私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

<   2008年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 昨夜、チャレクロ第一日目の問題を夜中に解き、終わるまで1時間以上かかった。無駄な時間だろうか。頭の体操している有効な時間だろうか、暫し逡巡した。楽しんでやっているからいいか、という結論に達した。
 こちらもブログと同様、毎日チャレンジに拘らず、気が向いたら挑戦しよう。読書と睡眠時間が奪われない程度に・・。

 ゴールデンウィーク中はスイミングは祭日は休みである。別の行事がある。昨日は休みだったが、今日は平日なのでやっている。Yさんはお休みなので一人で行ってきた。
 いつものように、ウオークの他にクロールと背泳ぎを300㍍泳いだ。今日はそれ程息が上がらなかった。そろそろ上がる頃、水曜日なのでアクアエクササイズのクラスの人達が入ってくる。プールサイドでのストレッチが始まるのだ。i&iさんもいらっしゃって、挨拶を交わす。

 帰りに一人だったので、スイミングの近くのスーパーで重くならない程度の買い物をする。野菜類は昨日、家の近くのリニューアルし名前も変わったスーパーで買ってきたので、肉と魚と揚げ物とおやつ類を買う。お菓子の誘惑にはなかなか勝てない。
 いつもと別の道を帰ってきたとき、前方から来た女性に、「ヨーカドーへはどう行ったらいいでしょうか」と尋ねられた。聞けば、和歌山から見えた方で娘さんがこちらにお住いで、乳ガンの初期で入院しているという。近道、回り道、分かり易い道といろいろあるが、なんどか曲がらなければならないし説明がむずかしい。協同病院に入院しているとのことで、病院へは行けるという。運動を兼ねて病院が見えるところまで送る。そこからならヨーカドーまで5分もかからず行けるし、誰に聞いてもわかりますから、とお別れした。娘さんが住んでいるのは私と同じ町内のようだが越してきて長くはないらしい。とても丁寧にお礼を言われた。

 夫は、連日、庭仕事に余念がない。例年のように、家の西側に日除けを兼ねたゴーヤを植える準備に支柱を買ってきて立てたり、紐で止めたり、今日はゴーヤの苗を買いに行った。

 昨日のこと、太極拳で一緒のKさん(aaaさん)が蕗の薹を届けて下さった。いつもは、玄関先でいただいたりおしゃべりしたりするのだが、夫が、体操に行って留守な事もあり、お宅とは違い、あまりにお粗末で恥ずかしいのだけれど、今さら見栄を張っても仕方がないので、私の生活をご覧ください、と言って強引に上がって頂いた。丁度お昼過ぎた頃で、ご主人のお昼を用意しなければと仰ったのだが、何もおもてなししませんからと、本当に雑然とした部屋に案内した。窓から大山、富士山が見える(昨日は曇りで見えなかったが)LDK。2階に上がって、私の自室、ドアを開けてごみごみとした部屋をちらっと覗いて頂く。小さな座卓、筆記用具や本、新聞などが積み上げられている。テレビもこの部屋で見る。パソコンは?と聞かれたのでそれは隣の部屋、今や物置と化した高床ベッドの上下に段ボールやポリケースなど重なっている。西側窓に向かってパソコン机、右、本箱、左、ソファーなどが並び、私の城になっている。日中はこのソファーでよく読書する。階下のダイニングと同じ位置に出窓があり鉢が並び、大山や富士山を眺めながらパソコンをいじったりラジオを聞いたりしている。ここにはテレビがない。

 Kさんのお宅には2度ほど上がらせて頂いたが、あちらは経営者のお宅。広くて部屋が多く、グレードが高く、外の景色までもすばらしい。
よく、うちは粗末な家だし、掃除は行き届いていないし、上がって頂けないのよ、と言っているのだが、この頃、見栄を張っても仕方がない。ありのままを見て頂こう、という気になっている。使いやすそうな部屋、と言って頂いた。
 数独は、簡単に解けた。やり方のコツがわかっているので。
[PR]
by ttfuji | 2008-04-30 13:30 | 趣味・雑学 | Comments(4)
 あまり歳、歳って言いなさんな。まだまだ若いじゃないの、と友人に言われた。いつもは私が言うほうだったのに、この頃歳を感じて仕方がない。

