私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

<   2011年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 梅雨入りし、台風も去ったが五月晴れとはならなかった。しかし、薄日は差したし晴れ間も覗いた。
 午前中、Yさんより、柔らかい青シソが摘めるけど、いかが、と電話を頂いたので、欲しいといってすぐに頂いてきた。ついでに明日葉の葉も頂く。このままにしておくと虫がつくとのこと。毎年、沢山頂き、シソ味噌や薬味にする。
 先日、ミニ同窓会をしたときも、昨年冷凍して置いた分を、少しずつだが持っていったら大変喜ばれた。冷凍してもシソの香りはきちんと残っているし味も変わらない。
 これからどんどん育って根元から抜くことになったら頂きたいと予約した。
 少しして、別なことで電話すると、サボテン沢山増えちゃったけど、要らない?、と聞かれた。出窓に花が乏しいのですぐに伺った。何種類かのサボテン、ゼラニュームも花が終わったところなので、挿し木に欲しいと所望した。赤と白。ずっとわが家にもあったのだが、いつの間にか絶えた。玄関のポトスも伸びた枝を切って花瓶に挿しておいたら根がだいぶ伸びていた。これも吊り鉢に植え替えた。午前中は、ベランダ園芸に精を出し久しぶりに楽しんだ。

 Yさんにあしたばの葉を頂いたとき、今晩天ぷらにする?と聞かれ、そうね、と答えた。それがヒントになって、そうだ、久しぶりに天ぷらにしよう、と決めた。あしたばの葉は天ぷらがおいしいし、お味噌汁の具にするのも好きだ。冷凍海老の残りもある。カボチャ、サツマイモ、インゲン、葱と桜エビのかき揚げも、と材料を用意したら、大変な量になった。それぞれ4枚ずつ揚げた。半分は、明日のおそば用に取っておく。
 減量しなければと思いつつ、たまに天ぷらぐらい食べたいと思う。この頃は孫も来なくなった。
 
 5月中に読んだ本の読書録を書こうと思ったがまとめられない。6月に入ってから書ける範囲で書くつもりです。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by ttfuji | 2011-05-31 18:36 | 食・献立・料理 | Comments(2)
 マイミクシーのふたみさんのサイトから、孫正義氏の脱原発、自然エネルギー転換の記者会見(講演)の動画を見せて頂いた。そして、氏が、いかに真剣に己の命をかけて、この問題に取り組もうと覚悟しているかが伝わってきた。

 IT企業の大成功者という側面からしか見ていなかったが、大震災に100億円を寄付し、その後の個人の収入も義援金に回すと聞き、単なる大金持ちの売名行為とは違ったものを感じた。
 
 孫氏は、原発について、深く考えたこともなく、反対とも賛成とも意見を持っていなかったそうだ。しかし、そのことを多いに反省し恥じているという。
 そして、この問題について、一生懸命勉強したという。もう原発に頼るべきではない、という結論に達したという。
 代替えエネルギーについては、火力、水力、太陽熱、風力、天然ガス、地熱、など活用すれば、充分まかなえる。今まで、原子力発電が最もクリーンで単価が安いと言われてきたが、今回のような事故や、廃棄物処理、建設費用など計算すれば、かなり高いものにつく。
 問題は、個人が太陽光発電した場合、設備費の高いことと発電した電気をすべて電力会社が買い取る仕組みにすること、買い取り原価も今より高くしなければ駄目であるという。
 一度聞いただけなので正確ではないかもしれないが、数字の計算などかなり説得力があり理解できた。化石燃料は原油が高くなる一方だし、CO2、地球温暖化問題も起きる。
 詳しいことは、是非、講演を聴いて欲しい。孫氏の、正義と熱意が伝わってくる。時々、胸を詰まらせる場面もあった。


http://www.ustream.tv/recorded/14195781


 政府や東電は、耳を傾けて欲しい。孫さんは大きな壁が立ちはだかっていると思うがやるしかない、と言っていられた。具体的な方法論なども述べていられる。

 新聞の日曜歌壇に載った短歌を紹介する。 (馬場あき子選)
 
