私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

<   2011年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

大晦日

 あと4時間で今年も終わる。今日の仕事はすべて完了したことにして、いつもの時間に、夕食の整えも終わる。
 いつもなら、私は、料理をしながら年越し用の、配膳をし、娘や孫の来るのを待って、天ぷらを揚げ、おそばを茹でる。夫はその前に晩酌しながらおせちの幾つかを食べる。
 今年は大晦日には来ない。気が抜けたような楽なような・・。
 日中に準備はほぼ終わった。3時にお汁粉を2人で頂く。夫もお餅2つ入りを食べ、お腹が空かないという。
 午後、Tに電話。「友だち来るんだって?食事、家でするんでしょ?」、「そうだよ」、「じゃ、煮物、幾つか届けようか」と聞くと、「いいよ、鍋にするから、他にもあるし大丈夫だから」、とやんわり断られた。大きなお世話だったようだ。
 コンニャクの味噌田楽が好きなので、下ごしらえの時、おでん用のを大きめに切り、一緒に煮たが、薄味の段階で分けておいた。コンニャクの味噌おでんもあるのだけれど、というが、大丈夫、の一点張り。
 
 歳のせいか、長時間立っていると疲れる。午前と午後の間に長休憩する。

 夫は、蛍光管を買ってきて、私の部屋と台所のとを替え、今日の作業終了、と宣言する。余り徹底的にやられると、鬱陶しいので歓迎である。
 昨日娘が届けてくれた到来物のおそばを6時頃には茹でる。遅くまで待たないで、食べることにした。夫も、お腹が空かないと言っていたが、おそばを見て、おそばだけ食べちゃおうか、と言って食べ始めた。エビ天は作らなかった、というと、結構(要らない)と。煮物や魚はあとで食べるからそのままでいいという。
 私は、お風呂のあと、おそばを食べることにした。
 
 紅白も見ず、最後のブログを書く。

 皆さまよいお年を!<(_ _)>
[PR]
by ttfuji | 2011-12-31 20:50 | 家族・身内・私 | Comments(0)

日記 書き落としたこと

 12月28日(水)
 友人i (i&i)さんのブログを覗く。27日の日記に、金柑の甘露煮を作ったこと、スーパーでkさん(aaa)にお会いしたことが書かれている。Kさんは、共通の友人、体調を崩したため、太極拳もやめられた人だ。ずっと休会のあと、退会された。
 会場まで来るのがやっと、練習はとても無理、と仰っていた。

 そのKさんが、ご主人同行とはいえスーパーで買い物、しかもお元気そうだった、と記しているので、ああよかったと思った。金柑の甘露煮をaaaさんにお届けしたい、と書いてあるので、よろしくお伝え下さいとコメントした。
 
 その日、i&iさんから電話があって、私にも金柑を届けて下さるという。去年、沢山頂いたのが、冷凍して残っていると、ご好意を辞退した。とてもおいしく頂いていたが、血糖値が高くなり、糖分を制限されたので冷凍してある、冷凍しても凍らずいつでも食べられるのでたまに頂いている、と伝えた。
 I さんがKさんにお届けしたとき、くれぐれもよろしくとお伝え下さいと伝言をお願いした。
 夕方、Kさんから電話頂いた。お元気になられてよかったというと、連れてってもらいカートを押すぐらいはできるようになったとのこと。歩かないとますます足が衰えるので歩こうと思うのだけど、とても疲れるて、少ししか歩けないの、といわれる。
 Yさんと伺いたいといつも話しているというと、来て下さるのは大歓迎と言われる。

 一緒に伺ってからもうどの位経つだろう。このときは、腰骨骨折で何ヵ月も入院だったが復帰した。今は肺の病気。 
 年を越したら電話の上伺うと伝えた。

 I さんからKさんから電話ありましたか、Kさん電話するっていってましたから、というコメントを頂いたが、私はいつも対応が不十分と気付く。電話を頂いたことを、伝えてなかった。I さんごめんなさい。
[PR]
by ttfuji | 2011-12-31 13:18 | 友・師・人 | Comments(0)

