私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

<   2015年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 今年も半年が過ぎた。ブログとも読書メモともご無沙汰だった。私の能力以上の役を引き受け、さらに趣味のサークルも出席、夫の通院付き添いもある。自分で言うのも気が引けるが責任感が強いしきちんとやらなければ気が済まないプライドもある。自業自得であろう。色々の問い合わせ、相談、都合を聞かれると、優先順位を考え、窮すれば通ず、の考えがよぎり、とにかく今年いっぱいは、やるしかない、と自身に納得させる。
 6月23日(火)
 11時、歯科の予約。
 以前のことだが、インプラントの2本のうち一番奥の支柱が抜けおちたのは4月29日夜だった。絶望的になったが、翌朝、電話で歯科医院に電話し、夫の入院で夜しか行けない、応急処置をお願いしたいと頼み込んだ。5時に予約して頂いたが、当日、11時に入院の夫はいろいろ検査があり、諸々の管に繋がれた個室で、主治医の明日の手術の説明を待ったが、看護師さんに聞いても、まだ外来の診察が終わってない、5時を回るかもしれないと言われ、歯のことを話すと、逆にこんな時に、他の用事や医院の予約はとらないように言われた。インプラントの取れたあとの歯や金具が舌に当たって痛く水も飲めない状態だった。仕方なく歯科医院に連絡、明朝いちばんで見ていただけることになった。欠けた歯の尖った部分は丁寧に削って頂き、治療の方はあとで相談しましょう、ということになった。
 その後、定期的に歯周病予防と歯石除去に行ったがインプラントもその都度チェック、一本でしっかり固定しており、うん大丈夫ですね、と確認。奥歯がなくても不自由はないので、このままにしている。
 6月24日(水)
 午前中、スイミング。
 いつ頃からか、右膝が痛かった。正座ができない。椅子に腰を掛けるより、椅子の上に正座したほうが楽だったが、それができない。歩いたり階段の上り下りの痛みはなくできる。それがだんだん軽くなってきた。スイミングや体操、太極拳などが効いているのだろうか。
 いつしか肩の痛みも殆ど気にならなくなったので、マッサージのリハビリをやめてしまったが、今は、膝と腰が少し痛む程度。我慢できない痛さではないので、通院はしてない。一度通院したら長引くことになるように思う。骨粗しょう症の診断を受け,DHA・EPA製剤を処方されていたが、別のところで図った骨密度はとても良い、という評価だった。薬は終わったが取りに行ってない。自宅でその成分のものをなるべく食べるように心がければいいと考えている。
 6月25日(木)
 なぜか、5月に受けた東海大病院の手術料の請求書が遅れ、ついてから10日以内に支払うことになっている。今までは、病院行きの数日前についたので、行ったついでに精算できた。しかし、今回は病院行きの日では間に合わない。銀行振り込みの用紙も添付されているが、取引銀行ではないし、ATMで振り込むのは後ろで振り込め詐欺の警戒をしている銀行員の目もあり、いっそ、病院まで払いに行くことにした。振込料とガソリン代を考えればトントンかもしれないが、そのほうがやりやすいし時間もかからない。夫に頼んだら、体操に行くからと断られた。たぶん、面倒だったのだろう。