  金持ちの偽善と言いし人かなし有難う孫さん遼君イチロー選手
                     陸前高田市 古手川 唯
[PR]
by ttfuji | 2011-05-30 18:17 | 時事・社会・地域・自治会 | Comments(8)
 2・3日前から梅雨と台風が近づいているというニュースはあった。梅雨入りは、例年よりかなり早いようだ。更なる災害がもたらされないように祈る。

 昼頃より、雨が強くなるとの予報なので、午前中早めに買い物を済ませた。重い荷物なので車で行く。

 昨日、郷土史バス旅行の見学記を書いた。先日ブログに書いたものを、ワードにコピー。カットしたり資料を元に詳細を追加したり膨らませたりした。下書きが出来ていたから楽だった。しかし、これを、B5、縦2段取りに編集し、フォントや字体など換えて体裁を整えた。会長にメール添付で送る前に、コピーしてみた。が、うまくいかない。

 私のプリンターは、ハガキや写真以外は下のカセットに用紙を入れることになっているが、B5の用紙を入れると、後ろに用紙を入れるように指示される。ページ設定でB5縦と指定しているのに用紙が違っていますと警告される。確か、去年もこのプリンターで出来たように思うのに。仕方なく、そのまま、メール添付で送る。
 新しい機械を買うと、マニュアルを読みながらどうにかマスターする。しかし、暫く使わずにいると、また分からなくなる。完全に覚えられるまでは、繰り返し使用または練習することが大事だと感じる。忘れることと覚えることが競争している。これから、プリンターのマニュアル読み返すことにする。
[PR]
by ttfuji | 2011-05-28 13:55 | パソコン・スマホ | Comments(2)
 月曜日、午前中太極拳の後、午後2時にクリニックへ採血採尿に行く。

 火曜日、午前10時半、歯科医院へ。歯周病予防は、今日で一区切りつく。奥歯への歯間ブラシの扱いなどやりにくいが、歯を保たせるためには、是非やるようにと指導される。3ヵ月に1度、チェックに行くことになる。奥歯が駄目になると、それに繋がる3本の歯が駄目になるといわれ、歯間ブラシあてとマッサージを毎日実行しているが時々忘れる。

 水曜日、スイミングを15分、早退し、クリニックへ。月曜日の結果を聞きに行くのと薬を処方される。前回の時、血糖値が高いといわれ、やはり薬をのんだ方がいいかも知れないと言われた。今でも幾つか薬をのんでいるし、これ以上、増やしたくないので、糖分摂取や運動など、頑張って管理します、と先生に伝えたのに、今日の検査表結果を見て、下がってないですね、と言われた。糖尿病の初期段階に入っているとも言われる。
 どうも、食事管理が出来てないかも知れない。甘いものが好きで、つい食べてしまう。腹八分も難しい。運動もしているようで、むらがあり規則的ではない。
 観念して、薬頂きます、といってから、他の薬との副作用はないでしょうか、と聞くと、薬はすべて何らかのマイナス作用はあるという。
 薬、高いですか、と聞くと、いろいろあるという。老人医療費も大変問題になっているし、できれば薬を減らしたい位です。
 ブドウ糖をのんで負荷をかける検査もあるが、どうします、と聞かれ、日程が合わず見送った。担当の先生は、水曜日しかいらっしゃらないし、水曜日はスイミング教室がある。
 以前も血糖値が高いと言われたことがあったが、ヘモグロビンの数値がいいので問題ないでしょうといわれた。今回は、血糖値198,基準値(70~109)ヘモグロビンAIC/LA5,4(基準値4,3~5,8)という数値である。この両者の関係についてざっと説明されたが理解できていない。取り敢えず、もう一回だけ本気で管理するよう命じられた。先生もあなたは管理できる人だから、と言って下さった。おだてられたのかも知れないが。
 買い物に行くと、つい菓子類を買ってしまう。高齢者の楽しみでもある。次回検査まで2ヶ月間、なるべく減らすようにしよう。あまり我慢するのもストレスになるというのは自分へのあまさであろう。数値が下がったら、勿論それを続けなければならないのも当然だが。
 生きているうちは、元気でいたい、入院したくない、と願ってもこればかりは、どうにもならない。しかし、糖尿病予備軍としたらしっかり努力はしなければ駄目だと思う。
[PR]
by ttfuji | 2011-05-26 22:21 | 医療・健康 | Comments(10)

