私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

<   2010年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

8月も終わるというのに

 今日も室内温度は34度。もううんざり・・・

 10時半予約の歯科医院へ行く前に、銀行の用を済ます。
 今日は左上の奥歯の治療。麻酔して行う。痛んでいる自覚はないが、問題があるので、早めの予防ということのようだ。来週は、インプラントの手入れをするとのこと。手遅れにならないうちに治療をしてなんとか持たせて下さいとお願いしている。

 帰りは、気分転換にヨーカドーで夏物一掃のクリアランスセールを見て回る。東京のデパートなど行く気になれない。
手頃な値段のツーピース購入。久しぶりだ。買ってみると同じようなものばかり買っているのに気付く。好みのものに目がいく。サンダルでない夏靴と食料品も買って帰る。

 夫は、すでにバイクで寒川体育館へ出た後だった。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by ttfuji | 2010-08-31 14:46 | 食・献立・料理 | Comments(4)

気ままに読書メモ

 月末が近づくと、読書録のことが気になり始める。
 ところが暑さのせいか、歳のせいか書く気が起きない。楽しい読書が、プレッシャーになるなんて本末転倒であると分かっているが、その呪縛から逃れられない。
いつも題名だけと言い訳しながら、記憶の消え去る早さに、備忘録として簡単な筋だけでも書いておきたい気もあり、書いているうちに長くなったり、お茶を濁したり、お粗末な記録になる。

 『日の名残り』 カズオ・イシグロ 中央公論社
 VINさんのレビューでこの作家を知り、興味を感じて読んだ本の2冊目。
 著者は、日本人でありながら5才の頃から父親の仕事でイギリスに住み、そのままイギリスに暮らし続けて多くの作品を発表し、権威ある文学賞も受けている。

 1冊目は「私を離さないで」という題名で、臓器提供のために、クローン人間として誕生させられた子どもたちのことを描かれた衝撃的な内容だった。

 『日の名残り』は、古き良き時代の英国の「執事」とは何かを書いたもの。
国際会議の舞台にも使われた、貴族の邸に働く執事スティーブンスは、常に完璧な執事を目指して人格者であり敬慕する雇い主ダーリントン卿に仕えてきた。本当の執事はイギリスにしかいない。他の国にいるのは召使いだ、といわれるが納得できる。
アメリカ旅行に出るダーリントン卿に、長く仕えた慰労の休暇を与えられ車まで貸してもらい、たまには外の風景や世の中を見てきなさいと旅に出ることを勧められる。

 その旅で出会った、幾人かの人達。人生の夕方が最も輝かしい時であることも教えられる。
 作品や著者のことなどVINさんが詳しく、また素晴らしい書評も書いていらっしゃるのでよろしかったらそちらをお読み下さい。
        http://yaplog.jp/ashy_ashy/archive/166

 『鳥人計画』 東野圭吾   新潮文庫
 スキージャンプ界の最有力選手が、殺された。密告があり、コーチの峰岸が逮捕される。
 峰岸に殺意はあったが、誰にも知られていないはず。密告者は誰か。警察と峰岸自身が、推理していく。
 札幌のスキージャンプ場やジャンパー達を抱えている企業グループが舞台。オリンピックや世界大会に優勝するための戦略、選手達に肉体改造の研究。優秀な選手の肉体の構造や動きなど分析し、鳥人になるための人体実験的な改造計画が明らかになっていく。 

 『屈折率』  佐々木譲   講談社
 VINさんのレビューでは、警察小説を多く手がけている作家かと思っていたら、範疇は広い作家のようだ。次々に優秀な作家が世に出、読みたい気にさせられるが、今の能力ではとても読み切れない。