喪中の年末年始は

 いよいよ明日は大晦日。例年なら今頃はおせち作りに大忙しなのだが、喪中のせいか気が乗らない。娘が先日来たとき、喪中なので、料理も簡単にするつもり、と話したら、それでいいんじゃない、私も大晦日、友だちのところでパーティがあるので、そっちに出られるし、Tも友だちが来るって言ってたから、とむしろ来られない理由をこちらのせいにできてほっとしている様子。
 寒いときに、夜や朝、時間通りに来ないと言って、イライラされても困るということだろう。もう何年も前から、若い者と生活のテンポが合わなくなっている。

 それなら、と簡単に済ませられるかというと、いざとなるとやはり食品の購入や種類はいつもの年末と余り変わらない。

 妹のところは2人の息子が、家族連れでお正月には入れ替わり見えるそうで、嬉しい反面、それなりに気が重いとも言っていた。身体が万全でないのだから、分かってくれるわよ、料理や片づけは手伝ってもらえばいいじゃない、と言っておいたが。

 娘は元日の昼に、孫は夜に来ると言うが、全員揃っての新年にはならない。夫は寂しがり、機嫌が悪くならなければいいのだが。

 毎年、個人商店でつきたてのお餅を予約しており、届くのが30日というので買い物のついでに引き取りに行った。予約の時、30日か31日に受け取りに来ると言ったら、翌日だと固くなって切りにくいから、30日に、と言われたが、夕食後、袋のまま、切ろうとしたら、まだ柔らかく切りにくいので、明朝切ることにした。
 お掃除は夫と分担でどうにか済んだ。
 おせちも、年越しそばの天ぷらも明日用意する。考えてみれば、おせちも作って置いた方が、主婦にとってあとの手抜きができ都合がいいのだ。
[PR]
by ttfuji | 2011-12-30 23:32 | 家族・身内・私 | Comments(4)

振り込め詐欺の電話

 今日の午前11時頃、電話が鳴った。
 「ハイもしもし」と応答。こちらから名前は名乗らない。
 「おばあちゃん?」。咄嗟に怪しい電話と気付く。声が違うし呼びかけ方も違う。
 「そうだけどあなた誰?」と聞く。「toshikoおばあちゃんだよね」「そうだけど・・」「今日伊勢原に行くんだけど」。孫は市内に住んでいる。「あなた、誰なのよ、名前は?。ちゃんと言いなさい!」ときつい声で聞いた。途端に、ガチャン、と切れた。

 夫が、遅い朝食というか早めの昼食を食べていた。「なに?」と聞くので、「振り込め詐欺の電話だと思う」と言い、問答を話した。夫は、もっと色々話させて、その間に警察に電話して、逆探知してもらえばよかったのに、と言ったが、そんなことは咄嗟に浮かばないし、相手も警戒して電話を切るだろう。
 でも、もう少し、信じた振りをして内容を聞き出せばよかったかな、とも思った。
 
 それにしても私の名前まで調べて、どこから情報が漏れたのだろう、と嫌な気がした。

 夫が、体操に出かけたあと、電話が鳴った。子機で取った。女性の声で、警察を名のった。
 ただ今、当市でも振り込め詐欺の電話が非常に多くなっています。そのような電話がありましたら、必ず警察に届けて頂きたいのです、と丁寧な電話だった。

 私は、ついさっきあった電話のことを話した。何時頃ですか、相手は、何歳くらいだったですか、とか私の住所・氏名・年齢なども聞かれ、申しわけありませんが、110番に電話して、今仰ったこと話して頂けませんか、という。
 承諾し、110番に電話。そこで、今までの話を繰り返したのだが、電話機の着信電話に、番号は記録されていないかとか、正確の時刻は分からないかとか、さらに、孫の年齢や出身学校、中学。高校、大学何年まで聞かれた。情報の漏洩源を調べるらしい。  
 そこまで話すと心配だ、と言うと、我々も被害をなくすべく一生懸命やっているので、どうぞ協力をお願いします、と言われた。そうですね、ご苦労様です、と電話を置いた。
 110番に出られた警察官はNさんと名乗った。

