とジムに通っていて、元気さは私を驚かせているが、今週は、暑さがこたえるのかソファーでごろごろし、月曜日は調子が悪いから行かないといったり、水曜日は遅く行って短時間で帰ってきた。金曜日は、私が体操がある日で、ソファーに寝ている夫に、体操は行かないのですか、暑いから送っていきますよ、というと、行かないのではなくいけないのだという(体調がよくない?)。
食欲も余りないと言いながら、少し経つと、しっかり食べている。意地悪な言い方のようだが、量も質も私の2倍以上は食べているし、おやつや間食もいつの間にか食べるので、だから身体が動くのだと思って、その点は心配しないが、本人に言うと、有るものをたべるしかしょうがないだろう、と嫌味なことを言う。(あんたの作ったものを食べるしか・・)
 私は、水曜日のスイミングには、やや冷たい水が気持ちがいいので行くし、冷房の効く金曜の体操にも行っている。外に行った方が気がまぎれるということもある。
[PR]
by ttfuji | 2017-08-24 15:44 | 医療・健康 | Comments(0)
 7月から8月初めにかけて、猛暑の日が続いた。汗かきの私は顔や首に大量の汗をかく。家にいる時は首にタオルをまいたり、常におしぼりやウエットティッシュを離せない。常にエアコンのついているところで生活している。と言っても夫は余りエアコンが好きでないので、よほどの暑さでないと居間やキッチンにはつけてない。私は、自室とパソコン部屋には温度を下げ過ぎない程度にエアコンはつけている。そんな生活でも、部屋へは出たり入ったり、台所に立ったり、洗濯物を干したり、出掛けたりするので、汗は大量にかく。7月下旬頃から首回りや顎の下に、小さなブツブツが出始めた。何だろう、アセモかしらと思ったが、成人してからはあせもができたことはない。まして高齢者になってからはなおのこと。毎日気になりながら、濡れたタオルで拭き、触っては、あせもよりもっと固いものがいくつかある、と感じた。もしかしてイボ?、と急に気になりだした。老人になるとできると聞いた事がある。その兆候かもしれない、と思いながらそのままにし、観察だけはしていた。
 日によってあせもがひいたようにも感じ、いくつかのイボも多少小さくなったように思えた。
 8月8日、A内科に診察の予約日だと思って、8時半に行ったところ、玄関も駐車場もシャットアウトされていた。夏休み一週間の休診を1週間間違えていたのだった。薬は、いつも1週間分の余裕があるので、大丈夫だったが。
 そこで、皮膚科に行くことにした。9時前だったので、一番で見て頂けた。アセモでしょうか、イボでしょうか、と聞くと、湿疹の所にイボもできたのだと言われる。イボの所へ湿疹ができたと言ったかもしれない。アセモとは言われなかった。やはりイボでしょうか、予防法やできなくする方法はありますか、と聞くと、何とかという漢方薬は有るそうだが、ドラックストアでも売っているというので、軟膏だけ戴いて帰ってきた。
 それを朝昼晩と3回ほど塗っていたら、一日毎、ブツブツが小さくなり、消えてしまったあせもやイボも目立たなくなったように思う。このところ、気温が下がり、汗も余りかかなくなったせいかもしれないが。
[PR]
by ttfuji | 2017-08-17 23:20 | 医療・健康 | Comments(0)
 3月21日(火)
 10時半、歯科医院行き。時々右奥歯が痛み歯茎が脹れる。根の部分が二股になっており、そこに食べ物カスがたまって歯周病の原因になるという。従って3か月か4か月ごとに歯垢検査と掃除に行くのだが、いくら指導されても、奥歯の裏側の根元まで歯ブラシの先は届かないし、ゲッとなりそうになる。この奥歯は裏側が何本かの歯と金属で固定されており一本だけ抜くことも入歯にすることも難しいらしい。兎に角何とかもたせましょうというばかりだ。仕方がないので、これからは毎月掃除に行くことになった。
 3月24日(金)
 体操なし。白髪と薄毛に悩んでいるが、我慢しきれずヘヤダイとパーマを弱くかけてもらうことにした。先生は、やっぱりかける?と聞く。余りに薄く細くべたっとこしがなく、貧相なので、かけたらボリュームが出て薄毛のカバーになるのではないかと思って、と言うと、じゃ、軽くかけましょうと言ってくれた。カットしパーマをかけるとカールした分、立ち上がり格好がついた。ドライヤーの扱いもいつも教えていただくが、全く下手で美容院へ行った日だけの頭となる。ヘヤダイは見送った。半月後くらいにいらっしゃったら、と言われた。いまは、モジャモジャ頭である。
