私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

<   2008年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

大晦日

 穏やかな大晦日となった。掃除は一応済んだ。
 今年はおせち料理を余り作らないことにしよう、と思っていたが、そうもいかない。毎日3度3度作ることを考えれば、いろいろ作っておけば、手が抜ける。去年は大晦日だけは顔が揃ったが、元日は孫が友達と初日の出を見に行き、おまけにその友達のうちでお雑煮を頂いたと娘に電話があり、全員が揃うのを待っていた夫は、待てどもこない娘と孫に怒り出し、昔はお正月は、若水を神棚(わが家に神棚はない)に上げて、家族揃って祝うものだと私に説教をする。昼近く娘だけは来たがとんでもない新年になってしまった。翌日は二人とも泊まりで出かけ、残ったおせちは火を通したり、リフォームしたり、冷凍にしたり、いつまでも一人食べ続けた。

 来年のお正月も、2日3日は、出かけると言い、去年の轍を踏まないようにしようと、夫にの元日はTは午前中バイトだし二人が来るのは昼食ですから、朝は先に頂くことになりますよ、というと、時代が変わったといいたいわけですね、と皮肉たっぷり慇懃にいうので、時代ではなくそれぞれの都合ですよと答えておいた。

 午前中、足りないものを買いに行き、午後から本格的に煮物に入る。人参、ゴボウ、レンコン、コンニャク、干し椎茸、タケノコ、高野豆腐、身欠きニシン、ヤツガシラなど。黒豆は一昨日から昨日にかけて煮たが、きんとんとにしき卵は略した。祝い肴やハム類も一応買い整えた。煮物類はいつもより少なめに作る。
 3が日過ぎに来客があるが、店は元日からやっているし、もう一度おせちでない、気の利いたご馳走を作らなければと思う。

 夜になって、年越しそば用の天ぷらを揚げる。おそばは毎年娘のところに送られて来るので、それを持ってわが家に来る。生そば700㌘を2回に分けて茹でる。煮物も、天ぷらも、サラダなど大皿で盛り合わせ、おそばもざるのままなので、テーブルがいっぱいになり、手の届かない大皿を回してめいめい小皿にとる。お酒、ビール、ジュースなど、それぞれ頂く。先ほど、年越しの宴は終わり、テレビで紅白を見るもの、お笑い系を見るものに分かれ、孫は2回の夫の部屋のテレビを見に行った。
 私は今年最後の日記を書いている。娘たちは先ほど帰って行った。これから、明日の準備と片づけ(娘が大体片づけてくれたが)のため台所へ行く。
 マイミクのみなさま、及びブログを読んで下さるみなさま、1年間ありがとうございました。来年もよろしくお願い申し上げます。
 どうぞ、よいお年をお迎え下さいますよう、お祈り申し上げます。
[PR]
by ttfuji | 2008-12-31 21:08 | 生活雑記 | Comments(2)