 帰りに小田急OXで少し上等なお寿司とアジの南蛮漬う買い、箱根土産にYさんからいただいた「おつまみかまぼこ」、枝豆、生野菜サラダで半分手抜きの夕食にした。実は夫の誕生日だった。
 6月26日(金)
午前中、集会所にて自治会長とうちあわせ。今後の予定が目白押し。地区合同盆踊り大会、準備の前の合同説明会、3名出席。防災訓練、マイナンバー制度について、文化会館説明会、3名。個別自治会のホームページ立ち上げについて、(個人的に打診されたが断りたい)、その他いろいろあった。参加する人選は会長に一任した。
 午後は、体操の会。役員のKさんが欠席のため、7月、8月の会場が取れた日を皆さんに伝える。なお、別会場で予約が取れるかどうか申し込むつもりがあるが、7月2日以後の申し込みとなる。その旨、会員に伝える。もちろんこの申し込みも私の仕事である。
 会員はまた一人増え、26名となった。会場の広さから考えて限界である。4月に会員名簿と連絡網、出欠簿、掃除当番表を作ってから、2度ほどつくりかえた。退会者もあり連絡網だけは作り変える必要があったが、名簿その他は今後は書き込み、追加だけにした。
 6月27日(土)
今日は、特に予定のない日。そろそろ、郷土史研究会の原稿をまとめなければ、図書館の本も半分も読めてない、モクレン読書会の課題本『サラバ』上下2冊購入してあるが、手を付けてない。あれこれ考えていたら、村田喜代子さんの『八幡炎炎記』を読んでいた。
 なぜかこの作家の本、見つけると借りてきてしまう。
 自治会長のWさんが、防犯パトロールの日程表を届けてくださる。私の班の班長Tさんももらってないらしいというので、きのう伝えておいたのだった。その折、到来物といっておそうめんもいただいた。
 6月28日(日)
 M子に久しぶりに電話。Jさんがホームに入ってから数か月たったが、毎週土曜日には息子たちと面会に行っている。行くと忙しいのによくきたね、と喜んでくれるという。しかし、ある時期から、そろそろ退院したいと言ったという。病院と間違えていたようだが、それも次には忘れているという。
 昨日の土曜日、行くとホームから3人が選ばれて、県か市かの囲碁大会にでて3位入賞したという。喜んだでしょうというと、3位という位置に不満だったらしいという。5段の腕前が自慢で、碁会所で師範格だった。自分の腕の衰えに不満だったのか、審判に不満だったのか。でもこんな楽しみができてよかったと思う。移動はすべて車いすという。
 私も、M子にも会いたいし,Jさんにも会いたい。8月1日(土)、の通院に付き添う約束をしていたが、地区の盆踊りで行けなくなった。また、別の日に行く。
 6月29日(月)
 太極拳。午後、買い物へ。大量に買い物した時は、出来合いのお総菜やお菓子類、飲み物なども買うので大袋に3つ、重い買い物になる。買い物に出るときは、必ず買わなければならないもの、4・5品のみ頭に入れていくが、いつの間にか30品ほどになる。つくづく、私は買い物乞食だな、と感じる。子供のころ、貰い乞食とか欲張り乞食とか聞いたことがある。今では差別用語かもしれないが。
 6月30日(火)
 ああ、今年も半分が過ぎてしまった。ばたばたした半年だった。後半も同じだろう。
 でも、忙しくしているうちは、元気な証拠だろう。ボケももう少し待ってくれるだろう。すべてやる気をなくしたら、怒るのもばからしくなったら、穏やかにボケが進行してくるかもしれない。それもよきかな、とも思う。でもそんなことを考えるのはまだ早い。
迷惑をかけながらも、人のためにも役立って生きていかなければだめだ。それが人生ではないか。悟ったようなことを書いてしまった・・。
 末妹に電話。兄のことを聞く。M子がおにいちゃん、退院したかしら、と聞いたので、多分したと思う、電話してないのでわからないけど、と答えた。そして、Y子に聞いてみる、と返事した。
 今日、Y子に電話で聞くと、兄は退院後、大分元気になったという。杖は必要だが、食事、トイレ、シャワー、薬の服用すべてできるという。生活面の自立はできているらしい。デイサービスに週2回行って、病院に月1回行って、薬を7種類飲んでいるとのこと。車は処分し、免許証も返したという。病院行はY子が手伝っているとのこと。
 そのY子だが、私より一回り下の67歳、元気で働き、家族身内きょうだいのために、骨身を惜しまず動いてくれるが、最近腰に痛みを感じるらしい。脊柱管なんとか、と言われた、という。一番頼りにしている妹に倒れられたら、家族きょうだい中が困る。何よりかわいそうである。無理をしないようにと繰り返し伝えた。

   