 さらに、20分後にまた電話。今度は刑事部のYさんと言った。度々で申しわけありませんが、もう一度確認させて下さい、と言う。今度も大体同じ内容で、娘の名前や出身校まで聞かれた。そんなこと言ったら怒られちゃいますよ、というと記録する必要がありますので。決して娘さんには電話するようなことはありません、という。一応話した。

 4度目の電話は、再びNさんから、書類を書いていて、もう一度確認させて頂けませんか。もう、うんざりだったが、何でしょうと答えた。上部に出す書類は不備があってはならないらしい。今度は、わが家の電話は公開しているか、と聞くので、電話帳には載っていると思います。非公開にしてほしい、と断ったことないですから、と答えた。夫の年齢や名前、読み方も聞かれた。娘の住所は断った。
 個人情報もなにもあったものではない。

 同じ住宅地内のOさんに電話した。警察から注意を呼びかける電話は、孫のいる高齢者に隈無く電話しているのだろうか、とか。
 お宅、そういう電話が多いわね。以前にもリサイクルショップの電話があったじゃない。そういえば節電の話に乗って業者が来そうになったりした、と思い出した。

 
[PR]
by ttfuji | 2011-12-27 14:58 | 時事・社会・地域・自治会 | Comments(8)
 12月23日(金) 
天皇誕生日。宮中参賀で回復された天皇のお姿を見て安堵した。
 私は皇室崇拝者ではないが、今の天皇、皇后、ご家族には親しみを感じ、厳しい意地悪なマスコミの中傷には嫌悪感を感じる。
 今の皇族の人ほど国民に気を使い立場を考えて、言いたいことも耐えていられる姿に不遜ながら同情してしまう。
 雅子妃にしても、一通りでないプレッシャーと週刊誌の同情を装った最もらしい見出しに、傷つき、正常な精神でいられるはずがない。
 日本国民にとって、災害地をみまわれる皇室の人達の力は大きいのだ。

 孫のTが、久しぶりにわが家で夕食をとった。もっとおいで、と言うのだが、なかなか来られないらしい。この日は、バイクを貸してと夕方来て、夕ご飯食べられる、と聞くと、家にご飯があるのでおかずと汁だけ頂いていく、というので、急いで家にある食材で献立を考えた。
 このところ、寒いので鍋やけんちん汁、シチューなどが多いが、今日は豚汁と焼き魚、ほうれん草のおひたしを予定していたのだが、魚は苦手な子なので焼き肉かと思ったが、ミートオムレツと買い置きコロッケ、サラダにした。持ち帰ると言っても気が変わって食べていくこともあるのでタッパーには入れないでおいた。
 丁度用意が終わったところ、思ったより早く帰り、じいちゃんも食べていったらと勧めて、結局食べていくことに。
 オムレツは夫と私が卵一つ、Tは2個で中身も倍、豚汁も大鍋で作り、汁もおかずもおいしいとお代わりした。こんな食欲旺盛な様子を見るのは久しぶりでうれしいものだ。オムレツは私の分を持たせ、豚汁も深いタッパーで持ち帰らせた。私はコロッケ一つとサラダ、豚汁で十分だ。娘は、福島にボランティアで出かけ留守だった。
 
 太極拳の新会長のKさんが、コミュセン予約の順番表を持って見えた。2月の会場とりが私とSさんになっている。1か月前に取らなければならないので、申込用紙の見本と順番表を持って見えたのだった。月3回、10時に行かなければとれないこともあるので責任重大だ。