年末日記 

 12月27日(土)
 確か晴。2日前のことは記憶にない。何をしたかも思い出せない。家計簿を見る。買い物には出ていないが、夫が風呂がま掃除用の「ジャブ」と電球などを買ってきている。
 そうだ。風呂のお湯を使って洗濯物を沢山した。いつもは残りを流して洗剤(バスピカ・バスマジックリン他)で洗うのだが、夫が「ジャブ」すると思い、捨てずにおいた。2口用なので湯を足して、洗剤を入れ追い炊きするのだ。
 風呂釜の中は汚れで雑菌が増殖しているという。洗剤の容器にイラスト画が描かれている。いかにも恐ろしげなバイ菌の絵が。お風呂はいつも2つの口にシャワーの先をはずしたホースを差し込んで洗っている。特に汚れは出てこない。
 夫は何でも洗剤を使うのが好きだ。ありとあらゆる家庭用洗剤、住まい、ガラス、壁紙用、カビキラー(キッチン用・浴室用)、食器洗剤、つけ置き洗剤、レンジ、ワックス、その他まだまだある。洗濯槽をきれいにする洗剤も買ってきた。槽の裏側に汚れがたまっているという。 
 夫がやることに口は挟めない。口論になり自分でやりもしないで、といわれる。ありがたいが、内心は、こんなに洗剤ばかり使って、わが家をきれいにしても、地球環境から見て、川や海の水を汚染していることにならないか気になっている。結局この日は、どちらもやらなかった。
 昨夜、手巻き寿司の夕食後、孫のTに明日も都合よかったら夕食にいらっしゃい。オカアチャン遅いようだしこの間から約束のパスタにするからと言うと、バイトの帰りに寄るという。バイトは午後1時までの予定が、土日、社員が休みなので、5時まで延ばせば喜ばれるという。一緒に働いている友達は初めの契約で6時まで働いているそうだ。
 イカもタラコも大葉も揃っているし、冷凍のミートソースもある。ミートソースは少し足りないので、豚肉やピ-マン、きのこ、トマトケチャップなど入れてナポリタン風にした。朝の残りご飯は保温のまま、炊き込みわかめを振り入れわかめご飯にしておいた。孫は今日はお弁当を持っていき、間食はしないので、腹ぺことのこと。パスタも沢山食べ、わかめご飯もたべると言い野菜サラダもきれいに食べた。作り甲斐のある食べっぷりだった。
 12月28日(日) 
 晴。自室とパソコン部屋の掃除。鏡台や窓ガラスを磨いたり、小さな家具は動かして裏側を掃除する。トイレも念入りにする。
 連日、孫にあわせたカロリーの高い食事なので、今日は簡単な鶏の白菜鍋にした。副菜に困り、結局冷凍の男爵いもコロッケを揚げた。何日か前、うの花炒りをつくった。一袋買っても沢山できてしまい、スイミングの友達にも差し上げたのだが、1回食べて、残りを冷凍にしておいた。それもレンジにかけて食卓に載せたが、食べたのは私だけだった。
 12月29日(月)
 晴。いよいよ押し詰まったと感じる。 そろそろ正月用の買い物をと、午前中は近くのスーパーで野菜を主に、午後は駅近くやOKストアなどで、正月用食品や食材を仕入れてきた。毎年のことだが冷蔵庫に収納するのに苦労する。夫は風呂釜のジャバと洗濯機のジャバをしてくれた。
 今日は、焼き魚(鰺の開き)、ほうれん草ゴマ和え、いくら醤油漬け(私はノーサンキュウ)、昆布の佃煮、大根葉の漬け物(生姜醤油)、味噌汁だった。
 今日は日没前に、水星が月に隠される現象が起こるが日没前なので見るのは難しい、日没後、細い月の右側に水星が見えるかも、とマイミクさんに教えていただいたが、生憎の曇りで残念ながら月も水星も見えなかった。
[PR]
by ttfuji | 2008-12-29 21:25 | 生活雑記 | Comments(0)
 今日は、早朝寒かったが、日中は晴れて穏やかな日となった。こんな日は、年末の片づけや掃除も捗りそうだ。といっても半分以上は夫がやってくれたので、それ程の焦りはない。毎日のように、押し入れや引き出しをちまちまと片づけているだけ。
 昨日は、娘の40何回目の誕生日だった。孤立無援で頑張っている娘に誕生日ぐらいは祝ってあげたいと、数日前に電話したら、ありがとうといったので、昨日は、誕生日とクリスマスを兼ねたような夕食にした。
 夕方、お赤飯とけんちん汁(のっぺ汁風)を作り、ケーキを買いに行き、ヨーカドーで手巻き寿司の材料を買ってきた。いつもより少し、材料を増やし、あとは出来合いの総菜も並べた。まあよく食べてくれた。具は残ったがすし飯がなくなるほど。ご飯のまま、電気釜に少し残したが、足りなければ酢飯を作るというと、もういらないという。少しくらい残してもしょうがないと思い、無理して食べているといい飯台をさらっている。
 お赤飯もお皿に盛ってあり、こっちも少しはつまんで、といっても箸をつけない。圧倒的に手巻き寿司に人気がある。
 小休止のあと、ケーキを食べるかと聞くと、食べるという。何なら持ってってもいいよ、というと今食べたいという。生チョコケーキだったが、オレチョコレートには目がないからといい、夫と私は8分の1づつ、残り4分の3を娘と孫が平らげた。若いうちはカロリー制限しなくてもいいからいいわね、といったら、私もそろそろ、制限しないといけないのだけれど、と娘は言った。
 孫は、冬休みに入って部活もなくなり、いまアルバイトに通っている。朝9時から午後1時までの仕事で、結構きつい仕事のようだ。
 風邪や病気に負けないよう体力だけはつけてあげたい、と思う祖母である。お赤飯とけんちん汁、おかずも少し持たせる。
[PR]
by ttfuji | 2008-12-27 14:41 | 家族・身内・私 | Comments(2)
 昨日午後、検診の担当医よりすすめられた、心臓血管外科へ紹介状を持って行ってきた。2時からと聞いていたので、少し前に受付した。地域連携医療とかで、大学病院より月1回、第4水曜日に専門医がみえる。10数人待っていたが、心臓と脳が連携医療で、個人病院やクリニックからすすめられて患者が来るらしい。1時間半近く経って漸く呼ばれた。症状は紹介文に書いてあり、私も同じことを伝えた。ベッドに横たわっての触診。主に下肢をみる。血流は末端まで来ていますね。強いて言えば動脈硬化が進んでいる、高脂血症の薬は飲んでいるし、問題はないでしょう、ではなぜ足の攣れや硬直が起こるのかといわれても、答えようがないのですが。運動中に起きないのであれば、今までしている運動(スイミング・太極拳・ウオーキング)など続けて、塩分を控えるなど、管理すれば大丈夫でしょう。もし何かあったら、また来て下さい、といわれた。なにか大袈裟に考えてしまったようで、すこし恥ずかしかった。でも、大変な痛みに襲われるのは事実。それを口に出して訴えて悪いはずはない。先週から1週間症状は起こっていない。それまでは、時々起こっていた。足を冷やさないように気をつけたのがよかったのか。一応、一安心したので見て頂いてよかったと思う。
 