 3月25日(土)
 14班(私の班)の掃除当番表を作って、件数分プリントし、班長さんに各戸への配布を頼む。ところでこの班にも、アパートがあり、ゴミ当番は免除していた。他の班もアパートの住民は、当番表から除外している。理由は、出入りが多く、その都度当番表の作り替えをしなければならず面倒だから、という。
 昨年、当番表を見た、アパートに住むMさんが、我々もゴミ置き場を利用しているのだから、当番はさせてほしいと言ってきた。お気遣いなく置場は使って欲しいと言っても、なんだか差別されているようで気分が悪い、といわれ4軒の内、2軒が加わった。1軒は高齢で足の悪い人、もう1軒は別の所で仕事をしており、ゴミはそちらに運んでいるとのこと。Mさんは、隣の赤ちゃんと幼児のいるMuさんに利用している以上、当番はやるべきだ、と若いMuさんに説得、結局2軒が当番に加わることになり、当番表とノートを書き換えた。当番は可燃ごみの日、資源ごみの日、不燃物の日、プラ容器の日と1週間ずつやることになるので早朝から夜まで働いている人、赤ちゃんのいる人はかなり負担と思う。私は個人の事情はなるべく理解してあげるべきだと思っている。
 また、集会所のお掃除は、班長が受け持つことになっており、その当番表も作り、会長に届ける。ところが、今回、掃除はやる、と言っていたMさんは、仕事の関係で当番ができなくなった、と言ってきた。その分、負担金のようなものを支払いたいという。ご心配なく、みなさんやってない人は多いですよ、と言ってもなかなか引き下がらない。お金で負担するという事例はないし、自治会としても受け取れません、とつたえわかってもらえた。もう一人のMuさんにも、掃除免除のことを話すと、すみません、とほっとした様子だった。
 3月27日(月)
 太極拳。
 3月28日(火) 
 若松会長に役員名簿、インキ領収書、4月予定表届ける。
 午前10時、協同病院眼科(私)。夫、午後より東海大循環器科受診。
 カリウムのこともあり、付き添いで行く。12時半血液他検査。診察は、2時から。どんな結果が出るか、緊張する。こんなに一生懸命食事療法をやったのに、結果が出ていなかったら、お手上げだ。夫自身も頑張ったし、一番気にしていることだろう。
 先生は検査結果表を見、カリウム下がっていますね、腎臓も心配ないです、と映像を示しながら言われる。コレステロールも大丈夫だし、血圧が少し高いですが、と、2か月で正常値にクリアされたことに驚いている。私は夫に渡されたカリウムの高い食品の数値票を持って行き、夫が如何に指示したか、献立に気を配ったか言いたかったが、夫に停められた。それにしてもこんなに簡単❓ではないが、数値が正常に戻るなんて拍子抜けだ。透析をすることになる、命に係わると脅迫されていた気分だった。でも、気を許したらいけないと思う。お酒飲んでいいですかね、と聞いていたが、少しなら、と言われた。今は、少しずつだが、肉も魚も野菜もまんべんなく食べている。砂糖入りのコーヒーを何杯ものみ、味噌汁も何杯も飲むので、血糖値や塩分過多ではないかと思うのだが、私のいないところでの外食や喫茶は把握できないので、わからない。
 3月29日(水)
 スイミングなし。中央公民館のパソコン楽習会に顔を出してみる。できたらエクセルのことを習得したいと思っているが、たまたま今日はスイミングが休みだったので出られたが、いつも他のサークルとダブる。1年に1,2回しか出られないが、縁を切りたくない。いろいろ相談できるからだ。
 今日、教えて下さった方は、色々デザインを書いている方で、作品を見せてくれたが素晴らしかった。エクセルについても、教えて下さったが、言われた通りキーやマウスを動かし、セルの大きさや幅など調整したが、メモも取らず、午後も来るかときかれ予定があるのでと言って帰ってきた。じっくりメモを取りながらではないと身につかないと感じた。
 3月31日(金) 
 体操さつきの会。Kさん、親戚に不幸があり欠席。さつきの会の会員名簿、連絡網、出席簿、掃除他当番表、26名分を役員Fさんに手渡す。練習に入る前に4月からの新役員の紹介、挨拶など、簡単に行われた。
 忙しかった3月も終わる。





