私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

<   2006年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 10月31日(火)
 昨日は、ブログを初めて1周年。去年の今日始めたから今日はブログ記念日である。旅行記を書くだの読書録を書くだのと先に宣言してしまった。自分を追いつめた方が実行し易いからである。ただし、期限はわからない。
 
 晴。穏やか。暑からず寒からず。こんな日は散歩がいいかもしれないが、昼からスイミングに行く。決まったカリキュラムのクラスに入ろうかどうかまだ決めかねている。じっくり曜日を見なければ、入ったものの欠席や振り替えが多くなるのも気がひける。今週は、旅行があるので来週から入会ということになるかも知れない。
受付で聞いてみた。入りたいクラスの体験ができる。婦人クラスとエルダークラスがある。婦人クラスは会員の年齢幅が広い。エルダーは55才以上。いずれも基礎から教えてくれる。週2回で7875円、入会金6300円、会費6か月前納、登録費1か月420円、バカにならない出費である。しかも2日出られるとは限らない。今まで通りデイフリー、毎回チケットの方が割安だ。それとも、週1回のクラスに入り、もう1回はデイフリーにしてもいいか。
あわてて決めることもない。来年からでも入会はできる。
 
 あすはクリニック検診。血圧はこの3日間安定している。120から130台下も70から75の範囲だ。急に安定した原因もわからない。悪いことではないだろう。薬は断れると思う。
 あさってから3日間は、旅行。準備はこれからする。
[PR]
by ttfuji | 2006-10-31 15:25 | つれづれ日記 | Comments(6)

満1年を迎えたブログ

 昨年10月31日に初めてブログなるものを書いた。
それまでは、日記、旅行記、読書や映画の感想文、エッセーなどを書いていた。感想や意見、反論など聞きたいときは、友人やサークルの仲間にプリントして、読んで頂いた。
 そんな私を見て、娘が、ブログをやったらと勧めてくれた。幾つかのブログを検索して読ませて頂き、興味をもった。我ながら、地味なぶっきらぼうな文章であると思う。備忘録として記録して置きたいが第一目標だったり、友人間の交換日記でいいと思っていた。
 公開日記だから今までのように、すべて書くわけにはいかない。今までの日記には、家計のこと、毎日の献立まで書いていた。来訪者や親戚のことは日記に書けてもブログには書けない。
 はじめは、外向けの日記だったが、だんだん○度胸がついて、この頃は何でも書いてしまい反省することもしばしばである。

 さらに、今年の4月、私の愛読しているブログに、mixiについての記事が書かれており、初めてのコメントでお聞きしてみた。そしてmixiに入れて頂いてからは、その面白さに、今までのパソコン生活は、何だったのかという状態で、振り回されている。
 インターネットが繋がらなくなったり、原因不明のトラブルがあったりしたが、もう止められない。要は使い方次第、主導権はこちらにあるのである。
 
 老いた脳を刺激されたり、触発されたり、学ばせて頂くことも多く、励ましや助言・アドバイスもいただけてありがたいことである。ブログ更新の励みになる。
 どこまで続くかが頭の寿命との駆け引きだ。認知症にならないようこれからもパソコン、ブログ、mixiを楽しみたいと思う。
 皆様これからもよろしくお願い致します。

        
          ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
 
 お騒がせしました、mixi 画面の映画広告、今日は一度も出ませんでした。mixiで設定して下さったのだろうと思います。お世話になりました。
 追伸
mixiよりメールでシャットアウトの設定をおこなった旨、伝えてきました。
[PR]
by ttfuji | 2006-10-30 16:05 | パソコン・スマホ | Comments(5)

けんちんの具で3品

 銀杏をまた買ってきたので、昨夜、またまたキノコ・銀杏炊き込みおこわをつくった。ご飯は5合、半分をもち米にした。こんな時には必ず娘達を呼ぶ。 汁はけんちん汁。食材が殆ど同じ。ついでに筑前煮。こうなると、里芋は、2品に、ゴボウは3品に、ニンジン、2品、キノコ類(シメジ・舞茸・エノキ・生椎茸)2品に、こんにゃく2品、銀杏もそれぞれに。干し椎茸だけ煮物に、でけんちんづくしという感じになる。
 煮物は、予定になかったが、味濃くつくってお弁当に持たせようとババ心だった。ところが明日は土曜の文化祭の振り替えで休みという。他に、大人3人はサンマ、孫は困ったことに魚は食べられない。コロッケにする。
 似たような材料であり、味も似ているが、文句はでない。つくる方もリズミカルに同時進行でつくれる。季節に1・2回のことであるから飽きるほどではない。
[PR]
by ttfuji | 2006-10-30 13:58 | 食・献立・料理 | Comments(6)