 今日は、スイミングの最後の日。来年1月5日までお休みである。暫く休むと休み癖がつきそうで、心配だが,Yさんが一緒なのでまた引っ張って下さるだろう。他人頼み?だが。
 折角、少しだが泳げるようになったのだし、楽しい友達も大勢できたのだからがんばろう。
 帰ってから、洗濯をしながら新聞を読んでいると、夫がクリニックへ行ってくるという。クリニックは金曜日でしょう、今日は木曜日ですよ、というと、そうだ、金曜日車のことでいつもいいあっている、という。
 第4金曜日、役員会で車を使いたいので、2週続けて行くクリニックに第1と第2、または第2と第3に変更してもらえないか先生に聞いてみて下さい、と頼んだことがある。それを、言いあっていると夫はとっている。
 何回かダブらないように気を使ってくれていたようだがいつの間にか、ダブってしまい、行きだけ送ってもらったこともある。

 クリニック行きが明日とわかった途端、玄関の天井から、下駄箱の内外の掃除を始めた。履き物入れの上の置物、その下に敷いてあるレースなどの敷物をはずし、代わりはないかと言い出した。替えは沢山あるので、洗ってあるものを持っていく。
 夫が出張の折、趣味で集めた、アジア系の仏像、神像など民族的な彫像が並んでいる。布で拭いているので、そこ私がやりますよ、というと暇なので、という返事。内心、また一つ私の仕事が減ったと喜んでいる。でもいい気になっていられない。
 引っ張られるように、私も、そろそろ本腰を入れなければと、パソコン部屋の掃除を始めた。植木鉢が置いてある出窓を、きれいにしたり雑物を始末したり、雑巾がけをしたり、たいしてしないのに腰が痛くなった。中腰作業は腰によくない。
 今日はこれから自室の掃除をするつもり。自室は、普段からやっているのだが、狭いのにものがありすぎ、片づけ、処分するそばからものがたまる。悩みの部屋だ。
 今日は風の強い日である。明日から寒くなるそうだ。
[PR]
by ttfuji | 2008-12-25 15:32 | 食・献立・料理 | Comments(2)
 昨日、月曜日は太極拳の自主トレがあった。昼前終わったので、すぐに歯科医院に電話して、前歯の欠けたことを話した。夕方5時からなら空いているという。夕食の用意をしてから、出かける。夫に、歯科医院→OKスーパー→不燃物置き場に寄ってくるとことわり、車のトランクに沢山出た、不燃物を入れる。不燃物置き場は、隔週火曜日収集で、月曜夜6時から9時までと朝6時から9時までしか鍵が開かない。
 歯医者さんでは、30年ほど前の差し歯であること、前歯2本とも同じ頃入れたので、同様な問題が起こる可能性があるので、2本ともお願いしたいと伝える。今日仮歯は入りますかとまず確かめる。入るとのことで一安心。保険適応でお願いする。前のさし歯は、その頃保険がきかず高かった。
 2本同時に直した方が、色も同じで都合が良いという。レントゲンを撮りガリガリガーガーとはずし始める。時々ハンマーでカチンカチンと叩く。かなりしっかり付いており、歯茎に響く。はずす前に歯型を上下とり取り、何度も試してしっかりした仮歯が入ったのは1時間後。
 今年中は本歯は入らないという。固いもの、粘りの強いものは、避けた方が無難のようだ。お正月のお雑煮もガマンした方がいいかも。
 抜けても歯医者さんは年末年始お休みである。
 次回は1月6日に行くことになる。多分その時きちんとした差し歯が入ると思う。
 
