私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

<   2009年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ブログ記念日

 4年前の2005,10,31日初めてブログなるものを書いた。毎年この日のことは書いているがよく続いたものと思う。
 始めの頃は、ボツボツとたまに、途中から毎日書くようになり楽しくもなった。最近、毎日に拘ることはなくなった。雑文ながら、日記のつもりで書くから、あとからの備忘録となる。今や、止めろと言われても止められない。
 ブログをはじめて半年後、mixiに誘って下さる人がいて、マイミクさんも増えた。少ないがコメントを入れて下さる友人もいらっしゃる。老いの坂道を喘ぎながら登っている感じだが、80歳を目指したいと思う。
 今日現在の記事数は、1196になる。もう少し頑張って2000にすればよかったと思う。そのうち、非公開の記事は、講義録など30ほどある。

 老いの繰り言、つまらない駄文で、読みにくい文も多いと思いますが、どうぞよろしくお付き合い下さい。

 昨夜、孫は沖縄の修学旅行から帰ってきた。今夜、2人を夕食に呼んでいる。
 おでんと手巻き寿司で歓待です。
[PR]
by ttfuji | 2009-10-31 16:15 | パソコン・スマホ | Comments(4)

大型スーパー開店

 昨日、わが家から6・7分の所に、新しいスーパーが開店した。スイミングで話題になっていた。初日8時開店で、すでに多くの人が目玉商品と粗品目当てに買い物し、周辺が賑わっていたと言っていた。前日に大きなチラシが入っていたというが、私はそのチラシを見逃していた。わが家の近くには3・4分の所にもう1軒、中型スーパーがある。地元野菜が売りの店だが、この頃店内の模様替えをしてから、何となくぱっとしなくなった。この店など、大いに打撃を受けるだろう。近くのコンビニも影響を受けると思う。

 午後、野次馬根性で散歩がてら見に行ってきた。歩いてだから重い物は無理、と思いつつ、小ぶりのリュックは持って出た。思ったよりずっと大きな店だった。食料品、雑貨ばかりでなく、家電品や小型家具などもある。
 ばったりYさんご夫妻にお会いする。スイミングの友人もご主人と見えていた。遠いので車を出してもらったとのこと。ご夫婦連れは、ご主人が運転か荷物運びでかり出されている様子。
 必要なものは特にないのに、背中と両手いっぱいの買い物になった。帰って夫に様子を話すと、出かけていき、大房のバナナや、おだんご、ウイスキー(寝酒)、スニーカーなど、買ってきた。いつもの半額以下と言っていた。

 近所のスーパーやコンビニ、小売店など大打撃を受けるだろうと、同情しながら、値段に負け買ってしまう私は、偽善者だと自省している。

 今日も、スイミングで、きのう行かなかった人が興味を示し、場所と道順をきかれた。
[PR]
by ttfuji | 2009-10-30 16:26 | 時事・社会・地域・自治会 | Comments(4)

漢字テスト (備忘録)

 相変わらず、漢字に凝っている。以前のテストバージョンがバージョンアップされて、奇問が少なくなったように感じる。しかし、難しくもなった。前は、200問くらいで、あとは繰り返しだから、それを乗り越えると500,700と容易にクリアできるし、ある暇な日に1500問をクリアした。そのあとは、やる気をなくした。いつの間にか、前回の記録はきれいに消されて、新しいバージョンになっていた。

 ちょっとやってみたが、なかなか難しい。同じ字でも、前回と今回では読み方が違うのがあって、不正解になる。例えば、甜瓜、前回はマクワウリと読ませ、今回は、テンカと読まなければ正解にならない。臼杵が前回はキュウショ、今回はウスキである。どちらも正解にしなければおかしいと思う。
 今回、何十回もチャレンジして漸く80問クリアできた。なんとか100問まで行きたいと思いながら、70問台の壁にはね返されている。今まで、はね返された問題をその度に、メモしておいた。
 以下、その漢字と読み方だが、一般に使われてない漢字は、変換出来ないので、調べて書き直すつもりである。?のところに解った漢字を入れていく。
 80問までにすべて出た問題で、忘れないために書き出した。3日に一度くらいトライしないとすぐ忘れてしまうので、脳トレのつもりで続けるつもりでいる。

