私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

<   2015年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 3月26日(木)   
 図書館行き。Tさんが農協で買い物したいとのことで車で待っていた。野菜や蜂蜜など重い買い物をし、あんたが車で乗せてくれるので、こんなに沢山買ってしまったと言われる。
 93歳にして調理もし本もよく読まれる、スーパー高齢者で尊敬している。でも週に2日は、息子さん夫婦の勧めでデイサービスに通っているが、そこでは本が読みにくいという。なるべく会話に入らないと浮いた存在になるという。
 午後は、自治会関係の文書を作成し、自治会長にお届けするが、留守なのでポストに入れる。メモリーカードも同封したので、夜、確認の電話をする。
 3月27日(金)
 体操の「さつきの会」に出席。名簿を作成し、先生と会員に配布するが、先生に連絡網を作ってほしいといわれ、夜、早速つくる。エクセルで作るがうまくいかず、ワードで作った。エクセルをものにしなければ、と痛感する。
 3月28日(土)
 漫然と過ごしたようで、手帳も家計簿も空欄。読書と部屋の片づけはした気がする。
 3月29日(日)
 午前10時から、集会所で、新旧理事・班長の引継ぎ会議があった。私は、副会長なので、前副会長から、大きな布袋2つ受け取る。一つは、書類関係で、何年分かがそのままおさまっており、一応目を通すといろいろ勉強になりますよ、と言われた。もう一つは、用具類で、防犯パトロールの時の腕章やチョッキ、照明の長い棒、集会所、倉庫、不燃物置き場の鍵ほか。鍵の管理だけは十分注意してくださいと何度も念を押される。命の次に大事にします、と受け取る。副会長の仕事は、文書の手伝いや会長の補佐だけでなく、諸々の行事や会議への出席もあり、思ったより大変そうだと感じる。
 3月30日(月)
 太極拳、先生の都合でなし。
 3月31日(火)
 12時予約の歯科医院行き。車は夫が体操に行くため、バスで乗り継いで行く。その前に、郷土史のSさんから、書類の受け渡しで市役所で合うことになり、11時半市役所へ行く。歯科医院が市役所に近いため、市役所を待ち合わせ場所にして頂いたのだった。
 帰りは、たまには駅周辺の店をぶらぶらして帰ろうと思い、ニットベストを1点だけ買い、いつもお昼を外食するIさんに携帯電話してみたが繋がらず、食料品を買って帰る。
 後で,Iさんから電話で、花粉症に苦しんでいるそうで、出かけなかったとのことだった。

[PR]
by ttfuji | 2015-03-31 20:20 | 生活雑記 | Comments(0)
 3月22日(日)
Tの卒業式とお墓参り。記録ずみ。
 3月23日(月)
 太極拳。
 3月24日(火)
 11時、原田歯科予約。4か月に一度の歯周病予防の検査と歯石とり。今日は下の歯で、来週が上の歯の手入れとのこと。12時の予約となる。
 3月25日(水)
 スイミングの後、11時に娘と孫か来るので、駅に迎えに行く。
 数日前、Tが引っ越しするので、車を貸してほしいと、電話があり、お昼をわが家で頂いてから、すぐに出かけると言うので、何が食べたいか聞くと、Tはおばあちゃんのおはぎが食べたいとよく言っている、とのことで、久しぶりにおはぎを作ろうと、前日から餡を煮、甘く煮詰めておいた。
 当日、スイミングに出かける前に、もち米ご飯を仕掛けた。小豆は500グラム。ご飯は3合炊いたが、炊き立てのご飯をすりこ木で半搗きにし、目の前で大きなおはぎをつくっていった。仏様にあげ、いつもの倍以上大きなおはぎをハイどうぞと食べさせた。 
 3合のご飯はあっという間に作り終え、餡も半分以上残っているので、また3合を炊いた。駅に迎えに行った帰りにいつもの巻きずしも買った。
 けんちん汁もたっぷり作ってあるので、カブの浅漬けと味の取り合わせもいいと、どれもお腹いっぱい食べてもらった。Tの友達が引っ越しの手伝いに、来ているとのこと。おやつになるように大きいおはぎを5つ持たせた。一旦、荷物を運ぶため自宅に寄り、友人3人とシェアするマンションに運ぶ。勤務先にも自宅からより大分近い登戸に近いとのこと。
 おじいちゃんからお小遣いをもらい、多少のお説教も聞いて1時過ぎ帰っていった。
 娘は、今日中に車を返しに来るとのこと。明日でもいいよ、と言ったが、明日は予定があるので、遅くとも今日中に来ると言うので夕食を用意した。
 ところが6時頃には帰ってきた。食前におはぎ、夕食後、私のエクセルのわからない所を直してもらい、パソコン指南の後、おはぎももう一つ食べて、甘すぎないからたくさん食べられると3個持ち帰った。駅まで送った。昼間のうちに、作った後の分も、近くの友人たちに3~5個づつお届けし、喜ばれた。
 
