私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

<   2008年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 朝降っていた雨も昼前から止んで空が明るくなってきた。午前中は太極拳があった。第5月曜日なので休みじゃないのと夫に聞かれたが第2が休みだったので多分あるはず、と答えたが急に自信がなくなった。夫はカレンダーに書いてないよ、という。やってなかったらすぐ帰ります、といって出掛けた。(言外に早く帰ってもがっかりしないでね)と知らせるために。
 外出から帰ると、もう帰ったの、と必ず言う夫である。“女房元気で留守がいい”と言われている。私も同じなのだが、思っているだけ。でも夫には通じているのでお互い様というところだろう。
 
 ブログを毎日書いてきたが、愚痴や嫌みが多いので反省している。かといって書かないと息が詰まりそうになる。これでも押さえているつもりだ。

 毎月32のブログを書くには理由がある。コピーしたときその月の目次だけで1ページになるようにするためだ。一ヶ月分が続けて印刷できればいいのだが、以前はできたのに、今は数枚ずつしか出来ず、次ページへ、となる。その度に、また目次から印刷される。目次が1ページ分あると目次は抜いても綴じられるが、もっと少ないと、目次のしたに日記の本文が何行か来るのでダブった目次も抜けなくなる。目次数を32にするか、ぐっと減らして日記の本文が目次の下に印刷されても違和感がないようにするかしかない。
 記事数を32にするために、どうでもいいような日記も結構多い。少なくしたからといって、良い内容になるという自信はないが・・・

 クドクドしく書いたが、ブログを毎日更新することに拘らないことにしようと思う。4月から新学期。私のブログも新学期とする。1日おきとか決めずに書きたいときに書く。
 どうしても書きたいとき、これを押さえるのもむずかしいだろうから臨機応変に書いていこうと思っている。
[PR]
by ttfuji | 2008-03-31 14:04 | パソコン・スマホ | Comments(8)

お花見日和にならず

 折角の土・日曜日なのにこの寒さ。満開の桜も縮こまっていることでしょう。
 わが家の窓から見える、小学校の桜もどんよりした空の下ではグレイがかって見える。晴れて暖かかったら例年のようにカメラ片手に桜行脚に出掛けるところですが、こう寒くては出掛ける気にもなりません。

 高校野球を見れば、甲子園も雨の中の試合。寒さが伝わってきます。
 神宮球場も途中から雨の中。テレビ観戦でも寒くなります。選手も応援団もそれどころではないでしょうが。

 気分はお天気次第ですね。
 お天気がいかに気持を明るくするか、お天道様のありがたさを痛感します。

 原稿の下書きを書いてみたり、取り消したり、読書録を書こうかと思ったり。それとも献立日記にしようかと思ったり。
 何ともしまらない一日でした。
[PR]
by ttfuji | 2008-03-30 16:38 | つれづれ日記 | Comments(4)

花冷え

 間違いなく、春は来ているのだが、どことなく肌寒い。今日は、外出の予定はなく、原稿の書き換えがあるのだが、何となく手につかない。じっとしてテレビを見たり新聞や読書をしていると、寒く暖房が必要だった。

 今年から郷土史会の会報「いせばら」は、会員の自由なもので良いということになって、それならと「私の受講ノートから」といくつかの講義の中から興味深かったものを抜粋して感想文の形で書き提出した。ところが他のみなさんが書かれたものはみな、昨年までと同様、講義録の形をとっており、講師の先生の写真入りで内容も詳細かつ正確だ。
 エッセー風なものや文芸的でも良いということなのだが、私はエッセーでもなく講義録でもない中途半端な内容になってしまった。
 それぞれ原稿用紙5枚分、2000字くらいと言われているが、2ページ分を一人の先生の講義録にするのと、三人の先生の講義内容を簡単にまとめただけのものでは講師の先生に対しても失礼ではないかとある人から言われ、その通りかも知れないと感じた。そして書き直すことにしたがこれがなかなかうまくいかない。
 いざとなったら、講義録は別の人にお願いして、これからおこなわれる「バス旅行」や「史跡めぐり」の記録文にしようかとも思っている。
[PR]
by ttfuji | 2008-03-29 21:37 | 郷土史・講演会・学習 | Comments(6)
 午前中、役員会があった。来月の史跡バス旅行の詳細の打ち合わせと、配布用資料のコピー、第四号会報の原稿についての討論などがあった。