夙に(つとに)、禿びる(ちびる)、宛(さながら)、矧ぐ(はぐ)、擢んでる(ぬきんでる)、遜る(へりくだる)、辱い(かたじけない)、殆(ほとほと)、忽せ(ゆるがせ)、允可(いんか)、窃か(ひそか)、夙夜(しゅくや)、夙起(しゅくき)、繭紬(けんちゅう)、雛僧(すうそう)、鞠問(きくもん)、満盈(まんえい)、鹿柴(ろくさい)、鹿茸(ろくじょう)、樊籠(はんろう)=自由を束縛された状態、馳聘(ちへい・ちてい)、噬臍(せいせい)、
蘊藉(うんしゃ)=ナリ 態度などがおだやかでゆったりしていること。 「挙止―にして礼節あり/断腸亭日...、
誄詞(るいし)=死者の生前の徳をたたえる詩。 
黔首(けんしゅ)=史記に出典。人民はかぶりものをせず、黒髪を出していたことから、転じて人民。民衆の意。 
勤飭(きんちょく)=つつしみ、いましめること。 
彝倫(いりん)=「書経(洪範)」より。「彝」は常の意〕人として常に守るべき道。人倫。 咫尺( しせき)=補足説明「せき」は漢音。「咫」は周尺の八寸、「尺」は一尺、(1)距離がきわめて近いこと。
毫釐(ごうり)=〔「毫」「釐」はともにわずかの意〕きわめてわずかなこと。ごうりん。 「―も他の可能性を許さない/善の研究(幾多郎)」――の差は千里の謬(あやま)り 〔「礼記(経解)」〕初めはわずかの違いでも、結果は大きな違いとなる。
鯨鯢(げいげい)=補足説明 古くは「けいげい」。「鯨」は雄のクジラ、「鯢」は雌のクジラ
(1)クジラの雄と雌。クジラ。また、小魚を食いつくす大魚のたとえ。
(2)大悪人。悪党の首領。  
臥榻(がとう)=「榻」は腰掛けの意、寝台。ねどこ。 ――の側(かたわら)、他人の鼾睡(かんすい)を容(い)れず 。
兵燹 (へいせん)=戦争のために起きる火事。兵火。 「明応七年―にかかりて枯しを/伊沢蘭軒(鴎外)」
帙(ちつ)、悉皆(しっかい)、匡正(きょうせい)、律呂(りつりょ)、纔か(わずか)、?宰(ちょうさい)、揖譲(ゆうじょう)、縹(はなだ)、長嘯(ちょうしょう)、粗歯(そろ)、嫋娜(じょうだ)、只管(ひたすら)、己巳(きし)、這般(しゃはん)、荏苒(じんぜん)、頤使(いし)、弥縫(びほう)、頁岩(けつがん)、儲君(ちょくん)、廠舎(しょうしゃ)、箕踞(ききょ)、
上下一心(しょうかいっしん)、一朝富貴(いっちょうのふうき)。「の」を入れないと不正解になる。

 今日、30日、gooの国語辞典で、幾つか調べた。さすがに意味や出典まででているので、そこからコピぺしたが、検索に手間取るのでやめた。
[PR]
by ttfuji | 2009-10-29 21:48 | 趣味・雑学 | Comments(6)

台風一過

 あんなに吹き荒れていた台風も通り過ぎて今朝はすっかり晴れた。
 富士山は真っ白く大きく見える。台風は大方の場合、予定より早く過ぎるようだ。
 先ずは修学旅行予定通り行けてよかった。大喜びで出かけたことだろう。
 
 2日、寒い日が続いたが、今日は気温も上がった。
 スイミングに行き、そのあと、午前中に整形外科に行きヒアルロン酸注射をしてもらいに行くと話すと、スイミングの仲間で、膝の手術をした人が、火曜日の午後は、膝専門の先生が、総合病院から見えるから午後にした方がいいといわれた。院長先生は脊椎や背骨の専門だからといわれた。折角だからアドバイスに従うことにした。
 午後は2時半から診療なので、その前に衣類の丈直しを受け取りに行った。夫がいつもは車で体操に行くのに、暖かいからとバイクで出かけたので、私が車を使った。始めは、歩いてすべての用事を足すつもりだったが、車があるとつい使ってしまう。