 今日、12月23日(火)は天皇誕生日。朝、NHKで皇室の放送をしていた。何となく天皇家の人びとの気苦労が思われ気の毒でならない。失礼な言いようだろうか。
 私の留守中に、図書館から電話がありリクエストした本が届いているという。昨日は休館日だったので今日受け取りに行く。リクエスト本が早く来すぎるのも困る、と勝手なことを考えてしまう。普通1週間か2週間はかかる。他に借りている本と一緒に歩調を合わせられないと2度手間になる。
 午後から夫は寒川体育館へ今年最後のトレーニングに行った。

 大分押し詰まって来ているというのに、なにも手に付かない。夫は次々に片づけ続けているが、私の分野は、何もしてない。電子レンジとオーブントースター、床下貯蔵庫は先日やったが、台所は手つかずだ。何も徹底的にやらなくても、適当でいいと思ってしまう。去年より更にやる気がなくなった。
 
[PR]
by ttfuji | 2008-12-23 20:21 | 食・献立・料理 | Comments(0)
 12月21日(日) 
 妹宅で朝寝をする。いつも客間に泊めてもらうのが、妹が今回は私の部屋で一緒に、ということになった。その方が暖かいし、いろいろ身内のことや昔話などできる。2時頃まで話していた。
 昨夜、9時過ぎ用意してくれた夕食をお腹いっぱい頂いたので、朝お腹は空かず、11時過ぎに朝昼兼行の食事を整えてくれた。そんなに食べられないというと2回分だからといわれ、その気になった食べ過ぎた。その前に、バナナと飲むヨーグルトで作った、ジュースを2杯も頂いた。末の甥が一緒に生活しており働いているので、食事は手を抜かずバランスがとれている。
 昼頃、車で10分ほどのところに住む、長男が見え、少し話をして帰って行ったが、夕方、奥さんと子ども2人を連れて来てくれた。下の男の子はまだ顔を見ていなかったので、大きくなったでしょうね、と言ったので、見せにきてくれたのだった。本当にかわいかった。送った絵本が2日前に着き、そのことを聞いて取りに来る目的もあったようだ。段ボールをあけ、とても大喜びされた。私も嬉しくなり、おかあさんに読んでもらってね、といった。強制はできないが、本に親しんでくれたらいいと思う。玩具には囲まれているらしいが。甥のお嫁さんは、きちんと躾していて、まず、おじいちゃんの仏壇に手を合わせ、鐘を鳴らす。着いてすぐに手を洗わせる。こんにちは、ありがとうをきちんと言わせる、なかなかの人だ。それでいて美人で優しい。こどもたちは、こちらに置いてある、玩具を取り出し、奪い合いで遊んでいる。
 上が女の子で幼稚園の年少組。下の男の子は3歳になったばかり。
a0055866_21591445.jpg