 終了後、図書館の市民ギャラリーへ行く。同じく役員であり友人のNさんをお誘した。
 yosikawaさんに、先日の写真とブログコピーをお届けするのと、NさんにもYさんの絵を紹介したいと思ったからである。会場には、Yさんの弟妹ご家族も遠方から見えていた。
 お届けした写真とブログをご本人も娘さんも、居合わせた親族のみなさんが喜んで下さった。帰ろうとしたとき、Yさんに呼び止められ「群馬の水上の兄が持ってきてくれた小豆でけさ作ったおはぎなの、受け取って」と遠慮するのを是非と言われ、ありがたく頂戴した。さらに、隣接の文化会館の喫茶店で使えるドリンク券を下さったので、コーヒーを注文し、ホットケーキも注文し、お昼にした。
 きれいなビニール袋があったので、手を汚さないように車の中で、おはぎをお裾分けした。帰りに食料品の買い物をし帰宅した。夫はバイクで市内の体育館へ行っていた。午後から体操に行くのは知っていたが、車は使わないと言っていたのであちこち寄り道し、2時過ぎ帰宅した。
 おはぎは上品な甘さでおいしかった。
[PR]
by ttfuji | 2008-03-28 17:22 | 郷土史・講演会・学習 | Comments(6)
 今日はのスイミング最終日だった。約1週間春休みに入る。

 このところ、わが家の貧しいが健康的?な献立の紹介を忘れている。時々家計簿などにメモしているが、記入漏れが2・3日続くと、もう思い出せなくなった。以前は3日ぐらいはどうにか思い出せたのに、老化が進んでいるのだろう。
 食事の用意をしながら、ちょっと変わったものを作ったときは、日記に書こうと思うのだが、本文と料理のことが合わないと感じる時がある。そんなときは、あとでまとめて、と思いそのまま忘れてしまう。
 ここ数日の間に作ったものを列挙してみます。
 
 鶏肉のトマト煮
 鶏もも肉を一口大に切り、酒、塩・胡椒をふり小麦粉をまぶし、少量の油で焼いておく(中まで火が通らなくてもいい)。タマネギ、セロリを適当に切り、トマトは湯むきして粗く刻む。ブロッコリーを茹でておく。フライパンにサラダ油大2分の1でタマネギ・セロリを炒める。焼いた鶏肉も入れトマトも入れてさっと炒める。スープ(洋風だしかチキンコンソメ半分)1カップとケチャップ大匙1~2砂糖大1を入れ3分ほど煮込む最後にブロッコリーを入れ味を見て塩または醤油少々で味を調える。鶏肉の粉でとろみがつく。そのまま食べてもご飯にかけてもいい。
 新キャベツのウスターソース炒め
豚肉かハム・ベーコンなどを入れて炒める。ソース焼きそばの味。
 ブロッコリーと白菜のクリーム煮 略
 
 菜花のからし酢みそ和え 略

 小カレーの唐揚げ野菜あんかけ
 ヨーカドーで別名で売っていたが名前を忘れた。8枚400円くらいだったので、半分ずつよく洗ったあと冷凍にしておいた。解氷しワタと頭を切り落とし表面のぬめりを落としよく拭いて軽く塩胡椒、片栗粉をまぶし唐揚げ。
タマネギ、人参、椎茸、シメジを細切りにし、だし醤油とみりんを入れた汁で野菜を煮て、水溶き片栗粉でとろみをつける。揚げたカレイにかける。青味に絹さや、ブロッコリー、小松菜などを入れるといい。甘酢あんかけでもいい。
 塩エンドウの混ぜご飯
 おつまみ用の茹で塩エンドウ豆を売っている。お砂糖を入れて煮豆にしたり、カボチャと煮ていとこ煮にしたりするが、炊きたてのご飯をボールにとって、塩エンドウを混ぜてみた。黒ごま塩も振り入れて食卓に置いたら、白ご飯は食べずこちらばかり売れた。