 体力はまだある。精神力や好奇心もそれ程衰えていないつもりだ。ところがそれを支える気力が足りなくなってきている。精神力とどこが違うかと言えば、根気が衰えて来たと言うことかも知れない。面倒くさいがさきに来るようになった。集中力も減退してきた。

 毎年、ゴールデンウイークになると、新聞に「チャレクロ」(チャレンジングクロスワードパズル&クイズ)が連日掲載され、クロスワード、数独、迷路問題などがでて、それを解くのが楽しみだった。商品目当てにせっせとハガキを送っていた。一昨年までは。去年はいくつかはやってみたが、ハガキを出すまでには到らなかった。チャレクロではないが虫食い川柳などもチャレンジしていた。
 今年は4月29日から5月6日まで出題される。腕試し問題が26日から掲載されこのページをはずしてある。最後までできるかどうかわからないが、気力を奮い立たせて挑戦してみようと思っている。
[PR]
by ttfuji | 2008-04-28 22:45 | 趣味・雑学 | Comments(4)

郷土史役員会ほか

 毎月第4金曜日午前9時半からは郷土史会の役員会がある。中央公民館であるのでまず車を確保しなければならない。ところが夫がクリニックへ先週の検診結果を聞きに行く日でもある。
 前日からの雨が残る予報であった。カラッと晴れれば、夫はバイクで出掛けるが寒かったり雨模様だと車を使う。ウオーキングを兼ねて早く出掛けてもいいのだが、時間が早いのと、帰りに図書館へリクエスト本を借りに行きたいのとで車を使いたかった。夫の予約時間は9時。結果を聞いて薬をもらっても9時半過ぎにはいつも帰ってくる。少し遅れるがそれから出掛けてもいいと思っていた。

 朝、曇ってはいたがそれ程寒くはなかった。
 「クリニックに行く日でしょう?」と夫に声をかけた。あそうだと起きだした。

 起き抜けになにか言うと機嫌が悪いので、食事がすんでから「帰るのを待ってもいいですけど、行きがけに駅まで送って下さい。駅から公民館まで歩きますから」(家から駅までより近い)と頼んでみた。びっくりしたように「あそう」という返事。いいよ、でも、わかった、でもない返事。でも一応OKされたようだ?。
 洗濯物を干したり身支度したり、夫もそれなりに用意があり出掛けるまで2・30分ほどあった。
 「車使っていいよ」と言いに来た。「え、本当?」。ほっとした。天気も明るく陽が差してきのだ。ありがとう、と礼を言う。

 前夜のこと、郷土史会、第4金曜日に決まっているので、クリニック、第1第2か、第2、第3に予約変更して貰えないかしら、と聞いてみた。薬のこともあるからというので、次の予約に合わせて一週間分多くするか減らすかして貰えばいいでしょう、と言ったが、面倒くさそうなのでそれ以上言わなかった。担当医は、次はいつにしますか、と聞くので何時でもいいです、と答えている、と言っていたから言ってみたのだが・・。

 役員会では、今後1年間の予定や変更、講師の都合など会長さんから話があり話し合いがあった。講師の確保や依頼も大変のようだ。同じ先生に何度も頼んでいると、もう種切れですよ、と言われるそうだ。新会員も多いので繰り返しでも聞きたいというのだが、講師によってはそれは嫌がるらしい。会報の原稿の集まり状況や編集についても話された。来月の市内史跡めぐりの資料のコピーやホチキス綴りがあった。
 昼頃終わり、図書館へ。そのあと、久しぶりに246沿いのdaieiに行き、衣料と食品を買う。
 朝取りの大きな筍を買ってきたので早速大鍋で茹でる。帰宅は1時過ぎ遅い昼食をとる。
 夜、車をとりに来た娘に筍の煮物を持たせたが、私も友達に茹でた筍をもらったのがある、と言う。今は筍の旬。どこのお宅でも筍は食卓に上っているようだ。
 夕食は、カツオの刺身、筍とさつま揚げの煮物、九条葱と筍のぬた、味噌汁だった。

