私の生活や自分史・読書、旅などの記録


by ttfuji(トコ)

<   2015年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 半月分のブログをまとめて書いている。 
 8月20日(木)
 午前中、図書館行き。読書もだいぶ減ったが、2週間に一度のサイクルでいくので、継続してくる場合が多い。それでも、夜や時間があるときは読むので、何か、記録しておきたい気持ちはある。図書館の日に、とくにそう感じる。
 いつも一緒に行くTさんも、デイサービスへ行く日が週3日もあり、そこではあまり本が読めないという。ほかの人に気を使うという。しかし、気の合う人もいて趣味の話などするという。いつも借りてくる本は1冊か2冊である。私は大体4・5冊だったが、2冊ほどは読み終わらず継続してくることが多くなった。
 8月21日(金)
 Oさんが、梨と桃を届けてくださる。梨は地元の特産品。きょうだい達に贈るので、ついでに自家用にも買ったが、大きさの揃わないのやわずかに傷があるのをおまけをしてくれたという。桃は、山梨から売りに来たもので、これ全部買ってくれたら安くするといわれたとのこと。味見をさせてもらって、おいしかったから買ったが、食べきれないので、という。初物ではないが、大好物なので大喜びでいただいた。ゴーヤとミニトマト、シソ味噌を差し上げた。出来合いのおかずがあれば、それも喜んでくださるがなかった。
 昼から、体操がある。Fさんと出かける。この日、暑気払いに休憩時間にアイスクリームを買いに行った。みなさん喜んで下さった。
 秋の県大会の参加者をまとめ、氏名、年齢、電話番号、お弁当注文の有無を用紙に書いて先生にお渡しする役目も会長不在なので私がすることになる。先生は、来週でもいいといってくださったが。大会に発表するダンス2曲も特訓中。
 8月22日(土)
 W会長より自治会書類ごっそり届く。これからの検討資料と感想を求めるもの。
 別記する。

[PR]
by ttfuji | 2015-08-29 16:55 | その他 | Comments(0)
 8月19日(水)
 かって勤めていた会計事務所の先生の奥さん、2年前に先生がなくなられ、一人暮らしをなさっていた時、お世話になった職員の3人がご挨拶に行った時のことはブログにも書いているし、昔の思い出や葬儀の時のことも書いている。一番長く勤めた小澤さんが、いつも情報や近況を知らせて下さった。昨年、自宅に伺ってからまた顔を見せて、といわれそのつもりでいたが、次に入った情報は奥様がホームに入られたという話だった。
 息子さん二人は税理士事務所の跡を継がれていたが、同居は選ばなかった。Oさんは、一度ホームに行かれているが、もう一人Sさんも会いに行きたいと言っているし、私の都合のいい日に伺いましょうと言われていた。暑い盛りだし、自治会は滅茶苦茶忙しいし、8月になったら行けると思うと返事していた。
 昨日、Oさんから電話で、もう青紫蘇はいらないか、と聞かれた。もう、虫がついて葉も固くなって駄目でしょう、というとお山のせいかまだきれいな柔らかい葉もあるわよ、という。要らないといえば、抜いてしまうという。折角言って下さったのだし、もったいないので、少し頂く、この間の4分の1くらいで充分、頂きに行ってもいいですよ、と答えた。
 Fさん、明日時間はある?と聞かれ、午前中、スイミングがあるけれど、午後は空いていると答えると、3人で奥さんの所へ行きませんか、という。そうだ、それが本命だったと気づき応諾、1時にOさんの車で迎えに来てくれるという。Sさんにも、これから連絡を取ってくれるという。
 今日1時、ぴったりにOさんが来て下さった。青紫蘇も持って来て下さった。シソを台所に置き、すぐ出かけた。途中、Sさん宅に寄り、平塚に向かった。ベーカリーでお菓子を買い、手土産にする。ホームは町なかにあり新しく幼稚園もある施設だった。
 受付で名前を記入、4階までエレベーターであがる。部屋には、二男のお嫁さんが見えていた。テレビもテーブルや椅子も小さな湯茶の設備も整っているが、個室なので、やはり寂しいので家族が入れ時折来ているらしい。ホームの人も至れり尽くせりで、面倒は見てくれるとのこと。
 今日は熱も少しあり気分があまり良くないとのことだったが、私たちが行ったことはとても喜んで下さった。寒いと言うので衣類を羽織ったが、私たちが行った時は、皆さんが暑いのではないかと言って空調のことを気にかけていらした。
 顔色もよく、10か月ほど前、お会いした時より皺もなく、白髪だが気品があった。お召し物も素敵だった。もともと身綺麗にしていたので、気に入ったものはどんどん持って来てもらって着ているという感じだ。お嫁さんがクローゼットから選ぶのが大変、と言っていられた。
 おしゃべりしているうちに、気分もよくなってきたという。ベットから起きて昔の話を楽しそうに話した。
 至れり尽くせりで、ここでは生活の不安はないが、やはり、淋しいのだと思う。電話もあるが、変な電話がかかり出ないという。用件がある時は受付で応対してくれるからという。
 お暇するとき、お礼を言われたが、ちょっと寂しそうだった。
 見送りに出られたやさしいお嫁さんも、おかあさんは私が帰る時、淋しそうで辛いと言われた。今度、伺えるのはいつごろだろうか。

