マイ・ライフ


私の生活や自分史・読書、旅などの記録
by ttfuji(トコ)
プロフィールを見る
画像一覧

まとめて読書目録(読書雑感) 1月~4月

 読書の量も減り読む速度も遅くなり、内容を忘れたり、思い出せないことも多くなったが、退屈しない楽しみはやはり読書が一番である。前回どこまで、記録してるか調べ、その後に読んだ本を記録してみます。とてもいい本だ、これは紹介したい、面白かった、衝撃的で考えさせられた、人気のようだがそれほどではなかった、等々いろいろあるが、そういう感想を持てる間は、書いて置きたいと感じる。感想文までは、自信がないので羅列のみさせていただく。
 パソコンが不調で表示されない時(今でも時々そうなる)一時的にワードで記録している。前回もそうだが、それを、運よく表示されたときに、急いでコピペしてみる。

東京奇譚集  村上春樹  新潮社

憂国者たち  三輪太郎  講談社

色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年  村上春樹  文芸春秋 

ねむり   村上春樹

後生     三輪太郎  日本経済新聞社

あなたの正しさとぼくの切なさ  三輪太郎

マリアの選挙   三輪太郎冊
(上記、6冊の内、5冊は昨年の読書録、または、講演録に簡単に書いている。ノーベル文学賞に村上氏がきまるか、今回も見送られるかという話題があったころ、伊勢原図書館では、作家の三輪太郎氏の「あなたは村上春樹氏の本当の怖さを知っていますか」という講演があった。その講演に興味があり、受講を申し込んだ。その頃、話を聞く前に、両氏の作品を読んでおこう、と思って読んだ本である。ついでに読んだにしては、どれも興味深かった。考えさせられた、一冊一冊にについて、感想を述べるのは、今となってはしんどいが、途中で放棄できない魅力を感じた。ブログでも書いたが、三輪先生の真面目で誠実、ちょっと稚気のある人柄に魅せられた。)

食卓の情景  池波正太郎  新潮文庫
(読書会で取り上げ感想を書きブログにも載せている。)

作家の四季  池波正太郎

詩小説   阿久 悠

ゴースト  中島京子

最果ての彼女  原田マハ

キャロリング  有川浩  幻冬舎

光炎の人  上・下  木内昇
(作者木内昇さんに惹かれて、図書館で借り読んだ。書かれている時代は、昭和初期から戦争末期。四国の、貧しいたばこ農家に生まれた少年が、小学校を出ると、製造工場で働き、機械の動きにみせられて、次々に大量生産や改良された種々の機械に出会う度に、なんとか自分もものつくりの機械を作りたいと、夢中になる。その熱心さは、上司や経営者に認められ、次々に大きなところで仕事が与えられる。専門書も自分で買い研究熱心だ。逓信省で無線電話、そして中国へ行っての爆薬の製造と。一種の仕事人間というか専門バカ、の悲劇を感じた。浅読みですが。)

おらおらでひちりいぐも 文芸春秋

百年泥  石井遊佳  文芸春秋

ジョン・マン6 順風編 

劇場 又吉直樹  新潮社 
(以上の4冊は読了してますが、感想は次回に)



[PR]
by ttfuji | 2018-04-21 20:56 | 読書・読書会・図書館 | Comments(0)

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

メモ帳

携帯電話からのアクセスは

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

本・読書
シニアライフ