この頃思うこと

 時々、人生の終末期に入ったと実感する。何もかも面倒くさく、やる気が起きないのだ。まだまだ、平均寿命まで10年以上あるが、そんなに生きなくてもいいと思う。気分にむらがあり、いつも元気で羨ましいとかいわれているのに、落ち込むとどうにもなれない。
 なにか行事や集まりがあると、その時は楽しめる。だから極力楽しいことを探すようにしている。老人性鬱?かとも思う。すべてが虚しい。
 読書も捗らない。しかし本がなければ退屈で生きていけないとさえ思う。読んでいるときは内容に惹かれながら、夢中になっている。だが数日経つと、本のあらすじが思い出せないことがある。これでは読書録も書けない。
 いつも一緒に図書館へ行くTさんは、間もなく90歳というのに、良く読書し、それでも同じ本を2度借り、途中まで読んで以前に読んだことを気がつくという。年齢差は15近いわけだから私が同じでは困るのだが、自信がない。
 Tさんは博識だし、先日の郷土史バス旅行の際も、日露戦争や当時活躍した人物のことや、国内外事情に詳しく、小学唱歌なども、口ずさみ、周りにいた人達に生き字引のようだといわれていた。多くの人達がその時代に詳しい人達であったが。

 取り敢えず、今は、プロ野球のセパ交流戦を見ている。パシフィックの方を応援しているし強いので喜んでいる。

 毎日のニュースで、最も気になるのが、原発のことだ。打つ手のことごとくが、うまくいかないようだ。最悪の情報も飛び込む。
 国会を見れば、原発事故当初の対処について言った言わないのせめぎ合い。今そんなことを言っている場合かと怒りを感じる。収束してから、責任追及すればいい。

 考えても仕方のないことを考えるより、いっそもう少し若ければボランティアに行きたいところだが邪魔になるだけだろう。
 60歳以上の人、原発の作業に応募しよう、と呼びかけた72歳の男性がいたと新聞に載っていた。160余人が応募したというが、東電や政府はお願いします、と言えないだろう。
 せめて、私に出来ることは、風評被害の農産物を買う位しか出来ないが、手に入れる手段がない。
 今日も愚痴の日記になる。
[PR]
by ttfuji | 2011-05-24 15:46 | 家族・身内・私 | Comments(10)
 19日の郷土史バス旅行は、初夏の日差しの中、見所多い見学旅行でした。
 この見学記は、分担で会報「いせばら」に書くように、指示されてますので、ブログでは、簡単に行程だけを記します。