a0055866_21594812.jpg


 昼過ぎ、前橋にある父母のお墓参りに連れてってもらう。妹は、毎月のように来るという。明日は、なくなった夫の墓参りをすると、お花を買っていた。 ついでに、このまま行ったらというと、方向が違うし、時間がかかるから、あした仕事のついでに寄るという。夫は20年ほど前にくも膜下で急死している。
 一旦、家に帰って、コーヒーとお菓子をいただいた。暫くしてお茶をいれてくれた。至れり尽くせりだ。居間のテーブルに「梅の香」という小さな袋入りのおせんべいが載っていた。テレビを見ながらそれを一つつまんだ。
 セロハンをあけ、半分囓った。なにか石のようなものが当たった。このおせんべい、石が入っている、と妹に伝えた。台所よりとんできた。私はそれを手にとってよく見ると、歯のかけらに見える。これ人の歯じゃない?と見せた。歯だわね、半分残ったおせんべいを手に取り、どこに入っていたの?、電話しなきゃね。大騒ぎになる・・。困った、食品トラブルで新聞やテレビに出たり、嫌だなと思った。瞬間、舌が歯の外側にあたり違和感があった。自分の歯だ!。前の差し歯が一部割れたのだった。次にどうしよう、この暮れに、直してもらえるか、と思った。昨日でなくてよかった、とも思った。食品トラブルでなくてよかったとほっとしたのも確か。
 1本抜けたわけではないので、少し隙間ができたことと、かけ落ちた部分の、金属が見えるがあまり目立たないといわれた。自分では大いに目立つが。
 30年近く前に差し歯にした歯である。だんだんと疲労を起こして脆くなっているのも頷ける。取り敢えず、明日は歯医者行きだ。そんなショックのなか、そろそろ、駅に向かう時間が近づいている。
 夕方の湘南新宿ラインという、高崎から新宿まで乗り換えなしでいけるJRを利用しているのであらかじめ時刻を調べておいた。4時台の電車を予定し、駅まで送ってもらうことになっていたら、どやどやと甥の家族が来た。そこで、電車を1時間遅らせることにした。
 
 話は前後したが、いろいろあった日曜日だった。帰宅したのは8時半頃だった。
[PR]
by ttfuji | 2008-12-23 12:20 | 家族・身内・私 | Comments(2)
 何度もブログに書いていますが、今年初めて生の演奏と「歓喜の歌」の合唱を聴き、夢のようなひとときを過ごしてきました。
 朝、出かける前に、今回の高崎行きを最も願っていたのに、体調不良で、断念したSさんから電話があり、くれぐれもよろしくとの伝言がありました。
 3時に五十嵐さんと高崎駅前の高島屋で待ち合わせ、懐かしい中央商店街やお堀の道を歩き、昔や近況を語り合いました。開場までをスズランというデパートの喫茶室で過ごし、写真を撮りあいました。
 a0055866_1211921.jpga0055866_12114323.jpg






 午後6時半よりの開演、5時45分の開場にあわせて早めに行きましたが、すでに長蛇の列。
 私たちの友人のWさんは、合唱団団長で忙しく、会って話をすることなどできないだろうと、なるべく顔のよく見える場所をと前方の席をとりました。
 やがて会場は満席になりました。
 松浦市長さんのご挨拶で、結成35年を迎えたこの合唱団は毎年のように海外公演を行っており、外国でも高い評価を頂いているとのお話でした。

 プログラムは、
 第1部 クリスマスメドレー、5曲。
 第2部 ハレルヤコーラス
 第3部 交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付」

 指揮:梅田俊明  ソプラノ:日比野幸  メゾソプラノ:加賀ひとみ
 テノール:望月哲也  バリトン:小森輝彦
 管弦楽:群馬交響楽団  合唱:高崎第九合唱団
 でした。