[PR]
by ttfuji | 2015-06-30 16:11 | 家族・身内・私 | Comments(3)

Kさんのお墓参り

 6月15日(月)
 太極拳。午後、昨年6月に亡くなられた、友人であり太極拳の仲間でもあったKaさんのお墓参りにYaさん、Iさん、kuさんと私の4人で行ってきた。
 一周忌に近い頃、お墓参りに行きましょうと話していたが、先週の太極拳の折、来週の月曜日、午後に決めた。暑い日で、集合場所に集まるのは大変なので、2時に家を出、順次家の前で待っていただいた。
 新しく売り出された霊園で田園地帯にあり、大山や富士山も望め、車で10分ほどで行ける。
 午前中、私の友人のFさんが、別の仲間とやはり4人でお墓参りすると聞いていたので、そのことを話し、一週間遅らせましょうかと相談を持ち掛けると、それぞれの事情で今日にしましょう、ということになった。お花はダブるので、お線香とお供えのお菓子を持っていき、墓前に供えてからしばらくおしゃべりをし、お菓子をさげて、休憩所で自販機のお茶とお菓子で想い出話をした。
 車できたらあっという間だが、バスできたらバス停からかなり歩くので、皆さんに感謝された。私が一番長生きしないと困る、と言われた。今でも高齢者運転で、いつ免許返上かと考えているのだが、そうか、長生きしなきゃね、責任重大ねと冗談を言った。

[PR]
by ttfuji | 2015-06-22 23:20 | 友・師・人 | Comments(0)

庭と夫

 空梅雨なのか、この辺りは雨が少ない。梅雨入りしてから雨らしい雨の降った日はないと言ってもいいくらいだ。集中豪雨になど滅多にならない。夜のうちに雨が降ったらしく地面や庭の木々が濡れていても半日も薄日が差すと地面が渇き、すると必ず水やりを始める夫がいる。そして絶えず庭に出ては、庭木にハサミをあててチョキチョキやっている。
 おかげで庭の手入れは行き届き、花が終われば枝を切り、花壇の花は抜き、新しい苗や種を買ってきては植え替えている。罰当たりの私は、狭い庭に毎日何回も出ては、草一本の見逃さず、枝を詰められる木々に同情的である。口を挟んだら、何もしない癖に感謝の言葉もなく、文句だけ言うのかと叱られるだけだから黙っているが。
 友人たちは、やってくれるだけで有難いじゃないの、といい黙って任せておけばという。
 ないものねだりかもしれないが、私の好きな都わすれや秀明菊を花が終わったからと抜かないでと頼み込み、50センチ四方の土地を確保した。その代り、草取りや水やりは自分でやれといわれ初めの頃はきちんと守っていたが、やがて放任に近い状態になった。日当たりが悪いので花は増えないし、ドクダミだけはどんどん増え、きれいな花を咲かせている。なかなか趣きのある花で、私は好きだが、夫は雑草としか思わないらしく、庭のあちこちに出るとさっさと抜いてしまう。私の管理している場所で最も勢いがよい。
 心のうちでは感謝していても、庭木の植物に関する考え方が違うが、それも言えないことに不満がある。しかし兎に角、狭いながらも庭があるので夫の暇つぶしになってよかったと思っている。
[PR]
by ttfuji | 2015-06-21 21:58 | 家族・身内・私 | Comments(0)
 忙という字、心を亡くす、と書く。この齢でなんという愚かな生き方をしていることかと我ながら嫌になる。二人の友人から、ゆっくりお茶でも飲みながらおしゃべりしましょう、とか、気晴らしにデパートでも行かないか、いつなら行ける?と聞かれたりするが、ここ一週間は毎日予定が詰まり、そのどれもキャンセルできないことばかり。
 ということで、一週間の日記をまとめて書く。
 6月7日(日)
  昨日、娘より、月曜日に車借りたいとの電話。先日、運送業者に頼んで引っ越ししたのだが、息子の所へ運ぶものがまだ少し残っており、娘本人の分も残っている、それを運んで、掃除をし、引き渡しが済むという。車を月曜日に取りに来るのは効率が悪いから、日曜日のうちに来て泊まって朝早く運搬や掃除をしたら、というと、そうする、と言っていたので夕食を用意して待った。ところが、夜になって今晩は行けなくなったという電話。

