私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

<   2005年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

a0055866_12275056.jpg 室生寺の紅葉
a0055866_1228116.jpg

長谷寺の階段
a0055866_12293556.jpg
三瀬丸山古墳。天武・持統天皇の古墳との説も。
a0055866_12323062.jpg
酒船石遺跡・亀石石造物
a0055866_12333914.jpg
石舞台古墳。蘇我馬子の墓ともいわれています。
a0055866_14225330.jpg
a0055866_14231519.jpg
a0055866_14262960.jpg
甘樫丘の蘇我入鹿邸の遺構。見学会初日に見られました。

a0055866_14303872.jpga0055866_14305687.jpg                 
邪馬台国発祥の地との伝説がある。三の矢塚も。




a0055866_14355991.jpg
奈良公園の鹿。鹿のお陰で草取りは要らないとのこと。
a0055866_14362033.jpg
  春日大社の吊り灯籠。
[PR]
by ttfuji | 2005-11-30 20:38 | | Comments(2)
 11月27日(日)
 晴。温かい。主人と障子張りをする。今は、一枚の障子に大判の紙で一度に張れるから楽になったが、8枚も貼るうちに腰が痛くなる。老2人共同作業でどうにか張れたが、とても一人では大変だ。大きめの紙を貼り、まわりをカッターで切るがこつがいる。どうにか張り終わったがどうしたことか1枚の障子が桟に嵌らない。のこぎりでけづったり大騒ぎしたが、後で外から雨戸や網戸、ガラス戸を外して入れようということになった。2階をリフォームしたとき狂いが生じたのかも知れない。  
 11月28日(月)
 午前中、太極拳。 準備体操、太極拳二十四式、十三勢、五行歩、太極拳四十二式、ガイタン功、の順序で行われる。以前は気功があったが先生が替わられてから気功は別のものに変わった。気のボールの動きで指先に気を感じることができ、好きだったのだがなくなって残念。でも、自分でやればいいのだと思い直した。しかし家ではなかなか出来ないものである。帰ると主人が、嵌らなかった障子を外側から何とか収めてくれていた。ついでに窓の掃除をしてくれたので嬉しい。午後、銀行と買い物へ。
 11月29日(火)
 いせはら21健康サポートという健康講座と調理実習に行ってきた。成人病や寝たきりで国や自治体の医療費が増加しているので、その予防と対策の一環だ。2010年までにサポーターの資格を持つ人を全国的に100万人つくるという。自分を管理できる人がその資格を持つ。コレステロール、中性脂肪、血圧、血糖値を正常の範囲に管理し体重も管理できる強い意志が必要なのだ。好物を我慢し、毎日運動し、それを続ける。私には自信がない。
 
[PR]
by ttfuji | 2005-11-29 18:30 | つれづれ日記 | Comments(0)

顔と声

 顔も声もよろしくない。顔ばかりでなくスタイルも悪い。ちょっと太めが、大いに太めになった。声が悪いだけでなく話下手である。若い頃はコンプレックスもあったが、他に長所もあると思いひがんだりはしなかった。プライドもあった。劣等感と優越感は表裏一体、どちらも自身に戒めている。しかし、女性にとって容貌の美醜は大問題だから、テレビで今までの不幸を訴え、整形手術をしてまで運命を変えようという人が多い。もし、今の時代、私が若かったら鼻や目を治しただろうか。決断する勇気もないし多分、しないと思うが、人がやむにやまれぬ事情ですることには反対しない。 しかし、声のいい人、感じのいい声の人、言葉が明瞭で歯切れがいい人には羨望と憧れは禁じ得ない。 
[PR]
by ttfuji | 2005-11-26 13:37 | 家族・身内・私 | Comments(1)
 11月23日(水)
 返却と借りたい本があり近所の友達とウオーキングを兼ねて図書館へ行った。小春日和で片道30分ほどの距離だが汗ばむような日だった。帰りにホビーの店に寄る。手芸のサークルのお稽古が週3・4回ありサロン風な店でコーヒーや紅茶も飲める。女性オーナーも節度を持った、感じのいい人で控えめに話し相手もしてくれる。。まだ3・4回しか行ってないがこの店には話の合いそうな人が訪れる気がする。
 