 約2時間の公演が終わって、どうしてもWさんに会っていきたいというIさんがアンケートや受付などの係の女性に尋ねると、どうぞと言って一旦外へ出てから建物の後方の出入り口に向かって案内して下さいました。中に入る前に、Wさんの声に気づき、呼びかけました。感激の再会でした。とても喜んで下さいました。今年の合唱はとても気持ち良く歌えたとのこと、遠方から行った私にお礼を言われました。藤沢から来てくれた人もいるとのことでした。二人で用意したチョコレートの包みを直接お渡しすることもできました。Sさんからの伝言も伝えることができ、ほっとしました。
 とても素晴らしかったので、来年もまた来たいと言うと是非といわれました。来年はスロベニアで公演することになっており、よかったら一緒にどうぞと誘ってくれますが・・・。
 忙しそうなのでここでおいとましました。
 音楽センターから駅までの道は「第九」のためのイルミネーションで華やかでした。私たちは、昼間のうちに、久しぶりに故郷の高崎の街の中央通りやお堀のある道を歩いていました。
 末妹に駅まで迎えに来てもらうことになっていました。私たちが駅まで歩くのと、妹が車で駅に着くのが同じくらいの時間なので、時刻を指定して待つことにしました。Iさんは前橋の人なので、妹は車でお送りすると言っていましたのに、電車があるからと遠慮されて帰って行きました。妹にまでおみやげを頂き、妹もIさんに差し上げるものがあると持ってきたのにと、残念がっていました。この日は妹宅に泊めてもらいました。
 翌日、伊勢原の自宅に帰るまでにいろいろありましたが、明日のブログに譲ります。
[PR]
by ttfuji | 2008-12-22 19:13 | 友・師・人 | Comments(2)
 今日も晴れたが、昨日に比べて気温が少し下がった。朝のスイミングに行ってくる。夕べ、遅くまで年賀状の図案や宛名書きなど作っていたので、気がつくと深夜1時過ぎていた。眠くならないし、明日はスイミングへ行くから、しっかり睡眠をとっておかなくてはと2時頃誘眠剤をのんだ。
 この頃は、薬を飲まなくても眠れるようになっていた。4時間眠ればOKの私だが、この頃5時間は眠れるようになり、満足していた。
 7時まで眠れれば、5時間になる。いつもと同様すっきり起きられると思っていた。目覚まし時計で起こされたのは久しぶりだ。ところが眠気はまだ残っている。もう少し寝たいと思ったが、朝の準備とゴミ出し、出かけの用意などがあり、しぶしぶ起きあがった。薬が残っているのだろう。
 徐々に身体も目覚めてくる。夫は寝ていることが多いので、いつも黙って玄関の鍵を閉め、Yさんと出かける。
 帰ると夫はクリニックへ行って留守だった。今日は検査用の採血だけなので、食事をしないで出かけたようだ。

 夫は尿酸値が高いので薬を飲んでいる。以前痛風になってはと大騒ぎしてプリン体の多い食物を避けていたが、いまは、薬を飲んでいるせいかまったく気にしていない。食欲もあるし、若い頃と同じように肉類さかな類を好む。ラーメンなども好きで、若い頃よりずっと健康そうだ。

 いくつか作った年賀状の見本を見せたところ、落ち着いた感じの余白に書き込みが沢山できるものを選んだ。宛名は手書きでするというので、必要枚数をプリントして渡した。ところで、わが家と私個人の文、宛名印刷の時、一枚目を印刷し、次の人の画面に表示を変えるのに、初めの人の名前がまたプリントされた。いくつか試したがやはり変わらない。
 別に保存されている名簿で印刷したら、きちんとできた。しかし、続けて保存されたものが、プリントできないと困ってしまう。じっくり調べなければ・・。