 昔、お彼岸の度にお届けした、友人は私のおはぎがおいしかったと言ってくれるので、多分最後の手作り、と言って届けた。でもその気になれば簡単に作れるので、またつくるかも知れない。おいしいと言ってくれる人がいれば、その気になるのである。
 夫も2日間で4つは食べたようだ。

[PR]
by ttfuji | 2015-03-30 00:56 | 食・献立・料理 | Comments(0)
 3月19日(木)
 夫の病院行き、付き添う。心血科の古屋先生。1時半の予約だったが、1時過ぎに受付を済ませ、診察室の前で待つこと4時間。5時過ぎに呼ばれる。夫は受付番号と表示される表示の数字をみて、まだ当分番が来ないな、と言い、お腹が空いたから何か食べてくると地下のコンビニへ行った。パンを食べてきたと言うので、私ものどが渇いたので交代で、トマトジュースと野菜ジュースを買いに行った。座っていると足が痺れてくる。
 順番が来て、手術のことを聞き、ペースメーカーのことも再び聞いている。なぜか、ペースメーカーを入れることに、とても抵抗を感じている。
 先生は、手術の時はより安全のために入れますよ、とはっきり仰る。脈が急に多くなったと訴え、薬のせいだと言われ、薬を朝夕1錠づつだったのを朝だけにする。
 以前、協同病院から移管されたときの紹介状や資料など、循環器の先生に渡したものを、心血科の先生は見ていないのか、手紙をもらってきてほしいと言われる。心血科と循環器科はタッグを組んでいると思っていたが、そうでなかったのかと、納得がいかない気持ちになる。
 次回はその手紙を持って4月1日に心血科の今日の先生の所へ行く。ぐるぐる回ってなかなか、手術に行きつかないような気がし、お腹に抱えている2つの爆弾のことが気になるというと、そうですね、4月末か5月にはできるようにしましょう、と言われる。4月28日には循環器の予約が入っているが。
 3月20日(金)
 コミュセンへ、4月20日分の太極拳予約に行く。月、3回利用するので、4月分は3回予約に来ることになっているが、来週はYさんにお願いする。
 3月22日
 卒業式のことは記載済み。


[PR]
by ttfuji | 2015-03-29 23:47 | 家族・身内・私 | Comments(0)
 このところ多忙を極めて、パニック気味である。好き好んで忙しぶっているわけではない。自治会やサークルでは役が回ってくるし、会長や代表を断る手前、副会長を引き受けることになる。副会長は、会長を補佐し代行することも多いが、しっかりした会長が副に求めていることは、文書作成である。そして、私も会長は受けられないがパソコンで出来る仕事の方が、家で夜でもできるので、何とかできそうに思う。と言うことで、一週間ばかりは二つの会の書類作りに追われた。
 折々に書いているブログは、主だったことは書いているが、漏らしていることも多い。
 備忘録として、簡単に記しておきたい。
 3月8日(日)
 我が「14班のごみ置き場問題」について、集会場にて集会があった。今までは、道路の壁面に置き、ネットをかぶせて置いていたが、近所に住む人から苦情が来ていた。夏場は特に臭い、ネットをかぶせても、カラスに狙われ、見苦しい状態になる。そこで、同じ地域内にある、アパートや小規模マンションにあるコンクリートで囲われたゴミ置き場に置かせていただけないかと会長が家主に交渉し、許可を得た。その代り、掃除や整理は一切引き受けると言うもの、わが家にも近くなったので、私としては有難い。4月1日から実施される。
 3月9日(月) 
 太極拳。
 3月10日(火) 
 病院行きで夫が「めちゃめちゃ元気な84歳!」と書かれ、大喜びしたことはブログに記載ずみ。途中で歩いて帰ると言い、車を降り、気分良く一杯飲んで帰る。何かにつけて飲みたいようだ。
 3月10日(水)
 スイミング。午後ブログ。
 3月11日(木)
 図書館行き。5冊返却、うち1冊継続。新たに3冊借りる。
 3月12日(金))
 午前10時に、コミュセンに太極拳の来月の13日分の会場予約に行ってくる。
歩いて2分の所なので負担にならない。当番制なので、遠くから来る人は大変だなと思う。午後は体操、さつきの会がある。先生に断って、はじめて写真をとる。顔を移さないようにと言われる。
 3月13日(土)
 郷土史の史跡めぐり。記録済み。
 3月14日(金)
 ミニサロン。記録済み。
 3月16日(月)
 太極拳。額の傷隠しに、昨日は毛糸の帽子を被ったが、今日はヘアバンドで参加した。
 午後、整形外科で傷を見てもらうため行くが、1時間ばかり待たされた上、まだ絆創膏なんかしているの、大したことないから、シャンプーもスイミングも大丈夫。患部だけ抑えて洗えばいい、とヘアバンドと絆創膏していることに大袈裟な、という感じだった。  
 3月18日(水)
 スイミング。傷は小さいがかさぶたになっており、触れば痛いので、スイミングキャップで隠す。
隠すと言いながら、みんなに疵を見せては、どうしたの、と聞かれると、不動堂前で、転んだことを話し自虐的な私と感じる。