 このほか、サカナは塩鮭、鰺、エボダイ、赤魚、などの干物類がよく登場する。わが家の好みだが、またかと思われるので略した。野菜のおひたしやサラダも毎日のように作る。
[PR]
by ttfuji | 2008-03-27 16:24 | 食・献立・料理 | Comments(2)
 毎月検査を受けているクリニックの先生から10時頃、電話を頂いた。
 先週の血液検査の結果、カリウムが高い。ちょっと気になるので連絡した。もし気になるようなら相談に乗るからすぐ来るように、と言われた。

どのくらい高いのですか。

正常値~5、0が5,4ある。なにか思い当たることはないか。

とくに。快調ですが。高いとどういう影響がありますか。

心筋に異常が出たり、心停止ということもある。

食べ物の影響は?。

水分不足、お茶の飲み過ぎ、果物や生野菜のとりすぎ・・。

生野菜は極力とるようにしていますがとりすぎというほどは食べてませんし、とくに思い当たりません。

ということで、クリニックには行かないことにした。
私は、クスリを飲むように云われても、すぐには受け入れない。先生には扱いにくい患者かも知れない。血圧が140,150台の時も、塩分や油脂類のとりすぎに気をつけて運動も心掛けますから、と断った。先生はこんな数字で、クスリを処方しなかったら、アメリカなら医師が罰せられる、といわれた。その後、いろいろ努力したが下がらないので、観念して降圧剤を朝1錠服用するようになった。その後も上下して夜も1錠のむようになった。この降圧剤もカリウムを高める性質があるという。この間、もっと増やすといわれ、必死で断ってよかったと思った。でも数値を甘く考えてはいけないと。
 先生は糖尿病の専門医とのこと。血糖値が高いときもクスリを勧められたが、断り今正常値である。素人判断だから間違っているかも知れないが、なるべくクスリは服みたくない。すでに4種類のクスリはのんでいるが。
 人間ドックでたまには調べてもらうようにともいわれたが、渋っている私に、病気が見つかるのが怖いのでしょう、といわれた。そうです、余り長生きしたくありませんと答えた。
[PR]
by ttfuji | 2008-03-26 20:30 | 医療・健康 | Comments(8)
 朝、スイミング行き。今日はなぜか疲れて、先日のようには泳げなかった。先日は300㍍泳げたのに、今日は150㍍で息切れした。水温が高かったせいじゃないの、と言われたがそうとばかりではないと思う。その分アクアウオークをした。
 Tさんのところに本を取りに行くことになっていたが、車は夫が体操行きに使うので、11時半に夫が出掛ける前に行ってきてしまおうと思い、11時頃には戻りますから、と言うと今日はバイクで行くからいいですよ、という返事。暖かくなると夫は専らバイクに乗る。それでは、とTさんに電話し、これから伺う、そのまま病院(医院)へお送りしますと伝える。

 病院へ送ったあと、私は市民ギャラリーに向かう。先日、ブログにアップしたyosikawaさんの絵の写真を撮らせて頂く目的がある。その前に、ブログアップのお許しを得なければならない。




a0055866_1749286.jpg ギャラリーは賑わっていた。 贈られたきれいな胡蝶蘭などの鉢がいくつも飾られていた。yosikawaさんは今日は素敵な洋服姿だった。とても若々しい印象だった。
 5日前にきた一面識もないギャラリーなど覚えている筈はない。
 プリントしてきたブログをお見せし、絵の写真を載せさせて下さいというと、どうぞと快諾してくださった。殆どすべての絵を写真に納めたが、そのうちの何枚かをアップさせて頂きます。
 yosikawaさんとお友達のツゥショットの写真は、プリントしてお送りする約束をする。