 4月26日(土)。今日は、プラの収集日。大きなレジ袋一ぱいあった。今まで紙と思っていたものまで、【プラ】のマークが付いている。これがみな石油製品だと思うと恐ろしい。原油消費を減らすのとダイオキシンを発生させないためにもリサイクルの必要を感じる。
 今日は、午前中、聖火リレーの中継を見る。ものすごい警備の中、それでもそれ程の混乱もなく終わってよかったと思う。心情的にはチベットに味方はしているのだが、オリンピックは平和のうちに迎えて欲しい。
 今日は、繕い物と読書で過ごす。
 夕食は、天ぷら(コゴミ、カボチャ、ナス)、焼魚(鮭)、小松菜のおひたし、味噌汁である。
[PR]
by ttfuji | 2008-04-26 16:48 | 郷土史・講演会・学習 | Comments(4)

4月の読書録

a0055866_20404173.jpg 朝、雨が降り出さないうちにスイミングに行ってくる。
 スイミングクラブへの道中に今ひなげしの花が咲き乱れている。何とも可憐な花である。この花はどこの国でも見た。トルコでは遺跡あとに咲いていた。
 読書録を簡単に書く。

 震度0 横山秀夫 
 この作者の独壇場とも言える、警察小説。読み応え充分。
 長野県の本庁内。警察内の組織図。庁舎と公舎、庁舎内と公舎内(自宅)、キャリア、準キャリア、ノンキャリアの部長会議の様子が時刻を追って描かれる。阪神淡路地震の日、一人の部下がいなくなった。本庁からの出動命令はまだでない。
 事故か事件か、失踪か、それぞれの立場、自己保身、出世や天下りなどへの影響。思惑と心理戦がぶつかり合う。出入りの記者への洩らせない理由。3日間?ぐらいの間の出来事だが、想像しない結末を迎える。この結末に私は少し不満である。クライマーズ・ハイには及ばないように思う。

 静かな午後 辻井喬
 この著者の本を続けて読んだ。「地図の朝」「亡妻の昼前」「静かな午後」「黄昏の山百合」「寝苦しい夜」の短編5編からなる。一日の朝、昼、午後、黄昏、夜を短編の題名につけているが・・。
 どの主人公も退職前後の男性で、著者をダブらせる。若き日のほろ苦い学園闘争、闘病生活、心を寄せた女性のことなど描く。これらの経験を引きずって生きている著者に痛みのようなものを感じる。わが青春時代に一瞬係わった社長さんであるだけに。

 野上弥生子 逆井尚子
 著者はこれは評伝ではなく作家論であると位置づけている。そして、この作家論は、瀬沼茂樹氏や野間宏氏によって褒められたということで自信を得たとあとがきで書いている。

 野上弥生子は私の最も尊敬する作家の一人である。読書会を通じてであるが30年前に読んだ「迷路」「真知子」のあとは「海神丸」「森」を読んでいる。この作家のこれらの作品がどのように評価され、紹介されているか読んでみようと図書館で借りてきた。小説の題名ごとに副題というのか内容を語るものか、キャッチフレーズが書き添えてある。例えば、砕かれた魂『海神丸』、内部視力の覚醒『真知子』、時代と自己へのクリティシズム・対比と一致の構図『迷路』、近代的自由の肖像、『森』、読んでないが、写生・差異のコンポジション『縁』『父親と三人の娘』というように。一つ一つの作品について著名評論家が批評している。それも複数の評論家の、誰がどう批評したか詳しく取り上げているし、他の作品についても批評が及ぶので読んでいる方は混乱する。横文字(カタカナ)も多く私の頭の程度では理解がむずかしい。

 佐賀のががいばあちゃん 島田洋七
 漫才のB&Bの島田洋七の母方の祖母と過ごした少年時代を書いた自伝。ががいとは元気のいいという意味。貧乏のどん底のような暮らしの中でも明るさを失わない見事なおばあちゃんの生き方と卑屈にならずそれを素直に聞いていた洋七少年の姿に感動する。祖母も母も愛情をいっぱい注いだから貧乏に負けなかったのだろう。ががいばあちゃん語録はスゴイ。家の前の川は、青物市場から野菜や果物の流れてくる天然のスーパーマーケットである。