 『屈折率』とは、レンズや光学的な意味での屈折率。この小説では別な意味も兼ねているようだ。これは社会小説、企業小説だと思いながら読み、途中から恋愛小説でもあると思って読んだが、後半はちょっとうんざりした気分にもなった。
 主人公は、一流商社で世界を相手に営業の実績を積んだが、人事のことから退職して個人商社を立ち上げる。その後の大不況と丁度バブルの後の、銀行の貸し渋りなどで、羽田や蒲田周辺の町工場などは倒産が相次ぐ。実家は、蒲田でガラス光学の工場を経営し兄が後を継いでいるが、放漫経営で続かなくなるのも、時間の問題だ。亡父の弟、叔父が、ガラス工場を建て直すためにお前が社長になれ、と言ってくる。叔父も会社を経営しているがこのままでは共倒れになる。
 自分の商社も、経営が苦しくいかに負債を残さず、整理しようかとメドをたてていたときだったが、兄の説得など気が重い。
 財務諸表から、問題点が幾つもあるが、倒産しないで済む見通しもある。特殊光学の磨きに優秀な職人が何人かいる。顧客も一流のところが多い。リストラや再建案を書いた書類が銀行に認められなければ、融資は受けられない。組合長との説得やあまりかんばしくない従業員の首切りも断行する。兄の役員報酬のカット、別荘の売却、新市場の開拓と八面六臂の活躍で、蒲田の町工場との横の繋がりも利用する。兄とは何度も諍いを起こす。
 ガラス工場の昼夜2部制の窯の一つを女性ガラス工芸家に貸している。
 夜、見回って、その女性を知り、何度か話すうちに、お互いに惹かれる。
  妻も女性起業家をサポートする仕事をしていて忙しい。お互いに家庭には縛られないが、見栄で夫には社会的にも堂々と格好良く、みっともない生き方だけはするなと、釘を刺す妻だ。
 主人公が工芸家の女性にのめり込んでいくところ。兄や妻に知られ追いつめられるが、個人的なこととして口を挟ませない。男女の濃厚な関係、理解は出来るが私は好きではない。

 『3月の招待状』  角田光代 
 VINさんがアップされていたし、図書館の返却棚で見つけたので借りてきて読んだ。
 『対岸の彼女』『8日目の蝉』に続いて3冊目だ。
 大学時代仲間だった2人から、離婚パーティーの「招待状」が届く。この2人何度も別れてはまた一緒に暮らしている。仲間達は、野次馬と同窓会気分から出席する。30代そこそこの、現代の男女模様なのかと、バカバカしかったが、一通り読んだ。そろそろ私の年代にあったものを選んで読みたいと思う。

 『妖しい詩韻』  内田康夫 
 内田康夫に嵌った時期があったが、いまはあまり読んでない。
 この本は、今まで作品中で書いた殺人事件は数知れない。しかし、殺された人の言い分は書いていない。殺された人はどうなっているかを想像して描いたという。ちょっと不気味なショートショートである。

 『奇縁まんだら』 瀬戸内寂聴  画 横尾忠則  日本経済新聞出版社
 2日前、郷土史の役員会の折、nagakiさんから、とても面白いから読んでみて、と渡
された本。
沢山読む本があるから、遅れると思ったが、真っ先に1日で読んでしまった。
 人付き合いのいい、人好きな寂聴さんらしく、いかに多くの作家や文学者、評論家と交流があったか驚く。新人時代は大作家訪問に恐る恐るの対面だったようだが、有名になるに従って観察もインタービューも堂々としたもの。新聞連載中から好評で出版を待つ声が高かったエッセー集と帯に紹介されている。興味深い本だった。

島崎藤村 正宗白鳥 川端康成 三島由紀夫 谷崎潤一郎 佐藤春夫 
船橋聖一 丹羽文夫 稲垣足穂 宇野千代 今東光 松本清張 河盛好蔵 
里見 弴 荒畑寒村 岡本太郎 壇一雄 平林たい子 平野謙 遠藤周作 
水上勉

 イラストレーターの横尾忠則氏が、油絵の似顔絵を描いている。この絵がイラストと肖像がを兼ねて素晴らしい。日本経済新聞に連載されたものらしいが、以降続編へ、とあるから交友録は後を絶たないだろう。
 
    
[PR]
by ttfuji | 2010-08-29 13:30 | 読書・読書会・図書館 | Comments(6)