 12月24日(土) 
 クリスマスイブ、今やわが家は関係ない。以前は、ケーキやそれらしい料理を作ったが、それぞれ別な生活になって、老人2人、平凡な日常である。

 図書館からリクエスト本が用意できたと連絡があった。とりに行くのは2週後でよい。1月5日に行くことになっているのそれまで行かなくてもよくなり助かった。
 
 12月25日(日) 
 カーテンの洗濯をした。居間とダイニングの厚地のカーテン4枚、レースカーテン5枚、3回にわたって洗濯するが、1回、洗いと2回のすすぎで156リッターの水を使い、それを3回、他の洗濯もあり500リッター以上使うことになる。年末だから仕方がないが水の使いすぎを感じる。限られた資源、もっと有効に使う手だてを考えなければと思う。

 12月26日(月) 
 娘の誕生日。いつも外食をしているが、出るのも億劫だし、夜の運転も避けたい。家で、ケーキと手巻きずしでもしようかと、電話したら、娘は来られるが、孫は友人宅に行くことになっており、来られないという。別の日にしようかと相談したが、バイトを含め年内予定が詰まっているらしいという。
 考えてみると、老両親が中年の娘の誕生祝いをするのもおかしい気がする。今年が最後になるかも知れない。これから買い物に出る。
[PR]
by ttfuji | 2011-12-26 10:11 | 家族・身内・私 | Comments(6)
 昨夜のこと、遅いブログを書いてそろそろ深夜読書に入ろうとしたとき、夫からプリントしたもの数枚を渡された。見ると、銀行のネットバンキングについてだった。初心者へ・内容・安全性・バンキングの利便性・申し込みの方法などが説明されている。成る程、簡単なのがわかった。
 明日、パソコンでページを開き詳しく調べてみよう、という気になった。
 M子から昨日の銀行のことで、お礼のメールが入った。私からの返信に、ブログを見て、と伝えた。
 折り返し、ブログを見て、ネットバンキング試したいという電話。ホームページのURLを教えなくても、銀行名で検索し、ネットバンキングの申し込み方法など調べられるから、と言い、分からないときは0120から始まる電話も教え、詳しく説明してくれるそうだから、と伝えた。
 その後、また電話があり、早速調べ、残高確認なども分かったという。一件落着である。ちょっとやりとりにごたついたが、夫に感謝しなければと思う。

 銀行のことでドタバタして、ブログに記録しそびれたが、Yさんが、頂いた薔薇だけど、と見事に満開のバラを届けて下さった。近所の親しいバラを作っている農家の方から、頂いたものだった。お正月用には咲きすぎて出荷できないということだった。
   a0055866_1093147.jpg
a0055866_10101169.jpg
[PR]
by ttfuji | 2011-12-23 15:39 | 家族・身内・私 | Comments(8)
 妹に頼まれた、振り込みをなるべく早い方がいいと思い、夫に話して出かけた。引き出しを頼まれていることは、言わなかったが、隠す必要もないと思い、話した。
 ATMの案内の中から、「振り込み」を選んで押した。「家族・親族から頼まれて」と「本人ですか」の選択に、一瞬考えて「~に頼まれて」を押した。瞬間、大きな文字で「それは振り込み詐欺です!、振り込まないように!」という警告。やはり「本人」にすべきだったと思ったが、不安になって、案内の女性行員に事情を話した。
 私の話を信じてくれ、ATMに立ち会ってくれた。勿論、暗証番号を押すときは横を向いた。
 そのあとは、わが家でも良くやっていることなのでスムースに済ませることができた。
 2,3の買い物をし帰ったら、夫はスイミングに出かけていた。午後から出かけると聞いていたので、帰りが遅れる場合を考えて、歩いて行ってきたのだった。

 1時を廻って昼食をとる。そのまま、台所の掃除に取りかかる。重曹洗剤や家具洗剤などを使って汚れを落とし磨いた。やり始めると勢いがつく。3時間ほどし、今日の作業は終わりと決め、ご飯をタイマーで仕掛け自室に入って休んだ。
 再び夕食の用意のため台所に入る。

