私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

<   2013年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

検診・孫が夕食に

 2か月間隔の内科検診は、頸動脈エコーの予約もあった。1年前に指先のしびれを訴えたとき、エコーをとり梗塞が2箇所にあると言われた。その後、脳にも梗塞があることが検査でわかった。EPA剤を処方して頂き、服用していた。今日の検査で、梗塞は小さくなっている、と言われた。中性脂肪も下がった。薬の効用ということらしい。
 薬はこれからも続けて服用する。私の身内で心筋梗塞でなくなった人がいるので脳梗塞や心筋梗塞も恐い。
 今回は、数種の薬の残量を数え、2か月分の処方から調整した。
 近い医院だが、予約制ではないので、何時間も待たされる。MRIやエコー検査は8時から受け付ける。8時40分頃の受け付けで何人目なので、約1時間、そのあとの一般診療は、何人目で11時半頃、というように教えてはくれる。私はその間に銀行へ行ったり、買い物したりするので、車で行った。調剤薬局も多少待たされる。

 帰宅すると、12時半。孫のTが6時頃夕食を食べにくる、という電話があったと夫から伝言。食材はいろいろあるので、いつでもどうぞ、という感じだが 珍しいことだというと、平塚の友達と会うらしいという。夕方、早めに、いなりずしやけんちん汁の準備をし、エビチリ炒めやポテトサラダも作る。いなりずしは予定になかったが、丁度、5枚入りの油揚げを買ってきたので、一品添えるつもりだ。当然白飯も用意。準備整い待っていると、電話があり、少し遅れるという。今どこ、と聞くと、家とのこと。平塚ではないの、というと、夕飯食べてから、高校野球部時代の友達と会うのだという。一人が遠方に越すので、送別会にみんなで会おう、と連絡があったらしい。夜だし、雨も降りそうだし、平塚まで車で送れないよ、と断ると、バスで行くという。伊勢原駅までなら迎えの行けるから、とメールし伊勢原着の時間を知らせてきたので、その時間に迎えに行った。

 食事はどれもおいしいと、久しぶりに孫の言葉がうれしかった。駅のバス停まで送った。今日は遅いから、平塚から帰ったらウチに泊まったら、と言ったのだが、場合によってはそうする、と返事があった。時間が分からないらしくまだ連絡がないところをみると、そのまま自宅に帰るのだろう。駅から歩いてこちらへ帰る時間と電車で相武台まで帰るのとそうは変わらない。
 あれこれ余計な世話を焼いて、うるさいだろうな、と思いつつ、一方で孫と付き合うのも大変だと思う。まあ、顔を見せにきてくれただけでも良しとしよう。

 日記を書き終えてパソコンを閉じた。暫くして玄関のチャイムが鳴った。あ、やっぱり帰ってきた。
 バスはあったのかしら、小田急の終電に間に合わなかったのかしら、と思い、玄関を開ける。ここまで、友達のおねえさんが車で、勿論、友達と一緒に乗って送って下さったという。やさしい姉上である。姉弟愛がある。PM11時40分だった。

 孫は、明日、伊勢原市役所へ行って、寄留住所を移す手続きをするという。成人式出席のため、こちらに籍はあったが、そのままになっていた。保険証と印鑑は持ってきたそうだ。

 5月1日の今日スイミングのあと、まだ寝ていた孫を起こし、朝食を食べさせ、市役所まで送った。あとは自分でやるからと駅までの送りは断られた。
[PR]
by ttfuji | 2013-04-30 23:08 | 家族・身内・私 | Comments(0)

ムーブ展とパソコン店へ

 昨日からゴールデンウイークに入ったと言うのに、実感がない。出かけないし誰も来ない。尤も、人の集まるところへ出かけると草臥れる。まあせいぜい本でも読もう。

 今日は午後から、中央公民館へ“ムーブ展”という名の美術展を見に行ってきた。6人の人が数点ずつ出品されている。2人の人とは親しい。皆さん素晴らしい才能の持ち主だ。私に絵を下さった人も入っていられる。
a0055866_22472782.jpga0055866_2247516.jpg