この一週間

 ひたすら涼しくなるのを願っている今日この頃。それでも、決まった行事や用事がある時は出かける。
 8月23日(月)
 2週続いて休みだった太極拳があった。冷房がなかなか入れて貰えず、役員さんが受付に交渉に行った。管理室が電源を入れないと、各室の電源も入らない。10時からの使用に、当番が会場準備に15分前に行くが、10時からでないと入れないという。9時半にとっていれば9時半に入れるという。きっと係の人も、市の方から光熱費の節約を言われているのだろう。準備体操を熱気の中で行い、10分ほどして漸く涼しくなってきた。汗をかくための運動というが、我慢は出来ないし、高齢者は熱中症になることもある。運動不足の身体に、太極拳はゆったりした充足感がある。
 8月24日(火)
 10時半予約の歯科医院へ。この歯科は10時半から始まる。
 先生は、今の歯を出来るだけ持たせるようにしましょう、と言われた。私も、お願いします。なるべく固いものは避け、無理な噛み方をしないように気をつけます、と伝えた。
 それでも駄目の時は総入れ歯ですか、と聞くと、そんなことはありません。自分の歯がまだまだありますから、部分入れ歯も出来ますよ、と言われる。しかし、その場合は隣の歯にかけるので、掛けられた歯が駄目になると今までの経験から思う。先のことは考えず、その都度の処方をお願いするしかない。今日は、麻酔をしてから右上の奥歯の治療をした。来週は左上の奥歯の治療をして下さるそうだ。もうこうなったら、定期的にチェックして頂きお任せするしかない。
 8月25日(水)
 スイミング。暑さの中、水に入っている時間が最も心地いい。プールサイドのストレッチ体操は、目に沁みる程の大汗をかく。シャワーを浴びて、ちょっと冷たく感じるプールの水も、すぐに慣れて、水中体操、各種の泳ぎと約1時間水中で過ごす。膝痛でヒアルロン酸注射もしなくなって何ヵ月も経つが、全く異常を感じなくなった。多分、スイミングの腰痛コースのお蔭ではないかと思っている。太極拳や、高齢者体操の効果も含めてあると思うが。
 8月26日(木)
 図書館行きの日。いつもの駐車場がいっぱいで、市役所の脇の駐車スペースに案内される。文化会館の前を通って行くと、制服を着た男女中学生が列を作って歩いている。文化会館の入り口に「○○館中等部合唱コンクール」の立て看板。Tさんが、聴いてみたいね、と言う。そうね、と私も同意した。
 図書館でゆっくり本を探したり検索して頂いたり、ギャラリーでパソコンのペイントで描いた絵や額入りの詩と絵の組み合わせた作品を読ませて頂いたり、出品者のonoさんとは知己の間柄なので話をしたあと図書館を後にした。
 ふたたび、文化会館前で、何時からやるのかしら、と覗くと大ホールのロビーには生徒達が大勢入っており、一般客は入れないので小ホールの方に入った。ガードマンの人に、コンクールは何時からですか、と聞くと午後からと言う。私たちも聞けるかしらと言うと多分大丈夫でしょうという。時間が1時間以上あるので、諦めて帰ることにしたが、ちょっと待って、私、家に電話して車を使う予定があるか聞いてみる、と言い電話すると、使う予定はない、どうぞごゆるりと、と夫は言う。今日は、バイクを孫が乗っていった。
 市役所の食堂で昼食をとり、開場時間まで外に並んでいる人達を見て、暑いから開場してから行きましょうと行列を眺めていた。12時半になると開場され並んでいた人もいなくなった。まさか大ホールがいっぱいになることはないでしょう、部外者は入場料もかかると思い、入口から入って聞いてみた。生徒の学年と名前を聞かれた。父兄ではないのですが、是非聴かせて頂きたいので午前中から待っていた、と言うと、受付の高校生は、校内関係者のみと決められていますので、と困惑している。わかりました、と諦め隣の小ホールロビー、コーナーの椅子で読書することにした。家のエアコン代が節約できる、とTさんと言った。しかし、1時間もしないうちに帰宅した。
 
 明日、8月27日(金)は、9時半から午後1時まで郷土史会の役員会がある。総会資料の確認とコピー、綴りなどあり、その他の打ち合わせもある。午後は、体操の会が同じ中央公民館であるが、一旦家に帰る時間的余裕はなく、体操には遅れて参加することになるかも知れない。

 忙しく過ごした方が暑さは凌ぎやすいかも知れない。

  
[PR]
by ttfuji | 2010-08-26 16:38 | つれづれ日記 | Comments(2)

緑のカーテン

 西日除けと収穫を兼ねて夫が植えたゴーヤが今年は豊作だ。連作で伸びが悪いと言っていたが、8月になって急に葉も繁り実もなり始めた。強い日差しを遮って涼しい雰囲気を演出してくれている。
 道路に面した東側は、朝顔の棚が、目隠し役を果たしてくれてる。昼近くになって撮った写真のため、花の数は少ないが、早朝に撮せばもっと美しいはず。
 平素、夫の愚痴をこぼすことが多いが、私に出来ない庭仕事や電気器具など修理をしてくれる夫には感謝している。
 ついでながら、わが家の南隣のお宅は、建て替えのため、今、更地になっている。間もなく工事が始まるが、暫し、風通しも日当たりも良い。
a0055866_13441475.jpg
a0055866_13444492.jpg
a0055866_1345125.jpg



