私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

<   2008年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 久しぶりに晴れて穏やかな日となった。真っ白な富士山がとても大きく見える。窓から居ながらにして見える富士山と大山に改めて感謝の気持ちが沸く。 

 今日は11月最終日。明日から師走に入ると思うと改めて日々の過ぎる早さを感じる。
 温かさに誘われて久しぶりに自室のすす払いをした。年末までにはもう一度することになると思うが、エアコン、タンスの上など、ものを下ろして拭き掃除などし、小物雑物を整理した。性分でなかなか捨てられないので、段ボール箱に一時避難させ、処分するかどうか再考するものも多い。これでは保存場所を変更しただけかも知れないが。人様から頂いた資料、旅行記、冊子など捨てられない。買わないつもりの本もいつの間にか溜まる。講座資料、旅行資料などは処分する。思い出の品は保存。記念品なども処分できない。

 今日は、孫が夕食に来る。娘は仕事なので娘の分はTに持たせることになる。エビを使う献立で、エビフライにしようか天ぷらにしようか迷ったが、天ぷらにする。野菜の天ぷら、かき揚げなどいろいろできるし、翌日のうどんなど応用範囲も広い。他にほうれん草のおひたしや里芋の煮物など予定。
[PR]
by ttfuji | 2008-11-30 13:58 | 生活雑記 | Comments(0)

12月の楽しみ

 11月4日のブログに、ラジオ深夜便に三夜連続で「ないとエッセー」にでた、友人のことを書いた。
 合唱を生き甲斐として来た人で、毎年高崎音楽センターで「第九」を歌っていられる。
 私は、埼玉の朝霞と群馬の前橋に住む親友に、この放送のことを知らせ、そのあと今年こそ聞きに行きましょうと言う話になった。数日前にそろそろ具体的に当日のことを決めないと、うやむやになってしまうと思い、二人に電話した。
 S子さんは、「ハッチャキばあちゃん」ブログ(2007.1.17)で紹介した人。一人暮らしで退職後もいろいろ参加している。しかし、最近は体調を崩しており、満足に歩けないという。ひどいリュウマチで、字も書けないときがあるという。11月初めの頃は、高崎までなら何とか行けると思う、と言い3人で会うのも何年ぶりかなのでホテルに泊まって語り合いましょうと言っていたのだが、今は足も痛くとても行けそうもないという。
 何年か前から徴候はあり通院はしていたが、年とともにつらい思いをしているようだ。
 「あなた達だけでいらして」と言われた。
 前橋のkyoukoさんに電話すると、非常に残念がりsumikoさんに会いに行きたいとまで言われたが、2人だけで合唱を聴きに行くことになった。
 前橋なら当日帰れるし、私は実家か妹のところに泊めてもらっていもいいと思ったが結局宿を取り、つき合ってもらうことにした。同窓会の時には、駅にあるホテルに3人で泊まっている。
 翌日、渡辺さんに電話し、奥さんともおしゃべりしたが、そのあとご本人に代わり、「第九」を聞きに行きたいというと、「ありがとう、嬉しいよ」と喜んでくれた。S子さんのことを話すと、心配され残念がった。チケットを私宛に送って下さるとのことで代金を送ることにした。

 12月20日夜7時からの公演で、私は生まれて初めての「第九」を聞きに行ける。今から楽しみである。
[PR]
by ttfuji | 2008-11-28 22:12 | 友・師・人 | Comments(0)

講演会行き 

 しぐれ模様の寒い日。午前はスイミング。午後は、講演会に行ってきた。
タウン誌に載っていたものを友人が誘って下さった。
 フジテレビのニュースキャスター、黒沢祐治氏の「どうなるこれからの日本の政治経済」という演題で、商工会が主催、文化会館小ホールで2時からだった。
 数日前、ダイニングのカレンダーに1時半、文化会館と書き込んでおいた。そのあと、夫が、1時半○○歯科と書き込んだ。私は、車は夫が優先的に使うだろうから、歩いていくかしかないと思っていた。
 文化会館まで片道30分、歯科までは片道10分ほど。しかしいつも車で行っている。遠慮深い私としては夫に譲るしかない。ところが、今日は雨である。片道だけでも送ってもらえれば助かると思い、夫に話しかけた。夫は、車使うんだろ。しょうがないから、歯医者、日にち変更してもらったよ、と言う。譲ってくれたんだ、と思い、えっ、それは申し訳なかったですね。多少恩に着せられたが、ここはありがたく素直にお礼を言った。
 友人2人に話したら、ご主人優しいじゃないの、といわれた。そういえば、先日の公民館にも送ってもらったし・・