a0055866_22484732.jpg
a0055866_2249162.jpg

 そのあと、パソコンのノジマへ回った。わが家では、駅に近いコジマに行っていたが、パソコンだけはノジマの方がいいと言われている。パソコン楽習会の指導者の先生もそういわれる。
 この頃、動きが遅く、いろいろの不具合が生じても、対処の方法もわからないので、買い換えたいとは思っていた。
 今日、公民館へ行ったついでに、ノジマへ回った。家からよりはるかに近い。今日は、下見とカタログをもらい、相談するのが目的である。ノートよりデスク型がいいと以前いわれたが、今はそんなことはないという。ノート型なら講習会にも持って行けるしノート型と決めていた。
FujitsuとNECのカタログで大体の説明を聞いたが、NECの方が分かりやすいといわれた。設定からデータの移し替えまで17,900円でやってもらえるという。取り敢えず、どんなソフトが組み込まれているかじっくり家で調べることにする。今週中は表示の価額だが、ゴールデンウイークを過ぎると新しいのが出て、価額も多少変わるかもしれないという。
 別に最新のものでなくてもいい、割安の方がいいと言ったのだが。今週中に買い換えるつもりである。
[PR]
by ttfuji | 2013-04-28 22:29 | 美術鑑賞 | Comments(0)

老々老介護

 昨日、妹の通院に、いつものように、妹の夫、そして私が付き添った(付き合った?)。
 85才の妹の夫、75才の闘病の妹。そして77才の私。その中で、一番元気といわれる私だが、最近とみに疲れやすくなっている。労働しているわけではないし、特に動き回るわけでもないのに、昨日は、帰宅と同時に椅子に座り込んだら、立ち上がるのが億劫になった。夫には、夕食に食べるものを一応メモして出たので、もっと遅くなると思ったらしく、夕食を食べる用意をしていた。
 何年か前までは、夜までいて、夕食も一緒にすませてきたが、年々、夜道や寒い季節は辛く、明るい内にお暇するようになった。
 行くたびに、Jさんに、すまんですなあ、ありがとう、と頭を下げられると、頼られていると感じ、私が見放したらどうなるの、と思ってしまう。あと、2年ぐらいはなんとか頑張って付き添ってあげたいと思う。
 昨日は、また筍ご飯を、沢山作り、持参した。他に、お弁当も買っていった。甘辛団子も買っていった。沢山あれば、夜に回せるし、妹も楽ができると思う。筍ご飯は、5度目であるが、出かけるたびに持って行ったり、近くの友人にあげたり、好評である。

 わが家の夫も、お腹に病根(瘤)を抱えているが、元気で体操に行っているし、私がいないときには、パソコンでレシピを打ち出しては、好きなものを作って食べている。
 夕食は、私が、品数も量も多めに作っておく。朝食には、夜の残りもの(と夫は思っている)と焼き魚や納豆、生野菜、味噌汁を食べ、かなり充実している。間にスムージーを作って飲む。本人もしっかり健康管理しているから私も楽な面もある。
 しかし、食べることには注文の多い人である。栄養管理しながらの献立も気を使う。カロリー制限も、本来の嗜好をどこまで我慢できるかの狭間で悩む。血圧降下剤をのみ、高脂血症の薬ものみながら、年をとると食べることしか楽しみがない、だから献立も工夫してくれ、という夫に怒ったこともある。尿酸値がたかい、だからプリン体の多い食品はできるだけ避けるようにしたときには、食べるものがなくなるほどだった。
 献立のことがいつも頭にある。それがストレスでもあるが私自身のためでもある、と思うことにしている。私1人ではおざなりになること間違いない。
[PR]
by ttfuji | 2013-04-27 22:27 | 家族・身内・私 | Comments(2)

庭の花 天気不順なれど

 一日置きに夏と冬が繰り返されたような昨日今日。しかし庭の花は、見事に真っ盛り。
 花は季節を裏切らず、です。
a0055866_15534123.jpg
a0055866_15544850.jpg


 今日は、図書館行き。あすは妹の通院付き合い。今週もお出かけが多いです。
[PR]
by ttfuji | 2013-04-25 15:56 | 自然・花・景色・庭 | Comments(0)