 孫の夕食を頼まれ、おでんと麻婆豆腐をつくった。

 明日、私は、高崎の音楽センターに12月恒例の「第九」を聞きに行く。
 チケットとパンフレットは私のところに届いているので、一緒に行く友人から確認の電話も入った。夜、こちらから電話するつもりだったと伝える。明日の夜は、末妹のところに泊めてもらう。友人と久しぶりに会えるのも、公演をきくのもとても楽しみにしている。
[PR]
by ttfuji | 2008-12-19 17:24 | つれづれ日記 | Comments(2)
 今日は、暖かい日になった。ぱっと晴れて富士山が真っ白で大きく見える。スイミング後、図書館へ行き、5冊返却、4冊借りてくる。お正月を挟むので、今回は3週間借りられる。でも年末はやはり、読書三昧とはいかないだろう。帰りに近くのスーパーで買い物して帰る。
 末妹のお孫ちゃんに、孫の読んだ?絵本を送る。引っ越しで処分しようかどうか迷っていた絵本である。あちこちから送られたものや、娘が買ったもの、その娘に私たちが買い与えたものなど、とてもきれいに残っている。
 ファーブル昆虫記なども全巻揃っている。一通りは読み聞かせてはいるようだが、繰り返して読んでと、せがまれてはいないようだ。孫の興味は、トーマス機関車とかポケットモンスターのピカチュウの方に移っていた。モンスターの名前を150くらいすらすら言っていた。(私はそれを書き留めた)
 トーマスの仲間の機関車なども、揃え、レールに走らせて、いつもセリフ入りで私に相手をさせていた。
 話がつい別のところへ逸れてしまったが、その絵本類を、段ボールに詰め、伝票も書いて、テープで閉じればいいようにして玄関へ置いた。ところがいくら探しても、紙テープもガムテープも見つからない。夫に聞いても知らないという。重いので、車で図書館へ行くとき近所の取扱店へ持っていくつもりでいたのだが、口が開いたままでは持ち出せない。
 仕方なく、図書館の帰りの買い物の時、テープを買ってきた。そのあと、夫が車を使ったので、私は、近所まで、重い箱を抱えていった。店はクリーニング取り次ぎ店でもある。ところが店の硝子戸に5時までお待ち下さいと張り紙がしてある。(住宅地内なので客も少なくよく張り紙はしてある)
 もう一度、持ち帰ることなどとてもできないので、隣接の玄関の門扉を開け、内側に置かせていただいた。伝票を箱の隅に挟み、誰だかわかるようにした。家に帰ってから、あの重い箱を店まで運ぶのは迷惑だろうな、と思い、メモに「重いので置かせていただきましたが5時頃伺い運びますから」と書いて荷物の上に置いてきた。
 5時前に2度ほど電話したが、まだ戻っていなかった。
 夕食の用意をして、夫にNさんのところに行ってきますと伝え、財布を持って出かけた。丁度、帰宅し玄関の鍵を開けているところで、箱はなかった。 聞けば一旦、外出から帰ったとき、箱を見つけ、午後の便で発送したという。用事があって再度出かけて今帰ってきたところ、ご迷惑をかけてすみませんでしたねえ、と反対に詫びられた。預けてあるクリーニングの衣類3点受け取り雑談して帰る。
[PR]
by ttfuji | 2008-12-18 21:19 | 家族・身内・私 | Comments(0)
 雨の寒い日となった。今日は2ヵ月に1度の検診日。先週、血液と尿の検査があり、その結果によって薬を処方して頂く日でもある。
 検査の結果は中性脂肪が少し高め。あとは正常値内に収まっている。食欲の秋で、甘いものを食べすぎた自覚はある。
 他に自覚症状や気になることはないか、と聞かれ、朝方、足のふくらはぎの横がよく攣れるというか、硬くなってかなりひどい痛みに襲われます、20分ぐらいじっと耐えているとそのうち収まりますがと答えた。血行が滞っているのかも知れないと、足の甲の外側によった部分を指2本で押さえ、私にも同じことを試させて、脈を感じるかと聞かれた。
 左の方はかすかに感じるが右はわからないというと、脈がかなり弱いらしく専門医に相談した方が良いといわれ。
 その場で協同病院の電話し、月に一度第4水曜日だけ専門の先生が来られるとのことで予約して下さり、紹介状まで書いて下さった。
 来週24日午後2時から4時までに行くことになる。紹介状の宛先は心臓血管外科、○○先生となっている。
 軽く相談したつもりが、なにか大袈裟になった気もするが、時々激しい痛みに襲われ脅威に感じていたので、丁度良い機会でもありやはり見て頂いた方が良いかも知れないと思った。
 10何年も前だが、虚血性心筋症といわれたこともあり、不整脈もあるといわれた。そういえば、その時、狭心症の疑いあり、と書かれていた。まだ50代で、健康だったし、それほど深刻には受け取らず、そのままにした。
 手足の末端が冷えるし血の巡りがわるいことは確かだ。病気になる前に予防できたらありがたいことです。
[PR]
by ttfuji | 2008-12-17 21:32 | 食・献立・料理 | Comments(6)