a0055866_18205973.jpga0055866_18225429.jpg





a0055866_18251818.jpg
a0055866_18312645.jpg

 yosikawaさんが自薦された富士山の絵の写真は、光線が入ってしまい残念ながらよく撮れませんでした。
[PR]
by ttfuji | 2008-03-25 18:24 | 美術鑑賞 | Comments(5)
 昨日はあんなに良い天気だったのに、今日は雨。甲子園でも昨日雨で今日は止んでいた。天気は西から移ってくるのがわかる。
 午前中、太極拳自主トレがあった。長く習ってきた24式を中心に教えて頂くはずだったが、簡化24式は新生中国が国民のために編みだした、健康ラジオ体操のようなもので、今は太極拳の世界の流れはやはり42式が主流になっているらしい。世界大会でも42式で競技されるとのこと。
 長くやってきた24式を忘れてしまうのは惜しいので、1・2回は練習するが、42式も毛嫌いせず(拒否せず)範囲を決めて繰り返し教えて頂き、普段チンプンカンプンだったところも、少しわかるようになった。

 今日はゴミ置き場の掃除当番の日である。太極拳から帰って、ゴミはすでに収集されていたが、雨の中では傘を持って掃除はやりにくい。ネットを巻いてフェンスに結んだり、雨のあとでもバケツで水を運んで、水を流さなければならない。空が明るんできたようなので、雨の止むのを待った。
 2時頃止んだので、箒、ちりとり、ビニール袋、バケツを持って50㍍先の収集場所に出掛けた。ゴミは殆どなかったが、細かいお茶ガラがこぼれていた。通りかかった近くの奥さんがお茶ガラね。直かに入れたのが袋が横になったときにこぼれたのかしら、という。私は紙に包んで生ゴミが外から見えないようにしてるわ、という。
 掃いたあと水を流してきれいになった。なにか必要以上に神経を使わなければならない。箒とちりとりをさっと洗い、ノートに名前と日付を記入して次の人にまわす。
[PR]
by ttfuji | 2008-03-24 19:19 | 太極拳・スイミング・体操 | Comments(2)
 陽春の日。夫は、お墓参りと姉のお見舞いに出掛けた。ウイークデイはショートステイに行っているし、甥が家にいる休日ということで今日になった。

 私は、10時から自治会の総会があり出席した。今年は、団地内の集会所ではなく、コミュニティセンターで行われた。270世帯以上の中で圧倒的に委任状が多く、出席者は5・60人で会員の過半数を超えて総会は成立した。これはいつものこと。理事と班長の新旧役員は出るので、一般会員の出席者はきわめて少ないと言える。私も、いつも出席しているわけではないが、たまには出ないと、地域内の問題に疎くなる。役員は持ち回りだから、当分は回ってこないが、余り先になるとますます高齢になり、役が負担になるだろう。いくつかのことで、議論があったが、1時間半ほどで終了した。

 朝、Yさんが、庭の切り花を届けて下さり、その時、午後、運動公園まで歩きましょうと約束した。
 昼食をすませ、1時に家を出る。運動公園(市総合体育館)迄かなりの距離6キロくらいある。軽装でも歩くと汗が流れる。でも春爛漫の中歩くのは気持ちいい。里山風景を眺めたり道ばたや家々の花を鑑賞したりおしゃべりしたりで1時間ぐらい歩いて運動公園へ着く。




a0055866_22405740.jpga0055866_22415817.jpg







  体育館内で翁草展をやっている筈と探したが、館内にはなく、入り口のところに少しあっただけ。植えてある場所を教えられたが、探すのはやめて別の方向に向かう。公園から近くの「遊の丘」という、レストランと、ギャラリーを兼ねた店がある。そこでYさんの友人の手芸品(アートフラワー)の展示があると聞き、行ってみたが日曜日で休みだった。
a0055866_22453142.jpg
a0055866_2246276.jpg