木下サーカスを楽しむ

 子どもの時以来、実演をみたことがないサーカスを横浜で見てきた。招待券は、車を買い換えたため(謝礼として)頂いたもの。
 2枚頂いたので,友人のOさんと行ってきた。期間は5月6日まであるが、土日祭日は混むだろうと、二人とも予定のなかった平日の今日にきめた。
 平日は一日2回の公演。一回目は午前11時からと言うことで、早めに行ったが、すでに、長蛇の列。末尾に並ぶが、すでに一回目分は満席で、午後の分の整理券を配るという。入場券を持っているが、特別席の券を買えば入れるかと聞くが、特別席も満席とのこと。もう一度午後1時20分までに並んで下さいと言われ、どうします?と相談したが、帰ってしまったら、2度とチャンスをなくすと思い、元町か中華街を歩こうということになった。
 会場は、JR「桜木町駅」から3分、地下鉄みなとみらい線、「馬車道駅」から1分である。
 2時間余の時間がある。馬車道駅から2駅目の「元町・中華街駅」で降りる。中華街を歩いているうちに、お腹が空いてきたので昼食にすることに。先に済ませた方が散策できる。店の前に出ていたお勧めランチメニューでおいしそうなのが2種類あり、別々にとることにする。12時前だったが、次々客が入り、店が混んできた。
 ランチの中華料理を少しずつ交換したりどれもおいしかった。これで1050円はお安い。
 歩いていると、次々天津甘栗のサービスがある。焼きたての熱いのを剥いてくれたり、若い男性に話したところ、感じよく、台湾から来たという。買う気になり、二人とも大サービスしてもらった。
 氷川丸の停泊してある港公園を歩き、花の造園の展示を見ながら、歩いて会場に向かおうとしたが、結局、「日本通り駅」から一駅乗ってしまった。元町の散策はできなかった。午後も並び、待たされたが、整理券を持っていたため、入れた。
 ドーム形の中は外観より広く感じる。ステージが真ん中にあり、すり鉢状に客席があるが、圧倒的に特別席が多い。私たちは一般席だ。1000円から2000円のプラス料金を払えば特別席に入れるが、そちらも混んでいるときには買えないようだ。ちなみに一般席の料金は、当日で3000円。無駄にしたらもったいない。
 館内は、薄暗く、舞台や出演者にスポットライトや照明があたるので、演技はよく見えるが、顔などよく見えない。出し物は多かったが、いま書こうとしてもあまり思い出せない。空中ブランコは素晴らしかった。イリュージョンもよかった。動物たちの演技もほほえましかった。シマウマ、象、ライオンなどが出演。猛獣使いが鞭と棒でライオンを見事にてなづけているが、いうことを聞かなかったり、反抗的な態度をとったり、動物のつぶやきが聞こえるようだ。それでも、高い台にめいめいの決められた場所があり、そこに座ったり、2匹の背中の上を飛び越えたり、輪をくぐったりする。最後は観客に向かってお辞儀をする。キリン、シマウマ、象なども、それぞれ演技し、客に挨拶したり後ろ足だけで歩いたり、いろいろやらされる。ちょっとかわいそうな気がした。
 圧巻だったのは、バイクショー、大きな球状の内側を縦横無尽にバイクが走る。時に2台になり、3台になる、一瞬狂えば大事故だ。内輪をグルグル大音響で周り球の外へ出て走る。モトクロスのようだがさらにむずかしい。遠心力を使っての走りだがよく考えたものだと感心する。
 最後に全出演者が並び、観客に感謝のパフォーマンスがあった。
 2時間のサーカスを楽しんだ。
 下の写真は横浜港公園で散歩中に撮したものです。
a0055866_20341880.jpg
a0055866_20352949.jpg

a0055866_20431757.jpg

[PR]
by ttfuji | 2013-04-23 22:38 | 映画・演劇・音楽 | Comments(2)

パソコン楽習会

 中央公民館で10年以上前から開催されている、ボランティアの皆さんによる、パソコン学習会があり、私も、飛び飛びに参加したことがある。
 その、パソコン楽習会、第14回総会開催のハガキを頂いた。総会終了後にデジカメの講習もあると案内されていた。丁度、動画で撮ってしまった写真を静止画としてダウンロードできないか、と思っていたので、そのことも聞いてみようと思い参加した。