[PR]
by ttfuji | 2017-04-06 16:11 | 医療・健康 | Comments(0)

メディカルフーズ届く

 2月28日(火)
夫が「高カリウム血症」対策として、献立を専門家に任せてみたいといい、ニチレイのメディカルフーズに頼んだからね、と言ったのは数日前。それもいいかもしれないと、分かりましたと返事した。
 それが今日午前中に届いた。段ボールに7日分冷凍食品である。プラスティックのトレイに大小の仕切り4つ、それぞれにひとかけづつ、と言う感じでちょこっと入っている。夫はそれを見て、これでは腹の足しにもならない、とがっかりした様子。これにご飯と味噌汁は作って添える。もともとおかずは沢山食べる人だから不満なのはわかる。しかし、病人食なのだから減量も仕方ないのではないかと思う。足りなければ、ごはんとふりかけでも食べたら、と言ったが、結局、具だくさんのけんちん汁を大鍋一杯作った。そしてイワシも焼いた。けんちん汁には、里芋、ニンジン、ゴボウ、大根、椎茸、しめじ、油あげ、蒟蒻等が入っている。野菜の栄養不足も補える。翌日昼のうどんの汁代わりにもなる。病院食なんておかずの1品くらいにしか考えるのは間違っているのだろう。
 
[PR]
by ttfuji | 2017-03-02 18:01 | 医療・健康 | Comments(0)

カリウムで頭がいっぱい

カリウムが多い食品の一覧表を渡され、これを参考にして献立を考えてほしい、と言われたのは2月8日。
見れば、食品群別に、乾物、穀物、だいずとその製品、野菜、果物、魚、魚介類・干物、肉類、加工品など、400種以上細かい字で並んでいる。ネットで検索しプリントしたものだ。干物類が圧倒的に高い。干しシイタケ、切り干し大根、魚の干物など、水分が飛ばしてうまみが凝縮したものが高い。また、野菜や果物、豆類も多い。一般に人間に必要な良い食品ばかりがカリウムの数値が高い。
 リンが高い、痛風の前段階と言われたこともある。その時もプリン体の多い食品を避けてきた。コレステロール値が高い、血圧が高い、で脂肪を避けたい塩分を控えたりした。食欲は常にあって、この歳になって食べたいものを我慢してまで細々生きていたくない、と言っていたのも、この頃だ。
 しかし、今回のことで、宗旨が替ったのか、カリウムを減らすことが最優先になったようだ。
こんなことを気にしていたら、食べるものがなくなってしまう、ほかの栄養素が不足して、体力、気力、免疫力が落ちて病気になってしまうのではないの、と言ったが、夫が言うには、腎臓に問題がある場合は、カリウムが高いことは、致命的で、数値が良くなることはない、このままでは腎臓透析をしなくてはならない。そうなったら、あんたも大変だよ、と言う。
 私の介護が大変になると半分脅かすように言う。勿論大変だと思う。
 あんなに毎日スムージーもコーヒーもぴったりやめた。生野菜は、キャベツも小松菜もほうれん草も、白菜も、カブも刻んでたっぷりの水に放置し、ざるにあげて、たっぷりの湯で茹でればカリームがかなり減るという。普通人からみれば栄養分を捨ててカスを食べているようなものだが、重篤と思っている夫にはぜひそれはしてほしいという。
 