 引っ越しの話を聞いた時、また?と聞き返した。孫が小学生の頃、近くのアパートへわが家から出ていってから4度目である。その度に引っ越し費用、敷金など経費もかかり大変だったようだ。今度、座間から新百合ヶ丘に越したのは、息子が就職し、出ていったので一間少ないマンションに越し、家賃の節約が目的という。私たち老親は夫が退院したばかりだし、もう引っ越しの手伝いは出来ないからね、と宣言していた。
 15年ほど前、我が家から近くのアパートに越したときは、掃除や片付けなどかなり手伝った。アパートから県営住宅に越した時も市内だったので少しはいろいろ頼まれた。その後はタッチしないことにしたし息子や友人の力を借りて一人ですべてを手配する娘にどんなに大変かと激励と同情を感じていた。
 6月8日(月)
 結局、娘は、朝9時頃に駅に着いた。月曜日は、朝から私の内科行きがあるので車で迎えA医院の前で下りて車を引き渡す。夕べ用意したものがあるからそれを食べるように伝えた。
 内科は2か月に一度診察と薬の処方箋をもらいに行くが、予約制ではないので何時間も持たされる。薬局まで済ませると12時半になった。
 娘が、車を返しに来たのは夜、9時頃、今晩は泊まり明日10時頃に帰るという。オーナーとの引き渡し、部屋の使い方状況で敷金の査定があるという。入浴しゆっくりやすむように言う。
 6月9日(火)
 10時頃、娘を駅まで送る。今日は午後から、夫の東海大消化器科の診療日。1時半予約だが、終わったのは4時半。血液検査の結果はなんの心配もないという。胆嚢の手術の話も出ない。このまま、落ち着いたら、手術はしなくてもいいと本人は言う。先生は経過を見ましょうといわれる。帰りに処方箋薬局へ寄り、歩いて帰るというのでそのまま車で帰宅。
 6月10日(水)
 午前中スイミング。午後からもくれん読書会へ。主要会員のSさんが、不整脈のためお休み。前回も胸にステントを入れる手術の直前で欠席だった。ステントは2本入れたが、もう一本の手術が残されており、不整脈のため出来なかったという。健康管理をしっかりしていた人なので驚く。後期高齢者寸前の人だ。課題本は、私とNさんが推薦した『櫛挽道守』だった。私は、昨日夫の付き添いの待ち時間にこの本を読み返した。
 6月11日(木)
 午前中、自治会の仕事、会計係が各班の班長さんが集金した会費を受け取る作業を今年から集会所で行なった。今回は、会長が研修で出られないため、私が集会所の鍵を開け、立ち会った。会計理事と前回の会計理事(現監事)がすべて行ったが、立ち会うだけでやることはなく、待っている人や終わった人と話し相手をした。会費納入の日は3日とっており、土曜日と日曜日も予定していたが、私は土曜日は出られないと断っておいた。
 6月12日(金)
 体操の会。2名の新規会員あり。終わってから、公民館のパソコンで、予約のとれなかった日の別の室も申し込みをする。9月まで申込みする。しかし、とれたかどうかは、後日確認しなければならない。
 6月13日(土)
 郷土史研究会の日。演題は、小田原城についてだったが、内容はあとで別記する。
 夜、自治会長からの電話で、会費の入金は今日ですべて完了したとのことだった。