 講演会の内容は、フジテレビ日曜朝の「報道2008」のキャスターを「報道2001」から続けてきて、テレビの視聴率という、摩訶不思議なカラクリについて語った。
小泉、安倍、福田、麻生と続いた自民党の長期低落に向かっていること。今は末期的である。これは自民党に限ったことではなく、かって「山は動いた」と政権を取った社会党も同じである。福田さんは政権を投げ出したのではなく、これ以上ないという計算づくのタイミングで退陣したという。(選挙で民主党に勝つため)。ところが麻生さんは何でも勝手に思いつきで言ってしまうので解散総選挙のタイミングが計れない。2兆円の国民への支給にしても、選挙の人気取りといわれる。一律にするか、所得制限するか、地方との間でも政府の中でも大紛糾している。ちなみに会場の視聴者に挙手による賛否をとったところ圧倒的に支給に反対が多かった。
 国や地方をどうすべきか、について「マグネット国家」「マグネット○○」を目指すべきだという。マグネットは磁石、磁器で吸い寄せられる魅力を作るべきだという。一例として、熊本県の阿蘇の山奥の黒田温泉は、さびれる一方で、客が来なくなった。ところが山と川の景観を生かした露天風呂を作り、
手形で露天風呂巡りをできるようにしたところ、今では遠方から客が押し寄せるようになった。これがマグネット効果だという。商店街でもシャッターが閉まっている通りを生き返らせた例もあげた。国も地方もマグネット効果を目指せ、という内容だったが・・。
[PR]
by ttfuji | 2008-11-27 19:05 | 郷土史・講演会・学習 | Comments(4)
 24日の月曜日。勤労感謝の日の振替休日。太極拳はお休みと思っていた。朝,Yさんから自主トレがあるわよね?と電話がかかってきた。えっほんと?聞いてない、といったがお互い自信がない。自主トレの先生は、みなさんがやるならやりましょう、と言われたような気がする、といわれる。役員さんに確かめましょうか、というと、近いからコミュセンまで行って黒板を見てくるからと言ってYさんは電話を切った。近いのはわが家の方が近い。でも、休みと思っていたから、何となく気乗りがしない。それに、先ほど読書会のI さんから、お届けしたいものがあるという電話を頂き、お待ちしてますと答えたところだった。少しして、Yさんが、玄関から、太極拳ありますよ、と声がかかった。急いで階段を下り、ありがとう、少し遅れるかも知れないけど、行きますと答えた。そういえばIさんにいらっしゃる時間を聞いていない。これでは練習にいけないかもしれないと思いI さんに電話する。午前中は太極拳があるのを忘れていたこと。主人がいるので話してある旨お伝えした。
 それではついでがありますので午前中、ご主人様にお届けします、と非常に丁寧に気持ち良くいわれた。ご主人の運転の車で見えるとのことだった。

 自主トレの参加者は9名。みな、42式に躓いているので、反復練習を何度もおこなった。それでも次回にはまた忘れているだろう。先生は、意識を持って、憶えようと言う気持が強くなければ、憶えられない、ここで見ながらやればいいと考えていたら、いつまでも身に付かないと言われた。その通りだろうが、自信がない。家で復習しようとしても憶えていないのだから、復習もできない。
 今日、25日は、スイミングに行き300㍍泳ぎ、帰ってから午前中にスーパーに買い出しに行ってきた。
 一日中どんよりした冬空で、気分の晴れない日だった。
 確実に老化の速度が速まっているようだ。忘れることが多すぎる。
[PR]
by ttfuji | 2008-11-25 18:08 | 太極拳・スイミング・体操 | Comments(0)

パーマをかける

 私の頭は細毛、薄毛、白髪でみすぼらしいことおびただしい。だから、定期的にヘアダイを美容院でしてもらっている。ヘアダイすると髪が傷むので、パーマをかけない方がいいと言われ、何年もかけずに来た。ところが、年齢と共に髪の毛が細くなり抜け毛も増えてボリュームがなくなり、直毛なのでべたっと張りついて、分け目が情けない状態になる。

 テレビのコマーシャルで、小さいカツラをちょっと載せるだけで、ぐっと見栄えが良くなるのを見かけるが、丁度つける前の状態なのだ。 年なのだから仕方がない、と諦めてはいるが、オシャレをして出かけたい時など、髪が気になる。しかし、ウイッグはかなり高いものだそうだ。
 