 でも医師に言われて食事療法で気をつけて、と言われたことは、そこまで来ていないということではないか。かなり悪いとか、究極の場合は、先生も、薬を処方するとか、教育入院とか勧めるのではないだろうか。
 私の友人の夫は50代で糖尿病にかかり、教育入院し食事指導を受けたそうだ。そして今は普通に暮らしている。 
 夫の場合、医師から、カリウムは高いが、薬も沢山飲んでいることだし食事療法で頑張ってくださいと言われたのだから、すぐに腎臓透析になると言うこともないと思う。現実的な話だが、今の食事だったら当分は大丈夫ではないか、と言われる。
 夫は緑豆もやしがカリウムが少ないと書いてある、コンビーフも低い、と言って2個ずつ買ってきた。ご飯よりそばが少ない、そばよりうどんが少ない、さらに素麺の方が少ない、という。いちいち、数値を覚えているのには感心する。そんなに気にし過ぎだというと、頭がカリウムのことでいっぱいだという。
 そして、とうとうメジィカルセンターへ検索して、症状を言って、1週間分の配達を受けた。
 なんと、タンパク質制限食と書いてある。余りの少なさに驚いた。夫もとても足りないな、と言っている。カロリー制限なのだから、量が少ないのは頷ける。しかし、タンパク質制限とはおかしい。
 夫に聞くと、カリウム制限と腎臓病のことを話したら、これが送られてきた、という。
 結局、私が作った少しヘルシーなおかず4・4品も並べたがきれいに食べた。ご飯と味噌汁もたっぷりと。わたしのやり方は間違っているだろうか。
[PR]
by ttfuji | 2017-02-23 16:32 | 医療・健康 | Comments(0)
 2月4日以後、ブログの更新もしないまま、久しぶりにブログを開いてみると、記事は消えていないが、編集も設定も投稿もレポートの文字もどこにも見当たらないまま、またか、と。いろいろいじっているうちに、エキサイトブログにパスワードの黒い伏字になっている箇所やログインの文字があったのでクリックしてみた。
 以前もこの欄はあったが、二重の設定は出来ませんとメッセージが出ていたので、その時はブログから、続けて投稿が出来たので、問題なしと思っていた。
 ところが今日は、ブログ画面に書き込める表示がなく、ブログもこれまでかと諦めかけた。
 どうやら二重設定と言われた方で継続できるらしい。
 取敢えず続けてみることにする。
 1月もいろいろあったが、2月も目白押しの忙しさだった。
 自治会、公民館祭り、郷土史と資料作りや準備に追われたことに重ねて、夫のカリウム過多問題が浮上、夫は、このままでは腎臓透析になると、大騒ぎでパソコンでデータを取り出しては、プリントを渡し、献立をなんとかしてくれという。去年の8月からカリウムの数値が上がってきているしこのままでは腎臓透析になる、あんたも大変だよ、とまるでこちらの責任のような事を言う。
 病院の先生も、薬は沢山飲んでいるので、なるべく食事療法で治した方がいい、と言われたそうだ。ということは、究極の透析まで来てないということだと思う。極端に野菜や果物を取らずにいるが、その方が問題ではないかと思う。必要なものはとらなければ、体力や免疫力も落ちると思う。高カリウム血症と低カリウム血症の問題を見てみると、両刃の刃という意がする。
 私が言うことに聞く耳を持たないばかりか、怒り出すので、黙っているが、夫ほど食べることに、執着のある人は珍しい。食べたいものは買ってきたり、自分で作って食べたりする。
 成人病のあらゆる兆候は、カロリー過多、塩分糖分の採りすぎから来ていると思うが、自分ではそんなに食べていないと言い張る。以前、いくつかの病気で入退院、手術の末、クリアした時、もう高齢者になったのだから、食べたいものを我慢してまで長生きしたくない、と私に宣言したのだ。
 その結果が今出ているのではないかと言いたい。 
[PR]
by ttfuji | 2017-02-12 14:24 | 医療・健康 | Comments(0)