 公民館前8時半出発、参加者22名でマイクロバス。車内で役員が、参加費徴収やお茶配りをする。
 会長や副会長、役員による見学先の説明や行程説明、三笠に関するクイズなどが出された。
 東名より横浜・横須賀線で横須賀港へ。
 10時、記念艦「三笠」見学。復元50周年記念との看板がでている。
 ビデオガイド約10分。三笠が活躍した日露戦争について、世界の情勢など分かりやすくまとめられている。「坂の上の雲」とダブる。NHKエンタープライズ制作。そのあと、艦内見学。
 11時10分、バス出発。縦貫道を通って三浦半島へ。
 食事場所にバスを置き、城ヶ島公園へ。確か、昔来たことがあるが、その時の記憶と違う印象。岩盤一体が公園なのか。建物の間から灯台が見えるが、そちらを含めて公園なのか。周辺を歩かなかったので分からない。
 食事処の土産店に戻り、海産物、マグロ味噌(おツナみそ)はこの店のみの名物とか。試食。美味。ご飯がすすむ、焼き茄子にも合いそう、お豆腐やキュウリなども、と店員さんと客の情報交換も。瓶詰め2個購入。マグロの切り落としなど、保冷剤入りで包んでもらう。
 1時、昼食。お刺身定食だった。ビールも2人で1本。足りない人は自前といわれ、注文した人もいた。
 食事が終わって次の見学場所迄30分。新井城址、三浦導寸の墓見学。三浦導寸は三浦一族の子孫で、伊勢原の岡崎城とも関係がある。ともに、北条早雲に滅ばされた。
 再びバスで、約30分後、今回の見学の最大の目的である浄楽寺へ。
 浄楽寺は、鎌倉幕府の一族、和田義盛が建立した阿弥陀堂が後に光明寺の寂恵がこの寺に入り中興したと、資料にある。最初に出迎えてくれた、観光ボランティアの方に、この寺に祀られている、前島密翁の墓に案内された。予定外のことであったが、案内に従った。前島密は日本の郵便事業の基礎を確立した人で「郵便の父」といわれた。前島密にまつわるエピソードなどいろいろ説明があった。時間を気にする向きもいられたが折角の解説、余録と思うことにした。
 いよいよ本堂へ。運慶作の、木造阿弥陀如来像と両脇侍蔵。5体。本尊の向かって右に不動明王立像と観音菩薩立像。左に勢至菩薩立像と毘沙門天立像が置かれ拝観できた。どれも力強く立派な像である。予約していても、雨だと拝観できないとのこと。ラッキーであった。
 こちらは別のガイドさん(寺の人?)が説明して下さる。どちらも女性。
 運慶の家系は元は奈良の仏師が家業であった。父も優秀な仏師で運慶兄弟や弟子達を育てた。源平の闘いで鎌倉に幕府が移ったため、鎌倉に移り、周辺の寺で多くの仏像を彫った。この話は先日、テレビでも聞いた。
 浄楽寺のあと、近くの十二所神社にお詣りする。150段の石段にちょっと躊躇したが、運動のため登った。
 頼朝の妻政子の安産祈願、家康の朱印、合図藩主、松平容衆(カタムラ)などのまつりに使われたと案内板にある由緒ある神社である。
 帰りは、葉山ご用邸の前の道から湘南道路で帰る。緑濃く、窓外の景色も楽しみ。
 江ノ島の海はサーフィンとは違う、凧を操ってのボードで浮き上がるように疾走する若者の遊びかスポーツ?か分からないものを初めて見た。湘南ボーイを久しぶりにみた。 渋滞もなく予定通りの時間に帰れた。駅前で、半数以上の人が下車。
 車を公民館に置いたため、最後の下車となる。

 楽しい一日でした。

 写真
上から 記念艦三笠・城ヶ島公園・お刺身定食・新井城址・十二所神社の百五十段の石段、十二所神社 
a0055866_12511064.jpga0055866_1252548.jpg

    









a0055866_13151390.jpga0055866_13154590.jpg
     


    







a0055866_13163612.jpga0055866_13172627.jpg










a0055866_2214472.jpg

a0055866_22143740.jpg

[PR]
by ttfuji | 2011-05-21 23:07 | 郷土史・講演会・学習 | Comments(2)