 OさんとSさんにシソ味噌を差し上げた。夜またせっせとシソ味噌づくりとシソジュースづくりをした。


[PR]
by ttfuji | 2015-08-27 16:07 | 友・師・人 | Comments(0)
 8月18日(火)
 協同病院眼科で検診と目薬の処方箋を頂く。眼圧も98と低く安定している、このままだったら心配ないでしょう、と言われた。確か前回までは100を超えていたので、どのくらいの数値が一番いいのですかと聞いてみた。今まで聞いたことはない。ところが、先生は、100以上よりは以下の方がいい、とあっさり言われただけ。この先生は、患者がいろいろ言うと嫌がると言われている。まあいいか、とそれ以上は言わず、ありがとうございます、と言って帰ってきた。この先生と喧嘩した人は多い。夫もそうだった。今は違うクリニックにかかっている。私も夫も白内障の手術をして頂き、大変腕は良いと評判だが。

午後は、文化会館で2時より、自治会長、副会長を対象にした、「マイナンバー」制度についての説明会があった。駐車場が満杯だろうとのことで、W会長のご主人が車で送り迎えしてくださった。10月から準備、来年からすべての国民に12ケタのナンバーがつけられるということで、自治体や国には税金、社会保険、福祉の面で仕事がしやすくなると言うが、情報漏れなど心配の面が全くないとは言えないようだ。説明してくれた弁護士の説明も今一つ、わかりにくかった。自治会の皆さんに説明してほしい、ということらしいが、とても無理である、と感じた。もう一度よく読んで、書きたいと思う。


[PR]
by ttfuji | 2015-08-27 14:51 | 時事・社会・地域・自治会 | Comments(0)

おはぎ余話

 8月15日(土)
 昨日作ったおはぎ、娘も帰る時、4個持って行ったが、沢山作ったので、娘を駅に迎えに行くとき、近くの友人2人に3個づつお届けしたが、前回のように孫に持たせないので、10個ばかり残り、8個は冷凍にした。
 翌日そのうち3個をヘアダイを予約の美容室の先生にお持ちした。常温で2~3時間で解凍できるし、冷たかったら電子レンジで30秒ほどで温かくなる。予約だが先客がおり、しばらく待ってそのお客が帰られてからお渡しした。お昼にするわ、と喜んでくれた。ヘアダイとカット、2時間ほどかかった。
 帰る時、秋田から送られたというトウモロコシの茹でてラップに包み冷蔵庫に入れてあったのを頂いた。昨日届いたの、すぐ全部皮をむき、蒸し器で蒸したの。とても甘いのよ、と下さった。
 こうして私は、あげるのも好き、頂くのも好きで物々交換が盛んだ。果物、野菜、お菓子もよく頂く。相手も決して迷惑がらないし、遠慮なく喜んで受け取って下さるので何かを余計に作っては差し上げている。近所のYさんにも出来立てをお届けしたかったが、暑いのと時間がないのとで、2日ほどしてから『サラバ』の下巻を返しに来てくれた折、事情を言って冷凍したのを二つだけ差し上げた。あとで解凍して頂いたが、とてもおいしかった、と言って下さった。私も最後の一つを解凍し、レンジに30秒温めて食べたが、出来立て❓のようにおいしかった。自画自賛!