 コーヒーの飲めるところを探して別の道を帰る。あるところに、白亜の殿堂が連なって建っているところがあった。まだ新しい建物。何かありそうだと入っていくと、オープンして間もないというか、まだ開店準備中の店がある、ショッピングモールのような中庭に出た。懐石料理の店やケーキ屋、花屋、カフェテラスもあった。そこでジェラードを買って外の椅子で食べた。Yさんはエスプレッソ、私はいちごにした。とても美味しかった。帰宅したのは4時前。歩数計は忘れたが、Yさんの携帯で時々チェックしてもらい15000歩以上歩いたようだ。
 久しぶりに長距離を歩き、足の裏にマメができたようで痛い。疲れた。

 高校野球と大相撲を見ながら、休む間もなく夕食の準備にかかり、丁度出来上がった6時前、夫が帰ってきた。
 
[PR]
by ttfuji | 2008-03-23 19:54 | 自然・花・景色・庭 | Comments(0)
 今日は穏やかで暖かい日になった。桜の開花も間近いらしい。余り早いと、お花見を兼ねた郷土史会のバス旅行(古墳公園外史跡めぐり)の桜が散ってしまうのではないかと心配だ。

 テレビでは、スポーツシーズン満開である。選抜高校野球も始まった。パリーグ開幕。セリーグはオープン戦やメジャーリーグとのセ球団との対戦。大相撲、フィギァスケートと楽しんでいる。野球は以前に比べると、興味もイマイチかな。
 テレビばかり見ていてもしょうがないので、こんな時にはそれようの読書をしたり針仕事をしたりする。今日の読書は、VINさんのアップされた「おせいさんの落語」。クスリと笑いながら、著者(田辺聖子)の才能に感心する。

 夕方、夕食の用意をしているとき、娘から電話。Tの夕食を頼みたいと。ご飯は2,5カップが勢いよく噴いている。おかずは、麻婆豆腐とフグのからあげ(冷凍食品を揚げる)、ほうれん草の胡麻和えが準備できている。
何とかなるから、と引き受けたが、もう少し早く電話して、と注文をつける。
 孫達が来るときは4カップ炊く。麻婆豆腐の挽肉(今日は合挽肉)は150グラムほど、木綿豆腐一丁は大きめだから3人分になる。葱、生姜、ニンニクをみじん切り。赤唐辛子を種を取って細かい輪切り、お豆腐は大きめのサイの目に切って茹でてザルにあげておく。フライパンにごま油を入れ、弱火でニンニク、生姜、葱、唐辛子の順に入れてさっと炒め、肉を入れて炒める。軽く塩胡椒し豆板醤小1、甜麺醤小1、砂糖大1と、スープカップ1(水でも可)を入れて煮、豆腐をいれて煮込む。味を見てお醤油かだし醤油を足す。水溶き片栗粉でとろみをつける。
 夫は、麻婆豆腐と唐揚げ、ほうれん草の胡麻和え、味噌汁。
 Tは、唐揚げは駄目なので、野菜炒めをしようか考えていたら、夫はベーコンエッグでもしたら、という。あまのじゃくの私は、モヤシとキャベツ、ニラとベーコンの炒め物に最後に卵を落とし、巣ごもり卵入り野菜炒めにした。

 麻婆豆腐は、孫に大好評だった。ばあちゃん自分で作ったの。勿論。そういえば孫に作ったのははじめてかも。好きならいつでも作るね。辛すぎない?と聞くと辛いの好きだからと、言ってくれる。夫とTにたっぷりよそったため、私の分は味見程度だった。材料が少なめの時は自分の分はほんの少々でいい。美味しいと言ってもらえれば自分の分はなくても満足なのである。
[PR]
by ttfuji | 2008-03-22 20:57 | 食・献立・料理 | Comments(4)