 この会は、初歩の人にも多少できる人でも、誰に対しても対応して下さるだけのリーダーの陣容は揃っている。パソコンの扱いで行き詰まったときや、分からないことを、聞きに行くだけでも受け入れて下さる。
 会員として登録されているので、何年間も縁が切れていても、総会のハガキを下さる。会には出席しないが、公民館まつりの折など展示作品など見せて頂いたり、ご挨拶するので、会長さんとは顔見知りである。

 総会後、10余人の指導して下さる先生がそれぞれ得意とする専門分野とともに紹介された。現役時代に経験と知識を充分仕事に生かしていた人達である。

 少し早くいったので、総会の始まる前、動画のことも聞いたが、ダウンロードできるということだった。そのソフトが入っているはずと言われたが、時間がなかったので、メモしなかったしパソコンで確かめたわけでもなく、まだ試してない。
 そろそろ寿命のパソコンの買い換えの相談もしたが、留意点などアドバイスされた。会に出席すればデータの移動なども教えて下さるとのこと。

 午後から体操があるため、デジカメ講習の途中で早退した。私の場合、参加してもっとパソコンについて学びたいが、あれこれ忙しいので、なかなか参加できない。開催日の曜日が決められていないこともある。これは多分会場が予約できないことによると思うが。
[PR]
by ttfuji | 2013-04-19 23:01 | パソコン・スマホ | Comments(0)
 昨日、前橋の京子さんと池袋で落ち合い、朝霞のすみ子さん宅へ伺った。
 温泉かお花見同窓会の予定が、屋内お喋り同窓会になってしまった。寒暖の差が激しく、S子さんの体調が整わず(リュウマチで)、お花見はなしにした。
 こまめに下さるハガキに返事の電話をしたところ、このところ、暖かい日が続き、痛みも軽くなった、という。
 京子さんと相談し、急遽、すみ子さんのお宅にお邪魔することになった。
 16日は3人とも都合がいい。前日、私は筍ご飯とポテトサラダを持っていくと電話した。他に頂き物のお菓子もいろいろある。K子さんは、漬物と煮物を持って行くと言う。一昨日、家族で箱根へ行った帰りに小田原で買った桜まんじゅう持っていくので、何も買わずに行きましょう、ということになった。
 朝霞駅に着いたとき電話すると、家の近くまで出迎えて下さった。実は、JRで人身事故があり電車到着が二人とも遅れた。
 早速、お茶の用意をしながら、歓迎のことば、そしてお喋り全開。
 ハガキや電話、私のブログなどで、情報は知り尽くしているはずなのに、話は止まらない。エンドレスである。黙っていても、心の通じ合った友なのに、まだ話すことがある不思議。
 それぞれ、持参したものを並べ、勝手に戸棚からお皿など出す。筍ご飯もポテトサラダも大好評。K子さんの、ズイキと練り物の煮物は絶品。バラ肉の煮豚もさっぱりしておいしい。長野旅行で買った野沢菜漬けも最高のおいしさ。塩分の少ない切り子(たらこ)も並ぶ。おかずの取り合わせも良かった。S子さんは、何にもしないでこんなに沢山用意して頂いてとすまながるが、宿を貸して下さるだけで充分有り難い、外で会ったら、何軒も店を梯子しなければならないし疲れる。休憩にお茶ばかり飲んでいなければならない。S家が一番というと何日でも泊まって下さってもいいのよ、と言ってくれる。