  
[PR]
by ttfuji | 2010-08-23 13:32 | 自然・花・景色・庭 | Comments(8)
 ちょっと涼風が立ったと思ったが朝方だけのこと。日中に近づくに従って気温は鰻登り。
 熱中症で倒れる人が連日あとを断たない。体力のない高齢者や赤ちゃんばかりでなく、スポーツ少年も亡くなっている。マメな水分補給、室温管理も大切なようだ。
 別荘や避暑地を持たない家庭には冷房の経費はやむを得ないと割り切ることにしている。
 ところで、先日夫の部屋のエアコンが毀れた。夫は、寿命だといっていたが、翌日、コジマ電機へ頼みに行った。この暑さで品切れで入荷待ち、どこの店も同じ状態だったという。仕方なく、コジマに戻り、申し込んできた。
 その備え付けが、今日である。お昼から2時頃の予定が3時過ぎになった。
 夫は、どんなに暑くても寒いよりはいい。暑いのは我慢できるが、寒いのは我慢できないと言って、冬は暖房をがんがん効かせる。ところが、今年の暑さは我慢出来ないらしい。アチーアチーと言いながら居間を占領し遠慮がちに冷房部屋にいる私としては、その言葉を聞かなくなるだけでもありがたい。
 私の部屋とパソコン部屋にエアコンがあるので、どちらか空いてる部屋を使ったらと言うが、テレビがないから駄目だの人のパソコンは使えないだのという。 
 お互い干渉が嫌い、意見の合わない夫婦なので、狭い部屋に一緒にいるのは息が詰まるという。
 エアコンが入って、一番ホットしているのは私である。

  
[PR]
by ttfuji | 2010-08-22 15:36 | 家族・身内・私 | Comments(2)
 月曜日、太極拳なし。歯の痛みも歯茎の腫れも、おさまってきたようだ。
 しかし、それにしてもこの暑さ。体調不良と言うことで、エアコンの効いた部屋に一日籠もらせて頂いた。
 夫は、アッチアッチと言いながら、図書館やってないかなあと聞く。私の部屋に張ってある図書館カレンダーを示し、月曜日は休みですよ、というと夏休みだからやっているじゃないかと思ったという。そしたら7・8月休みなしにしなければならないでしょう、というとそうか。
 月曜日が祭日の時だけ火曜日と振替になりますけれどね。それより、エアコン使ったらどうです。熱中症になったら大変ですよ、どうも昼間クーラーの部屋に籠もっているの好きじゃない。でも夜から朝までエアコンかけているでしょう?。俺の好きでどっちに使ったっていいじゃないか、と必ず最後には話がおかしくなる。アチィアチィと言っているから、エアコン勧めたのに。

 火曜日、今日も極暑だ。首都圏でも37・8度の気温のところが数カ所ある。わが家は室内で34度。おまけに湿度も高い。薬のお蔭だが4~5時間眠れたので、気分も良い。
 10時半の開診とともに歯科医へ行く。痛みも腫れもないと告げると、歯の点検をし、もう一回だけ注射しておきましょう。これからどういう方法をとるか悩んでいる、というようなことを言われた。薬はもう呑まなくていいでしょうといわれる。いろいろ聞いてみたかったが、来週、説明と相談があるだろう、と聞かずに来た。それでも何の痛みも感じず食べ物が噛めるということはありがたい。
 夫は寒川体育館へ出かけた。何もしてないより体操で汗を流したほうが楽らしい。

 水曜日、朝の風に涼しさを感じた。スイミングまで車で行った。Yさんが一緒だったらきっと励まされて歩いたと思う。涼しくなったら私一人でも歩くつもりだ。
 プールサイドでの準備体操、ストレッチ体操に大汗を流す。シャワーを浴びてからの冷たいプールも気持ちいい。水中での体操、歩行、泳ぎもとても楽しい。夏は近くにプールがあれば毎日でも泳ぎたいほどだ。
 早く秋が来ればいいとは思わないが、せめて我慢できる範囲の暑さはないのだろうか。人間様の身勝手な言い分ではあるが。
 孫が、バイクで出かけた。塾のため遅くなるというので、おにぎりを持たせた。夕食は要らないというが、バイクを返しに来たとき、食べることがあるし、または、持ち帰るので何か作っておこう。

