私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ハプニングあり

 きのうのことである。Kさんからシソを頂き、お茶を頂いて帰り、夕食の準備をしていたとき、電話が鳴った。中2の孫からである。ばあちゃん、医者に連れて行ってもらいたいんだけど。という。どうしたの?、と聞くと屋根から落ちたという。いったいどこの。コミセンのところの・・。
 痛みに耐えているのか少し涙声になっている。お母ちゃんはいないの。と聞くと東京へ出かけているという。すぐ行くから、といい電話を切る。
 全く、何で屋根など登ったの、しょうがない子。と心配と動転が一緒になって、すぐにパソコンをやっている夫に話す。足を挫いたか骨折したか、もっと大変なことになっているのではないか、といろいろ想像する。夫は、すぐ出かける準備をし、休日診療の電話番号を調べておくように。すぐ電話するからと言って車を発進させた。娘の住まいはわが家から歩いても2・3分ほどのアパート。すぐ電話がかかり、救急車を頼んだという。
 私も、すぐ、財布や免許証など持って駆けつける。部屋から3人の中学生が出てきた。事情を聞くと、あそこの、とコミセンのグラウンドの周りの柵と隣接して建つ、福祉作業所の屋根を指さしながら、あの樋に、ボールが入ってしまった。孫が投げたボールだったので、自分で取ろうと柵から屋根に上ったらしい。そして足をすべらせて・・。みんな、野球部の部活の試合が終わり、帰宅後、キャッチボールかバッティングをやっていたようだ。心配して家まで支えてくれたようだ。足首に濡れたタオルが巻いてある。有り難うね。とお礼を言う。夫は、日曜で、休日診療所は外科はないし、110番したという。取り敢えず、入院も考えられるので、着替えと保険証を用意する。孫は、骨が出ている、と言い足首のうしろに堅い盛り上がりがあるという。まあ、脊髄でも打たなくて良かったというべきか。5分ほどで救急車がくる。容態を聞き、足を動かして痛いところを聞いている。
病院の受け入れ先をあちこち交渉し、近くの協同病院は駄目、東海大病院へ行く、と言われる。おじいちゃんである夫が付き添った。結果は病院から電話するという。私は、車に乗って帰り、すぐ、娘の携帯に電話し、事の次第を簡単に話し、大丈夫だから落ち着いて帰ってくるよう入れる。少しして電話が入る。いま、横浜にいるという。1時間ほどで帰るという。こちらに帰るよう伝える。夫から、今診察中だが、説明があると思うからもう一度電話すると電話。
 取り敢えず4人分の食事を用意する。その後、入院の必要はない、打撲らしい、手続きのあとタクシーで帰る、との連絡があり、30分後に二人とも帰ってくる。ギブスや固定されたものもないが、首にむち打ち予防の器具がつけられている。が、すぐはずしてしまった。夕食は、お腹がすいていたらしく、普通に食べたが、熱が8度6分もでた。泊まっていくように、いうが、自宅に帰るという。まだ足に負担はかけられないので車で送る。たいしたことがなくて本当に良かった、と夫も私も述懐した。

 今朝、様子を聞くため電話したところ、タクマは自転車で出かけたという。どこへ、と聞くと、友達のところという。呆れて今日一日くらいは家でじっとさせたら、と言ったが娘も一応はそういったけど、見ているだけだからと言って出て行ったという。何を見ているの、と聞くと友達が遊ぶのをじゃないの、とのこと。あとで夫に聞かれその通りに話すと、怒ると思いきや、まあそれだけ元気でたいしたことなくて結構。という。