 そこで、思い切ってパーマをかけることにした。細い毛なのでゆるくかけて下さいとお願いしたが、やはりちりちり状態になった。余りすぐとれてももったいないといわれた。その代わり髪型にボリュームが出た。生え際の白髪も目立たなくなった。この髪型は私には手に負えない。先生のようにうまく整えられない。
 やがてパーマっけが消えてまた直毛になるのを待つ心境だ。美容師さんに言わせると、みな悩んでは髪型を変え、飽きるともとに戻す人が多いという。私も何年かに一度パーマをかけては後悔を繰り返している。
[PR]
by ttfuji | 2008-11-22 13:31 | 家族・身内・私 | Comments(4)
 11月20日(木)
 晴れているが風が冷たい。スイミングのあと、図書館へTさんと図書館へ行く。5冊のうち3冊返却し、2冊継続し新たに4冊借りる。計6冊になる。Tさんより、カラスウリの絵をNさん宛に言付かる。明日の郷土史役員会でお渡しできる。午後継続した本の1冊(逃避行)を読み終える。
 11月21日(金)
 いつも第4金曜日の午前中にある郷土史の役員会が、都合で第3の午後になって、夫が市内の体育館に行くのとぶつかり夫が車を使うことになった。体育館への途中に公民館があるので、往きだけ送ってもらい帰りは私が歩くことになった。
 役員会が午後になったお蔭で朝のスイミングと、美容院にも行って来られた。
 役員会は、いつものように今後の予定の検討であったが、史跡めぐりで天候が悪い場合の欠席者が多いこと、高齢で歩くのが億劫になっている人が多いのが話題になった。今後の講師の依頼なども半年後まで予定を立てなければならず、会を運営する大変さを感じた。
 公民館から、自宅まで40分ほどかかる。ヨーカドーで食品の買い物をし、重い荷物を提げて帰ってきた。いつものことだが歩きと言うことを忘れて買い物をしてしまう。
[PR]
by ttfuji | 2008-11-21 19:55 | 郷土史・講演会・学習 | Comments(0)
 11月17日(月) 
 晴。天気良く陽ざしが強い。太極拳の時、いつも日当たりのいい窓際の私の所定位置で練習するのだが、今日は眩しくて障子を閉めたほどだった。
四十二式はいくらやっても会得できない。家に帰って復習などしたことはないし、頭から太極拳のことはきれいさっぱりなくなっている。会場へ行って何とか見よう見まねで身体を動かしていればいいと、憶えようと努力しないのが問題なのだろう。でも準備体操やストレッチ、五行歩、十三勢、修功などもあるので、身体に有効な時間ではあると思っている。
 11月18日(火)
 薄曇り。早朝スイミング。息を切らし休み休みながらなんとか300㍍泳ぐ。家に帰ってからも特に疲れは感じない。スイミングに慣れてきたのだと思う。
 娘からの電話で、夕食はTだけが学校帰りに寄り一緒に食べる。部活をやってくるので7時半頃になる。毎回ブログに書いていないが、週2回ほどは、こちらで夕食をする。今日は、夫と2人のつもりで、さんまと煮物、けんちん汁を予定していたが、Tの分だけさんまの変わりに代わりにオムレツを作る。Tにはサカナを食べなきゃ丈夫な身体はできないわよ、食べられるように努力しなさい、といいながら他のものを作って与えてしまう甘いばばである。
 オムレツと煮物は多めに作り帰りにお弁当用に持たせる。煮物の材料は、竹輪・さつま揚げ・里芋・人参・ゴボウ・椎茸、コンニャク。けんちん汁も殆ど同じ食材で、シメジやエノキダケをプラスしたもの。他に白菜の漬け物や生野菜サラダ(レタス・キャベツ・トマト)など。
 11月19日(水)
 今日から冷え込むとの予報通り、空は澄みきったものの風が冷たく感じられた。歯科通院も今日で終わる。上下左右の奥歯の歯周ポケットが深いと言われ治療してきたが、2週間前治療が終わり、もう一度経過を見せにきて下さいと言われ今日行ってきた。大分良くなっている。一カ所まだ完全でないところがあるが、良くなっているので家で歯ブラシをしっかり当てるように言われる。半年後に検診を受けることにして、予約してくる。来年5月まで、行かなくても良くなった。一安心。
 帰りは銀行や駅前のとうきゅうへ行き、100円ショップなどで小物を買い、あっという間に18点買っていた。重くなったので他に食料品を少々。歩数計8875歩だった。
 夕方から冷えてきたので、今夜はキムチ鍋にした。他に鰺の干物、大根葉の佃煮、長芋のすり下ろし、ほか。
 