 ところが、車で行ったのが正解だった事態になった。帰宅するとすぐに一転俄に曇ってきて雨がパラパラと降ってきた。蒲団や洗濯物が沢山干してあり周章てた。
 雨はすぐ止んだが、歩いて行ったら蒲団や洗濯物を濡らすところだった。
[PR]
by ttfuji | 2009-10-27 18:42 | 食・献立・料理 | Comments(6)

明日天気にな~れ

 今朝、7時に電話が鳴る。蒲団の中で本を読んでいたが、そろそろ起きようと思っていた。ところが、足と膝の痛みで、すっと立ち上がれない。ハイハイの形になってそれから徐々に座卓や椅子につかまって立ち上がる。電話に出るまで2・3分かかる。
 孫のTからの電話だった。今日、修学旅行用の大きなバッグを学校で集荷して、業者のトラックが羽田まで運んでくれることになっている。雨がひどく自転車で運べない。8時15分までに登校するようにいわれている。車で送って欲しいという。何時までそっちへ行ったらいい?、と聞くと8時40分頃というので、大急ぎで洗面、簡単な朝食、着替えし簡単に化粧もして、時間通り迎えに行った。普段なら20分ほどで、悠々行けるのに、雨のせいか、月曜日のせいか、一日ずれた5・10日のせいか、平塚・伊勢原線は大渋滞し、信号が次々赤にあい、到着した時は8時20分になっていた。いつもの倍以上かかった。8時15分までと生徒には言っていたが、30分ぐらいまでは待ってくれるらしい、と聞いてほっとした。

 道中、修学旅行についていろいろ聞いた。あした、台風で飛行機が欠航になったらどうするの、と聞くと、羽田に一泊し、沖縄3泊が2泊になるかも知れないという。場合によっては、明日出かける前に、連絡網で一日ずれることもあるという。友達は、夕方5時に来て泊まるという。沖縄の資料いろいろあるから、あげればよかったね、というと学校からいろいろもらってあり、説明も聞いているという。
 折角だから、短縮にならず予定しているところ全部見せたあげたいと思う。
[PR]
by ttfuji | 2009-10-26 15:54 | 家族・身内・私 | Comments(4)

日記 3日間

 10月23日(金)
 午前中、郷土史役員会があった。いつものように次月の講義の資料作り。コピーと綴りがある。
 そのあと、11月の定例会は、中央公民館の会場がとれなかったため、シティプラザで行われることになったと説明された。
 会場取りは、コンピュータで申し込むが時々抽選にはずれることがある。5月も青少年センターを借りた。中央公民館の利用団体は500を超え、会場の取り合いになる。地域のどこの公民館も超満員で利用者は場所取りに頭を悩ましている。10年以上続く会だからといって優先権はない。抽選にはずれ他の場所を探すが、なかなか空いてなく、有料のシティプラザを借りることになる。ロッカーの利用も申し込み制だが、こちらの方は、使用頻度が多い団体が優先するようだとのこと。
社会教育活動の参加を呼びかけて、公民館活動は活発になったが、高齢化社会になってますます、利用者が増えている。会長が、役員以外の全員に会場変更の通知をだして下さる。
 帰りに、ヨーカドーで買い物して帰る。夫は午後から市内の体育館へ体操に行く。

 10月24日(土)
 曇り、午後小雨降り出す。天気予報では、また台風が発生したとのこと。孫が修学旅行に行く日(27日)沖縄は、丁度台風に見舞われるらしい。心配だ。私のバス旅行も台風の影響を受けたが、思い出に残る修学旅行は、天気に恵まれてほしい。
 午後、ガスレンジ取り替えのための工事があった。今度のレンジは、すべて安全装置が働いてガス漏れ事故や焦げ付き、加熱がないようになっている。タイマーも付き長時間煮込むものなど、タイマー持参で別室に行っても大丈夫だが、火を使っているときは、やはり現場を離れないことも大事だろう。いずれにしても老人世帯としては心強い。