 食事が済んでも、お茶を飲みながら何かをつまむ。3時にはふかしいもとリンゴが出された。なぜさつま芋かというと、店で並んでいるとき、群馬産と書かれていたから、とのこと。3人の出身県だからという。
 青春時代の楽しい思い出も沢山語られる。現代や現在のことも、国内や世界のことも。当面している老いについても話題になるが、割と達観している方だ。
 話すうちに時間がどんどん過ぎる。K子さんが、いつも帰る時間より早く帰りたいと言うので、一応ネットで調べてきた。5時台の池袋は、ホームも湘南新宿ラインの電車も満員で、乗ったら最後、身動きができなかったという。グリーン車の券も買ってあったのに、乗車位置が分からず、普通車に乗って移動すればいいと思ったのに、かなり先まで移動できなかったそうだ。だから、その1時間ほど前の電車に乗りたいという。早めに行けば、グリーン車の乗車位置も確かめられ並ぶこともできる。そこまで見送ることにした。
 4時頃、Sさん宅辞去。S子さんは駅まで見送ってくれた。名残惜しそうにまたいらしてね、毎月でもどうぞ、といわれる。
 池袋に電車の発車の5分ほど前に着き、乗車位置に並ぶ。横浜の方から来る電車なので、かなりの人が乗っている。グリーン車は2階建てで、2階の方に乗る。大抵が一人分しか空いてないのに向かい合った椅子が2人分空いていた。私も乗り込んだので、二人分と思ったらしく、ある男性が、回したらいいですよ、と言って椅子を回転させるのを手伝って下さった。私はそのまま赤羽まで乗って、同じラインの電車で新宿まで引き返した。家に帰ると、私より早く自宅に着いた京子さんから電話が今あったと夫から告げられた。私は、とうきゅうで買い物し歩いて帰ったので、丁度同じくらいの所要時間となった。
[PR]
by ttfuji | 2013-04-17 23:16 | 友・師・人 | Comments(2)
 4月12日(金)
 体操の会。この会も、いろいろ問題を抱えている。指導者への謝礼問題もある。現在月、3回指導して頂き、5千円というのjは、いかにも少なすぎると私は思っている。例えば、私の参加している太極拳では、1回6千円である。月3回で18,000である。
 他のサークル、ヨガなどは1回1万円以上と聞いた。絵や書道などは、月謝のようなものだから謝礼は先生にお伺いを立てて決める。でも1回5千円以下ということはないようだ。
 勉強会や研究会の講師には、公民館を使うということで、1万円に押さえられている。こちらは月1回。そういう情報はサークルなどで経験しているので、あまり少額なのは申し訳ない、という気になる。会員が少なく謝礼が多くはできないのなら先生も事情がわかって頂けると思うし致し方ないかも知れない。
 
 この会は、当初、高齢者の健康作りのために県の推奨で作られた。指導者は、ボランティアのつもりでやってほしいと県の方からも指導されたという。
 しかし、それは、20年以上も前の話。指導者の先生自体が、今の現状に納得してないようだ。月千円の会費で会員が25人にもなると指導も大変になる。また現金残高もどんどん増える。当然先生にも知れている。そのうち役員の人達が考慮してくれるでしょう、と何人かの前でいい、お金に不満があるということが伝わった。
 しかし、何の配慮もしないどころか多くの会員の反感を買った。
 先日の会の終了後、会計報告を見せて欲しいと新役員はいわれ、押し切られる形でコピーして渡したという。他のサークルでは8千円頂いている、と言われた由。
 新役員の人達は、皆に相談すると答えたそうだ。公民館を使用している、もともとはボランティア精神を求められている指導者だ、という理由で、謝礼を考慮する気は全くないと結論づけられた。そういえば、震災地に寄付をと上部からいわれたときも、とても少額だったので驚いた。会員そのものにボランティア精神がないと感じた。

 食事会に旧会長が参加できないとのことで、会計報告書を送ったことも、本来なら新会長がやるべきこと、私の立場を無視されて哀しかったと新会長に言われ唖然とした。 面子をつぶされたということらしい。それよりもおかしいのは、旧会長(顧問)に食事会の連絡をせず。勝手に来られないと決めたことだ。それを隠すための私への攻撃だったと思える。一応、手順を踏まなかったことを詫びてその場から逃れた。