[PR]
by ttfuji | 2015-06-13 22:05 | 生活雑記 | Comments(2)
 6月5日(金)
 高齢者体操の会は今日はない。月3回だが先生の都合でいつが休みになるのか分からず、会場予約の掛りとしては誠にやりにくい。折角とれたのに、急に先生の都合で出来なくなったりする。今まで会場予約の掛りだった人は、それほど愚痴をこぼさずやって下さっていたが、これからは私の役目となるので困っている。 
 先週、5月30日、写真印刷中に電源が切れ、プリンターが動かなくなり修理に出した。その時、修理期間は2週間といわれた。自治会、その他の会で書類作成があり、困ったな、と思った。写真プリントが遅れ同窓生に送るのが遅れるがこちらは約束しているわけではないので仕方がない。ところが、プリンターがきのう一週間で届いた。
 重いプリンターを一人で2階まで運び、ようやく一人で設置した。これからは重いものや高いところの作業は無理である。同居か近くに若い家族がいたら、アルバイトを頼めるのに、とこれからの高齢生活が案じられた。夫は肩の痛みで整形に通っていて頼みにくい。
 6月6日(土)
 今日は、自治会の会長と色々打ち合わせがあることになっていたが、もう一人外部の人に教えていただくことになっていたが急遽その人の都合がつかず打ち合わせは取り消しになった。夫は、新宿に講座を受けに行くというので、駅まで送り私は美容院へヘアダイとカットをして頂きに行った。予約制だが、自治会が取りやめになった時点で電話したら、11時頃なら良いということで行ってきた。
 この先生、山登りがお好きで、月・火曜日休業日で仲間とよく山に出かける。先週は四国の山(名前を聞いたが忘れた)へ登ってきたという。こんなやり方でもお客さんが来て下さるうちは、仕事を続けるが70代に入るので、いつ辞めてもいい積りというが、続けてほしいという顧客も多く、やめないで、と頼んでいる。
 そのあと買い物に回り、久しぶりにOKスーパーへ行ってきた。夫は夕食不要と言っていたので、気楽にテレビを見たり、会報の原稿を書いたりして過ごした。水曜日の読書会の確認連絡も皆さんにした。

[PR]
by ttfuji | 2015-06-06 18:42 | パソコン・スマホ | Comments(0)

梅雨入りはまだか

 6月に入り、いよいよ梅雨の季節到来と覚悟した。というのも5月下旬からほとんど雨が降らず、庭のアジサイも元気がない。夫の植えたトマトやゴーヤの苗もたっぷりの水分を欲しがっている。ホースで水を撒くものの強い日差しですぐに乾く。人間は勝手なもので、雨が多くても日照りが強くても文句を言う。

 1日の月曜日は、太極拳がなく、4人の友人と昨年6月9日に亡くなられたKさんのお墓参りに行きたいと話していた。最近墓地を買ったと聞いてもいた。Kさんのご主人とは郷土史やその他で旧知なので、先週、電話で伺ってみた。
 6月7日に親族で一周忌法要と納骨をするので、その後でないとお墓は空なので、と言われ場所も教えていただいた。4人は、ゆっくり6月中にお墓参りすることにした。車で行く道順も教えていただいたので、1日にKさんと親友のHさんを誘い下見に行ってきた。新しくできた公園墓地で、富士山や大山が見えるいいところである。車だと10分余りで着くが、バスだと停留所からかなり歩く。当日、Hさんは別の仲間と行くが、道案内できると喜んでいられた。日程はそれぞれのグループで都合のいい日に決めることにする。

 漸く2日に西日本で梅雨入りしたらしいとテレビで報じ、明日は関東でも大雨と聞きこ、3日の水曜日は朝から雨が降った。スイミングに行くときは雨だったが、帰るときには止んでいた。でも空模様はどんよりでいつ降り出してもおかしくない天気だった。夜中からの慈雨で木々は生気を取り戻していた。そのまま梅雨入りと思っていたが、この雨は梅雨の雨ではないという。その後雨は降らず今日は晴れて洗濯物が一気に片付いた。少し風があり5月の薫風とは違うが.梅雨入りがはっきりしないと言って気にすることはない。降ったりやんだりの天気だったらありがたいというべきだが。

[PR]
by ttfuji | 2015-06-04 15:26 | 自然・花・景色・庭 | Comments(0)