 今日は7月31日。梅雨は明けたのか。
午前中、太極拳。午後、ずっとインターネット不通。このところどうにか通じる夜中に日記を書いている。
[PR]
by ttfuji | 2006-07-31 23:07 | 家族・身内・私 | Comments(5)
7月30日(日)の日記 
 午前中、美容院と買い物へ。午後、太極拳で一緒のKさんより、紫蘇を沢山採ったのですが要りますか、との電話を頂く。
 シソジュースもシソ味噌も先日作ったばかりだが、折角仰って下さるのだし季節のものだから無駄にはできない。欲しいと伝える。いつもなら歩くのに丁度いい距離だが、暑いしシソも頂くので車で行く。
 玄関先でシソだけ頂いてすぐおいとまするつもりでいたが、お上がりになって、と言われ上がらせて頂いた。眺めや風通しのいい地形を巧みに生かした素敵なお住いで、ご主人もご在宅だった。ご主人とはかなり親しく、話ができる間柄?である。印刷会社をかなり手広く経営なさっており、その昔、
PTAで広報委員をやっていたとき、打ち合わせに日参していた。その頃は奥さんも、仕事を手伝っており、広報の新聞や冊子のレイアウト他いろいろアドバイスして頂いた。25年以上前のことであるが、ご主人とは、その後私が勤めに出た勤務先とも取引があり、どこかで出会えばご挨拶はした。
 Kさんは、太極拳で一緒に役員をやり、パソコンでメールのやりとりや、私のブログにコメントを入れて下さる。ご自身も、すてきな家族通信を写真入りで作り、息子さん家族や親戚に送っている。
 ふとしたきっかけで、ご主人と私の入会した郷土史の先生とが親交があることがわかり話が広がる。市史編纂や研究をまとめたものなど多くの出版を依頼され手がけていられる。ご自身も、新潟の実家に伝わる古文書を、解読し本にまとめていらっしゃる。「K家所蔵古文書解説1」『瞽女口説地震の身の上 西珠院本堂造立記』という書物である。私にも1冊下さった。他にも、貴重な、いかにも古色蒼然という感じの古文書を何冊か見せて頂いたが、これは伊勢原のあるお寺に伝わるものを預かって、専門家の協力を得てまとめたいという。今は、現役経営者で仕事もお忙しく、なかなか捗らないようだが、できあがったときは見せて頂きたいと楽しみである。趣味の話になると、話は弾み、時間がたつのも気づかなかったが、夕食の用意のためおいとまする。

 今日は、わが家にも思いがけないことが起こったが、それは明日記すことにする。
 シソの葉は、茎からはずし、良く洗って下準備したが、あまりに沢山あり、手に入れるのに苦労している皆さんに差し上げたいくらいだ。シソ味噌とジュースにざるに山盛りいっぱい使って作ったが、洗って大きなビニール袋に入れたまま、まだ残っている。ごま油で炒めた段階で冷凍保存しようかと考えている。
[PR]
by ttfuji | 2006-07-30 23:55 | 友・師・人 | Comments(2)

図書館で

 今朝は、梅雨明け宣言しても良さそうなカラッと晴れ渡った朝だった。
まだ、日本各地に梅雨前線とやらが停滞し、そこでは豪雨という。ここ南関東では本当に雨は少ない。だからといって晴れが多いわけでもなく蒸し暑い日が多い。蒸し暑いのは日本の特徴だから我慢するしかないが・・。
 午前中、Tさんと図書館へ。2週間目の返却日である。前回4冊借り、3冊読み1冊は、読み終わってないので1冊を継続し、あと3冊借りる予定だったが、帯出カードを忘れたことに気がついた。運転免許証のケースにいつも入れておき、車で行くので免許証は必ず携行する。忘れることは今までなかった。
 ところが、きのうスーパーに買い物に出るとき、バックを変えた。その時、免許証はショルダーバックから、別のバッグに入れ替えた。今日出かけるとき、ショルダーバックに免許証を戻すのを忘れたのだった。出直せばいいのだが、それが面倒に思う。
 今、本は10冊まで借りられる。いいことではないが、Tさんはリクエスト本2冊と書架から選んだ本、計5冊借りたので、私の分4冊を一緒に借りて頂いた。勿論絶対に責任を持つし、図書館にも,Tさんにも迷惑はかけないつもりだ。あとで聞いたが、忘れたときは、特別の便宜を計らって下さるという。そうすべきであった。
 
[PR]
by ttfuji | 2006-07-29 11:53 | 読書・読書会・図書館 | Comments(2)