[PR]
by ttfuji | 2015-08-27 14:33 | 食・献立・料理 | Comments(0)

娘の里帰り

 娘から、お盆なので14日に仏様にお線香をあげに行くと言う電話は12日にあった。孫のTは都合がつかず一緒に来られないという。もう社会人だし、一緒に住んでないから当然だろうと納得したが、娘も翌日用事があるので泊まれないという。当日何時頃と聞くと多分7時頃と言う。それでは、駅につく時間を電話して、迎えに行くからと伝えた。なんだか、来て頂く、と言う感じだ。それでも来てもらうだけでもうれしくて、おはぎつくるからね、言った。ありがとう、でも有り合わせでいいから、と気を使う。
 毎日暑いし、自治会の仕事も忙しいしで、おはぎだけは沢山作ったが、あとはお素麺と天麩羅、少し上等なおすしの3人前盛り合わせを6時頃買ってきた。冷蔵庫にある惣菜類も並べた。ゴーヤの佃煮やキュウリの漬物、野菜サラダなども。夫には、いつもより夕食の時間遅いから、お腹空いたら、おはぎでも食べていて、と言っておいた。夕方、夫は2つ、私も一つ食べた。満腹ではお寿司やビールがおいしくない。
 7時半頃つくとのことで、駅前のいつもの場所で迎えた。
 私はこのところ、毎晩のようにビールが欲しいし夫もチューハイをのむ。娘にもビールを勧めながら、今日泊まっていきなさい、駅まで車で送れないから、と言うと、そうね、と言いながらも迷っている様子。
 お寿司、おはぎ、お素麺と次々に手をのばしてくれた。お素麺はおつゆ代わりのつもりでいたが、お素麺が一番好まれた。夫もTのことなどいろいろ聞いていたが、それほどまめに電話しているわけでないし、仕事は忙しいらしい、9月になったら来ると言っていた、とだけ話した。その後、やっぱり今日中に帰る。明日、東京に行かなければならないし、用意もあるので泊まれない、と言うので、ハイヤーを読んで駅まで帰ることになった。夫は自室に入り、娘は片付けを手伝った。10時半頃、車を呼び帰っていった。駅まで歩いて15~20分の距離だが、夜道は物騒である。たった3時間の滞在だった。

[PR]
by ttfuji | 2015-08-27 12:13 | 家族・身内・私 | Comments(0)
引き続き日記を
 8月9日(日)
 またもゴミ置場問題。私の班は、以前は道路のフェンスに網をかけてカラスの襲撃を避け使用していた。道路の反対側とはいえ目の前で見ていた人からは、当然苦情が出ていた。ネットをかぶせる前はカラスに狙われゴミが散乱したこともあるし、臭気もでる。
 それが、2年前、会長の交渉で、同じ班のアパート専用の集積所に置かせて頂けることになった。駐車場の隅にあり、わが家からは最も近い。小型マンションのようなアパートだが軒数も少なく、十分に余裕がある。その代り掃除や分別などは14班の人がやらせて頂く、と当然ながら家主さんに申し出た。
 ところが、不燃物の日に、中身の入ったまま、溶剤の入った容器を出した人がいて、当番が穴あけ機で穴をあけ、道路に捨てた。そうしないと、回収車が持って行ってくれない。ところが、その日、小雨と風があって、道路に流した溶剤が風に巻き上げられ、霧状になって真近にあった車の側面と前面に付着した。どうこすってもとれなかった。保険会社で40数万といわれ、自損分20万差し引いても大きな損害だった。その後も可燃物の中に水分の多いものがあったりし、ゴミが送り込まれるときに圧縮され、飛び散った水滴で車が汚れることがあった。こんな事があって、ゴミ置場はここを使わず、少し遠いが集会所のそばの北公園に運ぶことになった。ところが、高齢者や身体の不自由な人から、公園まで運べないという意見も出、数人に限ってこの場を利用できることにした。当然清掃や不燃ゴミの時の仕分けやコンテナの並べや片付けなどしなければならない。身体の不自由な人には無理である。私は会長と相談し、掃除は一手に引き受けるから、わが家もここを利用したいと言って了解を得た。
 当然、近所の人にはその事情を話さざるを得ない。私もここを利用したい、と皆さんがいわれ、一部の人だけでなく全員に諮るべきだ、と言う意見も頂いた。会長に話すと、私に一任してくださると言う。
 早速、回覧を回し、北公園にするか、駐車場の集積所にするか選択し、班長または理事に連絡してくださいと書いた。回覧の中にもその欄を用意した。この班は道路の両側に長く伸びていて、端の人は公園に近い。半分から向こうは公園を選択すると思っていた。しかし、回覧用紙への書き込みはなく、電話で一件一軒聞いていった。殆どが駐車場の脇を選んだ。4軒の家が公園を選んだ。
 早速ゴミ置場清掃当番表を作った。今回は、1週間の当番と決めさせて頂いた。可燃ゴミ(月・木)の週2回、不燃ゴミと資源ゴミが(火)の隔週である。プラごみ(金)1回で週4回の当番となる。都合の悪い人は他の人に交代してもらって下さい、と書いた。特に不燃ゴミで中身の残っているスプレー缶や薬品や溶剤の入ったものは、絶対にこの場で空けず公園の置き場に持って行ってくださいと念を押した。「当番表」は各戸に配り、貼っておいてもらうことにした。同時に、小さなノートも回し一週間の当番が終わると次の人に回してもらうことにした。
 回覧が戻り、各戸に電話で問い合わせしたりしたが、留守が多く、留守電に入れても返信がなく、すべてが完了したのは17日になってからだった。当番表は班長さんに配っていただいた。 
 こうしてゴミ置き場問題は一件落着した。ただし、公園を選んだ人はそちらの当番があり、カギの管理もある。