今週の日記と予定 

 5月16日(月) 
 午前中、太極拳。旅から帰った夫は、あまり食欲がないようなので、夜、日本そばを茹でたら、よく召し上がった。といっても、並べたものの幾つかやフレンチトースト、牛乳、ブリの照り焼き、野菜サラダなど、いつの間にか食べてはいたが。
 5月17日(火) 
 10時半、予約の眼科検診に行く。今までの担当医N先生が、火曜日に来られなくなって、Y先生に代わった。ベテランで、少しコワイと評判のある先生。私の白内障の手術はベテランのY先生だから、困ると言うことはない。
 帰りにスーパーに寄り買い物。家族が倍になったので、食材も買い整える。リュックと両手にいっぱいだった。
 夫は、寒川の体育館に行き、体育館の隣にある農産物売り場でいろいろ買ってきた。
眼科に出かける前に、今日、寒川に行来ますかと聞くと、行くというので、野菜の買い物を何品か頼み、あと適当にと言ったため、14品も買ってきた。半分以上は冷蔵庫の野菜室に入らないが私の頼み方が悪かったのだから仕方がない。
 午後から一時雷雨になるが、夜には止んだ。
 5月18日(水) 
 晴。朝、スイミング。初心者コースに2名が加入し振り替えの人もあって5名となった。
 1コースのみの使用で、ちょっと狭い感じ。でも2人の時より活気があっていい。良い運動になった。
 きのう、2月に結婚した姪夫婦、その母親連名で荷物が届いたが、2人とも留守だったので、午後、郵便局まで受け取りに行った。結婚式の写真と、新茶が送られてきた。
 結婚式の写真は、兄姉親戚、甥、姪など出席した分だけあるが、一度見ると戸棚や引き出しにしまい込み、あまり出してみることはしない。でも、たまには見るのも良いものだと感じた。
 明日、19日(木)は、郷土史研究会のバス旅行がある。中央公民館前8時半出発で、役員はその前に行かなければならない。車の使用の許可が出たので、Tさんを誘い、車で公民館まで行き、駐車場を使わせて頂く。
 三浦半島を何カ所か周り、名物のマグロ丼も食べてくる。
 記念艦三笠や城ヶ島公園、新井城址、三浦導寸の墓、浄楽寺などめぐる。浄楽寺では運慶の仏像が見られる。
 明後日、20日(金)は、妹の通院付き添い、私の都合で2ヵ月ぶりなので、Jさんも妹も待っていてくれる。
 土曜日、21日は、図書館行き。本当は19日が返却日だが、バス旅行のため、変更にした。
[PR]
by ttfuji | 2011-05-18 16:20 | 生活雑記 | Comments(2)

留守中に・孫と夕食

 夫が一週間の旅から戻った。いろいろあったから、気晴らし旅行だったと思う。
 このところ、どちらも旅行が少なかったから、お互い、いい気晴らしが出来た。
 西の方、と言って出たが、翌日、奈良にいると電話があった。元気になりましたか、と聞くと、まだちょっと時間がかかる、と言うので、元気になったら帰ってきて下さいと伝えた。その後の電話では、もう少しこちらにいたい、と言うので帰る前日電話して下さい、(留守に出来ないから)といったのに電話がなく、何かあったのかと心配になったり怒ったりしていた。帰ってきたとき「ご心配かけました」といわれ、何も言うまいと思っていたのに、本当に心配しましたよ、と言った。「京都の葵祭見てきたかったんだけど」と言うので、電話さえしてくれればいいのです、今度はケイタイ持って下さい、と言った。

 急に思い立っての旅だったから、前日も食品は買い込んでいた。一人になると、作って食べる気がしない。保存食がいっぱいあり、チルドに入っている肉や魚も調理しなければならない。
 孫に、夕食食べに来ない?、と電話すると、友だちと約束があるから来られないという。
 しかし、午後になって、「夕飯食べに行っていいすか」、とメールが入った。私も「いいすよ、来られる時間教えて」と返信した。
 この日のメニューは、豚肉の生姜焼き、焼茄子とキャベツ付け合わせ、カブと人参、玉ねぎ、カブの葉のクリーム煮、ゴボウと牛肉の煮物(佃煮風)、野菜サラダ、味噌汁。デザートはマンゴ。余った焼き肉、クリーム煮、佃煮は所望されたので、持たせた。
 やはり、誰かのために作る、というのはやり甲斐があるものだ。
 あまり、注文をつけられるのも困るし嫌だが。
[PR]
by ttfuji | 2011-05-16 19:32 | 家族・身内・私 | Comments(10)