あとからの写真

 きのう、ゴーヤの写真を取り入れたついでに、デジカメに残っていた写真のいくつかを、挿入した。「高島野十郎展」の図録から写したものと「天狗の話」の最後に、掛け軸の猿田彦の絵の写真を追加した。古くなった記事は2度と見られない運命と思うのでわざわざ断らせて頂いた。上手に撮れていませんがご覧下さい。
[PR]
by ttfuji | 2006-07-28 15:53 | パソコン・スマホ | Comments(4)
 一階の西側に、日除けをかねてニガウリが植えられている。夫が組んだ棚に蔓が絡まっている。あまり勢いが良くなかったが花が咲き、小さな実が付いた。
 収穫はずっと後のことと思っていたが、数日前、下の道を通った人が大きくなったゴーヤがなっていると教えてくれた。こちらからは見えないところに下がっていた。その晩の献立の一品になった。今日も5本収穫できた。下の道を通りかかった近所のNさんに2本差し上げる。今夜もチャンプルーを作る。この前は、豚肉とお豆腐を炒め合わせたが、今日は、お豆腐の代わりに炒り卵を別につくって混ぜ合わせた。鰹節も最後に入れ、お醤油を隠し味程度に少しふりかける。とてもおいしくなる。
a0055866_19214451.jpg



a0055866_19222528.jpga0055866_1923360.jpg

 






 今晩の献立
マグロとアボカドのわさび醤油和え
ゴーヤチャンプルー
シソ味噌 
生野菜(レタスとトマト)
みそ汁(ネギと豆腐)
[PR]
by ttfuji | 2006-07-27 18:38 | 食・献立・料理 | Comments(4)

日記を休んだ日

  昨日は、久しぶりに晴れた。どうやら梅雨も終わったかと思われた。途端に気温が上がる。
 妹の、通院付き添いの日である。朝から身体が重く、家でじっとしていたい気分だった。でも約束してある。一昨日、明日は行けるからね、と確約の電話を入れてある。電話をしないと、夜、あした大丈夫?、と遠慮がちに必ず電話が入る。月1回(4週毎)の通院付き添いは、あちらの夫(Jさん)と私の二人がかりである。朝、妹夫婦二人で病院へ行き、診察が終わった頃、私が行く。病院は、小田急線の柿生にある。駅から歩いて10分足らず。昨日は、その道のりがとても長く感じられた。汗だくで病院に着く。冷房の効いたロビーで一息つぐが、いつもはそろそろ診察が終わってソファーで待っている頃なのに、なかなか現れない。
 そのうち、二人で出てきてすぐにレントゲン室に向かう。腰の痛みを訴えたところ、レントゲンを撮ってみることになったとか。同時に骨密度を検査、同年齢の骨密度の70%という結果が出た。カルシューム不足というより陽に当たらないことによるビタミンDの不足、運動不足にあると思われる。
 レントゲンの結果は次回に話がある由。処方箋を出しがてら、Jさんは、駅に向かい、下北沢の碁会所に行く。調剤薬局で薬が出るまで30分から1時間かかる。時間を見計らってから妹とゆっくり歩いて薬局に向かう。薬の種類は相変わらず多い。薬剤師さんにいちいち確認されながら薬を渡されるので、本人でないとわからない。
 そこからタクシーでよみうりランドの駅に近いが坂の途中にある自宅までタクシーを使う。毎回結構な交通費がかかる。