   
[PR]
by ttfuji | 2010-08-18 14:59 | 医療・健康 | Comments(6)
 台風の影響で、2・3日涼しい日があったが、また蒸し暑い日が続いている。

 昨日は、妹の通院日。歯の痛みや腫れから来る食欲不振で完調ではないが、頼られていると思うと、行こうという気になる。
 とても駅まで歩く気になれず、家の近くを通る1時間に一本もないバスに乗ろうとバス停に向かう。9時16分のバスなので14分頃から、バスを待つ。
 しかし、なぜかバスが来ない。10分ほど待って、まさか夏休みということはないだろうと、時刻表示を見ると、8月12日・13日はお盆のため、土曜日の時間で運航します、と張り紙してある。土曜日の時間は9時10分である。遙か前に行ってしまった。ショックだったが仕方がない。しかし駅まで歩く気にはならない。5・6分歩くと十字路に出て別の路線からのバスが通る。家から駅まで20分ほどなので丁度、真ん中の位置にある。
 それに乗ることにし、少し待つとバスが2台続いてきた。ここまで来るとあちこちから来るバスがあるので余り待つことはない。料金は家の近くのバスと同じ、効率は悪いが仕方がない。
 駅に着き、いつもお弁当やお寿司を買う店は、戻ることになるので、駅のOXストアで買い物する。頼まれて買っていくのだが、いつもおいしいと喜んでもらえる。 店内を周りながら、サンドイッチ、オシャレな感じの詰め合わせずし、お赤飯を買う。サンドイッチは歯の悪い私用、お赤飯はJさんの好物。それぞれ2人分ずつ買ったので、6人分になる。余れば夜食べますからとかえって楽しみにされる。

 病院に着くとまだ内科は済んでなく、私が一緒に話を聞く。担当医にどうですかと聞かれるが、特に良くなっているという自覚はないようだ。聴診器の音はしっかりしているといるそうだ。毎回同じような薬を処方される。足裏の皮膚に問題が生じているが、皮膚科が今日に限って休みでがっかりしていた。皮膚科には改めて受診に来ることになる。
 調剤薬局には妹の夫のJさんが、処方箋を持って薬を取りに行って下さる。往復10分の距離は、真夏はつらいが、Jさんは自分の役目として行って下さる。ただし、待ち時間が1時間近くと長いため、時々は不機嫌になる。
 シャトルバス、タクシーと乗り継いでT家帰宅は1時過ぎ。
 お昼を頂き、2時近く、Jさんは自宅から20分ほど歩いて碁会所に行く。毎日どんな天候でも一度は外出しないと気が済まないとのこと。以前は山や、近隣の散策をしていたが、大分高齢になって、遠方には行かなくなったという。
 5時前に帰ってきて、早速夕宴を急かす。いつものこと。まだ早くないですかというと、少しも早くないという。野菜の天ぷら数種と魚介代わりのちくわの天ぷらを作った。ゴーヤも揚げたが、おいしいと言われた。他にキャベツのゴマあえ、冷蔵庫にあるおかずやホタテの佃煮、持参したゴーヤの佃煮など。
 ビールを頂き天ぷら類も食べられた。帰りもバスで帰るつもりで早めに辞去したが、各停でゆったり座って本を読んでいたため、急行に乗り換えず、結局家の近くを通るバスには乗り遅れ、朝のバスと同じルートで帰ってきた。ほどほどに歩いたことになる。