[PR]
by ttfuji | 2015-08-26 19:05 | 時事・社会・地域・自治会 | Comments(0)
 ブログを休み過ぎて、これでは備忘録にもならないので手帳を見ながら羅列していくことにする。
 8月1日~2日 
 盆踊り。記述す済み。
 8月3日(月) 
 盆踊りの後片付けの日だが、内科検診と心電図、超音波の予約があり、免除してもらう。このことも記述済み。
 8月4日(火)
 7月末から8月初めのブログを書く。
 8月5日(水)
 スイミング。真夏、気持ちよくできるスポーツはスイミングしかない。
 今日は、夫の病院行きの日だが、経過観察なので、一人で行ってくると出かけた。検査や手術前後は、医師の方から、家族も一緒にと言われるが、これで突然死から逃れられたという夫は、以前に増して運動もよくやるし元気だ。
 集会所で、自治会活動の一環で支え合いサポートの集まりがあったので、Oさんと覗く。縁側交流と銘打って一人暮らしの高齢男性が交流を求めて集いおしゃべりしたり、幼い子供が元気に遊び、お母さんたちも子供を見ながらくつろいでいる様子が伺えて微笑ましい。写真を撮り、後日、お届けすると伝える。お茶やお菓子を頂きこちらも楽しめた。
 8月6日(木)
 Tさんと図書館行き。帰り、コジマ電機でインキと写真用紙、L版とL2版を買う。
 夫は、夕方から平塚のプールにバイクで出かけ、夜になっても帰らず、心配したが、7時頃、バスで帰って来て今、駅にいる、と言う電話。え、バイクどうしたの?、もしや事故でもと思って聞くと、帰ってから話す、夕飯は食べて帰るから、という。
夕食の準備ずみだが、帰るのを待つことにする。
 帰宅した夫は、実はバイクを盗まれた、という。それほど気落ちした様子はない。プール近くの駐輪場が満車だったので、少し離れた場所まで置きに行った。その時、キーを抜くのを忘れたという。バイクの書類は椅子の下の物入れに入っていて、ナンバーも覚えていない。警察に届けてきたが肝心な書類がないため、市役所で聞いてから再度行くことになった。きっと、盗難車に乗って、誰かに気づかれたりするから、乗り捨てだろう、きっと出てくる、と思っていたが、とうとう出なかった。
 8月7日 (金)
午後から体操の会。連日の猛暑で欠席者も何人かいる。暑気払いでアイスクリームを振舞うことにした。昨年までは、何回か係が近くのコンビニへ買いに行き会員に喜ばれた。
コンビニに同じものが揃わないことがあった。今年は私が役員なので、車でシャトレーゼまでFさんに同行してもらい行ってきた。皆さんが歓声を上げた。アイスで一時汗がひく。会が終わって、同じ副会長のKさんと、会場予約について調べたところ、10月の申し込みがしてないことに気付いた。私は、8月初めに申し込めばいいと思っていたら、7月の3か月後の申し込みをしなければならなかったのだ。血が引く思いだった。3か月前と聞いていたのに、8月でいいと思っていたのは勘違いだった。次の手は、個別に空き部屋を探して、1っか月前、ピンポイントで申し込むしかない。忙しくてパソコンから遠ざかっていたこともあるが、言い訳にしかならない。このショックは後々までひいた。公民館が取れなければ、北コミュニティセンターに申し込むこともできる、と言って下さったが、こんな迂闊さで心身ともに疲れ果てた気がした。
 8月8日(土)
 8月は夏休みで、郷土史研究会もお休み。大好きな会だがほっとする。しかし、自治会の回覧文書作成があった。
  午後、自治会、防災避難訓練の回覧文書を作り、会長に届ける。
8月30日、市内一斉の南海トラフ巨大地震を想定した防災避難訓練で「総合防災ガイドブック」と回覧用『いせはら総合防災訓練のお知らせ』が届いたが、これを回覧しただけでは意味が通じない。地区別の集合場所、時間や行動について具体的に書かれていない。このことを含め、なるべくの多くの会員に参加してもらうには、どうしたらいいか、文面を考えてほしい、と言われ、キャッチコピーですね、とインパクトのある呼びかけを考えたが、魅力的な言葉も浮かばないまま、まずは参加して日頃の備え、心掛けにしましょう、とわかりやすい文面にした。
 まだまだ暑い時なので、熱中症対策を万全にして、指定の持ち物を持参、避難所である小学校までの安全確保行動を呼びかけた。当日は、備蓄倉庫の公開もある。
 