気分を変えて

mixi画面に翻弄された2日間だった。日記に書くつもりでいたことも、隅に追いやられた。
 日ハム優勝のことも、公立高校の単位不足のことも、遊歩道にイヌの落とし物が増えたことも、安倍さんになってから、確実に変化を感じていることも、書こうと思っていた。しかし、時期を逃したというより、書く気がなくなっていた。
 mixiのことも考えてみれば、たいしたことではない。使えなくなったわけでも、読めなくなったわけでもない。いずれ、何とかなるだろう。
 
 その代わりというのも変だが、昨夜から今日午前中にかけて、1冊の本を読み上げた。このところ、本を読む速度は遅い。パソコンその他の雑用が入りすぎる。気分を変えて、読書に専念した。
 本の題名は 「麻衣」あさごろも 中川希恵著  文芸社
 笠原さんから、長岡出身の私の友人,Tさんにとお貸し頂いた本である。Tさんは読む本に追われ、長引いているので私が先にお借りした。
 
 小説の背景は雪深い越後の寒村。時代は明治の小学校が義務教育になろうという頃。コンは父親に連れられて入学式に行く。胸は期待にふくらむが、トトは教科書を買わなかったので、諦めなければならないと自分に言い聞かせる。それというのも、何とか食べていける農家だったが、長男が博打に手を出し、大きな借金を抱え姿を消す。土地をカタに取られるが、そのまま耕作しながら借金と利息を返していくという温情ある計らいで、路頭に迷わなくてもよくなった。とれたお米の大半を納め、少しでも早く借金を返そうと、養蚕で繭を売り、糸繰り、縮布(ちぢみ)を織っての耐えに耐えた生活。村一番の「いっちびっぽ」貧乏人である。コンはしっかり者で働き者だった。2才下のアイは、小学校へ行かせてもらえた。両親ともコンに済まない気持があるが、コンはアイから字を習うといって、仮名だけは覚えた。何となく「おしん」を思わせる。コンには愛し合った人が出来るが、身分違いとある出来事で、実を結ばなかった。このあたりは哀れである。運命は悲しいが最後まで、コンらしく生きた姿に感動する。

 終盤に近いところで、村に来た瞽女からうわさ話を聞くところがある。終生忘れ得ない人の、病の末期に近いことを知り、別れに訪れる場面もある。

 瞽女が「地震口説」を語ったというくだりがある。
 
 この本は、新潟出身で「古文書を読む会」所属の著者が、高校先輩の笠原さんに贈呈した本である。その前に、笠原さんが書かれた古文書解説「瞽女口説地震の身の上」を送っていられたことに対する返礼かもしれない。どっちか先かはわからないが。

 「笠原家所蔵古文書」(瞽女口説地震の身の上)のことは私も、8月13日ブログに書いている。
[PR]
by ttfuji | 2006-10-29 15:52 | 読書・読書会・図書館 | Comments(5)
 mixiを開くと、映画広告。eメールなど記入しないと、本来の画面へ進めない。このことを昨日の日記で書いたところ何人かの人から、アドバイス頂いた。
昨夜、ンチャさんの教えて下さった通りに、「ツール(T)」を1回クリック。そこから、「ポップアップブロックを有効にする」をクリックした。これで、今まで通りになると思っていた。今日、午前中に開いてみると、直っていない。相変わらず、映画の広告が出る。仕方がない。アドレスの最初の1文字を入れるだけでログイン出来る。一手間増えるだけ、このままでもいい、と思い返した。 午前中、図書館や買い物に出かけ、午後になってもう一度開いたが同じである。小次郎さんのアドバイスのmixi、ヘルプの「その他の質問」に入れてみた。ここには、2つの質問をした。広告のこと。トラックバックの迷惑記事のこと。これを拒否したいと書いた。即座にmixiより、調べて返答するとの返信メールが届いた。
友人のいっこさん(i&i)さんも、いちいちアドレスを入れないとmixiが開かないという。同じ市内だからということはないと思うが。他の人は、大丈夫なのだろうか。ご心配下さった皆様に感謝致します。
[PR]
by ttfuji | 2006-10-28 15:52 | パソコン・スマホ | Comments(4)