[PR]
by ttfuji | 2015-03-29 23:03 | 時事・社会・地域・自治会 | Comments(0)

孫の卒業式とお墓参り

3月22日(日)
 好天に恵まれた昨日、孫の大学卒業式に行ってきた。
 わが家は、娘の時も入学式、卒業式とも行ったことはなかったから、まさか孫の卒業式に参列するとは思っていなかった。ところが、昨今はそう珍しいことではないらしい。少子化のせいか、一人っ子も多いし、親も祖父母も一生に一度くらいは体験してみたい、と思うのだろうか。私も10日ほど前、娘に行ってみる?と聞かれたとき、いいの?と聞いていた。勿論、と言われ、好奇心と武道館ということで、気分転換になるかも、と行ってみようかな、と伝えた。夫に話すと、卒業式は遠慮するとのこと。それより、お墓参りに行ってきたいという。体調のこともあり、連日は疲れるでしょうから、とそれ以上は勧めなかった。
 待ち合わせの時間や場所を決めるため、電話する前に夫に、武道館の後、お墓参りをしたら、R子もお参りしたいといってるし、と話すと、気が動いたようだ。しかし、代々木上原、ホームで9時10分、家を出るのが8時ごろ、というと、それはきついな、式典が終わる時間が分かれば、新宿かお墓のある駅で待ち合わせてもいい、という。式の終わる時間はわからないが、新宿1時ごろなら大丈夫と思うと伝えた。
 孫,Tは友人たちと集いがあるらしく、会えないよ、と聞いていたが、卒業生と家族の入り口が分かれるところで、待っていると、偶然Tが通りかかった。声をかけるとおお、と驚き、写真を2・3枚撮らせた。マンモス大学ではあるが、統率のとれた粛々としたいい卒業式だった。終わった後、夫とも連絡し、新宿駅で1時に待ち合わせ、夫に食事をごちそうしてもらい、お祝いだから?とお酒もビールもいただいた。お墓のある築地本願寺和田堀廟所まで15分ほどで行ける。九段下から新宿までも15分ほど、本当に交通網が次々でき、便利になった。2時半ごろお墓へ。私も一年ぶりでお墓参りができた。
a0055866_10131859.jpga0055866_10122244.jpg

More
[PR]
by ttfuji | 2015-03-23 19:12 | 家族・身内・私 | Comments(2)
a0055866_16333001.jpg
3月5日(日)


 前日、転んで額に絆創膏を貼った状態で、ミニサロンに出席は躊躇られたが、気晴らし
にもなるし、みなさんにも会いたいので毛糸の帽子で傷をかくし出席した。
 前回は12月に予定されていたが、衆院選が急に決まり、会場が投票所に使われたためサロンは取りやめになった。その分、今回はお茶会ではなく昼食会になった。京樽の「太巻きや茶巾ずし」の詰め合わせ弁当、お吸い物、お菓子と紅茶でもてなして下さった。
 他に「琴姫」さんによる大正琴の演奏や琴に合わせての合唱もあった。琴姫さん達が折り紙で折った楊枝入れがプレゼントされた。
 リーダーによるクイズや小話も楽しかった。この中で、3月生まれの方はいらっしゃいますか、と言われ、前方にいた私は、手をあげた。4人ほどいたようだ。プレゼントがあります、Kさん配って下さい、と言っている。Kさんは、琴姫の一員で、私たちの地区の仲間でもある。造花の赤いチューリップが1本セロハンにくるまれている。ところが私のだけ矢車草もついている。みなさん、チューリップの根元を押さえてみて下さい、ハッピーバースデイのメロディが流れると思います、と言われ、私のは、買った時、メロディが流れなかったので、店の人に言うと、代わりに矢車草を下さったとのこと。喜ぶべきか、残念に思うか複雑だった。その後、何気なく根元をいじっていたら、ハッピーバースデーツゥユーのメロディが流れた。得した気分だった。a0055866_14290942.jpga0055866_14302898.jpg