高カリウム血症  

 1月31日(火)
 夫は、東海大内科の健診で、カリウムが高いと言われ、先生に薬も色々飲んでいるので、食事療法がいいと言われショックを受けたようだ。
 ネットでいろいろ調べ、生野菜や果物、豆なども控えるように書いてある。青菜などスムージーを作って飲んでいたが、生でなく刻んで水につけてカリウムを減らして摂るようにと書いてある、とプリントして渡された。
 どの食品にも、カリウムは含まれているが、平素、野菜不足、ビタミンC不足とばかりに、生野菜や果物、みかんなどいくつも食べていたのが極端に食べなくなった。私は、野菜は必要だと思うし、急に減らすより、少しづつ減らせばいいんじゃないの、というのだが、ネットの情報の方が信用しているので困っている。例えば、ホウレンソウの胡麻和え、と言えば、洗って切って水にさらして、茹でてしっかり絞ればカリームは大分減るというが、栄養分は逃げるし柔らかすぎて美味しくない。
 私も10年ほど前、クリニックでカリウムが高いと言われたことがある。5,0が基準値というが5,
4でも注意を受けた。薬は断り、多少の食事制限をしたかもしれないが、いつの間にか正常になっていた。
 夫の場合、ジムに通っているので食欲はあり好きなものを好きなだけ食べているという感じだし、甘いものもよく食べるしで、むしろ糖尿病の方が心配だったが、敵は以外の方からやってきた、とい感じだ。この歳になったらあまり我慢せず食べたいものを食べたい、と常々言っていたのだから仕方がないという気もする。余り制限しすぎると、低カリウム血症というのもあり、こちらは気力がなくなるとも書いてある。多分免疫力も低下するだろう、と思う。
[PR]
by ttfuji | 2017-02-01 12:10 | 医療・健康 | Comments(0)
 10月1日(土)
 2か月前の健診の折、次回は心臓の検査をしましょうと勧められ予約した。心電図と超音波検査、血液検査、尿検査も行った。心臓や脳検査など1年に1度はしておいた方がいいといわれ、言われた通りに受けている。以前から坂道や会談では息切れや動悸がする、不整脈があると言われたことがある。左側ではないが、胸の痛みや息苦しさなどたまにあるが、胸を押さえてじっとしていると、いつの間にか治まっている、と訴えた事があり、それ以来の定期検査である。今回も、軽い不整脈や心臓肥大の徴候もあるが年齢相応ともいえるし、心配はないでしょう。様子を見て24時間の心電図検査もしてもいいでしょうと言われた。血液検査の数値は基準値に収まっており、一応、心配はなさそうなので、申し込まなかった。でも2か月に一度の血液検査は受けることにした。いつもは、検査がある時は8時に行っても診察、調剤薬局とすますと12時を過ぎるが、この日は土曜日のせいか、11時前に終わった。
 朝食抜きの検査で、空腹だったので一旦帰宅し、午後1時、電話の上美容院に行きヘアダイをして頂く。
 
[PR]
by ttfuji | 2016-10-06 13:36 | 医療・健康 | Comments(0)
 ブログを半月もお休みした。5月15日以来だ。
 私自身は、1週間くらいご無沙汰と思っていたが、今日は早や6月3日、駆け足で時が過ぎる。。
 飛ばして書けばいいものを、手帳を見れば結構いろいろあって矢張り記録したくなっている。