 痛みからは解放されてないようだが、私の目からは、以前に比べたら、ずっと良くなっているように思う。本人に聞くと、良くなっているのかしら、以前のことは覚えていないという。私が、発病以来のこと、身体の不自由、体調の悪さ、食欲不振や身体の耐えられない痛みで、笑顔一つ出ず、生きていてもしょうがない、と愚痴が多く、周りの人たちも辛かったと話すと、そうだった?。随分良くなっているのね、という。食欲もあるし、声もしっかりしているし、結構よく笑う。これで、一人で外出や買い物に出られるようになったらどんなにいいかと思うが、少しずつならすしかないだろう。
 私もこのところ、夏風邪をひき咳がでる。天候不順のせいか疲れていると感じる、電車の中で本を読んでいても、沈むような眠気に襲われる、と妹に話し、ソファーで横にならせてもらう。1時間ほど横になり20分ぐらいは寝たようだ。少し楽になる。夕食を用意し、Jさんも帰って来られたので早めの夕食とビールも頂いて、二人に感謝の言葉を浴びて帰ってきたが、どうしても日記を書く気になれない。パソコンを開き、2・3コメントを書きそのまま閉じた。無理はできない年齢を自覚する。
[PR]
by ttfuji | 2006-07-27 14:47 | 家族・身内・私 | Comments(3)
 昨年12月に、Tさんからが、バッテリー自転車を処分すると聞いて、私が乗る、と頂いてきた。10年以上乗っていたが、高齢になり、2・3年前から乗るのをやめていた。本当にいいの、いつでも、処分してかまわないからと、繰り返しいわれた。手入れが行き届いた立派な自転車だったが、持ち帰る途中、重さに驚き、上り坂で難儀した。バッテリー充電器つき、空気入れ付きだった。夫は重さに驚き、本当に乗る気はあるのかと言ったが、運動をかねて乗ると宣言した。空気を入れたがすぐ抜ける。タイヤ交換しようかと迷ったが、乗る可能性と秤にかけて交換は見合わせた。乗ったのは私が2回、中学生の孫が、自分の自転車の鍵をなくしたとき、借りに来たが、その後2度と借りに来なかった。Tさんに、自転車屋さんに返していいかと断ると、悪かったねえ、といわれた。こちらこそ、気まぐれで申し訳ありませんと謝った。
 住宅内を、テレビ、パソコン、自転車など無料で引き取ります、と回ってくるので、呼び止めて聞いた。バッテリー自転車はねえ、有料だと言われた。それも千円ではすまない金額だ。
自転車屋さんの前を通りがかったとき、Tさんの自転車ということで、引き取ってもらうことに話はついていた。自転車屋の持っていこう。もしかしたら無料で引き取ってくれるかも知れない。と思いつつ一日延ばしにそのままにしておいた。暑い日や天候の悪い日、私の都合のいい日を考えていたら、今日になってしまった。押して行っても10分くらいのところ。涼しいので今日をおいてない、と決断し行ってきた。重いバッテリーは装着せず、荷台のカゴに入れていった。バッテリーもあるので、処分料千円也だった。
[PR]
by ttfuji | 2006-07-25 15:06 | つれづれ日記 | Comments(3)
 午前中太極拳で一緒なので、Yさんに、またシソ頂ける?、と聞いてみた。
K(aaa)さんも下さるという。二人から頂けるなんて幸せだ。
 