MIXIの画面

昨日の夕方からmixiにおかしなことが起こった。S・N・Sをクリックすると、いつもの画面が現れない。mixiのオレンジ色の枠の中に映画「プラダを着た悪魔」のコマーシャル画面。横に試写会にご招待の文言。Eメール、パスワードを記入するようになっている。別に見たい映画でないので、応募の意志なし。
何度、開き直しても同じ。はた、と困りVINさんのブログのコメント欄を借用して、すべてのmixi会員の画面がそうなっているか聞いてみた。返事を待つ間、もう一度クリックする。同じ画面だったが、eメールを記入してみた。1字入れただけでパスワードも記入された。ログインすると、いつものようにマイミクの日記タイトルが書かれた画面が現れた。ほっとしたが、一体どうして?という気がした。
 一時はコンピュータウイルス?と思った。他の人にうつったらどうしよう、迷惑かけるかもしれないと本気で思った。VINさんにすぐお騒がせしたお詫びのコメントを入れたが、vinさんのところは異常なしといわれた。実は、今日も、この迷惑な画面は引き続いている。一度、eメールを入れてログインしてからは、毎回繰り返すことはないが、時間が経って開くとき同じことが起こった。パソコンに疎い老人を驚かせないでほしい。
 2日前に、映画を見たとき、チケット交換窓口で、この映画のチラシを渡された。予告編もあった。心霊現象ではあるまいし、それと関係があるはずはないし。
[PR]
by ttfuji | 2006-10-27 18:11 | パソコン・スマホ | Comments(9)

秋の旅行のこと。

 秋の旅行の資料受け取りと旅行費支払いをかねて、レディースランチのあるお寿司屋さんに集まった。今年は、長崎へ2泊3日の旅行に決まった。長崎の手作り旅行で3泊の予定だったが、県内を広範囲に回ると3泊では足りないし、高齢の身には応える。結局、旅行社のツアーに申し込むことになった。私は、今まで九州には数回行っているが、長崎県だけ足を踏み入れていない。他の方はみな、行っていらっしゃる。私の希望を入れて頂いたことになる。 
 旅行は、11月2日(木)から4日(土)まで。それまで、家事や留守中のことを、キチンと?しておかなければ・・。
 食材や調理品を用意すると夫は嫌がる。無駄になるかも知れないし、作ったものを食べなければと思うとプレッシャーになるという。何も作っておかなくてもいいという。それでも1・2品は作り置く。
 今は、何でもスーパーで揃っている。ベターホームに2年近く通った。そのつもりになれば何でも作れる、と豪語している。もう少し頼ってくれれば、作り甲斐があるのに、全くかわいげがない。
 でも、だから安心して出かけられるのだ、とありがたく思うことにしている。
[PR]
by ttfuji | 2006-10-26 16:01 | | Comments(4)

映画「出口のない海」

 きのうは、冬到来を思わせる寒さで、セ-ターの重ね着をした。今日は、一転晴天の暑い日になり身体の調整がむずかしい。

 Mさんと映画「出口のない海」を見てきた。横山秀夫氏の原作を読んでいたので、人間魚雷「回天」への衝撃はかなり緩和されていたが、戦争の非人間性に怒りをあらたにした。Mさんは泣いていた。若者達と同時代を生き、女学校で勤労動員された経験を持つ。映画でも、軍需工場に勤労動員された女学生が働く場面。その工場内を無言で横切っていく海軍の若者達がうつる。戦時下の青年男女の姿である。回天の構造がどういうものかは映画で分かった。
 主人公は、野球少年だった。神宮の大学野球で魔球を編み出すことに夢と執念を持つ投手。学徒動員に神宮で大壮行会が行われる。そして海軍を志望。戦争が末期になると、起死回生を図って「特攻」「回天」と愚かなことを思いつく。戦争の行く手に疑問を感じ、本心は死にたくないのに、死の覚悟は出来ている。生き残ったら生き恥をさらすと考えている。捕虜になるなと云うのと同じ教えだ。