 八つの小鍋 村田喜代子
 「鍋の中」は、芥川賞受賞の作品で、すでに書評を書いている。このときの文庫には4つの短編が収められていた。この本を読書会に推薦し取り上げることになったとき、書店には同じ文庫本はなく、再構成して「鍋の中」を含む8編の短編が収められていた。ダブっているのは2話だけだった。どれも田舎のおばあちゃんがでてくる。何となくおかしく気持ちのいい話である。食べ物や料理についても詳しく著者が生活者である証しと解説の池内紀さんは書いていられる。
短編ではそれぞれ「白いトイレ」女流文学賞、「真夜中の自転車」平林たい子賞、「蟹女」紫式部文学賞、「望潮」川端康成文学賞を受賞している。

 私の履歴書 楽天少女通ります 田辺聖子
 これも著者の少女時代からを書いた自伝。写真が沢山載っていて楽しい。昨夜から読み始めまだ読み終えていないが読みやすいので今晩、あっという間に読み終わるだろう。
[PR]
by ttfuji | 2008-04-24 19:09 | 読書・読書会・図書館 | Comments(2)
 4月21日(月)
 晴。午前中の太極拳が終わり、そのまま近くのスーパーへ買い物に行った。鍵を持たずに行った夫が帰ったとき家にいなければならず、早めに買い物を済まそうと家に寄らずに店に直行したのだが、買い物から帰るとソファーに座っていた。え、もう帰ってきたの。随分早いですね。と嫌みでなく本当に驚いて言った。鍵持っていかなかったでしょう。どこから入ったの、と聞くと、あそこ、とあごでさす。出窓の鍵がかかってなかった。
 朝食後に解散でみんな帰ってきた、という。昨日出掛けるとき、帰りを聞くとわからないけど、遅くはないと思うよ、と言っていたので折角の機会だし今は花がきれいですからハイキングでもしてきたら、と勧めたのだったが、お天気にもよるけどね、との返事だった。
 これが女性陣なら散策や買い物、おしゃべり、お茶などで午後まで楽しむ。
 男性達は、再会を懐かしんで宴会で飲み翌朝はもうさようなら、あっさりしているというかもったいない気がする。
 OB会に寄付したら、おみやげをくれた、といって干物の包みが食卓に置いてある。エボダイと鰺の極上品、エボダイを夕食にいただいたが、ふんわりしてやはりとてもおいしかった。献立は他に筍と豚肉、竹輪の炊き合わせ、セリのおかか和え、カブとキュウリのぬか漬け、味噌汁。
 4月22日(火)
 晴。気温が上がる。スイミング。帰宅後洗濯や新聞、読書。昼前から夫は寒川体育館へ。年金の書類が来たので、年金手帳や国保の領収書と付け合わせる。数ヶ月分が抜けているように思う。書類持参で問い合わせなければ。
 今日の献立は、ミートソースを使った麻婆豆腐もどき。洋風の味を中華風に作り替える。葱と生姜、ニンニクを刻み、少量のごま油で炒める。ミートソースに混ぜ火にかける。豆板醤を少し多めに入れる。お砂糖、だし醤油を少々加える。木綿豆腐を適当に切り茹でてザルにあげミートソースに入れて煮込む。他に、鰺の干物、九条葱とわかめのぬた、筍の煮物(残り物)
味噌汁。
[PR]
by ttfuji | 2008-04-22 20:32 | 太極拳・スイミング・体操 | Comments(4)
 今日、私にとってはとてもうれしい日だった・・・。
昨日の夜、そんな日記を書いたが、心にブレーキが掛かり消してしまった。いかに悪妻でも夫の悪口ばかり書いては恥ずかしいと思ったからだ。しかし、日記だからやはり書かずにはいられない。