 5月16日(月)
 今日は、郷土史会で延喜式内神社の「相模13社めぐり」のうち今年は、大庭神社・宇都母知神社(藤沢)、寒川神社(寒川町)、前鳥神社(平塚)の4社を巡る。天気も上々。マイクロバスで28名が参加した。詳細別記する予定。
 5月17日(火)
 同窓会のことを聞こうと前橋のIさんに電話。iさんも親しい人がみな欠席なので、期限内に欠席のハガキを出したという。なぜか、年々淋しくなる気がする。Wさんはどうだったのかしら、4人で今年中に会えたらいいわね、と語り合う。
 5月21日(土)
 午後2時に自治会集会所で、正副会長3人で、盆踊りのアンケート集計。未回収の班も多く、班長・理事さんに電話。
 5月22日(日)
 アンケートの結果を配布した全会員にお知らせすることにし、原案を作る。賛否のほかに、それぞれご意見を書いてくださった方も多く、ご意見のすべてを文書に載せることにし、回覧文書でなく全員に配布したいとの会長のご意見に同意する。
 5月24日(火)
 午後2時より市の文化会館で、市内102の自治会連合会総会があり、会長と共に出席。副会長が出ることはないのだが、勉強になるからとか、参考になるからとかいわれ、断れない性格の私はお付き合いした。総会の一通りの議事の後、市長はじめ、市役所の各課部長の挨拶と28年度市政現況説明会があった。
 5月25日(水)
 スイミング。帰りにスイミング近くのスーパーで買い物。Oさんに買い物あるかとスマホで聞く。
 急に聞かれたので、思いつくままにいくつか言われたが、私もメモをとらず自信がなく、店内を回りながら、思い出すままカゴに入れ、陳列棚の所で、色々の品名をあげ、要るか要らないか聞く。野菜なども、それ欲しいと言われカゴに入れる。カートの上下にわが家用とOさん用に分け、精算する。Oさんの怪我も大分よくなったが、車を処分したため、買い物には不自由していられる。時々は
車に同乗してスーパーに出かけているので喜ばれている。
 5月26日(木)
 午前中、Tさんと図書館へ。2冊返却、1冊継続、2冊借りる。3冊借りていることになるが、2年ほど前に比べ、借りる本も読書量も半分ほどだ。自分で買った本もあるが。
 5月27日(金)
 午後から高齢者体操。3時半から南公民館で室予約の調整会議。読書会用の予約だが3か月後から5か月後の分の予約で、用紙に書き込むのだが、用紙の取り合いがすさまじい。曜日ごとに机が並び、用紙は月4回~5回、3か月分で12枚から15枚くらいある。なんでこんなことをしなければならないのか、と疑問もわくが中央公民館のように、コンピュータで当選、落選と決められるより話合いと余地があるだけいいのかもしれない。
 5月28日(土)
 集会所で、老いも若きも集える、支え合い、サポートの集いがあった。幼い子どもさんの親子が大勢見えて賑やかだった。
 一方で、高齢者や主婦の手芸を楽しむ人たちもいつもより多く、活気があった。男性も数人。おしゃべりの相手がいるので楽しみにしている方もいられる。お菓子や飲み物も用意され、ボランティアの人たちの接待も温かくいい雰囲気である。写真を何枚もとってお配りする。
 5月29日(日)
 昨日のうちに美容院に電話し、予約のヘアダイをして頂く。
 美容院の先生は、毎朝、5時に1時間ほどウオーキングしていられる。私が駅までの往復がやっとだというと、朝のウオーキングをすすめられる。車が乗れなくなった時のことを思うと、今の内、足を鍛えておかなければと思うのだが、実行がむずかしい。わかっちゃいるけど・・である。
 5月30日(月)
 太極拳。こちらもいい運動になるが、週1なのでやらないよりはいい、という程度。
 しかも、午前中で疲れると、午後はじっとしていたい。
 5月31日(火)
 瞼が脹れて痒く鬱陶しい。数日前からで、いつものアレルギーによる眼瞼炎と思い、我慢していたが、今日、10時半に歯科医院の予約が入っており、その前に皮膚科に行くことにした。
 皮膚科の先生は、カルテで一昨年まで来ているが去年は発症しなかったのですね、といい、付け薬だけでいいかと聞き、のみぐすりは色々のんでいますので、というと軽い塗り薬を出しておきましょう、といわれ患部も診ないで(顔も見ないで)処方箋を下さった。5分とかからなかった。薬局では、飲み薬の方がかゆみに効くし、のみ合わせの心配もないとお薬手帳を見て言われた。
 そのあと歯科へ。1月26日の予約だったが、夫の入院や手術、妹の急逝もあって、予約をすっぽかしていた。歯周病予防なので、歯間ブラシで掃除していた。よく手入れしていると言われたが、しかし、奥の方が手入れが行き届かず指導して頂いた。歯石をとり3か月後の診察を予約して帰ってきた。
 