 夫が帰ってきて、部屋に入り、夕食の準備が終わる頃、話がある、と下りてきた。
 M子さんの銀行のことだけど、通帳とカード預かっているんだろ、それやっぱり良くないよ、M子さんパソコン使っているよね、パソコンで、取引銀行から、同じ銀行なら振り込んでもらえる方法があるからそうしてもらったらいい、という。面倒そうだし、妹が私に頼みたいのだし、大丈夫よ、盗まれたり落としたりしないから、絶対、というと、そんなことどうして言える、素直に聞こうとしないと怒り出す。
 パソコンでの振り込み、オレもやっているが、ちっとも難しくないから、と言う。
 持っていく現金は、その金額を妹がパソコンで、私の通帳に送金してもらい、私が自分の通帳から払い戻して、持っていけばいい、というのだ。
 カードを預かるなんて、非常識だ、誰にでもきいて見ろ、そういうから、という。

 でも、たまたま、妹がパソコンをやっているからそういうが、体調が万全でないし、いつもやっているわけではない。パソコンの調子が悪かったり、やめてしまったら、頼まれるほかないと思うが、これ以上、言い合っても仕方ないので黙った。
 やり方を教える、簡単だから、というが。

 通帳やカードを預かるのが、そんなに非常識なことだろうか。第一、息子2人は遠方だし、私が引き受けるのを嫌がっているわけではない。

 ああ、夫に話すのではなかった・・・
[PR]
by ttfuji | 2011-12-22 23:49 | 家族・身内・私 | Comments(6)

日記 今年もあと10日

 一日一日が何もしないうちに過ぎていく。残すところ10日となった。私の個人的行事は今日で終わり、そろそろわが家の年末の行事に専念しなければならない。

 19日の月曜日が太極拳最後の日だった。いつもより30分早く切り上げて、今年の反省会があった。
 以前は取り寄せの昼食付きで、役員さんも大変だったが、年々簡素化し、茶菓だけで主に、先生のご挨拶と新役員の紹介、会計報告は、出納簿を回し、確認してもらうだけとなった。すべて順番で廻ってくる役員の負担を少しでも軽減するためである。
 それでも、いろいろ感想や意見、取り組む姿勢の意欲が会員から出された。
 私は、10年以上の最古参の会員だが、いまだに上手にできないし、正しく覚えられない。
 太極拳を始めるとき、中国では80才になってもやっている人が多いと聞き、ゆるやかな動きなので、私にもできそうと思い続けてきた。いまだに複雑な動きは覚えられないが、身体に良いことをやっていると信じやっている。よろしくお願いします、と言った。
 年齢からいったら最高の方だが、同年配が3・4人いる。80と言わずもっと頑張りましょうと終了後、少し先輩のSさんや I さんと言い合った。

 昨日20日は、銀行や買い物に出かけ、帰ってきたら、妹から、振り込み依頼のメール。洗濯機やLED電球にすべて替えたため、電気屋さんへの支払いが足りなくなった。振り込みは年内でいいとのことだが、年末になるとますます忙しくなるので、なるべく今週中に行くと伝える。が、金曜日が祭日なので来週になるかも知れない。
 午後から、本箱の整理。今まで随分処分したつもりでいたし、なるべく図書館の本を利用しているが、借りて読んだつもりでいた本が、自分で買ったものだと分かった。
 気に入った本なので、処分しきれないでとっておいたようだ。勘違いするものである。