 こんな時代が2度ときて欲しくない。かっこいいなんてものではない。

Mさんと、食事をし、伊勢原に戻ってもう一度お茶をする。四方山話延々。

 夫に、チケットがあることは伝えてある。明日は予定があるというので、あさって行ってきたらと勧めたのだが。
[PR]
by ttfuji | 2006-10-25 19:37 | 映画・演劇・音楽 | Comments(6)
Mさんから、映画「出口のない海」のチケットが2枚あるので一緒に行きましょうと誘われていた。先日妹の家に行ったときもこの券を頂いてきた。妹の夫は、このような映画は見たくないという。私も、小説は読んだので、チケットを買ってまで見たいと思わない。いつでも、一人で見に行く私だが、忙しぶるわけではないが、予定がつまって行けないし、Mさんに、いつにしましょうと電話できない。ロングランを続けている映画だが、近いところでやっているか調べなくてはならない。電話で調べて海老名のワーナーマイカルで27日まで上映しているが一日1回だけの興行だという。それも午前10時35分からだ。今日はもう間に合わない。明日はスイミングに行く予定だったが、急遽、スイミングは今日にして明日映画を見に行くことにした。Mさんも明日が都合がいいという。チケットを無駄にせず済んだ。
 今日は、木枯らしが吹き荒れて出かけたくない日だったがスイミングに行ってきた。週2回は行きたいのだが確保がむずかしい。血圧は、上下している。高い方が150を超えることもあるし、120台の時もある。なぜこんなに乱高下するのだろう。原因は思い当たらない。下の方も、70から90台と高めだ。人に聞いても高いといわれる。病院の先生は、薬を勧めるだろう。拒否はしない方がいいのか?。
[PR]
by ttfuji | 2006-10-24 16:02 | つれづれ日記 | Comments(5)
 一ヶ月ほど前から予定されていた、バスハイキング、きのうの時点では100%雨だと覚悟していた。朝起きてみると降ってない。しかし、雨具はしっかり用意する。7時25分に家を出る。Oさんとバス集合場所に。11人が同じグループ。
 観光バスに39人が乗車、ドライバー、ガイド、添乗員を入れて42名となる。曇ってはいるがそれ程暗くはない。バスは山梨・長野方面へいくのでてっきり相模湖から中央高速へ入るものと思っていたら、東名から御殿場の方に向かう、途中、富士山が顔を出した。雲はかかっているがよく見える。雨は全く心配なし。
 御殿場ICより≪東富士五湖道~中央道≫小淵沢ICからおり清里・美の森(うつくしのもり)11:40着。高齢者が多いため、足柄SA・双葉SAでトイレ休憩があった。
 美しの森ファームで昼食。食後八ヶ岳が一望できる展望台まで15分ほどの高原の遊歩道を歩く。展望台から360度のアルプス大パノラマが望めるはずだったが、八ヶ岳は時々霧が流れて姿を隠した。展望台で、おいしいソフトクリームを頂く。味が濃くおいしい。食後の適度の散策でいい運動をしカロリーを消費したが、エネルギーをまた蓄えてしまった。

a0055866_2320235.jpga0055866_23205715.jpg








 次にバスは日本百名山の一つ、瑞牆山(みずがきやま)自然公園へ。天皇・皇后様が「イロハカエデ」「ミズナラ」「イチイ」、「シラカンバ」「フジザクラ」「カラマツ」をそれぞれお手植えされた公園である。そこから瑞牆山が目前に聳える。紅葉が美しい。

a0055866_2322122.jpg

a0055866_23225082.jpg
 







 みずがき湖ビジターセンターで休憩。最後にいよいよリンゴ狩りの韮崎へ。
a0055866_23235114.jpg

 しかし、これはメインとは言い難い。一人3個ずつもぎ取り、それが、おみやげとなる。取った以上はそれが自分のもの、気に入らなくとも傷んでいても捨てないようにときつく注意される。そのあとは食べ放題の試食が用意されている。リンゴ、葡萄の試食も。もっと欲しい人は買ってください、と。
私は、リンゴはいつも頂くので、巨峰と甲斐路を買って帰る。美しの森で「生チーズケーキ」、ビジターセンターで豆類2種、特大の生椎茸などを買い、結構重くなった。帰路は雨が降り出したが、東名をおり伊勢原に着くと雨は降っておらず、なんと運のいいことか、天気予報はよい方にはずれた。
楽しい一日だった。
[PR]
by ttfuji | 2006-10-23 23:30 | | Comments(6)