 昨日、夫が会社のOB会の集まりで湯河原に行ってくれたのだ。
 諸々のことに悩まずにすむ。何より騒音に悩まされなくてすむ。
以前にも書いたが、その状況は少しも改善されてはいない。毎日36から40のボリュームでテレビを見、そのまま消しておくので、居間のテレビのスイッチを入れたときはパニックに襲われる。
 夫は自室で見るときも居間で見るときも大音響で見ているのでとても一緒には見られない。もう少し小さくしてくださいと言っても、自分の部屋に行ったらいいだろう、という。せめて消すとき音量を下げておいて下さいと言っても聞き入れてはくれない。あまり言うと逆にもっと高い音量になっている。耳栓してスイッチを入れたこともある。
 普段はじっと耐えているが、なにかの拍子に音量のことを言ったらうるさい!と恫喝された。
 補聴器は2度も作っているが2・3回使うと、雑音を拾ってしまうので我慢できないとやめてしまう。
 以前、はじめて音量のことを言ったとき、聞こえないのだから仕方がないだろう、悪い方に合わせるのが当然だ、といわれた。そうかもしれない、いたわりが足りないかも知れないとも思った。今はすっかり諦めているが、騒音に慣れたわけではない。かなりのストレスになっているのだ。
 そんなことで、夫が外出してくれると清々するのである。
 トイレや食事前の手洗いを気にしなくてもすむ。食事にあれこれ腐心しないですむ。食堂の椅子に座るとき、献立を一別し、どっこいしょ、と腰をかけるのを見ないですむ。そのことを言ったときも、どっこいしょと座ってどこが悪い、と叱られた。愛情不足の悪妻だから思いやりが足りないのかも知れないが今では何一つ意見は言わない自分の精神状態も気になる。
 友人に、お宅の御主人、存在感がある、と言われた。確かに存在感だけは誰にも負けていないし、それだけを主張しているようにも思える。
 腐れ縁というのだろうか。困った老夫婦である。

 娘が車をおきに来たとき、今夜外食しようか、と誘いをかけた。しかし、娘はTはこの頃、一緒に行きたがらなくなった、という。今日は夕食は作らずのんびりしようと思ったというと、なにか買ってくると言う。いわゆる買辯である。任せていたらにぎり寿司とお弁当、お刺身盛り合わせを買ってきた。昨日の筍おこわもとりに来るようにいってあったが来なかったので冷蔵庫に入っている。いくら作るの休もうと思っても煮物(練り物や厚揚げ)と味噌汁ぐらいは作る。孫は、夕食を食べるとさっさと帰っていく。娘は、大河ドラマを見てから帰る。静かな心穏やかな夜だ。
[PR]
by ttfuji | 2008-04-21 00:21 | 家族・身内・私 | Comments(6)
 空には厚い雨雲が所々にあるものの時々陽も差した。午前中、電話してから歩いて美容院へ行き、ヘアダイとカットをして頂く。
 一昨日、昼前に寄ったことを話すと、済みませんでしたといい、この頃は電話での予約が多いので午前中のお客さんが終わり、午後の予約があったので、急いで筍掘りと芹摘みに行ってきた。シャッターを半分下ろしたのは午後やりますという挨拶、という。知り合いの人が筍掘りに来るように言ってくれたのだそうだ。地面から1センチしかでてない筍を掘るのでとても柔らかい筍が採れるとのこと。廻りを30センチほど深く掘るそうだ。何本か掘って仕事があるのでといって帰ってきた由。その近くに休耕田がありそこにみずみずしい芹が沢山あり、そこも採っていいとのこと。長靴を履き首に汗とり用のタオルを巻き、両方で1時間ほどで戻ってきたという。うれしくて楽しくてたまらないという。
 彼女はすらっとしてチャーミングできびきびしてとても自然体で素敵な女性である。帰りに茹でた筍と色よく茹でた芹を沢山頂いた。
 今夜の献立が決まった。


 午後は、一時半より「九条の会いせはら」4月の学習会が文化会館学習室であった。
 「今なぜ原子力空母なのか? 座間の米軍再編とどんな関係」という題で
横須賀平和委員会事務局長 石澤偉男さんの話があった。
 はじめに
  「原子力空母の横須賀配備の是非を問う住民投票条例を求める直接請求書名」についての説明があった。
 署名期間や署名数、それを集める受任者数、評価目標、運動の主旨などで数字が示されたが長くなるので略す。
 1,世界の平和問題での到達点 
 2,航空母艦とは 
 3,アメリカの軍事政策、 
 4,日本における米軍再編の目的と主な内容 
 5,なぜ米兵による凶悪犯罪が多発するのか 
 6,「思いやり予算」について
 それぞれの項目について詳しい説明があったが、4,については、在日米軍と自衛隊の一体化を図り、何時でもアメリカの戦争に日本が行動を共にできる大成を作ること。そしてそれを未来永劫続けること、だという。
また、5,と6,について、不平等な地位協定問題と日本政府の従属的対応が拍車をかけている現状、基地の米軍の維持費はアメリカが負担することになっているにもかかわらず1978年以降、米軍人軍属の給与以外の殆どを日本側負担になっているという。エアコンなど一日中つけっぱなしで外出し、しかも少し開けたままつけているという。光熱水費多さに国も節約を求めたが無視されたという。アメリカの軍需産業の力が大きすぎてアメリカの好戦的な態度は変わらない。日本が交わされる軍用機やそれに伴う備品の桁違いの高額さに驚く。
 とにかく何事もアメリカの思い通りで、日本の弱腰を何とかして欲しいと思う。本気で九条を守らない限り、アメリカの手先になって派兵されるのは目に見えている。