 今日はスイミング最後の日。思い切り泳いできた。コーチのメニューに従ってだが。
 来年は1月4日から始まる。里帰りした子どもや孫が帰って、一息つぎたいところ、来られるかしら、と言っていた人がいた。
[PR]
by ttfuji | 2011-12-21 14:31 | 太極拳・スイミング・体操 | Comments(4)
 月曜日、太極拳。火曜日、内科行きと買い物。水曜日、スイミングと掃除。木曜日、図書館と銀行行き。
 ここまでは、いつもの週と替わらないから、どうと言うことはない。問題は、銀行の払い戻しの代行。妹は今まで長男が現金引き出しや振り込みを引き受けてくれていた。ところが、9月に大阪転勤で、諸々の代行ができなくなった。いちいち現金書留で送るのも大変である。
 買い物は、2つの生協と大型店でインターネットで注文すると大抵のものは届けてくれる。悩んでいたのは現金支払いの分のお金の払い戻しだ。わが家と同じ銀行だし、郵便局も全国共通におろせるし、やってあげるよ、と請け負った。
 そして、先月カードと通帳を預かってきたものの、人様のものは緊張する。自分のせいかどうか分からないが、郵貯のカードがロックされておろせなくなった。窓口で事情を話すと番号間違いを2度するとロックされて2度と解除されないといわれた。1回間違って数字を押したかも知れない。数字を打ち込んでも黒い点だけなので確認できない。
 ロックされたカードは、本人が行って手続きしなければならないそうだ。Jさんも物忘れが強くとても無理だという。本人の委任状があれば家族でも受け付けられるので、長男が本社出張の折でも頼むことになった。

 仕方なく、銀行の方から引き出し金種別に両替してきた。記帳はどちらもできた。 

 金曜日は妹の通院付き添いと引き出し金を届ける。病院が終わって,T家についたのは1時半頃。買っていったお弁当を3人で食べる。いつもと違うお弁当屋だったが、幕の内風で大好評だった。おいしいのに値段が安く喜ばれた。
 明日は、弟の四十九日忌で連日のお出かけなので、早めに帰ると伝え、3時頃辞去する。色々作り置きはあるしカレーもルーを入れて煮込めばいいようになっているが、夫は夜のカレーは好まない。これは昼食用だ。
 新しく作る気がせず、春巻きやらエビフライやら買って帰る。夫は、私がもっと遅くなると思い、冷凍マグロを室温に出していた。揚げ物より刺身がいいとのこと。あとは自分で食べるから何もしなくていい、といわれた。

 土曜日の今日、都下の小平で法要がある。9時50頃伊勢原駅に着く。改札口前と中側も人がいっぱいで何だろう、と思った。ホームに下りていくと、そこも人が溢れている。さらに、いないはずの電車が止まっていて、ドアが一車両一箇所だけ開いて、すし詰め状態。開いてないドアのところはそれ程ぎゅうぎゅう詰めではない。聞いてみると、本厚木と愛甲石田の間で踏切事故があったとのこと。もう1時間以上動いていないという。
 取り敢えず乗り込む。そして車内通路を謝りながらお願いしながら空いているドアの方に移動していく。何人かの人が同じことを言いながら移動した。ドアを全部開ければ一箇所だけ混むこともないのに。
 放送は絶えず状況を知らせている。電車と乗用車の接触事故と言っているが、もっとひどいのかも知れない。レッカー車により車が撤去されました、送電が開始されました、あと15分ほどで運転再開されます、という。立ったままで1時間ほど、途中から前の人が下りて座れた。駅ごとに人が溢れていたが、下りる人より乗る人が多い。電車は続いてきますから、と放送しているが、私のように聞き分けのないひとも多いらしい。
 電車に乗る前に高崎の妹に、事故で遅れるので伝えてほしい、と電話する。結局、早めに着くつもりで早く出たので、1時間遅れても、式には15分ほど遅れただけで何とか間に合った。
 今回は、身内と兄弟姉妹と親友だけのしめやかな法事だった。精進潔斎のあとは弟を偲び思い出話や関係ないおしゃべりも。今日はえんま様がどちらへ送るか品定めをする日だ、と弟の親友はいっていた。先になくなった弟が兄貴遅かったじゃないか、と待っているかも、とそんな冗談もでた。3回忌までは毎年会える面々だ。葬儀の時は出られなかった、その弟の妻も今回は出てくれた。2月に結婚した娘に赤ちゃんが生まれ忙しかったのである。

