マイ・ライフ


私の生活や自分史・読書、旅などの記録
by ttfuji(トコ)
プロフィールを見る
画像一覧

混んでいる医院・クリニック

 2月に、いつもの内科医院で午前8時半に行ったが、すでに受付を済ませている人で、待合室はいっぱいだった。番号を聞くと40何番かで、11時を回るらしいが、一旦お帰りなら、11時ごろには居て下さいと言われた。服用の薬があるので、他日というわけにはいかない。一旦、買い物や家事を少しし、本を持って医院に向かった。相変わらず待合室はいっぱい。どうにか座れた。隣の人に聞くと、8時頃から並び、まだ、前の人も呼ばれず待っているという。途中で、薬だけ処方してもらう人も出て、多少順番が早まるだろうと思われた。電光表示板で受付した番号は青で、診察を終えた番号が赤で表示されている。お昼になっても1時になっても、待っている人の方がまだまだ多い。しかも、午後の部に申し込んだ人も、徐々に増えている。もう一人、応援の先生が来ており、その先生の患者も多いが、圧倒的に患者が多いのも事実で、一体どうなるのか、先生は休憩はおろか、食事もしていないのではないかと、同情もする。2時半になっても、私より前の人もまだ大勢いるので、何時になるか見当もつかず、私も薬だけ戴くことにする。受付で、その旨申し出ると、先生に相談に行ったようで、看護師さんに別室に呼ばれた。診察をしない場合は、薬は1か月分しか出せない。1か月後は、腹部の検査もあるので、検査日と診察日は一緒にできないので、検査の後1週間後に診察と処方箋を出す、ということになった。一応、会計を済ませ、近くの調剤薬局で1か月分の薬を頂き帰宅したのは3時前だった。それから昼食を頂いた。そのまま待っていたら5時過ぎただろう。

 それから1か月後、検査は3日前に終わり、診察と検査結果、薬をもらうため、3月26日(月)の午後の部、1時半に行った。2時からの受付で番号札を渡され、19番だった。午前の部の人が、40人ほど残っており、午後の人はそのあとだということだった。先月以上の混みようだった。時間を聞くと、わからないが、6時半には来ていてくださいと言われた。みんな、待ちくたびれて、ひどいものだと、不満を漏らすが、諦めて待つ人もいたが、キャンセルして帰って行った人もいた。掲示板の色が灰色に変わった。一旦3時頃帰宅、夕食を整えて夫に伝え、6時過ぎに出かけた。家から5分以内で着く。
 近所のHさんは、奥さんの付き添いできていたが、一旦帰るわけにいかず、そのまま待っていたが、私が行った時はまだ呼ばれず、1時から待ちくたびれて辛そうだった。その後順番が来て呼ばれ、診察後、処方箋の薬は私が受取ってお届けすることにした。ともに、90歳を越え、薬局の往復が困難で喜ばれた。私がすべて終わったのは9時頃で、Hさんに薬をお届けし喜ばれた。

[PR]
by ttfuji | 2018-03-28 15:15 | Comments(2)
Commented by VIN at 2018-03-29 20:45 x
ご無沙汰しております。
いつも素どおりで拝見している失礼をお許しください。
トコさんの通われている医院の先生はきっと丁寧に患者さんと向かわれる誠実な名医なのでしょうね。
混みようで人気の度合いがわかりますね。
Commented by ttfuji at 2018-03-30 11:06
VINさん
お懐かしいです。コメントありがとうございます。いくつになっても生活と時間に振り回されています。加えて、パソコンの不調。目の老化でたまにブログ更新するのが精一杯です。
 私も,VINさんのページ時々お尋ねさせていますが、コメントはなぜか気後れしてしまいます。もう過去の人、(私が)という感じです。兎に角落着けないのです。お許しください。先生は、なんでも話せる優しい方ですが、沢山の機械導入で、やたらと検査を進めると評判です。混み過ぎで、どっか良い所はないかと皆さんそう言っていますが、どこへ行っても似たようなものかもしれないと、諦めています。

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

メモ帳

携帯電話からのアクセスは

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

本・読書
シニアライフ