 今日の夕食は
 筍おこわ
 セリの胡麻和え
 カツオのたたき
 カブとキュウリのぬか漬け
 花豆甘煮
 若竹汁
[PR]
by ttfuji | 2008-04-19 19:22 | 九条の会 | Comments(2)

風雨の日は車が忙しい

 朝方、荒れ模様の天気に、スイミングどうしよう、と一瞬思った。それから娘はTを学校まで送っていくかも知れない、とも思った。風雨が強ければ傘は差せないし、スイミングも自転車通学もできない。車で送ることになる。
 娘に7時頃電話して車で送るのなら8時50分までに帰れるか聞いてみる。大丈夫との返事。Yさんに電話し、スイミングは車で行きましょうと伝える。
 高校まで往復50分くらい見れば充分の筈と見込んで待った。
 夫が起きてきたので車のことを話すと、オレ、病院へ行くよ(車使うよ)、という。あっ、そうだ。カレンダーに書き込んであったのに、自分のことばかり気になってすっかり忘れていた。
 車は使えない。急いでYさんに電話する。雨、今止んでいるようだし歩いていきましょう、ということになった。

 先週の火曜日もそうだった。暴風雨で車で行くつもりでいたが入学式で娘が使った。このときもYさんに電話し、結局スイミングはとりやめた。

 でも今日は、雨は殆ど止んだし風もやんだ。帰りにポツポツ降り出したが。帰ったら、夫はもうクリニックから帰ってきていた。夫の場合は、食事をせず血液と尿検査だけで一週間後に検査結果を聞きに行き、薬もその時処方されるので早く済む。

 今日のスイミングはトータルで300㍍泳ぎ、あとはアクアエクササイズでいろいろやった。こんなに運動に励んでいるのに、メタボ体型が改善されないのはどうしてだろう。
 これ以上瘠せたくない、という人までぽっこりお腹には悩んでいた。なぜお腹だけがふくれるのか。飢餓状態でもお腹だけはふくらむのは防衛本能で脂肪をため込むからだ。など話ながらウオークコースを歩いた。
 夫は午後、市内の体育館へトレーニングに行った。

 今日の天気は日中嵐は過ぎたのかとと思うくらい雲は多いが静かだった。夕方になってまた風雨が強くなった。予報では雨が本降りになると言っていたが、風の方が強い。降ったり止んだり、吹いたり止んだり、日が差したり暗くなったりの定まらない天気である。
[PR]
by ttfuji | 2008-04-18 18:02 | 家族・身内・私 | Comments(6)

図書館へ・今日の夕食

 またもやお天気は下り坂のようだ。日替わりで変わる。
 今日はTさんと図書館へ行く日。もう少しで読み終える本を出掛ける前の1時間で読み終える。今日は3冊返し3冊借りてきた。返却してから読書録を書くので、主人公の名前さえ思い出せないことがある。そろそろ書名だけの記録にしようか、と考えるがやはり簡単でも書いておかないと、あとで題名もあらすじも思い出せなくなるのでやはりそのうち書くとしよう。
 図書館の帰りにTさんが野菜で欲しいものがあるというので「よろずや」による。私もまた何点か買う。美容院へ寄ったがシャッターが半分下りて留守のようだった。一人でやっており、お年寄りが見えると帰りに車で送っていかれる。良く、ちょっと待って頂けますか、と言われることがある。私はいつも出掛けるときは本を持っていくので待つのは気にならない。
 いつもは、電話してから行くが、今日はついでに寄ったので改めて出直すことにした。