[PR]
by ttfuji | 2015-03-20 21:28 | 時事・社会・地域・自治会 | Comments(0)

史跡めぐり 写真②

a0055866_15582375.jpg
      上 出発前のストレッチ    下 用水の説明・石倉不動堂                     

a0055866_16071175.jpga0055866_15451103.jpg



[PR]
by ttfuji | 2015-03-18 16:14 | 郷土史・講演会・学習 | Comments(0)

史跡めぐり 写真①

a0055866_15001420.jpg
a0055866_14563208.jpg
上 集合場所  子易明神      
      
下 千石用水
a0055866_15083606.jpga0055866_14445128.jpg

More
[PR]
by ttfuji | 2015-03-18 15:14 | 郷土史・講演会・学習 | Comments(0)
 今月の郷土史定例会は、文化庁と共催の『戸田道と謎の千石用水を歩く』というもの。会員のほか一般市民からも募集するので、役員は綿密な計画を立て、史跡ごとに説明する担当者も決め、予備役員として協力しているNさんと私も参加者の把握と資料配りを引き受けた。近所の友人で体操も一緒のFさんに話すと、参加したいとのことで、当日は、役員並みの早い時間のバスに乗った。
 市で用意したパンフレットによれば、この用水は人工のものでありながら、いつだれが作ったかも不明です。旅人にも役立ち、田の用水として利用されてきた。今回は新しくでた文書を読むなどして分かったことを交えながら、用水沿いの歴史を探りつつ歩いてみたいと思います。と書かれている。
 集合場所は、大山の麓にある「子易明神」、バス停は「明神前」である。9時集合だが、役員は8時5分発のバスで8時半前についた。Nさんは会員の参加者チェックし資料を渡す。私は、一般の参加者を受け持った。ご夫婦も2組いられた。年齢層も私たちより多少若く思われた。今回、一般の人18人の参加があった。会員も高齢で、歩くのは困難な人もあり20数人ではなかったか。Nさんに聞き忘れた。
行程は
子易明神(比比多神社)―千石用水取水口―祝井巡査殉職碑ー石敷き道路状遺跡ー石倉不動堂―川跡遺跡―石倉橋ー空堀跡―上粕屋神社ー道灌塚ー洞昌院・太田道灌の墓ー三所の橋ー上行寺ー雨岳文庫・鳥居ー五霊神社ー八王子道・戸田道―峰岸ー三軒茶屋ー渋田川合流点―咳止橋 解散となる。

 この中で、史跡の半分ほどは行っているし知っている。しかし、知らないところも多く今回楽しみで参加した。
 取水口からしばらくは、穏やかな春の日を浴びて、里山の景色を眺めながら気分良く歩いた。昔、心敬が京から逃れてここに隠遁したといわれる「浄業寺跡」遠景もみられた。