 11月24日(木) 
 晴。今日も小春日和。主人は、同好会の遠来のなかまと大山に行った。そろそろ師走も近づいている。ギリギリにならないと、腰が上がらない家事だが、今日は障子の桟を洗おうと思い立った。2部屋の和室の障子を駐車場に持ち出しホースでたっぷり水をかけ、少しおいてからはがすと大きいまま、きれいにはがれる。いつも桟についた紙をたわしでこすってとっていたのが嘘のよう。自室と2部屋分のレースのカーテンもつけ置き洗いした。どちらかというと掃除は得意でない方だが、健康管理や料理はかなり力を入れている。贅沢はしてないが味と栄養のバランスを考え、まあまあ頑張っているつもりだ。
[PR]
by ttfuji | 2005-11-24 11:18 | つれづれ日記 | Comments(0)

 友達は宝物だとつくづく思う。特に高齢になっての友は心の支えであり、良き相談相手である。若い頃からの心から尊敬できる親友もいる。気軽に一緒に出かけられる楽しいなかまもいる。特技を持って教えてくれるありがたい友、お互いに鏡となって注意し心配しあえる友もいる。
 振り込め詐欺やリフォーム工事でだまされた人には相談できる人はいなかったのだろうか。 誰かに相談できたらと思わずにはいられない。私は、私よりかなり若い人でも友達と思うが、尊敬する年上の人を友達といったら失礼かと思うことがある。私が昔気質のせいだろうか。
 友を、大切にしていきたいと思う。
[PR]
by ttfuji | 2005-11-22 20:31 | 友・師・人 | Comments(1)

富士山と大山 

a0055866_2012288.jpg 









家の2階の西側の窓から左寄りに富士山が、真正面に大山が見える。富士の姿は丹沢連峰に裾野を半分隠されて全景ではないが、晴れた日や冠雪の冬は見とれてしまう程の美しさである。日暮れてからあかね空を背景にした今日の富士もため息が出るほど美しかった。
 大山は、阿夫利山の頂上が机に座った位置から少し仰ぐ形で眺められる。この二つの山は私に安らぎを与えてくれる。a0055866_20284398.jpg
[PR]
by ttfuji | 2005-11-22 18:27 | 自然・花・景色・庭 | Comments(0)

奈良旅行


11月15日から17日まで奈良へ行ってきた。高校の修学旅行から数え、会社の社員旅行、万葉集学習サークル、郷土史同好会と数えたら11回目になる。今回は私がまだ行ってなかった長谷寺も企画に入れて頂いた。台風から再建された室生寺も。もみじにはもう一つ早かった。今回、甘樫の丘の麓に発掘された蘇我の入鹿、邸宅と言われている遺構の説明見学会があり朝一番で行ったためゆっくり見学できたことは幸運だった。
 奈良は古代へのロマンが限りなく広がるところ。明日香、飛鳥路、斑鳩、当麻、柳生、竹之内街道、葛城古道、吉野と何処を訪ねても万葉集、古事記、日本書紀の舞台であり、心の故郷を感じる。旅なかまはみな高齢だが企画を楽しむ人がいて、かなりマニアックなところも案内してくれる。邪馬台国想定地といわれる一の矢塚、二の矢塚、三の矢塚がかなり離れて田んぼの中に点在している。神様が天から矢を放ち落ちたところに国を作ったという伝説があったらしい。訪ねた場所は、20箇所以上。いつもお世話になる歴史、古典にくわしいドライバーさんが今回も親切にきめ細かく案内して下さった。3日目は春日大社のかわいい鹿さんとも遊べた。 
[PR]
by ttfuji | 2005-11-19 16:18 | | Comments(1)