気鬱なこと。

 わが家の悩みは深刻だ。夫とは常に意見の行き違いがある。私が夫の言うことに、従わず反論するのが、我慢ならないらしい。オレの言うことを素直に聞いたことがない、というのがいつもの口論の始まりとなる。いつも反対しているわけではない。同意していることの方が多いのに。

 この度の大震災で、東京電力の株が大暴落した。アンタ、株持っているだろう。あれ、売った方が良いよ。紙切れになるって言ってるよ。私が昔、勤めているとき、同僚の真似してひと株買ってみた。その後、何株か買い足し、わずかばかりの配当金に喜んだ。 投資信託がバブル崩壊で暴落したとき、証券会社の勧めで、電力株に買い換えた。トータル10株余になった。私名義の私有財産である。東電が潰れる時は日本が潰れるとき、と思って資産株として売り買いはしないと決めていた。
 それを夫が、紙切れになる、国有化するかも知れないといい、今なら少しでも金になるという。私は売りません、と言った。
 まるっきり0になるかも知れないんだよ、と言っても、それでもいいんです。と頑張った。別に東京電力に味方しているわけではないが、日本中が何10兆という損失を出しているとき、慌てて売るという行為は出来ない。それに、すでに10分の1以下になっているのだから、売るのも馬鹿らしい。形見に持っているのもいいじゃないですか。
 夫はパソコンで、情報をプリントしてきて、読んでみろ、と言った。状況は知ってます。証券会社から電話があって、どうしますか、と聞かれたけれど、そのままにします、と答えた、と言うと、呆れたような顔をした。
 かわいそうに、と蔑んだようにい言う。折角親切に教えてやっているのに、素直に聞けない可哀想なヤツ、という意味だ。私は、いちいち干渉しないで下さい、と言ってまたもおかしな空気になった。
[PR]
by ttfuji | 2011-05-16 16:44 | 非公開ブログ | Comments(0)

お茶の招待・体操の会

 昨日、Yさんから、コーヒーのお呼ばれを受けた。私も面識のあるWさんとHさんも見えるという。お二人ともYさんの教員時代の友人。Wさんとはウオーキングで何度かご一緒し、Hさんは九条の会で、ご主人が会長という関係でよくお会いしている。その前に、Yさんの案内でお宅も訪問し、おもてなしを受けている。
 Wさんが、今度白内障の手術をするので、経験者の私の話を聞きたいと、言われた由。私は、5年前の3月、手術しており、かなり詳しい「入院日記」をブログに載せており、それをコピーして持参した。それを読んで、Wさんからいろいろ聞かれ話した。

 3人が揃うと、Yさんのご主人が、コーヒーを入れて下さる。いつもご主人が、心の籠もったコーヒーを入れて下さる。母の日にお嬢さんから贈られたというフルーツケーキはYさんが運んで下さる。園芸の話や参加しているサークルの話、家族の話など、いろいろおしゃべりをし、新茶も頂いて、1時間半ほどでそれぞれご主人に感謝を伝えお暇する。

 今日は、体操の日。一昨日は暑く、きのうは寒く、今日は蒸し暑く、連日10度以上の気温の高低差に体調がついていけないと皆さん仰って居られた。
 いつも一緒に行く、家の近い3人も、初め、歩いていくつもりでいたが、昼が近づくに従って、汗が出るほど暑くなったので車で行くことにした。わが家の車が空いていたので、私の運転で会場まで行った。みな、暑い暑いといい、途中の休憩時間にアイスクリームが配られた。
 近くのコンビニから買ったものだ。
 先生も喜んで下さった。他の教室ではアイスクリームなど出ないといわれ、元気のいいSさんに、先生から食べたいと言ったらいいですよ、と言われ、そうか、私が言えばいいのか、と納得していられた。先生よりみな年長だから言いたい放題を言っている。
 帰りは、とうきゅうで買い物して帰る。
[PR]
by ttfuji | 2011-05-13 21:08 | 友・師・人 | Comments(0)