     

[PR]
by ttfuji | 2015-08-25 15:32 | 家族・身内・私 | Comments(0)

庭の収穫物

 夫がせっせと庭仕事をやってくれるので、私は庭に出なくてすみ、蚊に刺されることも殆どない。庭に2・3分いるだけで、あっという間に2か所ほど蚊に刺される。汗かきのせいとも、酸性の体質とも、ふくよかだからおいしそうなのでしょう、ともいわれる。血はいくらでもあげるから、痒くしないで、と蚊にいいたい。ムヒや薬では治まらない痒さでかきむしってしまう。
 とはいえ、庭のトマトやゴーヤ、茗荷などはありがたく収穫している。
久しぶりに庭の写真を掲載します。
a0055866_20354972.jpg
a0055866_20363024.jpg
a0055866_20365225.jpg
a0055866_20372972.jpg


[PR]
by ttfuji | 2015-08-12 20:39 | 自然・花・景色・庭 | Comments(2)
毎年、同じことを言っているような気もするが、今年の暑さは特に異常だ、と言われている。熱中症で倒れる人が多い。高齢者ばかりでもないらしい。しかし、高齢になると暑さを感じる能力?が減退するとか、エアコンを嫌いの人が多いとか、電気の無駄使いに罪悪感があるとか、言われる。最近では、テレビでも必死に、28度を越えたら、我慢せずどうぞエアコンを付けて下さい。のどの渇きを感じなくても水分を補給して下さい、年を取ると暑さやのどの渇きに鈍感になると言う。本人が、感じなくても、ご家族や周りの人が注意してあげて下さい、と呼びかけている。
 私も高齢だが、感知能力はあり過ぎるほどで、室内で30度を超えると我慢ならず、遠慮なくエアコンを使う。
 それにしても、4年後の東京オリンピック、どうなるのだろう。日本の蒸し暑さは特別で、しかも、何日も続いている。選手は鍛えているからまだしも、外国から応援に来る人には絶えられない暑さではないか。なぜ、真夏にしなければならないのだろうか。今更どうにもならないと思うが、暑さ対策は必要だと思う。