[PR]
by ttfuji | 2016-06-03 23:47 | 医療・健康 | Comments(0)
 夫の通院は毎週、外科の縫合痕を見せに行ったが、最後のおへその近くから滲出液が出なくなったのは5日ほど前。合わせてめまいも軽くなった。
 友人がめまいが治まるまで3か月くらいかかるが、必ずめまいは消える、と言っていたし、本当にその通りと言っていた別の友人もいたし、耳鼻科の女医先生も、加齢によるものと言われたので、私も、年相応の現象と思い、夫には直りますよ、と深刻に受け止めなかった。傷がまだ痛む、ガーゼがまだ濡れる、いつになったら出なくなるのだろうか、と心配ばかりしているのを聞くのが辛く、ストレスがたまる。
 だが、私が、気にしてばかりいないで、でんと構えていたら、そのうちに治りますよ、という言葉に不満のようだ。薄情な女房、と思っているようだ。
 ところが、5日ほど前、ガーゼが濡れなくなっと言うので、見せてもらうと、完全に乾いている。よかったですね、と私もほっとした。
 昨日、30日、主治医の先生に、夫が「先生直りました、ご覧になりますか」、というと、見せて下さい、良かった、とほっとされた。先週は、「かなり乾いていますから、じきに治りますよ」、と言われていたので安心していたが、「もうガーゼも当ててないので、もう大丈夫です。私も安心して八王子の病院へ行けます」、と言われた。え、「転勤ですか」、と聞くと、「そうです。今迄も何回もありました」、と言われる。
 先生は、もしまだ直っていなかったら、○○先生に引き継いでもらうつもりでした、と後ろに控えていた女医先生を紹介された。どの先生も腕の確かの先生と思うが、その前に直ってほっとした。なかなかおおらかな先生だった。
 外科は終わったが、まだ心血科と循環器が何か月に一回受診予約されている。費用もかなりのものだし、病院と縁が切れるのを願っている。私自身も、クリニックや医院だが、いくつかかかっているが医療保険制度が大丈夫かと心配になる。
 
 それとは別に、とにかく、3月は切り替え時期で忙しい。さつきの会(体操)の引継ぎは、先週25日に終わり、懇親会を兼ねたお食事会も済んだ。比較的若い人が半数以上いて、順番に自己紹介と、会への感想、意見など述べてもらったが、皆さん、この会を楽しんでいられた。3役、5人のほか会場予約ががり2人を置いた。これは、今まで、コンピュータ予約の掛りは私が引受けていたが、かなり神経を使う。会員の中にコンピュータで他の所属サークルの予約をとっている人がいることが分かり、その方にお願いしたところ引き受けていただけた。ラッキーだった。公民館が取れないときは、北コミュセンや自治会館を申し込むが、そちらは地元が近い人でなければ受け付けてもらえない、とのことで、男性会員のKさんが引受けて下さった。実は、次期役員の人選の時、コンピューターだけは出来る人がいないので私に是非協力してほしいと言われていた。それを引き受けたら、私の肩の荷は下りないので、固辞していたが、どうしてもだめなら仕方ないか、とも思っていた。
 しかし、文書ががりは、家で出来ることだし、私もそれほど気にならなうので、引き受けた。

 さて自治会だが、夫にも、何でも引きうけるな、と言われながら、会長のたっての頼みで、副会長を断り切れなかった。自治会総会が、会計締め切りの関係で、4月にずれ込んだので、総会資料の作成に大車輪だ。会長が書いた原稿をパソコンで作成というものもあるし、こちらで自主的に作る文書もある。
 兎に角、3月は忙しい。
[PR]
by ttfuji | 2016-03-31 16:43 | 医療・健康 | Comments(0)