[PR]
by ttfuji | 2008-11-19 20:21 | 太極拳・スイミング・体操 | Comments(0)

読書録

 非常識家族  曾野綾子 徳間書店
 僕は大学生。僕の目から見た家族。今どき珍しい3世代同居家族。最上階で眺めのいい3階におじいちゃんとおばあちゃんが住み、両親と僕が1・2階に住んでいる。一応玄関は別でそれぞれの生活は干渉しないが、おじいちゃんは戸主という感じで気儘に生活している。
 おじいちゃんは東大出で大学の教授、今は名誉教授。父親は東大出ではないが大学の教授。年中訪れるオジさんも東大出。遺産相続の時、不動産はいらないからと、おじいちゃんから時々お金をもらっている。僕とは気が合う。と言うより僕は誰とも気軽につき合える性格だ。
 母親は3姉妹だが姉妹たちの夫は東大出で東大出でない夫と結婚するとき、心配されたほどだ。時々叔母たちが集まって歓談しているが、そんなときにも同席していて別に違和感も感じない。まことにいい性格だ。伯父さんが突然友人を連れてきても母親は、あわてずあり合わせのおかずでご飯を食べさせる。母親も見栄やこだわりのない自然体な人。
 孫を甘やかさない祖父は、ただではお小遣いはくれず、出かけるときの運転手や病院付添など言いつけアルバイトさせる。
 これほどのエリートはないという家族なのに、みな気さくで生活は至ってケチで面白い家族である。

 町長選挙  奥田英朗
 VINさんのアップで興味を持ち読んだ本。4話からなる。「オーナー」「アンポンマン」「カリスマ家業」は、実在のそれとわかるモデルがいるが、どこまで実話なのかは不明。それぞれに病的弱点があり、精神科医伊良部一郎先生と繋がる。いかさま医者に思えるが、伊良部先生シリーズ第3弾と言うから、名医なのだろう。4話の「町長選挙」は東京の離れ島の島を2分する町長選挙の狂騒が描かれ、島に短期赴任した伊良部先生も巻き込まれる。
 詳しくはVINさんのホームページでお読み下さい。
http://yaplog.jp/ashy_ashy/archive/288

 「八月のマルクス」 新野剛志 講談社
 こちらもVINさんのレビューで読んだ本。作者の経歴に興味深い。
 旅行会社に勤めていたが、嫌気がさし退職し、失踪する。半ばホームレスのような生活をしながら、「江戸川乱歩賞」をとると決意し応募し賞を取る。三年後に実家に帰る。あらすじ感想は略。

 VINのらんどくダイアリーは
http://yaplog.jp/ashy_ashy/archive/288 です。

 東京の戦争 吉村昭
 著者が中学1年の時戦争が始まり、5年の時終戦を迎える。その時召集令状が来ていて応集する寸前だった。
 父も兄も工場を経営しており経済的には比較的恵まれていたが、戦争末期に父母を亡くし、肺結核にもかかり、療養生活をしたため出席日数がたりず、上級学校に進めなかった。東京大空襲で家も焼け、買い出しなども体験しているが、戦争中でも寄席や歌舞伎、映画や浅草の劇場にもよく通った。晩年になって東京の戦争を記録しておこうと本書をまとめた。
 