 ブログで知り合った、VINさんは、私の紹介したシソ味噌を作るため、道の駅まで車で買いに行かれたという。おいしくでき食卓に並ぶとコメント頂いた。役に立てて嬉しい。
 午後、Yさんより、シソ必要なら今、庭にいるからという電話。すぐ頂きに行く。沢山頂いた。大鍋一杯シソジュースを作ってもまだ半分以上ある。前回分はもう大分前に飲んでしまった。でも市販のジュースを買う気になれない。さっぱりして何ともいえない風味がある。
 しかし、飲み過ぎると血糖値を上げる元凶にもなる。検診の時、シソジュースを飲んでいるというと、先生から砂糖は入っているか、と聞かれ沢山入っていると答え、呆れられた。今は、私より夫が好んで飲む。
 
 さて、また茹でたシソの葉の利用についてである。以前、それを刻んでミキサーでどろどろにしたものを大さじ一杯くらい、シソジュースに入れてかき混ぜると、文字通りきれいなグリーンのジュースになる、とブログに書いたことがある。もとの色は淡いオレンジ色。これもきれいだが、勿体ない精神でやってみた。 刻んで、ミネストローネに浮かせてもいい。これも実行済みでいいアイデアと自画自賛している。
 
 今日は、おかか醤油で和えてみた。結構いける。考えてみれば、ほうれん草でも小松菜でもゆで汁は捨て、おひたしにする。日本人は、栄養分を捨てカスを食べる、とドイツ人が言っていると昔、母が話したことがある。茹でて絞ったものは、カスかも知れない。しかし食べておいしければ捨てることはない。栄養分だって、茹でたほうれん草と同じで、全部がゆで汁に出るわけではないだろう、が私の論。
 夫は廃物利用(リサイクル)の得意な私を貧乏人といったことがある。
 蕗の葉っぱの佃煮、ウドの皮のきんぴらなど立派なおかずである。沢山あるから無駄にする。買ったものだったら有効利用を考えるのではないか。
 ジュースは、ウイスキーの空き瓶3本に入れ、水で冷ましてから冷蔵庫に入れる。飲むときには、さらに氷を浮かせる。

 ジュースのあとは、同じ大鍋でまた、ミネストローネもつくった。こちらも、夏は冷たくしてパンのおかずにする。食べるとき、シソの刻んだものをたっぷり入れる。
[PR]
by ttfuji | 2006-07-24 19:58 | 青シソ・ゴーヤ | Comments(8)

スポーツ観戦の一日

 日曜日の今日は、スポーツ放送が目白押しだった。午前中食材の買い出しを済ませ、午後から、神奈川テレビで高校野球神奈川大会の予選を観戦。桐蔭高校と橘高校戦、途中まで互角に戦った橘だったが8対1で桐蔭に敗れた。ナデシコジャパンの女子サッカー、日本対中国戦は1対0で辛勝。こちらはハラハラの観戦だった。男子バレーボール日本対アメリカ戦も見たが2セットとられたところでチャンネルを切り替える。大相撲も千秋楽。白鵬と朝青龍の取り組みは、白鵬の横綱昇進がかかった勝負だったが、渾身の相撲を取った白鵬が勝ったにもかかわらず、横綱昇進は見送られた。審議会の見送りの理由は、ちょっと腑に落ちないものがある。夜は、オールスターを楽しんだ。私はいつもオールパシフィックを応援しているが、第1戦も2対1で敗れ、今日の第2戦も乱打戦の末セリーグに敗れた。このところ実力のパ、は人気のセに劣勢である。
[PR]
by ttfuji | 2006-07-23 23:05 | 趣味・雑学 | Comments(3)
 朝8時から、コミュニティセンター、利用者団体の参加による清掃が行われた。夏と暮れ、年2回行われる。各団体から代表者2~3名が出ているので、広場や植え込みの草取り、植木の刈り込み、周辺のゴミ掃除、などいろいろあるが、男性も多く、施設内外の清掃も1時間ほどで終わる。その後、利用者代表と市からの委託管理者側との懇談が持たれた。わが太極拳のサークルからは掃除に3名、懇談会に2名が出席した。管理側からの話は、市からの少しの補助はあるものの、経費節減には日夜頭を悩ませていることが伝えられ、特に冷暖房のことに説明がなされた。冷房は一応、7月になれば使用許可はするが、気温28度までは、不可。湿度が高い時の場合の応酬があった。利用者側としては、高齢者の場合、電気代を払っても使わせてほしい場合がある、という意見も出たが、市の方針では今のところそれはできないという。
 また、利用団体の人数によって使う部屋の広さが決められており、たとえばわが太極拳は会員19名指導者2名で、21名なので、和室の3部屋の仕切りをとって使えることになっているが、欠席者が2名いたとすると、19名なので本来なら1部屋分仕切られる。太極拳は、動きがある練習なので、かなり窮屈になる。
 ところが、他の18名のサークルでは、みな2部屋で使ってもらっているので、不平等だと他のサークルから苦情が来るという。
 しかし、たまたま欠席者が出る場合があるが、全員出席もあるし、欠席者を想定して申し込むのはおかしいのではないか、勿論、隣の部屋に予約があれば別ですが、とこちらも、言い分を言ったが、何かすっきりしなかった。 ストッポッチでチェックするわけにもいかないし、と言われたときには、信頼関係が失われる、といやな気持ちになった。 
それでも、こちらの申請通り部屋は用意するとはいわれたが・・。
 懇談会も1時間あまりで終わり帰宅。
 
 代表のYさんと、午後から町田へショッピングに行く。スイミング関係の雑貨がほしいので見に行くつもりだったが、他の買い物を優先してしまった。
[PR]
by ttfuji | 2006-07-22 19:28 | 時事・社会・地域・自治会 | Comments(5)