 10月25日(日)
 小雨。参議院補欠選挙があり投票に行く。そのまま、車で安売りのスーパーに買い出しに出る。夫は、なにか必要なものがあって近くのミニスーパーへ行き、白板に書いてあった、野菜などついでに買ってきた。白菜、大根、レタス、人参、ほうれん草、京菜、トマトなど買ってきた。私は、白菜、大根、人参、レタス、小松菜、モヤシ、レンコン、ジャガイモ、ゴボウ、セロリ、キュウリ、シメジ、椎茸、エノキダケなど買ってきた。夫が雨の中、買い物して来てくれるとは思っていなかった。夫は、野菜などは近くで買うとおもったらしい。ここでも、意思の疎通を欠いた二人が露呈した。
 今日は気温が低く、寒い寒いを連発する夫に、白菜鍋を用意した。鶏肉、白菜、ほうれん草、水菜、エノキ、椎茸、お豆腐で野菜を利用できた。あとは手抜きだが、買ってきた牡蠣フライとキャベツ、トマト。ほうれん草のおひたし、昨夜のマカロニサラダも。 
[PR]
by ttfuji | 2009-10-25 19:15 | 生活雑記 | Comments(2)
 10月22日(木)
 起床時、膝や足の痛みは前日とあまり変わらなかった。1回だけのヒアルロン酸注射で速効があるはずもないのに、期待してしまう。
 朝のスイミングから 10時過ぎ帰って、Tさんと図書館へ。6冊中4冊返却、2冊継続。新たに3冊借りる。旅行が入るからそんなに読めないかも知れないと軽い(内容の)本にする。
 図書館の市民ギャラリーで絵手紙展をみる。行くたびに、絵画展などやっており市民の文化や芸術への意欲を感じる。
 隣の文化会館へ寄り、映画の案内を見てくる。27日(火)に『禅』、11月に『剣岳』が上映される。いつも一緒の4人が、どちらも見たいといいながら、映画館で見逃していた映画なのだが、日程を見るとそれぞれ用事があり、行ける人だけ行くことになる。
 娘から「Tの夕食お願いします」のメール。何日か前、来たとき、修学旅行のお小遣いや服装(私服)の費用などあげ、出かける前に食事会をしてあげる、と言ったら、それは無理、前日は友達が泊まりに来て、ウチから出発するし(駅に近い)、部活もぎっしりあるし、準備の買い物もあるし、と少しも喜ばないどころか、断られてしまった。まあ解らないでもない。ありがた迷惑のこともあるだろう。

 今日の夕食も特別なことはやめて、あるもので用意しようと買い物にも行かなかった。
 
<献立>
 豚肉の生姜焼き、玉ねぎとキャベツのソテー添え。
 煮物(里芋、人参、ゴボウ、コンニャク、椎茸、インゲン)、
 肉じゃが(前夜の残り物)、
 なすとピーマンの味噌炒め(残り物)、
 とろろ汁。
 キュウリとカブの漬け物。トマト。

 これだけで、結構食卓は賑わった。夫は、残り物は食べないので、私がいつも食べているが、孫は、おいしいと言って片づけてくれる。
 とろろは、大和芋ではないので、汁代わりにするつもりだったので、麦ご飯でなく白飯にした。ところが、3人ともご飯にかけてお代わりまでした。3カップのご飯が少し残っただけ。とろろはお腹に入って増えるから麦飯の方が軽くていい、と祖母がいつもいっていた。そのことをTに話した。
 食後、お腹が苦しいと言って、Tは、ソファーに横たわって、プロ野球C・S、G:D戦を見ていた。
 修学旅行は27日から沖縄行き。羽田集合ということで、部活の友人何人かで行くらしい。高速バスは、遅れる場合があるので電車で来るようにと言われている由。
 海老名、横浜、蒲田経由で行く方法を夫はパソコンで打ち出し、くどいほど、注意事項を与えていた。一眠りしてから帰っていった。
[PR]
by ttfuji | 2009-10-23 17:26 | 家族・身内・私 | Comments(2)

ヒアルロン酸の注射

 以前から膝と足の衰えを感じていたが、加齢によるものと諦めて、我慢した方がよいのだろうかと迷っていた。迷うくらいだからたいしたことはないのよ、と他人様に言われた。
 先日会った、前橋の友人、Iさんは、2・3年前痛みに耐えかねて、整形外科に通い、ヒアルロン酸の注射を半年ほど続けたところ、すっかり痛みは取れ今はなんでもないという。私の場合は効いたから、あなたも相談してみたら、と言われた。
 普段は、普通に歩けるし、スイミングも出来る。朝、蒲団から立ち上がるとき、椅子から立ち上がるとき、畳から立ち上がるときに、かなりの痛みを感じる。なにかに掴まらないと、立ち上がれない。正座は出来ないし、しないようにと言われている。立ち上がって数歩歩き出すまでは、危なっかしい足取りになる。かなりのおばあさん、という感じだ。