 冥土のお客 佐藤愛子
 人間には霊能力を持つ人と、霊を受け止める霊体質の人がいるという。幽霊も見える人と見えない人がいるらしい。著者は霊体質とご自分で言っている。今まで、著書の中でも度々怪奇現象のことなど書いてこられた。テレビでもそういう番組が多いし、テレビに出る三輪明弘とか江原啓之とか言う人達とも親交がある。私は、恐がりのくせに科学的根拠のないものは信じない方だ。だからテレビの番組にも反発を感じる方だ。
 しかし、若いときと違って余り頭から否定しない方がいいかも知れないと思うこともある。
 しまなみ幻想 内田康夫
 未読。
 逃避行 篠田節子
 未読。明後日図書館の返却日。それまで読み終わるか?。
[PR]
by ttfuji | 2008-11-18 23:39 | 読書・読書会・図書館 | Comments(2)
 今年のプロ野球日本シリーズを制した西武ライオンズがアジアシリーズでも今日、逆転勝利を飾った。初戦韓国のSKに惜敗したが、中国、台湾を破って、もう一度決勝戦で出るため台湾と戦うはずだったが、無敵と思われた韓国SKが、台湾統一に敗れたため、2勝1敗のチームが3チームになり得失点の差で韓国チームは決勝に出られなかった。日本は台湾には1勝しているので、今日も期待していたが、やはり手強い相手だった。ヒットは台湾の方が多く、両チームとも9回表まで0が並んだ。西武は2アウトから石井義選手の4球と佐藤選手の2塁打で、石井選手が一塁から一気に好走塁し、サヨナラ勝ちした。辛勝だった。
 それにしても、テレビ中継もラジオ中継もなかったのはがっかりだった。パソコンの経過送信で時々覗きチェックした。WBCがあの通り大騒ぎしているのに、アジアシリーズはさびしいものだ。
[PR]
by ttfuji | 2008-11-16 17:59 | 趣味・雑学 | Comments(2)
 久しぶりに晴れ渡った。富士山が真っ白く大きい。こちらが雨の時、富士山は大雪だったのだろう。大山も青空を背景にくっきりきれいだ。今日はスイミングへ一人で行く時、カメラを持って出た。Yさんは歯医者さんの予約があるため、バイクで往復する。終わってから、富士山がきれいに写せるところはないかと探したが、わが家からと同様、家や電柱があるため満足な写真は撮れない。通りがかりの家の前で菊を撮らせて頂く。ご主人が丹精して育てているが、もう終わりだと言って花を切り取っていた。
a0055866_21222441.jpg






a0055866_2124013.jpga0055866_2125256.jpg
 










午後は、Oさん宅に伺う。昨日電話で話したとき、今日の都合を聞かれ遊び(おしゃべりとお茶)に行く約束をした。久しぶりで話が弾む。2軒となりのMさんに読書会のまとめ、2回分を届ける。

 昨日は読書会があったが、Mさんは急用で欠席された。前回もお休みだった。とにかく忙しい人だ。時々小雨がぱらついたので、車で行くことにし、迎えに行くつもりだったが急用では仕方がない。風邪で休んだ人もいて相変わらず出席者は6名と少ない。
 取り上げた本は
 「なぜ君は絶望と闘えたのか」 本村洋の3300日 門田隆将 新潮社
 内容が内容なだけに、いろいろな意見が出た。10年に亘る裁判のなかで、犯罪加害者に比べ、犯罪被害者が守られていない現状を声を大にして訴え、「犯罪被害者の会」を立ち上げた。以下略

 読書会のあと、買い物に回り、Yさんに カラスウリとカラスウリの写真をお届けする。留守だったので、ポストに入れて置いたら、きょう夕方、電話で、今帰ってきたところとのことでお礼を言われた。現物と写真で絵は描けると喜んで下さった。

 ところで、一昨日のこと。夫が寒川体育館へ行く日で、体育館の隣に、農産物直売所があり、新鮮で安いと評判だと聞いたので、夫に野菜類の買い物を頼んだ。ボードに書いて置いたのは、白菜・キャベツ・きのこ類・人参・里芋・葉つき大根・キュウリだった。夫は、殆どメモ通り買ってきてくれたが、キュウリはなかったといい、葱がないようだったからと気を利かせてくれ、カブがおいしそうだからと買ってきた。これだけで、袋3個分あった。夕方、お向かいのご主人が見え、お宅は長芋食べますか、家内が旅行で長野に行って、親戚の家に寄ったら、長芋と白菜を沢山送ってくれた。二人ではとても食べきれない、と言われるので、長いも好きですから頂きますよ、というと、大きく長い立派な長芋を3本持って来られた。土に埋ければ長く持つという。その上、大きな白菜も頂いた。
 
 昨日は、Yさんが、ご近所からの頂き物といってほうれん草を届けてくれた。小松菜かほうれん草が欲しいと思っていたので、ありがたかった。

 今日は、先ほど、体育の日の運動会で一緒になったsugaさんにお孫さんと一緒の写真をポストに入れて置いたところ、お礼にと、立派な葉つき大根を届けて下さった。畑を借りて無農薬で作った自家製だという。

 集まるときには集まるものだと不思議に思う。八百屋さんが開けるほどだ。夫はあした娘のところへ届けるという。
 わらしべ長者を思い出したが、まだこちらからはなにも交換していない。
 昨日は、ぶり大根、コロッケとキャベツ、トマト、長芋と海苔のすり下ろし、今日はさんまの塩焼きに、白菜とカブ(葉も)、ハムのクリームシチュー、蕪の漬け物、ほうれん草のおひたし、と野菜づくしの献立にした。
 時系列が整わない日記になってしまったが。
[PR]
by ttfuji | 2008-11-13 21:11 | 読書・読書会・図書館 | Comments(4)