[PR]
by ttfuji | 2015-08-12 16:41 | 時事・社会・地域・自治会 | Comments(0)
a0055866_16224420.jpg

a0055866_16173038.jpg

 8月1日(土)
 盆踊り初日。朝からカンカンの日照り。7時半に召集がかけられている。櫓の設営、幕張り、電気工事や飾りつけ、各自治会のテント張り、テーブルと椅子の運び込み、飲み物を冷やす大きな容器、私の役割は、朝の作業をした人、全員のお弁当の申し込み受付、あらかじめ、名簿は作ってあるが、担当部所別に書かれており、ダブっているものも多く、どの部に書かれているか、探すのが大変だった。地区と名前だけの羅列のほうがよかったと思う。チェックの数をページごとに数え合計して出た数字に少し足して、注文したらしいが、後で業者の人の分が加えてなかったり、人を通じて申し込んだ人の分が、カットされたり、(本人でなければダメと言われたという)あとでお弁当のことはトラブルの原因となった。わが自治会のW会長はもらわなかった由。あまりにも予算をケチケチした本部の方針だったようで批判していられた。
 11時過ぎにお弁当は届けられ、会場、各自治会本部の準備も終わり、お弁当とお茶が受付簿をチェックしては渡した。
 もらった人はいったん帰宅、役割のある人は5時に来て、お茶やジュースの入った重い段ボール箱をヤグラの下に運ぶ。抽選券に並んだ人全員に配るためだ。イベント部会として全員かり出された。私も高齢者だからと言ってはいられず、3回ほど運んだ。重いペットボトルの時は二人で運んだ。そのあとは来賓、自治会員、子供さんなどの接待にあたる。ペットボトルのお茶や缶コーヒー、ジュース、お菓子なども十分用意された。6時から盆踊り、子どもの浴衣姿がヤグラの上で上手に踊る。下の輪は早い時間にはまばらで寂しかった。模擬店は各自治会で、ヤキトリ、揚げポテト、焼きそば、飲み物(ビールやジュース)などがあり、誰ということなく買ってきてはテーブルに置き、差し入れしていた。夜の部の手伝いの人にはおにぎりも届けられた。私もビールをいただき、適当にあれこれつまむのでおなかは空かなかった。7時半になると抽選券の準備。プラカードを持つ者、券を半分に千切って渡し、控えを小さな箱に入れていく。同時にジュースかお茶を渡す。幼児連れの人には大人にはお茶、こどもにはジュースを配ったが、子どもでも甘いジュースは駄目、お茶がいいと言う人も、大人でもジュースの方がいいと言う人、いろいろだった。ハッピー賞と会長特別賞があって初めにハッピー賞20人の番号が読み上げられると、係が大きな紙に書き込んでいく。すぐに当選券を持った人がきて確認されると、おめでとうございます、と声をかけ賞品(商品券とのこと)を渡す。渡した分の数字を消す係もいる。ところがおとな券、こども券があるため、来た人に子供の何番です、と断る場面もあった。商品が同じなのだから子ども、おとなと分ける必要はなかったのだ。以前は、こども用におもちゃなど用意したらしいが。役員も模擬店の人も券はもらったが2日とも当たらなかった。ところが2日続けて当たった人もいるから面白い。9時まで踊りは続き後片付けして帰る。ジュースなどケースはコミュセンの室内に運んだ。
 くたくたになって帰宅。シャワーを浴び、持ち帰ったおにぎりやトウモロコシなどでビールを飲み、なにもやる気にならず早目に横になったが、寝つけなかった。
 夫は、古代史で東京行き。夕食不要の日で有難かった。
 8月2日(日)
 今日は夕方からの出勤?でよく、日中休むと宣言していたが、なかなかそうもいかず、洗濯や雑用で過ごした。兎に角暑いのでクーラーなしではいられず、本を読んだりたまった新聞に目を通したりした。夫は、外食するからいいと言ったので、そうしてもらった。
 昨日と同じの作業をこなした。多くの人と出会えてお喋りもし、楽しい面もあったが、兎に角疲れ、高齢者には無理な面もあると感じた。それにしても、私より5歳若いとはいえ、会長Wさんの東奔西走、粉骨砕身の活躍ぶりには目を見張るしかない。櫓の上での挨拶も堂々と立派だった。


[PR]
by ttfuji | 2015-08-04 18:51 | 時事・社会・地域・自治会 | Comments(0)