 そのあと、大山道の道標の上に不動像が乗っているのを見る。像の向きが後ろ向きなのがあり、ちょっとヘン、と感じたが、「山帰りの不動」といわれているそうだ。ここで、私は、大失態というか、とんだアクシデントに見舞われた。
 新しい『不動堂』を写真を撮ろうとお賽銭を上げ、扉のしまっている窓のガラス戸越にカメラをぴったりつけて、安置されているお不動様の写真を撮った。
 引き返すとき、2・3段の低い段差があるから気をつけようと思いながら降りて行った。階段も段差も怖くていつも慎重に足を運んでいる。ああそれなのに、最後、数センチの段差で均衡が取れなくなり、玉砂利の上に転んでしまった。足がもつれたような感じだった。と同時に血が飛び散っているらしい。皆さんが、大丈夫ですか、と駆け寄ってきてくださった。私は大きなバックの底にテッシュをたくさん入れてきたので出そうとしている間に、皆さんがたくさん渡してくれた。かばんや服についたのを拭いてくださったり、顔や手についたのをぬぐってくださったり、厚く重ねたテッシュもすぐ血がにじんできたり、大き目のペーパータオルを頂いたり、とにかくしっかり押さえてこのままでは皆さんに迷惑がかかる、ありがとうございます。申し訳ございません。ご迷惑をおかけしてすみません、と繰り返すばかりだった。会長さんも、他の人も、医者に行ったほうがいい、と言われたので、私、バスで帰りますから、痛みもないし大丈夫ですから、と恥ずかしさもあって、元気に答えていた。Fさんが、私も一緒に帰りますから、というのを引き留めて一人で大丈夫、と言ったのだが、娘が今朝、電話で、インフルエンザかもしれない、と言っていたので、気にかかっているので、といわれた。無理して参加したということか、私の気が楽にするためか、どちらにしても気を使っていただいたことには違いない。
 近くにバス停があり、1台乗り過ごしたが、すぐ来ると待っていると、皆さんが次の目的地に行くので通って行った。Sさんが、血は止まった?、と聞きそっと傷口を見て、止まってるね、と誰かからか手渡された、絆創膏を貼ってくださった。駅前の整形外科へ行くと伝えた。
 Fさんが外科の玄関まで送ってくださった。バックもずっと持っていてくださったが、もう大丈夫と受け取った。午前の部が、あと一人で、終わるところだった。一応レントゲンも取り、絆創膏をはがすときは、毛髪もべったりついて痛かったが、毛髪のために傷が浅かったのかもしれないと感じた。先生は、たいしたことはない。一応今日は絆創膏をしておくが、取り替えなくてもいい。水にぬれても大丈夫、普通の生活をするようにと、通院不要といわれた。自費なので、6千いくらか払ってきたが、今月中に保険証持参で9割返すと言われた。高齢で粗忽者、これからどんな失敗をするか心もとない。
回れなかった場所も、持参のお弁当を食べられなかったことも残念である。fさんの娘さんはインフルエンザではなかったとお聞きし、ほっとした。風邪でも大変だが。

実はこのブログ、2回目である。昨夜、やっと書き、廻ったところまでの、写真を挿入しようと試行錯誤しているうちに、写真は載ったが、肝心の文章はきれいさっぱり消えてしまった。悔しくて2度と同じことを思い出しながら書くなんてできない、とあきらめていたのだが、やっぱり、シコシコと書いてしまった。写真は別のページに載せることにします。
 

[PR]
by ttfuji | 2015-03-17 17:00 | 郷土史・講演会・学習 | Comments(0)
 3月10日(火)

 めちゃめちゃ元気な84歳!!
 
東海大付属病院の再診で上記のキャッチフレーズのついた診断書を渡され、夫は帰宅後も大喜びで⦅うれしいなぁ⦆を連発し心底嬉しそうだった。
 2月23日の頸動脈にステント装着手術後、好調で心臓のペースメーカーも取り外されたが、次回の手術でもペースメーカーは入れるのですかと夫のほうから聞き、先生は手術の時は安全のため入れますよと言われ、夫も、そうですかと仕方なく納得した。夫は自分の体は自分が知っているとばかりに何でも言うので、専門家に任せればいいのに、とそばにいて私は思う。インフォームドコンセントがあるとはいえ、先生も任されたほうが気持ちよくやりやすいのではないか。
 しかし、群大付属病院のような事があると、任せっぱなしは駄目なのかもしれないとも思う。でもネットで調べてはあれこれ気にするのもどうかと思う。カンファレンスなど行いながら、慎重に対応して下さっていると思うので、信頼して託すほうがいいのでは。
 ともかく、血液検査や血圧なども問題なく、あとは動脈瘤の手術に向かうはずだが、とんとん拍子にとは行かず、3月19日に心血管外科の診察があり、4月28日に生理検査、心電図検査の後、循環器科で診察前採血と診察前心電図があり、その後入院・手術となるらしい。入院の日も手術の日も聞かされていない。来週19日の心血科の診察結果を待つしかないらしい。
 その後の一か月以上の待機の時間が途方もなく長いように感じる。
 3月11日(水)
 スイミング。午後、自宅で「さつきの会」の名簿つくり。ウインドーズ8になってから、罫線の多い表づくりをしてないため、なかなかうまくいかず手こずったが、夜になってどうにか出来上がった。

 東北大震災から4年、いまだに被災者の傷の深さに心が痛い。肉親を失った遺族の悲痛な叫びに言葉もない。それにも増して、原発の収拾不能には怒りを感じる。
 3月12日(木)
 3月初め、図書館が一週間近く休館だったため、3週間ぶりの訪問だった。なかなか読めず、記録もできない。しかし、いい本だと思った本は何冊かあった。
 このところ、寒い日が続いている。週末に郷土史会の史跡めぐりがあり、温かい日であることを願っている。

[PR]
by ttfuji | 2015-03-13 15:21 | Comments(2)