 3時半頃、新宿駅に着いた。またもや小田急線ホームがいつもより混雑している。また事故か、と思ったら、朝の事故の影響がこんな時間まで続いているのだった。今朝7時55分に厚木・愛甲石田間で起きた事故のため・・・20分遅れています、ご迷惑をおかけしてます、と駅ごとにお詫びしている、駅員も大変だな、と思った。

 あんなこんなで今週は疲れた終末になった。

 追記
 今朝の新聞のさがみ版に、事故のことが載っていて、踏切事故で車は軽自動車のワゴン、近くの農家の人が野菜を出荷、その帰りだったそうです。幸い車からすぐに逃れたので怪我はなかったようです。電車は最大2時間半遅れたそうです。脱輪でもしたのでしょうか。
[PR]
by ttfuji | 2011-12-17 21:01 | 家族・身内・私 | Comments(11)
 今回は、ちょっと書きにくい話なので、関係ない方はご容赦下さい。

 今日は、私の持病の薬が終わったため内科へ行ってきた。9月から健診をお願いしている医院で、予約制ではない。薬が終わったら通院し、たまに血液検査をしましょう、というスタンスである。血圧だけは測って、体調のことを聞かれる。私の最大の悩み、お通じの薬は、プラゼニドと酸化マグネシュームを10年来服用しているが、時々効かないことがある。そこで、医師に友人から頂いたアロエの薬を服用していると告げた。アロエだけでは効かないのでプラゼニドも併用している、カマは服用してないと告げた。

 親しい友人が、アフリカ旅行、ケープタウンで“アロエ・ビター・クリスタル”という薬をお土産に下さった。これは、便秘、解毒に効くここだけでしか買えない薬で手作り、ここでしかないので旅行者が殺到して我先に買う。特に日本人は、ツアーに参加した、かなり社会的地位の高い人も買っている。(パイロットや搭乗員、弁護士さんなども)。きっと大量生産できないから、一部の人達しか知らないのだろう、ということだった。そんな貴重なもの頂いていいの、と聞けば私のために買ってきたと言ってくださる。
 小さな容器(直径5センチ、高さ5センチ位の円筒形)にALOE BITTER CRYSTALSと商品名があり、英語の小さな文字で説明書きされている。1回一錠、水を沢山飲む、苦いので噛まないように、と友人の手で袋に書き込まれている。
 開けてみてびっくり。粒が揃ってない。固く煮詰めたものを、木槌か何かでたたいて割ったような状態で、大きさもまちまちだ。小豆粒、米粒、ゴマ粒、どれも丸くなく薄いかけらだったり粉々だったり。黒曜石のように割った面は輝いている。まさにクリスタル。
 いくら手作業とはいえ、日本人には考えられない大まかな作業である。私は小豆粒大の見当で、小さいものは数粒まとめてのんだ。
 それ以来、悩まされることはなくなった。試しに、アロエだけにしてみたが、一日お通じはなかった。アロエだけだったらもっと沢山のむ必要があるかも知れない。
 貴重品なので併用とした。友人には感謝していると伝えた。この薬、終わったらどうしよう、と言ったら、それまでに、体質、治すのよ、と言われた。

  私は、前回通院の際、このことを医師に話し、カマはのんでないことを打ち明けた。腹痛や下痢の症状は全くなく、快調だと伝えた。現物を持っていかなかったが、医師も薬剤師もこの薬を知らなかった。

 今日は、薬を持参、プラゼニドだけ処方していただいた。先生は、アロエを使った薬は日本にもありますから、体質に合うようならそれに切り替えてもいい、といわれた。アフリカ旅行に行かなければなりませんね、ともいわれた。
 薬局でも同じ話をしたが、薬剤師さんに、見せて頂いてありがとう、どんなものか分かりました、といわれた。

a0055866_9581380.jpg
a0055866_9585181.jpg

[PR]
by ttfuji | 2011-12-13 16:19 | 医療・健康 | Comments(4)