 4月13日(土)
 郷土史研究会の日。先月は、夫の川崎幸病院行きに付き添い欠席だった。今日は楽しみに出席した。
 今日の、講義は、大山道についての道標の検証だった。前会長のTさん達と研究しあった先生で、そこで出た幾つかの疑問について、徹底研究した結果を検証し、自信を得たということで、本も出していられる。研究者の熱意と一念が感じられる良い講義だった。
 講義の始まる前、前会長Tさんからカメラを持ってきたかと聞かれ、持ってきましたと、答えると、家に忘れてきてしまったので、講師の写真が撮れない。撮って欲しいと頼まれた。Tさんは会報の担当役員でもある。 
 最前列で、映写機の操作も手伝っている。
 私の席は中程で、前列の人達の頭や身体が入ってよく撮れないので、Tさんにカメラを預けて撮ってもらった。中休みの時、撮れましたか、と聞くと、人のカメラだと操作が分からない、再生してみると動画になっていた、気付いて撮り直したが、よく撮れなかったという。初めの挨拶の時の正面の写真が撮れてない。後半は、私が後ろから撮ることにした。しかし、講義中の写真は絶えず、顔の向きや姿勢が変わるので、はっきり顔の写った写真が撮れなかった。家に帰って、私のパソコンから添付で送ることにしたが、動画3枚は、とても素晴らしく、これをダウンロードできたらいいのにと思った。しかし、その技術がない。またそういうことができるのかも分からない。それでも中から4枚良さそうなものを送ったら、何とか使えそうです、と返事を頂いた。 
 会の終了後、いつものように、昔の旅仲間とデニーズで食事をしお喋りして帰る。これも私にとって2か月ぶりで楽しかった。
[PR]
by ttfuji | 2013-04-14 21:25 | 郷土史・講演会・学習 | Comments(0)
 4月5日(金) 
 体操の会。今日は、お花見という名目の食事会がある。会計係が終わったので気が楽。替わりに、いつも一緒に行くFさんが会計になった。食事会の準備に10時半まで会場に行かなければならず、途中、予約してあったお菓子をとりに行ったりお弁当も予約してあったところに行き、他の役員と合流し代金を支払い品物を受け取る。と会計は忙しい。
 Fさんは、卓球で怪我をし2か月近く休んでいた。お役がなければこの日もお休みだったかも知れない。食事会と先生との話し合いのあと、公民館に移動し、体操を行う。終了後、私たちは帰ったが、役員さんと先生の間にいろいろあったという。
 4月6日(土) 
 荒天になるという予報、なるべく外出も避けるようにとテレビでも訴えている。夫の古代史講座の日だが、休むことになった。帰宅時、嵐でも夜の運転は恐いので迎えにも行けない。タクシーはないか、長蛇の列のはず。行くと言っても反対しただろう。
 気にかかっていた読書メモを簡単に書く。
 4月7日(日) 
 昨日に引き続き悪天候。強風が吹き荒れる。洗濯物は外に干せず。南関東でも被害多大。体操の会のことで、先生との間にいろいろ問題があり、会員の間で電話が飛び交う。また、高崎の兄夫婦が夫の手術のこと、どうなっているか心配していると末妹から電話。義姉に電話して詳しく話し、お詫びを言う。  
 4月8日(月) 
 今日は青空。でも午後から曇る。
 太極拳。今日から、四十式楊式に入ると言っていたが、四十二式のおさらいをしたあと、足形と歩形、重心の移し方、姿勢の中国語の発音について説明があった。今まですでに何度も聞いていることであるが、途中から入った人は基本の動作の名前を習っていない。初めから入っている数名だけが、中国人の先生から繰り返し教えられた。太極拳も、色々あって指導者によって説明も異なるらしい。
 私などは、知識はあっても実技が駄目なので、身体にいいことやっている意識しかない。激しい動きなど付いていけない。
 午後から、近くのスーパーに買い物に出る。牛乳や野菜、特に根菜類をいろいろ買ったため、リュックと両手でいっぱいになる。
 夕方、2週間前に紛失し再発行を頼んであったガソリンカードが届く。夫が、まだ届かないか、と聞かれ、3週間程かかると言われたから来週でしょうと言った直後だった。カードの紛失が多い。すぐに手続きはするが、すぐに出てくるはずと必ず言う。すぐ出てきてももう使えない。1週間早く届いたことになる。
 4月9日(火) 
 夫は体操に。私は今日は在宅。友人と長電話。溜まった雑用もこなす。あすの読書会用の感想もまとめる。
 夜、プロ野球テレビ観戦。阪神が、無敗の巨人に勝った。巨人の独走では面白くない。広島も横浜も中日も、いいところまで行くが、勝てなかった。何となく気分がいい。
 4月10日(水) 
 朝、スイミング。11時に夫が歯医者に行くために、急いで帰る。車は日によってフル回転だ。午後、読書会へ。お茶をめいめい持参することになったため、当番もなく楽になった。
 課題本は『木暮荘物語』。前回、前々回と三浦しをんさんの『舟を編む』、『神去なあなあ日常』と続き、内容が皆さんに好むものらしく、評判がよかったので、こんな本もありますよ、と『木暮荘物語』を紹介しちょっとどうかな、と懸念したが、今回取り上げることになった。危惧したような、不評ではなかった。
 内容は、小田急線、世田谷代田駅に近い木造の古いアパートの木暮荘。そこに住む住民たちの生活を描く。短編形式だがそれぞれリンクして繋がっている。一風変わった奇妙な人達が多いが、人間として憎めない。その人たちに大変だなあ、と同情したり共感をしたり。近くに住む大家さんも、娘夫婦が赤ん坊を連れて同居することになり、管理人を兼ねて移り住む・・