 今日は、孫の夕食を頼まれている。娘は東京行きで遅くなり夕食は不要という。昨日、挽肉の買い置きがあり、ミート・トマトソースを沢山作った。イカもあったのでパスタ料理2種類作って娘達を呼ぼうと電話したら、昼頃なのに今日はもう用意ができている。明日頼むと言われた。餃子の皮も買ってある。こちらも早く使わなければと、今日挽肉を買ってきて餃子も作ることにした。献立としてバランスが悪いが、食べ盛りの孫は喜ぶだろう。餃子の種はこねてある。そろそろ包み始めよう。

 今日の献立
 ○ イカと明太子・明日葉のスパゲッティとミートソースのスパゲティ
    いつもは大葉を使うが買ってなかったので明日葉をつかった。
    香味野菜なら春菊、セリ、パセリ、バジルなどでもいい。
    明日葉もよく合っておいしかった。
 ○ 餃子
 ○ 野菜サラダ(レタス・キュウリ・トマト)のドレッシング
 ○ 味噌汁 (わかめ・葱・明日葉)
 
[PR]
by ttfuji | 2008-04-17 17:05 | 食・献立・料理 | Comments(2)
 4月15日 (火)
 朝、スイミングに行く。モーニングフリー(9:00~9:50)と入れ替えに幼稚園のちびっ子達がマイクロバスでやってくる。早めに上がらないと更衣室が満員になり、身動きがとれなくなる。だから、Yさんと私は早めに終わりにする。他の人達は、シャワー室や浴槽でちびっ子達を眺めながらやり過ごす。
 今日は、眼科検診の日だ。本当は先週の火曜日だったが暴風雨のため1週間延ばして頂いた。11時の予約で15分ほど前に行ったのだが、とにかく待合室のどこの椅子も満席で驚いた。先週の影響か、新しい保険制度で混乱しているのか、名前を呼ばれたのは12時半だった。眼圧13で問題なし。視診も特に問題なし。2ヵ月後の予約と点眼薬の処方箋。会計と薬局を終わると1時半近く。これから駅近くの銀行や買い物の予定もある。ヨーカドーに寄ると、空腹でもう我慢ができない。スイミングと病院行きで朝食のトースト1枚とハム1枚と少しの野菜、インスタントコーヒーだけでは、身体が保たない。4階の食堂街でおそばと甘味セットを頂く。以前空腹を我慢して立ちくらみしたことがある。ヨーカドーでの買い物も重くなったがリュックを持って出たので気にならない。背中と両手に3分割すればどうということもない。
 夫は、昼前から寒川体育館行き。天気がいいのでバイクで出掛けたが、夕方帰ったときには寒いを連発していた。

 4月16日(水)
 晴。今日は内科クリニックの検診日。暖かいので歩いていく。約20分、往復で4800歩ほども距離である。裏道を歩くと春の花々に出会える。
 先月の検査で、カリュームが高いと電話していただいたが、電話での応答で済ませたが、今日の検査結果を見て、元に戻っている。心配ないようだと言ってくださった。不整脈の原因になるとか、腎臓機能が弱っている場合を心配してとのことだった。一ヶ月後の来院を待たずに早めに結果を知らせて下さるのはありがたいこと。健康管理よろしくお願いします、とお礼とお願いをする。先月の検査結果は、カリューム以外はチェックがついたところはなく、正常範囲内の数字だった。
 帰りに家近くのスーパーに寄り、野菜類を買う。店内がまるっきり模様替え。感じは悪くないが慣れるまで探し物をしそうだ。

 今日は、mixi2周年である。2年前の今日、mixiに入れて頂いた。1年前にも感想を書いているので略すが、mixiの仲間作りは、気心の知れた人に絞りたいと思う。マルチ商法を思わせるマイミク申し込みは最近少なくなったが、お断りしている。もう歳なので、mixiに振り回されることなく、好きなときに書き、コメントも気が向いたときだけ書き込ませて頂いている。
皆様よろしくお願い致します。<(_ _)>

 庭のチューリップが色づきました。白と思っていたら淡いピンクでした。何とも言えないかわいらしさです。写真に写すとピンクの色がでません。アイリスも濃い紫なのに写真では青になってしまいます。サツキも蕾がほころびかけています。満開になったらアップします。
a0055866_15315531.jpg
a0055866_15325595.jpg

a0055866_15334591.jpg

[PR]
by ttfuji | 2008-04-16 15:40 | 食・献立・料理 | Comments(8)