 今日は、美容院でヘアダイとカット。間隔が空いたので大分分け目の白髪が目だって来ていた。やはり身だしなみを整えると気分が良い。
[PR]
by ttfuji | 2010-08-14 20:58 | 家族・身内・私 | Comments(6)
 8月10日(火)
 午前中、郷土史役員会。帰ると、高崎の末妹から、段ボール箱いっぱいのトウモロコシが届けられていた。夫が蒸れると思って箱を開けておいてくれた。
 鷹揚な妹は、折に触れていろいろなものを送ったり車で届けたりしてくれる。早速何軒かにお裾分け(お福分け)する。次妹に電話し、電子レンジでの調理方法を聞く。髭と茎を適当にカットし皮を1、2枚残し、レンジに6・7分かけるというもの。柔らかく甘くおいしいトウモロコシだった。歯が悪いのでそのまま囓れない。指ではずしてモグモグと半分ほど味わう。ものをおいしく食べるのも歯次第だと実感する。
 夜、妹にお礼の電話。妹は、実は日曜日にドライブがてら届けるつもりだったという。ところが急用が出来て行けなくなり、宅配便にしたという。時間とともに味が落ちるので、心配していたという。甘くておいしかったというと、食べきれなければ、茹でてそのまま冷凍にしてもいいし、包丁でそいで、コーンスープにしてもおいしいと。ミキサーにかけてクリームスープを作ろうと思う。
 8月11日(水)
 今月になって初めてのスイミングへ行ってきた。歯は、鎮痛薬のお蔭か、痛みは薄らいでいるが、抗生薬をのんでない。一昨日の夜、処方箋を頂いたが薬局に寄らなかった。翌日、郷土史役員会の後、寄るつもりだったが、車を使う夫に約束の時間まで帰らなければと調剤薬局に寄らなかった。
 今日、スイミングのあと、いつも行く薬局へ寄って薬をいただいた。従って一日半薬をのむのが遅れた。殺菌、炎症、腫れ止めの薬を服まなかったため、歯茎の腫れや痛みは改善されてない。いい加減な性格が反省された。
 帰宅直後の11時頃に薬をのみ、夕方5時にのみ、夜11時にのんだ。空腹ではよくないと思い、その都度ちょっとしたおかずやチーズなどを口に入れた。

 孫に、トウモロコシをあげるから帰りに寄って、とメールを入れたが、返答なし。夕方電話すると家にいた。今から風呂に入ると言うので、1時間後、茹でたトウモロコシ、おかずや焼きうどんを届ける。
 8月12日(木)
 台風の影響で、朝は風が強かったが雨は降っていなかった。昨夕、届け物をした時、あした、バイクを借りられるかと聞かれたので、じいちゃんに聞いておくと答えた。了解が出てTはバイクで学校の夏期講習に出かけた。バイクを取りに来たとき、トウモロコシどうだった、おいしかったらまたあげるね、と言うとまだ残っているという。残しておく必要はなさそうだ。夫は、風が強いから運転には充分注意するようにと私に言わせ、じぶんでもクドクドと言っていた。
 今日は、歯科が12時予約なので、図書館は11時に行くことにし、Tさんに昨夜電話した。一旦家に帰ると、出不精になる。図書館を出るとポツポツ降り始めた雨が急に大降りになった。Tさんを美容院へ送り、歯科医院に向かう。
 歯科医院では、歯周ポケットの検査、歯石除去、その後先生が患部に注射し、薬の服用で炎症が治まってから、治療に入りましょうと仰った。私も気長に通いますからとお願いした。治療の歯は、注射でますます痛かった。今日こそ、薬局に寄って2種類の薬をいただき、帰って簡単な昼食の後、服用した。

 ブログを読んで下さる旧友2人から相次いで、手紙を頂いているので、痛みが治まってから、横浜のM子さんに電話した。近況報告代わりのブログに、あなたはいつも元気ね、と言われるが歯の悩みを訴えると、こうやって歳をとっていくのね、と言われた。