 夕方、会計事務所勤務時代のOさんが、また筍を沢山届けて下さる。先日頂いたものよりかなり大きくなっている。時間が経つとえぐみが出るので。4本すべて茹でる。
 今晩はすでにご飯が仕掛けてあったので塩麹に漬けてあった鶏肉と一緒に煮る。おいしかった。
 4月11日(木) 
 午前中図書館へ。午後から夫が体操に行く。週一の運動では身体が疲れるという。持病が見つかって以来、水泳もやめたので、火曜日だけになっていた。過激過ぎなければ運動はどんどんやった方がいいと思う、と言った。
 今日は、筍ご飯を作った。早めに炊き上げたので来宅のFさんに差し上げた。卓球で転び、腰の骨を折ったFさんが、熱海に4泊の湯治に出かけ、あすの体操はお休みとのことで、会計簿をもう一人の会計係に渡して欲しいと預かった。お土産も頂戴した。
 
 昼間、Sさん、Iさんとミニ同窓会のことで相談。夜、Iさんからの電話で、16日にSさん宅で楽しい一日を過ごすことに決まる。
[PR]
by ttfuji | 2013-04-11 18:37 | 読書・読書会・図書館 | Comments(2)

長電話のあれこれ

 季節が定まらない。気温の高低差もさることながら、季節風の吹き荒れる日が多い。
 日中暖かくても、夜になると急に冷え込む。4月も中旬に入りまだまだ暖房は手放せない。

 このところ、電話で長時間話すことが多くなった。OさんやEさんとはあるサークルでのこと。
 末妹から電話をもらった。実家の兄たちが、わが家の夫のことをあれ以来どうなっているか、案じているという。そういえば、大動脈瘤の診察相談に行くということを伝えていた。遠いが、神の手の医師がいる病院とのことで、手術してもらうかも知れないと話してあった。結局、手術はしないで観察していくということになったのだが、そのことを結果報告してなかった。妹から聞き、申し訳ないことをしたと思い、昨日電話した。私には、言葉が足りないことがよくある。
 嫂さんが電話に出て、長いこといろいろ話した。詳しく話すと、そうだったの、元気で落ち着いているならよかった、と夫の選択と私の同意に分かってもらえた。
 実家の兄、義姉ともに、ステントが入ったり、ペースメーカーがはいったり、万全の体調ではない。それでもわが家の夫のことを心配していてくれていたのだった。有り難いことと思う。
 同じく、高崎の友人のWさんもステントの手術を受けているとお聞きしていたので、電話し夫のことを話していろいろ教えて頂いたが、丁度その検査で2~3日の入院するという日だった。退院後、夫の経過など聞かせて欲しいと言われていた。ところが、手術をしないと決めたこともその後の様子も何一つ連絡してない。
 Wさんには今日電話してお詫びし、長々と日常生活や趣味のこと、思い出話などした。ところでお花見はどうなったの、と聞かれたが、花は早く散っちゃったし、している間がなかった、と伝えた。Sさんはリュウマチが出ているので外出は辛いようだ多と伝える。
 Wさんに会ったのは、3年前、伊香保でミニ同窓会の仲間を翌日、観音山や桜の名所、高崎経済大学(短大が経済大学に昇格)、市役所などに案内して下さった。Wさんは同窓会仲間でも男女の垣なく付き合える人だが、親しかった仲間が、男女の性別だけで、この歳になっても気楽に電話できないのは残念に思う。電話してくれるのは私だけだという。昔人間の証しだろうか。
[PR]
by ttfuji | 2013-04-09 23:20 | 生活雑記 | Comments(0)