 テレビや新聞で宣伝している、足腰が楽になるという薬をいよいよ試す時かとも思ったら、そんなのはまだまだ先、と別の人に言われた。

 今日午前中、美容院へ行ってそのあと、方角が同じなので、整形医院に行こうと家を出た。美容院が終わったのは、11時半。整形の診察券を見ると12時まで受け付けとなっている。歩いて5・6分の距離だ。余裕があった。

 軟骨は減っていることは、以前、レントゲンの時いわれている。売薬のサプリメントは、私の症状には合わないそうだ。友人の話をしたら、注射を希望しますか、と聞かれた。毎週1回5週続けるようにいわれた。肩の時と同じ注射だった。湿布薬と痛み止めの薬は断った。
 6日から8日位の間隔で、都合の良い時間に行けばいいので通院も負担にはならない。心なしか、帰りの足取りが軽くなったように感じた。
[PR]
by ttfuji | 2009-10-21 14:00 | 医療・健康 | Comments(4)

妹からの感謝の言葉

 先日、甥の結婚のことを「うれしい報せ」というタイトルで書いたところ、何人かの方から、お祝いの言葉を頂戴した。日を経てそれを読んだ妹が、感謝とお礼の言葉と、ちょっとした息子自慢ともとれるコメントを寄せた。最新の日記のところでなく、「うれしい報せ」の記事のコメント欄に書いたものなので、気付かれないかも知れないと思い、私も甥のことを少し自慢したくなったので、押しつけがましいと思いながら、コピペして載せた。ご笑覧ください。

 ≪この欄に息子の結婚を祝って下さった方々に心から御礼を申し上げます。
最近結婚をしない若者?が多くなったとはいえ、私も親として一応心配はしていましたけれど、病人を抱えている家に来てくれる人なんているかしら、と消極的になっていました。同居は望まないけれど何か緊急の時、駆けつけてくれる距離に住んで欲しいとは思っていました。
手の掛からない息子で母親らしいことは何もしてやれませんでしたが、帰ってこないんだと思うと「空の巣症候群」という病気が一つ増えた感じです。直帰の時、買い物リストをメールで送るのですが、追加の品が出た折に、「来週水曜日から生協から配達されます。欲しいものが全部あるわけではないけれど・・・今まで有難う」と打ち込んで涙の顔の絵文字のを入れたら、本当に涙が。息子から「これからもメールをくれれば行けるからドンマイン!」
 年子の弟に「理系の大卒は使い物にならないから、修士くらい出ておけ、学費は出してやるから」といったそうな…つい最近次男から聞いた話です。小さい頃はよく兄弟喧嘩をしていましたが。
私も姉と喧嘩をしましたが今は一番の頼り(お世話)になっている姉妹です。≫

 闘病中でままならない身ながら、息子への感謝の言葉でもあると思います。
[PR]
by ttfuji | 2009-10-20 20:10 | 家族・身内・私 | Comments(1)

Tさん企画の旅行の相談

 Tさんは、私の親しい友人であり人生の大先輩である。ブログにも何度も書いたが、来年米寿になるというのに、絵画、書道、コーラスと習っており、好奇心向学心とも旺盛。 私とは図書館や旅行、郷土史、美術館や映画館にも一緒にいく。
 新潟の長岡出身で、定年まで新潟で教師をしておられた。同じく教師だったご主人が亡くなられてから、息子さんが住む伊勢原に住居を移した。他の姉妹も神奈川や近県に住んでいられるそうだ。

 師範学校時代の同窓会が新潟県内の旅行を兼ねて毎年行われ、旅したところの話を聞く。春は桜がきれい、秋はもみじがきれい。ブナ林の紅葉は見事、棚田や雲海の素晴らしさも話してくれた。春は山菜、秋はきのこがおいしいと話す。おそばも絶品な店がある。興味あるなら案内する、と言ってくださる。

 いつも一緒の旅仲間にも声をかけることになった。先日の17日(土)、昼食をとりながら相談、四人で行くことになり、早速その足で、駅にある旅行社にジパングを使っての切符の手配をした。宿は、TさんのなじみのところでTさんが、予約してくれることになった。旅行は、11月3日~5日と決まった。楽しみだ。
[PR]
by ttfuji | 2009-10-20 12:47 | | Comments(2)