 夫が、運動不足だからと、車で地元の体育館へ出かけた。

 Tが、帰ったとき食べるかも知れないと思い、パスタ2種類を用意し始めたとき、Tが帰ってきた。雨が小止みになったので急いで帰ってきたという。
 スパゲティ作るけど、食べていく?1時間ぐらい後だけど、というと、雨がひどくならないうちに帰ると。
 例によって、甘いものあるかと聞かれたので、冷蔵庫に入れておいたチョコレートをあげる。トウモロコシ嫌いなの、と聞くと、好きだよ、今朝、半分食べたという。持っていく?と聞くともらっていくという。茹でた方が良い?、生でいい、という。「レンジでの茹で方知っている?」「濡らしてラップに包んでつくるのじゃないの」。結構よく食べているらしい。今朝、トウモロコシのことを聞いたとき、まだある、と言ったのは、要らない、と言う意味ではなかったのだ。
 夫が帰ってきて、Tがいるので驚いていた。塾の方はお盆休みですって、と伝える。
 雨がひどかったら、バイク置いてバスで帰ってきなさい、と言っていた。私は、雨が大降りになったとき、夫はそう思っているだろうな、と想像した通りだった。なんだかおかしかった。
 Tが帰ったいったとき、パスタじゃない方がいいでしょ、と聞くと、イカやタラコを見て、そこまで用意したのなら、それでいいよ、という。イカと明太子、青シソのパスタを作る。夫の好物であるが、この頃また、カロリーのことを気にしている。ミートソースはとりやめた。野菜サラダを添える。
 あした、妹の通院付き添いに行くため、夏野菜カレーも作ってある。食べたくなければ好きなものを作って食べるか、何か買ってくるか、外食にするか、ご随意にということになっている。食べない場合も火を一度通してと頼んである。
[PR]
by ttfuji | 2010-08-12 18:55 | 医療・健康 | Comments(0)
 昨日、朝の電話で予約し夕方5時に受診した。いつもの先生ではなかったが歯のことなので早い処置を受けたかった。
 レントゲンを撮られた。全部の歯が撮される。先生がそれを診て、ウーンと考え込む。痛んでいる右下の歯も悪いが、左のインプラントの歯も2本のうち奥の方が危ない。2本のインプラントの間の歯は抜歯されておりインプラントに義歯が繋がっている。かなりインプラントの歯に負担がかかっている状態という。
 そのインプラントが繋がっている土台の骨が減ってきて傾きかけている。右の奥歯を庇うので、左で噛むことが多くなっているせいもあると。

 確かインプラントを入れたとき、土台の骨がしっかりしているから大丈夫と言われたのだが、数年のうちに土台の骨まで減ってしまうのだろうか。今更高いインプラントを付け直す気にはなれない。取り敢えず治療し、これから相談しましょうと言われた。昨日は、抗生物質と痛み止めが処方されたが、薬局へは寄らなかった。
 食事はきちんと栄養のあるものをとって下さい。睡眠もしっかりとって下さい、と言われた。カルシュームが足りないと言うことか。このところ、暑さで食欲は減退気味。お蔭で体重が減って喜んでいたのだが、あちら立てればこちらが立たず、うまくいかないものである。
 夕べは、カジキの西京焼き、ゴーヤチャンプルー、トマトとレタス、昆布佃煮、お豆腐とわかめの味噌汁とご飯軽く一杯。あ、昨日残したメンチカツも食べた。涼しかったのでビールは飲まなかった。
 次の通院は12日の木曜日、12時に予約した。今朝、体重は1キロ増えていた。


 今日は、午前中、「郷土史研究会」の役員会があり、会報「いせばら」のゲラ刷りの校正、チェックが行われた。また別室で総会用の会計報告の監査が行われた。
 途中から用事で帰る人が多く、私も昼から夫が車を使うので、早めに終了となった。
[PR]
by ttfuji | 2010-08-10 15:50 | 医療・健康 | Comments(4)

暑さ一段落・今度は歯痛

 土曜、日曜とまた歯が痛み出した。右下一番奥の歯茎が腫れているのか、痛い。
 ものが思うように噛めないし、食欲も起きない。食べなければ夏負けしそうだし動けなくなると思い、柔らかいものを余り噛まずに呑み込むしかない。

 半年に一度、歯石や歯の検査に来るようにと言われているので、7月中に行かなければと思いつつ、暑さもあって、放っておいた。

 夕べから大雨が降り、涼しくなった。今朝、歯科医院に電話すると、夕方の5時でも良いかと聞かれ、お願いした。

 一昨日は、眠剤を服み4時間ほど眠れたが、昨夜は痛みが強く2日続けて服用するには抵抗があり迷った末、以前頂いた鎮痛剤があったので、3時過ぎに服んだ。
 30分ほどすると痛みは次第にとれ、眠れるかと期待したが、頭は冴えるばかり。どう努力しても眠れない。仕方なく、昼間から読み続けている、かなり厚い「屈折率」という佐々木譲氏の本を読み終えてしまった。全くの徹夜である。

 薬の効果は半日近く続くらしく、昨日ほどの痛みはない。高校野球を見ていると、ふと眠気に襲われるが、ソファーに横になると途端に頭の芯が覚めてくるので昼寝は出来ない。早めに夕食の準備をし、5時に歯科に行く。
[PR]
by ttfuji | 2010-08-09 15:28 | 医療・健康 | Comments(4)