教育ばば

 趣味と暇つぶしで(頭の体操もかねて)で雑学的に四字熟語、諺、故事、格言、言い回し、譬、比喩、名句、名言、座右の銘、いろはかるた、など思い出すまま、あるいは新聞や本を読んではパソコンに打ち込み保存している。最近では、「力」のつく本や言葉が多く目につき書き出して見たら30近くあった。カタカナ言葉や気になる日本語なども打ち込んで保存している。
 近頃では、日本の学力低下を憂いてか、国語力や他の学力を高めようとテレビの番組が多い。私も時々見て楽しんでいるが、昔勉強したものや記憶に残っているものを何とか役立てたいと、今年中学に入った孫(男子)に、熟語や諺を時々携帯メールに送るから読んで。意味が分からないものは自分で調べてもいいし聴いてくれれば教えるから、とお願いするように伝えた。ちょっと迷惑そうな顔をしたが、拒否はしなかったので、一回に2つづつ送った。4日に1回でもちりも積もれば大きな学力になると、嫌われてもいいと教育ばあちゃんになった。返事がないので「読んだ」「うるさい」でもいいから返事がもらえれば嬉しいな、と書いた。考えれば、部活で野球をやり、朝練、休日と疲れているのに返事まで求めてはかわいそうかな、と思っていたら、ある日「読んだ」の一言が来た。嬉しかった。今はプレッシャーを与えすぎないように、週1にすると伝えた。多分、ほっとしているのではないかと思う。 
[PR]
by ttfuji | 2005-11-13 11:43 | 家族・身内・私 | Comments(0)
 11月7日(月) 
午前中太極拳。5年以上やっているが、フラダンス同様、これも健康のためで、あまり上達はしてない。「継続は力なり」で肩こりがなくなった、風邪をひかなくなったなどこの効果かも知れないと思うことにしている。来年1月から、この会の2度目の役が回ってきた。
 11月9日(水) 
午後から読書会。今日の課題本は「笑いの力」。河合隼雄・養老孟司・筒井康隆氏の講演とシンポジュームをまとめたもの。笑いの効用や笑いの起きるメカニズム、古今東西の笑い、ブラックユーモアや嘘、諧謔など含めて理論的に語られているが理屈っぽくて期待したほど笑えない。講演で実際に聴いた方が面白いかもしれないが。
 この読書会は35年も続いている。公民館を使用している関係で、先日は市内にあるFM放送から取材が来て紹介された。取り上げる本は、小説(現代、時代、古典、ベストセラー、外国)エッセー、時事、社会問題と会員が紹介した本で同意があれば何でも取り上げる。普段自分では読まない本でも課題で決まれば読むので未知の分野や興味を持たなかったことでも知ることが出来、読んで良かったと思うことも多い。会員の読んだ感想や意見は当番がまとめプリントして次回会員に配布する。本を離れて身の回りのことや四方山話に花が咲くのも楽しい。
[PR]
by ttfuji | 2005-11-10 11:52 | 読書・読書会・図書館 | Comments(2)

フラダンス

 2年前より、毎週金曜日、すぐ近くのコミュニティセンターで、フラダンスを習っている。近いし、運動不足だし、楽しそうだし、と気軽に入会したものの軽率だったと気がついた。年齢は50前後から70代と入りやすかったが、皆明るく、フラダンスが大好きという人ばかり。私のように健康にいいから、だけでは取り組み方から違いすぎる。意欲に差がありすぎる。先生のいくつかの教室合同の定例会があったり、健康フェステバルで踊ったり、福祉ボランティアに参加したりと、結構踊る機会も多い。下手な上に覚えが悪いので、これが負担でありストレスでもある。
 こんなことではやっている意味がない。皆にも迷惑がかかるし。先生や代表さんに気持を伝えたところ、練習だけでもいいとお許しが出た。ほっとしたようなさびしいような複雑な気持ちだ。   
[PR]
by ttfuji | 2005-11-05 19:26 | 郷土史・講演会・学習 | Comments(0)